サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10464「それでも恋するバルセロナ」★★★★★★★☆☆☆

2010年06月20日 | 座布団シネマ:さ行

ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナを舞台に、四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。二人のアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻が、各々の個性や恋愛観のもとに駆け引きを繰り広げる。『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続きウディ監督作品でヒロインを演じるスカーレット・ヨハンソンのほか、スペインを代表する俳優のハビエル・バルデムとペネロペ・クルスが出演。魅力的な俳優陣に加え、街の風景にも酔いしれることができる。[もっと詳しく]

ヨハンソンはやっぱり、すごい女優さんになりつつあるね。

たった1回しか、ヨーロッパ旅行に行っていない。20代後半にバックパックでたった数十日。
ユーレイルパスを使った貧乏旅行で駆け足旅行でしかなかったが、そのなかで、一番印象に残っているのは、スペインかもしれない。
フランス国境にあるサン・セバスチャンから入った。まだバスク民族解放戦線の動きがきな臭い時だった。
そこからマドリッドに入ってそこを拠点として、グレコが活躍した古都トレドの旧市街や、カテドラルが並ぶサラマンカの旧市街をふらついた。
どちらもユネスコの自然遺産だが、もうひとつマドリッドからも近く自然遺産としても指定されており忘れがたいのはクエンカという町だった。
クエンカとは「川の盆地」という意味らしいが、歴史的な城壁都市であり、断崖の上に立つ「宙吊りの家」で名高い。ここにあるスペイン抽象美術館もなかなか印象的な建物で、すっかりくつろいでしまった。



そしてバレンシアに寄り、海外線を北上する形で、バルセロナに入りたっぷりとガウディに浸かった。
『それでも恋するバルセロナ』という作品を観ながら、たった2、3泊しかしなかったが、バルセロナの空気を思い出すことが出来た。
もちろん、ずっと後のバルセロナ・オリンピックの時に、この都市は嫌になるほどテレビを賑わせたし、ガウディの紹介とともにこの町の紀行やルポは限りなく多いのだが、それよりもこの映画のほうが、バルセロナという町の匂いを感じさせたのだ。
ちょっとうきうきする気分。それはたぶんジウリア・イ・ロス・テラリーニというスペインのPOP歌手がかろやかに謳っている主題歌のせいのように思う。
いつもいつも、ウディ・アレンの音楽センスには感心しきりだが、もしこの作品の記憶が薄れたとしても、この主題歌を聞けば、すぐに今回は二枚目男を演じているハビエル・パルデムと、その男に絡むスカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、ペネルペ・クルスの3人の女性たちの可笑しい恋の鞘当が浮かんでくることになる。



どれも素敵な女優さんたちだが、やっぱりスカーレット・ヨハンソンがいい演技をしている。
ウディ・アレン監督とも『マッチ・ポイント』(05年)、『タロット・カード殺人事件』(06年)に続いて、3作目ですっかり息が合っている。
スカーレット・ヨハンソンをはじめて見たのは、ロバート・レッドフォード監督の『モンタナの風に抱かれて』(98年)だった。
乗馬中の事故で足を切断した13歳の娘の役で出ていたのだが、レッドフォード扮するカウボーイの「見守り」で愛馬も娘も、瑕が癒えていく物語である。
この作品は、現在でも「ひきこもり」問題が浮上した時に、その「見守り」のあり方として、もっとも本質的な問題提起をしている作品ではないかと思うことがある。
それはさておき、この少女役のヨハンソンには強い印象を受けた。



ヨハンソン自身は8歳でオフ・ブロードウェイでデヴューし、映画としては10歳で『ノース小さな旅』という作品で映画デヴューしておりその後も10本ほどの映画に出ているようだが、僕は観ていない。
僕が見たのはソフィア・コッポラのデヴュー作でありアカデミー脚本賞をいきなりとった『ロスト・イン・トランスレーション』(03年)でTOKYOの街で一人ホテルで置いてきぼりを食う新妻を演じていた彼女だ。
からみはもちろん、ビル・マーレイで、でもヨハンソンはまだ撮影時には十代であったはずだが、堂々と渡り合っていた。
そして同年に『真珠の首飾りの少女』。17世紀オランダの天才画家フェルメールのモデルとなった少女を演じ、その後も日本でも大人気になったフェルメールの美術展で、ポスターなどにもなったあのちょっと振り返る少女の肖像画はもう実作なのかヨハンソンのモデル写真なのか、記憶の中で完全に溶け合ってしまっている。
『ママの遺したラブソング』(04年)では酔いどれの中年であるジョン・トラボルタと次第に友情を育んでいく多感な少女を演じ、05年にはオスカーワイルド原作の『理想の女』やユアン・マクレガーとの近未来SFである『アイランド』に出演、そしてこの年にウディ・アレンをぞっこんにさせて『マッチ・ポイント』の出演となったのだ。



