そもそも普通の家族ってどんな家族?

うちって、普通の家族だって思っていた。でも、なんか違うことにやっと気づきました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記憶

2017-05-24 13:07:32 | 日記
地獄のガールフレンドという漫画に、
女の人は大昔から虐げられた歴史の記憶を持って生まれてくるって書いてあって、
ははあ、なるほど~と、思ってしまった。

もちろん諸説ありだわ。
でも、スズメなんかは、人に散々やられてきた記憶があるから警戒心が強いとか、ガラパゴスの動物は人間に何もされてこなかったから逃げないとか聞いたことあるし。
納得してしまったんだな。

私の中で勝手に納得する分にはいいだろう。
人に吹聴しなきゃいい。

遺伝子に組み込まれてるわけだ。
わかるわかる。
男尊女卑は祖母たちの話を聞いたら実際もう酷かったようだし、そういう歴史を繰り返して来たことは明らか。
だから、男の人が怒鳴ったり怖かったり半ば強引に強制したり脅したりというのにはからっきしだめだし、大げさなほどに恐怖心を持つのもなんかしかたないんだな、とさえ思う。
男性恐怖症までいかないけど、実は男性が苦手だ。
優しい雰囲気を持った人はある程度大丈夫だけど、怒りを持った人にはかなりの警戒心を持つ。
あれ?これ当たり前か?
でも、男性に対して怖がりなのは昔から。
いかつい人とか声の大きい人が苦手で、女の人をバカにした感じの人も全くだめ。
よく結婚したよな。

この人怖いな、とか、冷たいな、とか、何考えてるかわからないとか、結婚をやめようとしたけど、相手の押しの強さに根負けした。

でもまあ、そこにそこまでの後悔もないんだけど。
結婚自体後悔したら、自分を否定することになっちゃうし。
がんばってきたことは後悔する事でもないし。

夫は、優しいことは優しい。
ただ、お酒を飲むと本音がたくさん出てきて、平気で傷つける。
そういうのがもうたくさんすぎて信用ができない。
優しくても、本心はそうじゃないんだろうな、人を支配したくて、私が自分より上に立つことを許さない。
もう。疲れた。

長男にも少し疲れる。
責め立てるつもりがないんだろうけど、結果的に私を責める。
至らなさとか、子育てする上で優しいところを直せと言う。
私は最低限のルールが守れたらいいと思っている。
長男は、とにかく厳しい。
あれもこれも完璧でなければならないと言う。

完璧を人に求めるのは、良くないと私は思う。
自分が目指すのは勝手だけど、人に強要するのはなんか違うと思ってしまう。

多分、私自身、強要されたくないからだと思うけど。
人がされて嫌な事はしたくないんだよな。

完璧じゃなくてもいいじゃん、失敗したっていいじゃんって思っているからだろうか。
失敗して、自分で痛い目見て、次にいかせばいいじゃんと思うから、親がギャンギャン言うよりいいと私は思う。

命の危険さえなければ、見守ってていいと思う。
長男が、いっぱい失敗したと思っているからなのかな。
だから下の子にうるさく言いたいんだろうか。
助言は悪くないけど、強制は違うよな。

そのへん言っても言っても伝わらないから、長男はそういうもんだと思うしかない。

ただ、疲れてしまう。
一緒にいるのがつらい時もある。

まるで、自分を見ぬ振りして誤魔化していることを再認識させられるからだろうか。
本当は完璧にやりたいけどやれていない自分を、見たくもないのに頭を押さえつけられて見せられるような気持ちになるからだろうか。

ひどく残酷な子だと思ってしまう。

私のそれは大人の処世術であって、長男のそれは、純粋さの賜物。

かつては私も完璧さを求めて自分で自分を苦しめていたと思う。
それだと命が持たないのを知ったから、力を緩めて生きる方を選んでしまった。

現実を目をそらさずに見ること、それは私にとってはたえられないこと。

夫婦の関係だったり親子の関係だったり、気を抜かずに全てを明らかにして、問題は全て解決するべきだ、なんて不可能なんだ。

適当に流すのではだめなんかな。

怠慢さを許せないんだろうな。
親にそんな姿見せられたら俺はたえられんと怒るわけだね。

そんなん知るか。
生きるためだわ。
って言い切りたいけどそうもできない弱っちい私。

長男と話すと自己嫌悪しかありません。
おうち帰りたくないよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見切り | トップ | せせらぎ街道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事