そもそも普通の家族ってどんな家族?

うちって、普通の家族だって思っていた。でも、なんか違うことにやっと気づきました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

可能性

2015-11-30 10:43:14 | 日記
ゲームを、この世から排除したがるくらいの勢いで夫は嫌う。

子どもは、ゲームが好き。
プレステ買いたい次男。
お正月に買いたいと計画を立てるが、長男が、お父さんを納得させるなら、いい成績を取らないと無理なんて言う。
中学に入ったら中間テストで450点取れば買っていいと言うと思う、なんて言う。
うわー、なんてこった。
そんな無茶な!
次男、夢でうなされて、なんかかわいそうだった。
なんか寝言で叫んでた。
それバネにして頑張れるか、っていうと、どうなんだろう。

結構次男をいじめ抜いていた長男なのに、中3くらいになったら俺のVitaやるよって。
その頃まともにVitaが動いてるか謎だけど、次男にだけは何にもやらん派の彼が、珍しい。

でも、気にかけている、心配しているのはわかる。
次男が俺みたいになったらいかんで、とよく言っている。
ネットにどっぷりつかるのはやめたほうがいいとかなんとか。

お父さんのトリセツでもある彼は、お父さんにはこう言った方がいいだとか、こういうのは嫌うとか、アドバイスをくれる。
さすが、大喧嘩何度もしてきただけあるな。

なかなかずるがしこさもあるが、人の事を冷静に分析するのも得意なようで、その賢さをいい方面に生かせたらいいのに、とすごく思う。
引きこもっとる場合でないよ。
はよ外出て、自分の良さを生かしてくれ。

担任の先生と、彼はもったいない、とよく話す。要するに、生き方が下手な才能人。
持っているのに生かせない。
親バカなんだが、言ったら芸術家肌。
まともな職業には就けないタイプ。

まともな職業に就けないなら、もうなんかダメなんだろうけど。
ニートかな、いかんな。それはできれば望んでない。

将来マダオかもしれんけど、私は彼の感性が好きだ。

どんな仕事でもいいけど、感性を生かせる仕事を見つけられるように応援したい。
諦めちゃいかんよなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末

2015-11-29 19:59:56 | 日記
コストコ行ってきた。
でかい!
カートがでかくて大変だった。
ダウニーを通販で買うより安かったので、2つ買ってきた。
パン類をたくさん買ってしまった。
おいしいけど、冷凍庫いっぱいだから、無理して食べた。

おっきいピザを買って、実家に持っていったら、母が血圧の薬の副作用で低血圧がひどい状態になったのか、体調がすこぶる悪いと気落ちしていた。
薬はやっぱり怖いなあ。

あまり長居すると疲れるだろうと、すぐに帰ることにして、いつもより早めなので寄り道することにした。



関市のモネの池と呼ばれる、美しい池を見てきた。
あまり大きくはないけど、とても綺麗。
ネットで見たようには写真撮れないだろうと思ったら、ちゃんと綺麗に撮れた。

小雨で寒かったけど、いいものが見れた。
季節が変わったらまた行きたいと思った。
蛍も見れるらしい。

キャンプ場もあるので、そのうちキャンプもしたい。

そうそう、一人旅を設定して楽しむことを覚えた。妄想。
電車で行って、バーでお酒を飲んで、ベロンベロンに酔ったら、近くのホテルに帰り、次の朝はお城を見てから帰る。

あくまで設定だけど、一万円くらいあったら遊べる。
プチ家出コース。

白川郷で、合掌造りの民宿もいいなあ。

でも、そのうち範囲を広げて、東海三県から出ても楽しそう。
京都、大阪、一人旅。

宿坊も体験したい。

ふらっと旅をするのは高校くらいの時からの夢だった。
今はあまり思わないけど、海外ももっと行こうと思っていた。

話は変わるが、iPhone落として割れちゃった。
あと三ヶ月くらいで多分買い替えできるので、我慢かな。
姉が6plusを持ってて、おっきいけど老眼にはありがたいかも。

無事に2年使えた試しがない。
前回のも変える数カ月手前でandroid充電できなくなったし。

扱いがあかんのやろうな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ま、いんだけどさ

2015-11-26 07:01:03 | 日記
どうにもならんことはあんまり考える必要はないそうで、
こだわっている、ひっかかっていることに関しては、
そういうもんだと横においといて、
大事なのは、今を楽しむにはどしたらいいかってことなのだね。

相手も私も変わらないんだし、
べつに微妙な距離感でもいいやん。

リフレーミング、という言葉が昨日見つかった。
よく書いてあるのが、コップの中に半分の水があって、
あと半分しかない、と思うのか、
まだ半分もある、と思うのか。

うーん、でも、なんでもポジティブに捉えるの、難しそう。
あれって天性じゃないの?

ネガティブ体質だからな。培ってきちゃったからなあ。

高校生くらいまでは、自分は楽観的で、楽しくて、明るいヤツって思ってた。
卒業して、夫と出会ってから、能天気で馬鹿みたいな会話を繰り広げる楽しい私は、押さえつけられて改造されていった。
きちんとしていないとダメだって、言葉遣いから、厳しく言われ、服装もあれこれ言われ。
完全に言うこと聞いたわけじゃないけど、窮屈さはその頃から感じていた。
次第に自分を殺すようになった。
つまんなくなった。
ここで、私らしさを失わなかったら、今はもっと良好だったかも。
依存していったんだと思う。
彼が思い描いた理想の人間になれないから、いつも自分を責めていた。

これ、二十五年間も、気付かなかった。
私を生きることを本気で忘れていた。
呼吸もちゃんとしていたんだろうか。

結婚してからは特に、彼が嫌がるだろうから、彼が興味無さそうだから、と、自分の好きな事を省くようになっていった。

子どもが生まれてからは、完全に自己犠牲。
自分の事は後回し。
遊ぶことも楽しむことも、最小限。
ほとんど仕事の夫。
娘と2人きりで、いつも泣きっぱなし。

でも、働いてくれるだけありがたいんだよね。そう思わないとね。
お金はくれるけど、心はくれない。
両方もらえるなんて思っちゃいけない。

どんだけ諦めきれんのやろう。
これ、何回も呟いてるわ。

義妹に、今のツライ思いを話したら、
なんかわかってくれた。
子育て丸投げしといて文句言う方がおかしい!って、味方してくれた。

こういうの、大事。
理屈とかどうだっていい、共感してくれるって、本当に嬉しい。
共感力のない夫と話すより、何億倍も嬉しい。

気持ちを外に向けたいのに、何度も決心しているはずなのに、日常である鎖が、私を開放してくれない。
子どもたちはこれから独り立ちして、この家を出ていく。
私も、同じように、自由になりたい。
順番で言ったら、末っ子出ていってからだから、60超えちゃう。
住み込みで、終身雇用してくれる職場ってどんな?
生き方が完全に迷子やな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あまりにも

2015-11-25 09:00:59 | 日記
夫と一緒にいる時間のことを、ねちねち愚痴って、
なぜにこんなにも腹が立つのかって、
私の精神状態もそんな良くないってことなんでしょう。

ストレス解消しないとな。

なにか、カラッと過去のことを忘れて、恨んでることとか、憎たらしい思いとか、イラッとする気持ちとか、マイナスの感情をどこかにとっぱらいたい。

ここまで嫌な思いを蓄積させて、一緒にいて楽しいと少しも思えなくなってしまった所から、
果たして、楽しい、って思えるところまで持っていけるんだろうか。

もう嫌悪感とか、持ってしまったらダメなんじゃないかな。

もし、夫が、否定することをあまり言わなくなって、嫌味なことも言わなくなったらどうだろう。

少しは私の拒否する心も和らぐのかな。

モラハラは、ある意味人格障害っていうから、治んないらしい。
うん、そうなんだろうね。

うちの夫は、まだマシな方なんだと思うけど。他の人の話みると、もっと壮絶だったりする。
でも、チェックリストはほぼ丸が付く。

強弱あれど、私が耐えられなくなって、病院行くほどになったってことは、まあ、普通とは違うんだろうな。
今はわりと回復したけど、それはもう毎日毎日、相手に対する今までの事への怒りと、依存から抜けられないのではないかという絶望、無気力、うつ、自分を立て直ししなければとあがき、ひどい状態だった。

苦しみ抜いて、いろいろな言葉を見つけて、壁に穴を開けることができたと思う。

そこから完全に出ることはできていない。
夫といることで、連れ戻されてしまうからだ。

フラッシュバックが時折起きる。
そばに来られると緊張する。
こちらを見ているようだと思うと緊張する。
暴力的な雰囲気を感じ取ると気を失いそうになる。
過剰になってしまう。