その後、06年には2人のマジシャンの因縁の対決を描いた『プレステージ』や、エルロイの小説をデ・パルマが料理した『ブラック・ダリア』で冒頭からゾクっとするような高級娼婦を演じ、また『タロットカード殺人事件』ではウディ・アレンと組んでの2作目となるミステリーコメディでお茶目な女子学生の「ワトソン君」を演じている。この年には「世界で最もセクシーな女優」のトップにランクインもしている。
07年は『私がクマにキレた理由』というマンハッタンの派遣OLがその経験を基に描いたベストセラー小説「ティファニーで子育てを」を映画化した作品に主演したが、「素」のスカーレット・ヨハンゾンの自然体の演技が楽しめるという意味では僕が一番実は好きな作品だ。
08年にはこの『それでも恋するバルセロナ』の他に、『ブーリン家の姉妹』では16世紀のイギリスを舞台にヘンリー8世の寵愛を受ける姉妹役でナタリー・ポートマンと競っている。また一転して『ザ・スピリット』では、アメコミから抜け出た抱腹絶倒の奇妙な悪役を演じて楽しませてくれた。
09年には恋愛群像劇だが『そんな彼なら捨てちゃえば』で、これまたキュートな役柄を演じている。



こうして彼女の出演作品を思い返しながら、まだ26歳ぐらいなんだろうが、もうすっかり大女優という風格のあるスカーレット・ヨハンソンのあらためて魅力を考えたくもなる。
彼女は芸術一家に育っており、スカーレットという名前は、『風と共に去りぬ』のヒロインであるスカーレット・オハラからとられている。
歴史劇でも、悪女役でも、ちょっとした活劇でも活躍できる演技の幅の広さを持っているが、たぶんとてつもなく頭がいい子だと思う。
まあ、セクシー女優NO.1に対して、「頭がいい子」などという表現はどうかとおもうが(笑)。
化粧によってもちろん化けるが、素顔は典型的なハリウッド美人とはとても思えない。
また衣裳によってこれも化けるが、普通のお姉ちゃんのジーパン姿をした時など、そこらに転がっているちょっとコケテッシュなお姉ちゃんという印象がある。
でもセリフ回しというか、独特の間の取り方の自然性というか、それがもう天才的であると思う。
美貌に惚れてしまうというより、その勘所や頭のよさがすごいな、と思わされるところがある。
だから過去の出演作品のなかでも、コメディ・ライクなノリの作品の方が、僕は気に入っている。



もちろん、『それでも恋するバルセロナ』にはウディ・アレン特有の恋愛劇や、ペネロペ・クルスのさすがラテン系女性と思わせるキップのいい演技や、『ノー・カントリー』のおかっぱ頭演技など尋常ではない役どころばかり続いていたハビエル・バルデムが久しぶりに正統的なラテンの二枚目役でいい味を出していたなとか、劇中でヨハンソンがはまってしまう写真術のフレームカットがなかなかよくてこの写真集でも出版されれば手に取りたいなとか、やっぱりスパニッシュ・ギターには酔わせられてしまうな、とかいろいろ感想はある。
けれども、やっぱり冒頭のテーマソングとスペインのちょっとした思い出と、大好きなヨハンソンを観ることができればそれだけでいいや、という気になってしまうのである。

kimion20002000の関連レヴュー

マッチ・ポイント
真珠の首飾りの少女
ザ・スピリット

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 10463「あんに... | トップ | mini review 10465「ソウ6... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おばかも (sakurai)
2010-06-23 15:37:28
できちゃうのが、スカちゃんの裾野の広いとこでしょうね。
最近話題の「アイアンマン2」でも、いい感じで出ておりますよ。
新境地!!かも。
sakuraiさん (kimion20002000)
2010-06-23 16:38:37
こんにちは。
おばかがいいですね。
「アイアンマン2」も、主役より彼女が楽しみです。
「ザ・スピリット」のおばかぶりも気に入ってます。
弊記事へのTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2010-06-25 22:55:38
ビジネストリップでアジアとアメリカは色々行きましたが、(上司にチャンスを奪われて)欧州はないんですよね。
スペインか、良いなあ。(笑)

