手技療法の寺子屋

手技療法の体系化を夢みる、くつぬぎ手技治療院院長のブログ

身体に合ったセルフケア

2016-10-19 09:04:59 | 治療についてのひとりごと
《Facebookの投稿より》

5年半前に腰痛の相談で一度だけ受診された方が、腰の痛みが治らないとのことで久しぶりにいらっしゃいました。

それにしても5年半もの間、腰痛は大丈夫だったのでしょうか?


「最初に教えてもらった、テニスボールでコリをほぐす体操。

あれを少し気になったときにやったら、すぐに良くなっていたんですよ。

でも今回はなかなか治らなくて(-_-;)」


お身体を拝見してみると悪い病気のサインはなく、問題となっていたところが前回とは違っていただけでした。

そこに手技療法を用いて痛みがなくなったことを確認し、新たなセルフケアをアドバイス。

きちんとケアをされる方だったので、その他にも黄色信号になっているところの方法もいくつかお伝えして終了。

「それではまた5年半後に」とお話すると笑って帰られました。


今回のように、その方に合ったセルフケアができれば、長期にわたって上手くコントロールできるケースもあります。

反対に合っていなければ、せっかくがんばっても効果を挙げることができず、もったいないことになるケースも。

また、刺激の加え方が合わなくても効果が現れにくくなります。


ある方は、ふくらはぎがツリやすいので、がんばってストレッチをしていましたが、なかなか効きませんでした。

その方にとっての正解は、押さえてほぐすことでした。


ある方は肩こりが楽になるように、筋肉を押さえてほぐしていましたが効きません。

この方には、ストレッチして伸ばすことが有効でした。


またある方は腰を反った時の痛みを和らげるため、腰を押さえたりストレッチをされていたのですが良くなりません。

この方は、皮膚をつまんで動かすことで、痛みなく反れるようになりました。


押さえたり、ストレッチした時は良くても、すぐに腰痛がぶり返してしまう方がいました。

この方には、信頼できるトレーナーさんを紹介して適切なトレーニングを行い、鍛えることで良くなりました。


ほぐしたり鍛えたりしても、使い方を変えないと良くならないこともあるのですが、これを意識することもセルフケアのひとつでしょう。

そして何もしないことが、いちばんのケアになる時だってある。

このようにセルフケアは、自分の現在の状態に合った方法を用いる必要があります。


時々、あの方法は良くてあの方法は良くないという話を聞くことがありますが、それはあくまでふさわしい時とそうでない時がある、という話し。

いつでもどこでも正しく、いつでもどこでも間違っている方法というのはありません。

悪かったとしたら使い方が間違っていたということです。


子どもの頃、コーヒーに塩を入れてしまい吹き出したことがあったのですが、だからといって塩が悪いわけではありません。

砂糖と入れ間違えた私が悪い。

セルフケアも同じこと。

料理に応じた調味料を使うように、その時の状態に応じたセルフケアが必要なのですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2000の人生と仕事の深み | トップ | 狭窄症というけれど »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL