そもそも普通の家族ってどんな家族?

うちって、普通の家族だって思っていた。でも、なんか違うことにやっと気づきました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やってしまった

2016-01-30 09:04:42 | 日記
心がとても不安定で、先生と話していても泣けてくるくらいの時に、
次男が友だちを家に泊まらせたいということを言っていて、
長女が大反対で、1週間学校行けたら許したる、と言っていた。
そんなすぐ行けるわけない。
苦しみながら、駐車場まで行っても帰ってきてしまった。

意志の弱さとか、甘えた気持ちとか、追求したらきりがないんだけど、
身体が動かない感じは、私も経験があるからわかる。
長女は、そういう嫌な思いもたくさんしてきたけど、そこを貫いて頑張ってきた自負がある。
私もそうだった。
死ぬほど嫌でも、しかたない、行くか、と頑張ってきた。
それができない人の気持ちなんてわかるはずがない。
でも、それを変えるのは人ではなく自分。
私たちには、どうする事もできない。

でも、友だちはもう、来る気満々で、ほぼ、強行で泊まることを決めてしまった。

長女の怒りは爆発。

私としては、次男にとっての、ただ一つの生きがいが友だち。来るのはかまわない。
約束を守れなかったことは問題だけど、わざとサボって行かなかったわけではない。
罰を与えるというわけにもいかないともおもう。


長女から怒りを、ぶつけられて、
パニックになった私は、
感情を爆発させてしまった。
久しぶりに過呼吸もやってしまった。
情けない。

限界。いろんなこと触れないように、フタして生きてるから、無理が生じた。
自業自得だけど、誤魔化して生きていないと生きていけないよ。
どの問題も、自分ではどうすることもできないことだから、とにかく考え込まないようにしないとおかしくなってしまう。

昨日の昼から長女は部屋から出てこない。
彼女も限界なんだろうな。

情けないお母さんに、情けない弟たち。

大嫌いだろうな。
家出したいんだろうな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

買っちゃった

2016-01-25 11:40:24 | 日記
高校卒業する娘の、振袖を買ってしまいました。

レンタルかな?
と思って、三ツ星という呉服屋さんにいったら、
レンタルでも小物などは全部買取で、結局は高くなるそう。
専門学校の卒業でも袴で着るので、度々レンタルしたり、と、いろいろ考えたところ、買ってもいいな、となりました。
お正月も着れるし、結婚するまでは友だちの結婚式で着れるし。

娘さんは、印象が柔らかいので、淡い色が似合いますよ、と勧められて、実際原色のものを合わせたりしていたけれど、やっぱり淡いのがいいな、と納得しました。

とても素敵なクリーム色の、可愛い感じの着物をまずは合わせてもらい、仮に着て、写真も撮って。

すごく気に入って、もし、これと匹敵するのがあったら、とお願いしたら、すごいいいのが出てきて・・・
うまいなあ、店員さん。

多くは版画のように色を付けるらしいのだけど、出てきたそれは、手作業で色を染めていて、濃淡が綺麗。そして、ところどころ淡い絞り染めが入っていて、ため息が出てしまうくらい。

帯、小物と合わせていくうちに、感嘆して、これだ!という仕上がりになっていく。

興奮したわ。

最初に見ていた着物もよかったけど、後のこちらは格が違う、と思って、母娘とも一目惚れで買うことにしてしまった。

お店の人が、これは高いんですよと言っていたのだけど、よく見たら、値段が先のと同じ。
あれ?と言いながら、何度も見直していたけど、やっぱり同じ。
演技?と思っちゃうくらいだったのだけど、本当に同じ値段だそうで、確認もしていたけれど、値札の間違いではなかったみたい。

決算月だから、とお願いしたからかなあ、と、首を傾げながら、でも、店員さんも、その着物に思い入れがある様子で、嬉しそうに接客してくれました。

お父さんに確認してから、と当初は思っていたし、何軒か回ってから決めようと思っていたのに、もう止まらなかった。

巡り会った!
という感じだったので、ほんと即決になってしまった。

考えたら、私自身の着物も、そうやって買ったな~と思い出した。
父と一緒に一目惚れして(高いのに)バッと買ってもらっちゃって、本当にありがとうだったな。

夫には前に、振袖を見に行く事と予算の話をした時に、「いくらなんでもまだ早いんじゃない?なんで今その話をするの?!」と、意見されていたので、なかなか言い出せなかった。
思い切って翌日「振袖決まったから。」
とひと言言ってみた。

相手は無言。さっとどこかに出かけてしまったので、いらっとしたのかな・・・

ま、いっか。

予告はしていたんだし、予算も伝えていたし。
他の人に早すぎんか?それ普通なの?と相談もしていたみたいだけど、それ以降文句もなかったし。
何より母娘、ものすごいワクワクして楽しい買い物をした。

幸せだったわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶり

2016-01-20 14:28:53 | 日記
今朝雪が積もって、歩いたら30分かかる道を、末っ子と歩いて保育園に行こうとしたら、次男がついてきた。
3人で歩いて、というのがなかなか楽しい。
それもあってか、家に戻ったら、
「学校行こうかな」と言い出した。

歩くって、もしかしたらやっぱりいいのかな、なんて思った。

年末以来学校へ行ってなかったのに、
学校へ行った。

なんやかんや言って嬉しい。

中学校は、みんなと違う所に行きたいと言うので、教育委員会に相談しに行った。

すると、担当してくれたのは長女の中1の時の担任の先生。

ちゃんと先生も、娘のことを覚えていてくれた。
年賀状を恩師に送るのが好きな娘は、いろんな先生に送っている。
その先生にも自分の近況をお知らせしていたようで、「頑張って」と、伝言を貰って帰った。

久しぶりに話せてちょっと嬉しかった。
娘とは関係ない話だけど。
なんかちょっと知ってるというだけで、安心もした。

不安だけど、この先頼っていこうと思う。
保護者の会にも出て、春からやっぱり学校へ行けないようなら、不登校の子が勉強できる所へ通わせようとも思う。

前に精神科の先生が、風通しをよくしてみて、という言葉をやっとこさ思い出した。
その話を聞いた時は、もっと外に出てみます、と言ったし、決心したのに、私といったらやっぱりそんな変われない。
どよーんと動かない、元気のない感じが気に入っているんじゃないのかな、なんて思う。

動かないの良くないんだけど、わかっているんだけど、
ああ、今日も学校行かないのね。どよーんと1日過ごす。
の、繰り返し。
よくないね。

行かないのね、とわかったら、お散歩出ちゃうとかね。
落ち込んでもしかたないし、子どものせいとか、自分のせいとか、どんより考えることも必要ない。
今は、どうやってやれるだけの事ができるか、そこだけ考えればいいんだから、あとは健全でいられるようにすればいい。

その健全が難しいんだけど、「穏やか」が保てればいいんだろうな。

実際は、ま、夫がいてどうのという時以外はわりと穏やか。
夫は、とにかく話しかけ方とかメールが、なんだろ、イライラさせるのうまいというか。
イライラのツボをよくご承知のようで、うまく刺激してくる。

これ、私の方の問題なんだろうな。

メールするんじゃなかったと、何日間か後悔するくらいムカムカするので、大事そうな用事でもすぐに消去してしまう。
んで、娘に見たかったな~と言われる。

言葉のチョイスがイラつかせの天才。
見習っちゃダメなやつだ。

メールする時は手短に、簡潔に、いらない事は書かないようにしている。前とは逆。前は長文メール送っていたけど。

こちらが短いのにしたら、あちらが長メールするようになった。
そういうのいらんの。

前は、感情入れてたり、下手に出たり、わかってもらうために必死だったり、手を尽くしたけどもうあきらめた。

悔しかったら嬉しくなるようなメール送ってみろだ。
否定批判評価抜きの気分良くなるヤツ。
絶対無理なんだろうな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そんなー

2016-01-18 09:54:58 | 日記
混乱してぶっ壊れて
頭の中整頓してないまま
ここで愚痴ったり考えたり、
してました。

なんと、100日なんか知らんうちに過ぎていたみたいで。

かの私は、進歩があったんだかなかったんだか。

あいもかわらずちょっとしたことでイラついたり、絶望感持ったりして、
あんまり成長もしていないかもしれない。

心を落ち着けることに取り組む作業ではあるので、
日記を書くのはとても意味があるのだけど、
自分の嫌なところとか、簡単に治るわけもなく、小康状態を保っているみたいになってるな。

まあ、でも、それも私なんですね。

時がどれだけ経てば自分が納得できる自分になれるかなんてわかんない。
一生かけたって、納得なんてできないものかもしれない。

宙ぶらりんで、不安定で、というのも私なんだから、これでもいいか、と思っちゃえば楽かもな。


「ご飯ないの?」
と言われただけでもカチンとくるのは、
ご飯ですよ、と呼んだとしても、すぐには席につかなかったりするから、来てからご飯つげばいいか、と思うからであって、ご飯を出さないつもりではない。
大体、時間になっても来ないとか、ご飯時にふらっと出かけるおかしな癖をやめてくれたら、きちんと先にご飯をつぎますよ。
くそ、ムカつくな。

必ずと言っていいほど、ご飯時にふらっと出かける。
あれはなんなんだ。

それと、必ず言うのが、長男とお婆ちゃんは呼んだのか、ということ。
気になるなら自分で呼べってか、ちゃんと呼んどるっつうの。
あのふたりは物事にキリがつかないと来ないタイプなの!

ストレスを与える意味がわからん。

土日のご飯時はストレス。

大声で長男とお婆ちゃん呼んだり、あれこれがんばるけど、絶対聞いてくる。
嫌がらせか。耳ないんか。

ちゃんと呼びましたって報告しなければならないのか!
そうなのか!

次からそうしよう。
「ご飯ですよ、出かけないでくださいね。長男とお婆ちゃんも呼びました」
いや、そんな人おらんやろ。

クソ変人か!

ご飯時、イライラしながらご飯食べたくないんです。
もう、土日、家出したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刺さるな、言葉が

2016-01-14 19:19:54 | 日記
気分が落ち込んでいる時に、
姑さんが末っ子をベタ褒め。

「ちゃんと朝起きて保育園に行って、一番おりこう」と、不登校の長男の前で褒めちぎる。なんかごちゃごちゃ続ける。
(うるさいうるさいうるさい!)

デリカシーのなさはピカイチ。

正直、前からそういう所が嫌いである。

いつもいつも、人と人を比べていい方を褒めちぎる。私の前でほかの嫁を褒めたりするとかある。ちょっと嫌。
子どもに、「あの子はできるのに、なんであんたはできんの」とか、言う。
なんでも比較。
個人差を認めない。
認めないのは夫も受け継いでいる。

悲しいかな、比較、それが世間というもの。それはわかっている。
でも、家庭内で、多用されるのは正直つらい。

よくわからないくせに!
と、つい思ってしまう。

出ていこうか、なんて思ってしまう。

子どもが悪く言われると、いたたまれない。
私の育て方にケチをつけているように聞こえる。

物投げたくなって、つい大声だしてしまった。
イライラを抑えられなくて、困った。
夫と姑の前でこそ、自分をつくらなければならないのに。

そんな私に、娘がアイスクリームをくれた。
ありがとう。少し落ち着きました。

考え方が違うのは、当たり前。
受け入れるのが難しいのも当たり前。

と、怒った内容は娘に言わないでおいたけど、娘と食べて話して、少し落ち着いた。

しかたないのよね。

私の気持ちは私にしかわからない。
姑さんは、価値観も違うし、人が傷つく言葉がなんなのかもしらないんだから。
バカなんじゃないか、と思うくらい、傷つくことを言うんだよ。
多分、中身がないんだ、空っぽだから、人の気持ちをわからないんだ。
と、相手を下げるだけ下げて、優越感で終わらせるというしょうもないやり方で落ち着かせた。

私、
汚い感情いっぱい抱えて、飲み込んで飲み込んで、相手に言えないもんだから、毒が頭から湯気みたいに出てるんです。

自分、ろくな死に方せんのやろうな、ってまで思う。
はっきり言えないから、心の中で相手を呪う。
なるべく、そこで消化しようと努力はしているけれど、相手の嫌いな所は変わることがないし、何度でも私を傷つけて、ストレスを食らわせる。
(私は態度に出ちゃうから、お互い様なんでしょうけど。)

その度また怒って、一所懸命消化しようとがんばる。
考え方、価値観は違う。
それは当たり前。
自分とは違う部分に腹が立つのも当たり前。
相手だって、こちらが同じ考えじゃないとわかると怒るんだから言うなればお互い様なんだ。

比較されて、あんたできてないね、なんて、あんまりそんなに言われたくないよ。

他の家の姑さんをベタ褒めしてやろうか~
なんて、仕返ししても、自分が一番嫌いな「比較」をしたところで、悪心しかしない。

私は人には言わないようにする。
あの人は反面教師だ。

みっともないな。でもこれも私なのよ。
私を私が否定したら、私の味方はいなくなってしまう。

私くらいは私の味方をしてやらんとな。

そうやし、私そんな間違っているとも思わんし。
自慢と比較は要注意なの。
簡単に考えなしに言う人は、バカなんだわ。
強調して何度でも言いたいんだな。気がすんどらん。
あの人バカなんだわ。

サイテーです。わかってます。
でも、悔しいのが止まんない。
ぎゃふん言わしたい。

あんにゃろ覚えてろよ!って思う。
将来介護してやんねーぞこら!
なんてね、やるけどね、ちゃんと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加