>スカーレット・ヨハンソン
注目すべき作品に次々出ていますね。
僕はその中で「モンタナの風に吹かれて」は凄く高く買っているんですよ。
その時は誰も彼女がこんな大物になるとは思っていなかったのでは?
「ザ・スピリット」はちょうど今WOWOWで放送中。録画して後で観ます。
オカピーさん (kimion20002000)
2010-06-26 02:40:06
こんにちは。
「モンタナの風に吹かれて」では、別に天才子役ともなんとも騒がれていなかったし、本国ではどうかはしりませんが、「ロスト・イン・トラストレーション」でもいい雰囲気の若手女優だなぐらいにしか、僕は思っていなかったんですね。
それがあれよあれよ、という間に。
やっぱり、才能でしょうね。
TBありがとうございました (maru♪)
2010-06-26 22:40:18
こんばんわ♪
最近gooの方にこちらからのTBが飛ばないみたいです。
URLも不正なリンクと言われてしまうので、コメントリンクも貼れません(涙)
コメントで失礼します。

スカちゃんいいですよね~ 色っぽいです!
演技はもちろん上手いのですが、自然ですごくいいです。
『アイアンマン2』のスカちゃんも色っぽいです♪
maru♪さん (kimion20002000)
2010-06-27 00:56:54
gooさんには困ったものですが、変更するのも面倒くさいし。ご迷惑かけますが、こちらからも伺いますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
それでも恋するバルセロナ (LOVE Cinemas 調布)
ウディ・アレン監督のロマンティックコメディ。出演は『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『エレジー』のペネロペ・クルス、『ブーリン家の姉妹』のスカーレット・ヨハンソン、『フロスト×ニクソン』のレベッカ・ホール。特にペネロペは本作でアカデミー賞助演女...
『それでも恋するバルセロナ』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:VICKYCRISTINABARCELONA監督・脚本:ウディ・アレン出演:スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、パトリシア・クラークソン、レベッカ・ホール公式サイ...
それでも恋するバルセロナ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この恋、想定外』  コチラの「それでも恋するバルセロナ」は、第81回アカデミー賞でペネロぺ・クルスが助演女優賞を受賞、ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した6/27公開のウディ・アレン監督のラブコメディなのですが、早速観て...
『それでも恋するバルセロナ』 (Vicky Cristina Barcelona) (Mooovingな日々)
ウッディアレン監督、スカーレットヨハンソン、ハビエルバルデム、ペネロペクルス、パトリシアクラークソン、ケヴィンダン、レベッカホール、クリスメッシーナ。 ヴィッキーとクリスティーナは親友同士でヴィッキーは慎重派で堅実な彼と婚約中。 一方クリスティーナは...
「それでも恋するバルセロナ」3タイプの美女~ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
世の女性達が、この人相手じゃ絶対かなわない~と思う、黒髪おっぱい美女代表ペネロペと、金髪おっぱい美女代表スカーレット・ヨハンソン^...
「それでも恋するバルセロナ」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  ウディ・アレン監督の新作ペネロペ・クルスがオスカーで助演女優賞を受賞した、その評判の演技豪華なキャストの面々楽しみな要素がギュッと詰まった本作がやっと公開されました!期待通り、面白かったです。見どころは、とにかく豪華なキ...
それでも恋するバルセロナ ウディ・アレン監督 (ネット社会、その光と影を追うー )
映画それでも恋するバルセロナは、親友のクリスティーナ/スカー
それでも恋するバルセロナ/ハビエル・バルデム (カノンな日々)
だいぶ前から劇場予告編がかかっていたこともあって楽しみにしていました。ペネロペにスカーレット・ヨハンソンとレベッカ・ホールという豪華女優陣があのハビエル・バルデムを巡って恋のドラマを繰り広げそうな感じでしたけど、話の中身がまだよくわからない予告編で既に...
それでも恋するバルセロナ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞(ペネロペ・クルス)、第66回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞受賞作品―【story】バカンスを楽しむためバルセロナにやってきた親友同士、ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。慎重な...
それでも恋するバルセロナ♪VICKY CRISTINA BARCELONA (銅版画制作の日々)
Vicky Cristina Barcelona♪ スペインに行きたくなる~~!流れる音楽がまたよろしい。バルセロ~ナハビエルがイケメンに見えるな バルセロナは、私が毎年出品しているミニプリント展が開催される場所です。そんなこともあってぜひ訪ねたい場所なんだけど・・・・・。...
『それでも恋するバルセロナ』 (めでぃあみっくす)
「この恋、想定外」の割には「この映画、想定内」でした。まぁウディ・アレン作品なので面白いことは面白いのですが、ちょっと毒の効き方が物足りないというか、パンチが効いていないというか、全体的にあまり印象に残らない映画でした。そしてこの映画を見てもバルセロナ...