私がおかしくなってから、かなり我慢してくれているとは思う。
でも、隠し切れるものでもない。
あの人の本質は、どうしても現れるもの。

我慢しようとしてくれているのなら、こちらも応えるべきなのか。

でも、ほんとうに、こんなすり減る生活、続くんだろうか。
心をすり減らしながら生きるのは普通なんでしょうか。
そんなものなのかな。

これは克服できるんだろうか。
この状態でも、幸せになるためには、
こうやって、あんまり考え込まないようにすること。笑。

でも、本当は将来が不安。
後ろを見るな、前を見るな、今を見ろ!
とはよく言ったものです。

灯油でも買いに行って、気晴らしする事にします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんでなんでしょ

2015-11-23 20:32:42 | 日記
発言、多分ほんと些細なことなんだけど、
どうしてか、イラッとするのはなんでなんでしょう。

相手は普通に愚痴ってるだけ。

布団洗って乾燥機かけてきたのに、末っ子が夜中におねしょ2回もした、とか、(オムツすりゃいーじゃんと娘のツッコミ。そのとおり。「もらしゃいーじゃん」っつったのあんた。うちらにぐちんな!)
ゲームをいつまでもやってる次男をさっき叱ってやったとか、(はいはい、私が叱らないのが腹立たしいんですね。)
夫のスケジュールを把握していない私に怒ったりとか、(かんけーねーもん。)
長男とお婆ちゃんに、ご飯ってちゃんと呼んだのか、毎回毎回聞いてくる。
(ちゃんと呼んでるよ、大きい声で呼んでたの、なんで聞こえてないの💢
豪邸でもあるまいし。)

なんか、まあ、普通のことなんだけど、
そういう些細なことにいちいち腹が立つ。

愚痴、しか聞いてない気がするんだな。

楽しい話題とか、笑かすこと言えんのか。

昨日はいい夫婦の日。
娘がこれみよがしに、数回「いい夫婦の日いい夫婦の日」って言うから、「そう何度も唱えるなよ」と、小声で言ったら、
「ゴニョゴニョ言うなって?いい夫婦の日!」と、大きな声ではっきり言うから笑ってしまった。
悪かったね。仲悪い夫婦で。

台所が対面なので、機嫌が悪い顔もご披露。対面にしなきゃ良かった。
でも背中に立たれるのも好きではない。
なんとも言えんな。
なんかバツが悪いから、薄いまな板をぶら下げて顔が見えないようにしたり、いろいろ小細工。
暖簾さげてやろうかな。

あと五年後に、私が乗りたい車を買うわ、なんて言われてもさ、あんまり嬉しくない。
てか、私はそんなものどうでもいいから、服買いたいし、靴買いたい。
五年後なんて、どうなっとるかわからんし、好きな車乗りゃ幸せとか、それ、あなた基準でしょ。
私はまともに走ればなんでもいいんだ。

それより、イラッとすることばっかり言うのやめてくれたら幸せ。
私はもう、相手には数ヶ月愚痴ってません。
何故なら、どのみち返答がイラつくから。
愚痴る=ストレスってなによ。
愚痴れば説教始まるし、ああしろこうしろってなる。
共感された事ないし、それはお前がこうだからそうなるんだとか、まずは私を否定。
もうほんと、いらんつーの。
害しかない。
二十五年間これだもん。
よくここまでガマンしたな。
てか、私は馬鹿だ。
もう少し、共感力のある人を夫にすればよかった。
ま、子どもたちはかわいいし、そのへんの後悔はないけど。

一緒にいて楽しいな、って人はそんなにもいないものですか?

夫婦なんてこんなものですか?

娘が「一緒にいて楽しい相手」だけど、もう春から出ていくので、私は寂しくなるな。

あんな否定人と顔をつきあわせていかなきゃならんなんて、正直地獄である。

娘が巣立つように、私も羽ばたきたいわ。
なんてね。
まだ子どもたち3人いるからな。
てか、みんな出ていったら2人になるのか。たえられんな。
その頃には私のトラウマも治ってるといいんだけど。
とにかく2人きりになれない。
本気でたえられない。
土日に仕事入れようかと思うくらい。
完全すれ違いがいい。

婆さんになったら、お遍路とか、一人旅とか、とにかく別行動をちょくちょく入れよう。
一緒に二人で旅行なんて、ありえない。

人は変われないもの。

諦めるしかありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加