そもそも普通の家族ってどんな家族?

うちって、普通の家族だって思っていた。でも、なんか違うことにやっと気づきました。

ぎこちないけど生活はできる

2016-10-12 22:00:21 | 日記
そうかあ。オレサマは、自信が無いからオレサマなのか。

自信がある人は偉そうにする必要が無いってことか。

必要以上に怖がっているのはむしろあちらではなかったか。

私は、どうしようもないながらも、少しずつ平気でいられるようにしていけたら、と思っていた。

そうするうちに、家族なんだからなんとかやっていかなくては、と思うようにしていたと思う。

子どもがまずは幸せであってほしいから。

私にとって、私の気持ちよりまずは子どもがどうなるか、なので、きちんとした生活をして、巣立ってもらうには、今のままがいいから、離婚なんて考えなかったと思う。

離婚だ、なんて言い出したのは向こうで、散々引っ掻き回してボロボロになるまで傷つけて、あれがなければ、今これほどまでではなかったかもしれないと思う。

もしかしたら一緒に出かけるのも平気になっていたかもしれない。

実際、一緒に出かけるのはそれほど苦痛ではないところまで回復していたと思う。

でも、あのケンカでかなりのマイナス。

彼は、私に言うことをきかせようとして、墓穴を掘った。やること全て裏目に出てしまった。

マイナスが極限。

これほど嫌いと確信してしまうとは。

私自身を大切と思っているとは本気で思えなかった。

自分だけ守れたらいい、ということだけは感じ取れた。

あのケンカさえなかったら、というか、
本音を聞いただけのことだから、どの道私たちはうまくいかなかったんだろう。

今、彼は無害を装っている。

そうであるならこちらも無害でいられる。

これくらいをキープできればいい。
同居人くらいがいい。

難しいこととかなしだ。

そのまま、生活するだけでいい。

ちょっと気になる人、くらいでいい。

なにか込み入った話を話してきても、私は平然としていたい。

「うん、そうなんだね。」
くらいの返し方で、深い話はしない。

もう、傷つかない努力をしてもいい。
わざわざ二人の関係が悪化することを、なぜしなければならないのか。傷つかない権利も与えられないなら、私は生きていけない。

なぜ、彼は私に嫌われるようなことをするのか。

それでいて、ちゃんと自分の方を見ろ、ちゃんと愛せ、というのは理解ができない。

不器用、なんて言葉で片づけてなるものか。
当てつけで、押し付けにしか見えない。

あれは不器用なんかじゃない。
自分のために行動しているんだ。

自分しか大事ではない人に、心はあげない。

こういうの、ものすごく不服なんだろうな。
そして、私にここにいる代わりの見返りを求めている。

何もいらないし、どんなお前でもいいからうちにいてくれ、とか言ってくれたら最高だよ。

そんなふうに言われたら、氷河期は終わると思うよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つい | トップ | 二度と嫌だ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。