*『それでも恋するバルセロナ』* ※ネタバレ含 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ映画、ウディ・アレン脚本&監督、スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム共演。
「それでも恋するバルセロナ」  Vicky Cristina Barcelona (俺の明日はどっちだ)
「成就しない愛こそのみが真にロマンチックな愛」なのか・・・。 スペインのバルセロナを舞台に、二人の対照的なアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻という4人の登場人物を軸にウディ・アレンが四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。 ニュー...
試写会「それでも恋するバルセロナ」 (流れ流れて八丈島)
今日は、これから虎ノ門のニッショーホールで試写会「それでも恋するバルセロナ」を観ます。スカーレット・ヨハンソンとペネロペ・クルスが出てるってだけで、観る価値あると思うけ...
それでも恋するバルセロナ (Memoirs_of_dai)
それでも観ちゃうアレン映画 【Story】 バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ...
それでも恋するバルセロナ (こんな映画見ました~)
『それでも恋するバルセロナ』 ---VICKY CRISTINA BARCELONA--- 2008年(スペイン/アメリカ) 監督:ウディ・アレン 出演: ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール ホームタウン、ニューヨークを飛び出し、イギリス...
映画レビュー「それでも恋するバルセロナ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
それでも恋するバルセロナ [DVD]◆プチレビュー◆人生は貪欲に楽しむべし。バルセロナの街の魅力を堪能できるアレン流のラブ・コメディーだ。 【65点】 夏のバカンスでバルセロナを訪れた親友同士のヴィッキーとクリスティーナは、セクシーな画家フアン・アントニオと...
それでも恋するバルセロナ (だらだら無気力ブログ)
ウディ・アレン監督がスペイン・バルセロナを舞台に恋愛観が対象的な二人の アメリカ人女性とスペイン人画家とその元妻が織りなす四角関係の恋模様を 描くロマンチック・コメディ。ヴィッキーとクリスティーナは恋愛観は正反対なんだが親友同士。 ヴィッキーは堅実かつ...
「それでも恋するバルセロナ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ウディ・アレン監督、もう、彼も御年73歳ですが、相変わらず、質の高い作品を制作しています。 で、今回の、「それでも恋するバルセロナ」って映画も、彼らしい、「先の読めない...
★「それでも恋するバルセロナ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ひらりんお気に入りのペネちゃんのオスカー受賞作。 思わずスクリーンに「おめでとう」と叫びたくなったが、恥ずかしいのでやめましたが。
それでも恋するバルセロナ/Vicky Cristina Barcelona (いい加減社長の映画日記)
ほんとは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観たかったんだけど。 ネットで空席を調べてたら、レイトショーでも、ほぼ満員ww。 無理に観ることもできたけど、とりあえずこちらも観たい「それでも恋するバルセロナ」を選択。 「UCとしまえん」は、エヴァ効果か、か...
それでも恋するバルセロナ (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本: ウディ・アレン キャスト ファン・アントニオ☆ハビエル・バルデム マリア・エレナ☆ペネロペ・クルス クリスティーナ☆スカーレット・ヨハンソン ヴィッキー☆レベッカ・ホール ジュディー・ナッシュ☆パトリシア・クラークソン マーク・ナッシ...
『それでも恋するバルセロナ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「それでも恋するバルセロナ」□監督・脚本 ウディ・アレン □キャスト ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ■鑑...
「それでも恋するバルセロナ」(VICKY CRISTINA BARCELONA) (シネマ・ワンダーランド)
米国映画界の才人、ウディ・アレン監督が2008年にメガホンを執ったラブ・ロマンス・ムービー「それでも恋するバルセロナ」(原題=バルセロナのヴィッキー、クリスティーナ、米・西、96分、W.アレン脚本)。本作は、アレン映画として初めてスペイン・バルセロナを舞...
それでも恋するバルセロナ (迷宮映画館)
うーん、ちょっと期待が大きかったかな。。。。
情熱の国~『それでも恋するバルセロナ』 (真紅のthinkingdays)
VICKY CRISTINA BARCELONA  正反対の恋愛観を持つヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカー レット・ヨハンソン)は親友同...
「それでも恋するバルセロナ」成就しない恋... (ももたろうサブライ)
監督 ウディ・アレン少しあらすじバルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)と親友のヴィッキー(レベッカ・ホール)。奔放なクリスティーナに対し...
