『コン太のホッ!とする場所』に代わり『カピバラさんからもらった小説』を掲載します。 コン太より

今日からタイトルと内容を変更しました。引き続き訪問をお願いします。

空の気持ち(2)

2016-10-13 21:16:19 | 童話
『ねえ空さん、時々、空から雨が降ってくることがあるよね、どうしてなの?』
『君達人間やお花のように生きているものは全部、お水が無いと生きていることができないので、時々雨を降らせているんだよ。』

『ふぅ~ん、そうなんだ。冬になると雪が降る時があるけれど、どうしてなの?』
『それはね、君達が友達と一緒に雪合戦をしたり、雪ダルマを作って遊ぶためだよ。』
『そうだね、みんなで雪合戦や雪ダルマを作れると楽しいね。』

『雨がやんだ時に空に虹がでることがあるけれど、なぜなの?』
『虹はね、雨がやんだので、もう外で遊んでいいよと言っているんだよ。』

『ねえ空さん、空のずっとず~と上へ行ったらどこへ行くの?』
『そうだね、今はね三百キロメートルまでが空で、それより高い所は宇宙だと言われているよ。だけれど、ここまでが空で、ここからは宇宙だという境目は無いんだよ。あるのは、人間が決めた高さの区別だけだよ。』
『ふぅ~ん、そうなんだ。』

『君も大きくなったら宇宙飛行士になって、空のずっとずっと上の宇宙に行っておいで。』
『そうだね、そうすると宇宙に行く前の空の時に空さんと一緒にお話しができるね。』
『そうだね。』
『よしっ、僕は宇宙飛行士になるよ。』

僕は宇宙飛行士になるために、学校でいっぱいお勉強をしています。

      おしまい
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空の気持ち(1) | トップ | 水の気持ち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。