それでも恋するバルセロナ (映画の話でコーヒーブレイク)
毎度おはこび、ありがとうございます。 「旅の恥はかき捨て」なんてぇことを申しますが、旅に出ると理性のたがが外れ、 思いもよらない行動に出るというのは洋の東西と問わず起こることのようでございます。 八っあん、熊さんではございませんが、ヴィッキー嬢とクリステ...
それでも恋するバルセロナ (5125年映画の旅)
ヴィッキーは婚約者との結婚を控えた堅実派の女性。クリスティーナは危険な恋に燃える情熱派。親友同士の二人は、バカンスのためにバルセロナに長期旅行にやって来た。二人はそこで、魅力的な画家のフアン・アントニオと出会い、恋に落ちる。しかしそこに、フアンの元...
「それでも恋するバルセロナ」:中葛西五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こんなところに欧風の古城が・・・。 {/hiyo_en2/}なんだかんだ言って、みんなヨーロッパには憧れてるからね。 {/kaeru_en4/}とくに日本人の女性はな。 {/hiyo_en2/}アメリカ人でも憧れるんじゃないの? {/kaeru_en4/}ああ、「それでも恋するバルセロナ」な...
「それでも恋するバルセロナ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Vicky Cristina Barcelona」 2008 スペイン/USA フアン・アントニオに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「ノーカントリー /2007」「コレラの時代の愛/2007」のハビエル・バルデム。 クリスティーナに「ママの遺したラヴ・ソング/2004」「理想の女/2004」「マッチポ...
それでも恋するバルセロナ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
3人の女と1人の男。惹かれあう4人の関係は、予想不可能の怒涛の展開へ! どうなる!?・・・この恋!__青い空の下、最高にセクシーでスリル満点な“バカンスの恋”が始る。あなたもきっと、バルセロナで身を焦がす恋がしたくなる__。 年一作のペースで新作を...
それでも恋するバルセロナ (ルナのシネマ缶)
ウディ・アレンが スペインのバルセロナを舞台に、 三角も四角関係もありの 恋愛を描いた ロマンチック・コメディーです。 ウディ・アレンの演出のせいか 泥沼恋愛なのに、 なんかおしゃれでさらっと しています。 バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ...
それでも恋するバルセロナ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
えーーーっと、これってウッディ・アレンの映画なんだよね。観始めてから、冒頭のナレーションでげんなり(爆)『それでも恋するバルセロナ』すっかり忘れてましたよ、、、爺様の作品って、、、実は、ウッディ・アレンの爺様の作品って苦手。。。この告白は、随分前からし...
映画評「それでも恋するバルセロナ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年アメリカ=スペイン映画 監督ウッディー・アレン ネタバレあり
それでも恋するバルセロナ (Diarydiary! )
《それでも恋するバルセロナ》 2008年 スペイン/アメリカ映画 - 原題 -
それでも恋するバルセロナ (心のままに映画の風景)
クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、ひと夏のバカンスを楽しむためバルセロナにやって来た。...
Vicky Cristina Barcelona / それでも恋するバルセロナ (Akasaka high&low )
Weinstein(ウエインステイン)兄弟の会社で2本目のWoody Allen(ウディ・アレン)作品は久しぶりのロマンス-コメディ。 Vicky Cristina Barcelona(それでも恋するバルセロナ)では珍しいことにウディ・アレン調の「どもり」を一度も聞くことがありません。ストーリーは...
それでも恋するバルセロナ (2008・スペイン/アメリカ) (白ブタさん)
ウッディ・アレン監督でスカーレット・ヨハンソンとペネロペ・クルスの共演ということで、期待していた作品{%流れ星webry%}
『それでも恋するバルセロナ』 (Cinema + Sweets = ∞)
アカデミー賞に絡んだ作品の6月公開作品って今年は異様に多い気がしますね。たいがいGWを狙った上映くらいまでな気もするのに。。。 ということで、ペネロペ・クルスにアカデミー助演女優賞をもたらしたウディ・アレン監督作『それでも恋するバルセロナ』を観ましたー。 ...
それでも恋するバルセロナ ▲96 (レザボアCATs)
'08年、アメリカ・スペイン原題:Vicky Cristina Barcelona監督・脚本:ウッディ・アレン製作:レッティ・アロンソン、ギャレス・ワイリー、スティーブン・テネンバウム製作総指揮:ハウメ・ロウレス撮影:ハビエル・アギーレサロベ美術:アラン・バネ編集:アリサ・レプ...
『それでも恋するバルセロナ』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
ヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは真面目で、立派な若者と婚約中。一方のクリスティーナは自由奔放で、情熱的な恋を常に探している。そんな二人は、バルセロナで一夏を過ごすことになる。そこ二人は魅力的な画家、フアン・アントニオと出会う。クリステ...