サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 09365「ブタがいた教室」★★★★★★★☆☆☆

2009年05月05日 | 座布団シネマ:は行

ドキュメンタリーとしてテレビ放映され話題を呼んだ、大阪の小学校の新任教師による実践教育を基に映画化した感動作。1年間大切に育ててきたブタを食べるかどうかで大論争を巻き起こす子どもたちの、うそ偽りのない表情にカメラが肉迫する。『涙そうそう』の妻夫木聡が教師役に初挑戦し、子どもたちと素晴らしいコラボレーションをみせる。大切な命をどうするかという結論を自らの力で出そうとする生徒たちの姿勢が、痛いほどダイレクトに伝わり心打たれる。[もっと詳しく]

いのちに触れる実践授業が、巻き起こしたことなど。

『ブタがいた教室』は小学校の新任教師であった黒田恭史が(まだ総合的学習時間の枠がなかった頃なのだが)、「ブタを飼って、飼育した後、自分たちで食べる」という実践授業を1990年から2年半、およそ900日にわたって32人の生徒に行った授業を基にしている。
その授業の様子は、ドキュメンタリーとして93年に放映され、反響を巻き起こし、いくつかの賞を手にすることにもなった。
テレビなどでこの授業のことを見聞したことはあるが、ドキュメントそのものを僕は見ていない。
黒田恭史の授業は、教育界では有名なことであるが、彼自身が体験した鳥山敏子の『いのちに触れる』という実践学習を踏まえた形で、考案されている。



鳥山敏子は1941年生まれ。
彼女が教育者として、物議をかもしたのは、39歳の時の「ニワトリを殺して食べる」という実践授業に因している。
これはその後の屠畜体験学習の先駆けともなり、彼女はその後「ブタ一頭丸ごと食べる」という授業で記録映画ともなり、テレビで紹介されたりもしている。
僕が鳥山敏子の名前を知ったのは、ずっと遅れて1994年、彼女が「賢治の学校」を開校したことによる。



宮澤賢治に傾倒し、宮沢賢治の教え子だった老人たちへの聞き取り調査などをDVD映画という形でも報告にまとめ、ついに職を辞して、「賢治の学校」開設に至ったのである。
当初はワークショップのかたちで研鑽を続け、「東京・賢治の学校」として校舎を持ったのは2000年のことである。
その後も、全国の「教育」や「食育」や「環境」や「いのち」にかかわるセミナーなどで、「賢治の学校」のクレジットを目にすることが多くなった。



鳥山敏子の「ニワトリ(ブタ)を殺して食べる」という授業については当時から多くの批判も浴びせられている。
「動物愛護」という視点からの批判者もいれば、子どもたちに与えるトラウマからの批判もあったし、はたして小学校の「授業」という場で、半ば強制的にそういう学習を経験させることに意味はあるのかという批判もあった。
そういう批判のなかで、一番まともな批判に思えたのは、村瀬学による「
生き物のいのちとあなた」と題する鳥山敏子批判である。
僕は村瀬学の障害児論や、心的現象論や、吃音論などに共鳴するところがあったので、一連の著作を読んでいたのであった。
ここで、村瀬学は鳥山敏子批判を、彼女のある意味ファナティックな「危険な観念論」として指摘しており、これは凡百の「動物が可哀想」批判とは一線を画しているものだった。



『ブタがいた教室』のモデルとなった黒田恭史の思想は、鳥山敏子の方法とどこが同じでどこが異なるのか、僕には専門的なことはわからない。
けれど、この「ブタがいた教室」という作品で「追体験」する限りで言えば、子どもたちに問題提起をし、実際に豚を飼育し、そこでPちゃんという愛称も与えた上で、子どもたちに時間を掛けて、討論をさせ結論を子どもたちによって出させていくという遣り方をとったことは、それなりに考え抜いた彼の方法であったのではないかと思われる。
鳥山敏子の「ニワトリを殺して食べる」という実践授業では、河原に集めた生徒や父兄の前で、いきなりもらいうけたニワトリを放し飼いにして、「おおい、集めれ!ニワトリ狩りだよ!」と号令をかけ、次のようなシーンが繰り広げられたのである。

「さあ、中村さんに、にわとりのつぶし方を教えてもらうから、よくみてて」
 中村さんは、にわとりの首をきゅっとひねった。子どもたちも親たちも思わず顔をそむける。ぐにゃっとなったにわとりの両足をおさえ、首の毛をむしり、包丁をあてた。「いやだ!」「こわい!」。ぐっと力が入れられた。血がドクドクとふきでる。頸動脈を切断された首がブランとなったが、にわとりのからだは最後の力をふりしぼってあばれる。その生命力のすごさに身がすくむ。さかさまにつるして血を出す。ドクドクとわきでるまっ赤な血。それでもにわとりはあばれつづけた。
 やがて、おとなしくなった。死んだのだ。じゅうぶん血を出しきったところで、湯のわきたっているなべにさっと入れて、とり出した。とさかも目も黄色く白く変色していた。わたしたちをうらんでいるような目だ。わたしは、呆然と立って凝視している子どもたちや親たちに声をかけた。「さあ、みんなで毛をむしって!むしった毛はビニール袋にいれて、散らかさないように」いやがる子どもや親の心をはねかえすように、事務的な口調でいった。つき動かされた親子は、羽をむしりはじめた、こわごわと。むしりとっていく羽の下にみえてくるものは、いつも店頭で目にしているあの鶏肉である。
   鳥山敏子『いのちに触れる』太郎次郎社1985



現場に立ち会ったわけではない僕にも、このときの鳥山敏子がなんだか「いのち」に対する敬虔な感謝を捧げるということよりは、血走った目で狩猟を疑似体験するといったような情景が、浮かばざるを得ないのである。
黒田恭史がこの映画の中で妻夫木聡扮する星先生の、子どもたちの反応を信じ、その結論いや結論に至る過程そのものを最大限尊重しよう、そして学校内で生起する軋轢・抵抗に対しては、新人教師であろうとも、自分が身体を張っていこう、といった教師像とそれほど脚色されていないと仮定するならば、なかなか見事な立ち振る舞いであり、少なくとも「危険な観念論」が現場に一方的に、露出しているとは感じられない。
ここは黒田恭史なりに、鳥山敏子をある面で止揚しようとしたのではないかと、勝手に想像したくなるところである。



『ブタがいた教室』という作品で前田哲監督が細心の注意を払ったことは、ドキュメンタリーでもなくフィクションでもない制作方法を、オーディションから選ばれた26人の子どもたちのリアリティと制作過程を往還させるというやりかたで、編み出したことのように思える。
この作品の脚本は「子どもの脚本」と「大人の脚本」の2種類が用意され、「子どもの脚本」にはセリフが白紙で渡されたという。
出演の子どもたちは、実際に生活を共にし、豚を飼育し(撮影用には赤ちゃん豚から成人豚まで22頭が用意された)、テーマを与えてディベートをさせ、その発言や個性と実際のセリフをリンクさせていったのである。



最後に「豚を食べるのか」「豚を食べないのか」の票数は真っ二つに別れる。
卒業の時間は近づいてくる。
結論を先延ばしには出来ない。
どちらの意見のグループも、精一杯考え、つかみあいの喧嘩にもなり、涙をいっぱいためて自分なりのPちゃんの存在に真摯に向き合おうとする。
僕は自分の息子の小学生当時の優しげな性格のことなど思い浮かべ、「この教室に彼がいたなら、どういう反応をするのかなぁ」などと、思わず考えてしまったりもした。







ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 09364「君のため... | トップ | 第十三話 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Pちゃん (rose_chocolat)
2009-05-05 07:10:42
この映画が公開されたとき、リアルで下の子が6年生だったので、非常にこの子たちの演技が心に入ってきてしまいました。
6年生と3年生っていう学年の微妙な違いも、この映画のポイントでしたね。

自分の子ならどうしたかな? と考えたとき、彼ならきっと「食べない」にするだろうなと思います。
roseさん (kimion20002000)
2009-05-05 07:30:24
こんにちは。
そう、自分のこどもの反応を考えてしまいますね。
僕は先日、ハム製品をつくっており施設内に温泉やレストランのあるところに行ったのですが、可愛いブタちゃんとじゃれあったあとで、入浴後、レストランでもりもり豚肉料理を食べたので、相方から「あんたの神経は理解できないわ」といわれちゃいました(笑)
TBありがとうございました! (mezzotint)
2009-05-05 11:11:14
kimion20002000さま
こんにちは!
実はこの記事、gooのブログにははじかれまして・・・。せっかくTB頂いたのに、やはり
だめでした。時々このようなことが起こります。
禁止ワードがあるのか?その辺良くわかりません。
命の尊さをあのような画期的な発想で教える
学校教育、なかなかないでしょうね。意外に
教育の現場って保守的ですから・・・・。
mezzotintさん (kimion20002000)
2009-05-05 12:21:10
こんにちは。

禁止ワードが結構あるんでしょうね。
余計なお世話なんですけどね。
僕のこのレヴューでいけば、鳥山さんのご著書からの引用文のところが、なんかホラー殺人を連想させるような語句に満ちているから・・・かも(笑)
トラコメありがとうございました (にゃむばなな)
2009-05-17 15:54:18
この映画を上映していたシネ・リーブルさんが千葉・池袋・梅田・神戸・福岡の5劇場でアンケートを行ったそうですが、千葉以外の4劇場は全て食べる派が多かったそうです。

特に梅田と神戸は圧勝だったとか。
これも関西人気質なんでしょうかね?
深いですね (erabu)
2009-05-17 22:14:17
kimion20002000さん、コメントありがとうございました。

レビューを参考にさせていただきます。

>ここは黒田恭史なりに、鳥山敏子をある面で止揚しようとしたのではないかと、勝手に想像したくなるところである。
確かにそう感じます。
実話はどうなったのかわかりませんが、少なくとも映画ではそれなりに納得できるラストでした。
にゃむばななさん (kimion20002000)
2009-05-17 22:43:47
こんにちは。
そうか、関西は・・・(笑)
なんとなく、わかるような気はしますね。
erabuさん (kimion20002000)
2009-05-17 22:46:00
こんにちは。

黒田さんにはお会いしたこともないし、TVのドキュメントも見ていないんですけどね。
なんとなく、僕は、彼の思想や方法論というものが、気になってしまうんです。
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2009-12-10 01:32:52
子供たちの討論が興味深い作品でしたが、自分をあのシチュエーションにおいたらとても耐えられないですね。僕は子供時代から家族に蝿も殺すなといってきた人間ですから。
といった次第で、一度でも触れた動物を食べるなんてのは論外だなあ。

>鳥山敏子
不勉強で全く存じませんでしたが、その教育に何の意味があるのか全く解りません。
その意味では、黒田恭史氏の考えはまっとうだと思います。
でも、僕ならそんな教室からは逃げて登校拒否しちゃいますよ。(笑)
オカピーさん (kimion20002000)
2009-12-10 02:41:17
こんにちは。

僕も、カエルの解剖も逃げ出したし・・・。

サバイバル生活では、まるで、無能な男になりそうです(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ブタがいた教室』 (2008)/日本 (NiceOne!!)
監督:前田哲脚本:小林弘利原案:黒田恭史出演:妻夫木聡、原田美枝子、大杉漣、田畑智子、池田成志、戸田菜穂公式サイトはこちら。<Story>「卒業までの1年間でブタを飼育し、最後にはみんなで食べたいと思います」─新任の星先生(妻夫木聡)の提案に6年2組は騒....
ブタがいた教室 (花ごよみ)
妻夫木聡が赴任先の小学校に、 ブタを連れてくる新任先生役。 許可を与える校長先生が原田美枝子。 他には大杉漣、田畑智子らが共演。 「卒業までの1年間ブタを飼って、 大きくなったら食べたいと思います」 新任の星先生の言葉。 その言葉に従って、 6年2組の生徒達...
ブタがいた教室■創造的な話し合いとはいかにして生まれるのか? (映画と出会う・世界が変わる)
何と大胆でかつ示唆に富んだ映画であることか!実際にある小学校で行なわれた授業、つまりクラスのみんなで豚を育て、それを最後に食べることが出来るのか?最初は実に活き活きと飼育に励み、幾多の困難を乗り越えてやがて卒業式が近くなるに従い、生徒たちには悩みの色が...
「ブタがいた教室」Pちゃんを飼って初めて知った全てに注がれている愛情を知る生きる授業 (オールマイティにコメンテート)
「ブタがいた教室」は1990年に実際に行われた小学生の授業でブタを飼うドキュメントを映画化した作品で小学6年生が1年間ブタを飼って最後には食べるという事で飼うが、次第に愛情が生まれブタを巡り激論を交わして最後に結論を出す事になるストーリーである。人間で...
ブタがいた教室 (5125年映画の旅)
小学校の新任教師・星は、授業の一環としてクラスで豚を飼い、卒業の時にその豚を食べようという企画を提案する。子供達は大喜びで豚を飼い始め、小屋の製作やエサの回収、フンの掃除など、動物の飼育に積極的に関わっていく。しかし、だんだん豚に愛着が湧いてきた子...
ブタがいた教室 (悠雅的生活)
  「命」への責任。正解のない、Pちゃんと26人の1年間。
「ブタがいた教室」難しいね・・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
「ブタがいた教室」レンタルになったので早速見てみました。情がうつったペットを食べるか?食べざるべきか?
【映画】ブタがいた教室 (新!やさぐれ日記)
▼動機 絶対的使命感 ▼感想 お見事。参りました。 ▼満足度 ★★★★★★★ びっくり ▼あらすじ 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラスの生徒たちに提案する。校長先生(原田美枝子)にも...
すごく正直で誠実な作品。『ブタがいた教室』 (水曜日のシネマ日記)
「食べる事」を前提に育ててきた「ブタ」を巡り、論争を巻き起こす物語です。
ブタがいた教室 (to Heart)
“いのち”の長さは 誰が決めるの? 製作年度 2008年 上映時間 109分 原作 黒田恭史 『豚のPちゃんと32人の小学生』(ミネルヴァ書房刊) 監督 前田哲 音楽 吉岡聖治 出演 妻夫木聡/大杉漣/田畑智子/池田成志/ピエール瀧/大沢逸美/戸田菜穂/原田美枝子 1990年に大阪の...
「ブタがいた教室」:東小松川小学校前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}きょうは、ここでそばかうどんにしておく? {/kaeru_en4/}いや、ポークカレーとかポークジンジャーとかポークカツレツとかないのかな? {/hiyo_en2/}なに、それ。信じられない発言。「ブタがいた教室」を観たあとで、よくそんなこと、言えるわね。 {/kaeru_e...
ブタがいた教室(映画館) (ひるめし。)
本当に食べるの?
映画 「ブタがいた教室」 (ようこそMr.G)
映画 「ブタがいた教室」 を観ました。
ブタがいた教室/妻夫木聡 (カノンな日々)
この映画は絶対観たいと思ってたんですよね。もう10年くらい前になるのかな?この映画のもとになった出来事、大阪の小学校であるクラスで行われた「豚を飼育して食べる」という実践教育の様子を取材したドキュメンタリーを私はとても強い関心を持って見続けていました。 ...
ブタがいた教室 (Memoirs_of_dai)
無難にしめたラスト 【Story】 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラ...
映画「ブタがいた教室」@シネマート銀座試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回はYahoo!映画/ムービーレビュアーを招いた試写会で客席はほぼ満席だ。ブタがいた教室(通常版)(DVD)◆20%OFF! 映画の話 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラスの生徒たちに提案する....
『ブタがいた教室』 (めでぃあみっくす)
自分たちで飼育したブタを食べるか、食べないか。私はこの映画を見る前から「食べる」派でしたし、映画を見終わってもその意見がブレることは一切ありませんでした。なぜならかつて犬を飼っていた私には犬であろうとブタであろうと、一緒に楽しい時間を過ごしてきた家族を...
ブタがいた教室・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
究極の食育映画。 人間は、他の命を取り込んで生きている。 それは生命の必然であり、ある意味原罪なのだと思うが、嘗ては当たり前のように...
ブタがいた教室 (だらだら無気力ブログ)
大阪の小学校で実際に行われた実践教育の授業を映画化。 自分達で1年間育てたブタを自分達で食べるという実践教育を 取り入れた新任教師と26人の生徒たちの1年間を描く。6年2組の担任になった新任教師の星先生は、食べることを前提に 子ブタを飼うことを生徒達に提...
ブタがいた教室 (Thanksgiving Day)
映画「ブタがいた教室」を観てきました!! この映画は正直言って、ノーマークだったんですよ。 でもいろんなところで、なかなかいいって話しを聞いて、「これはぜひ観に行かなければ!」と思ったわけです。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『「卒業までの1年間でブ...
映画『ブタがいた教室』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督、前田哲。脚本、小林弘利。原案、黒田恭史。2008年日本。人間ドラマ映画。出
映画[ ブタがいた教室 ]正解のない授業、筋書きのない映画 (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ ブタがいた教室 ]を新宿武蔵野館で鑑賞。 原作は『豚のPちゃんと32人の小学生』。大阪の小学校で実際に行われた“ブタを飼って、飼育をした後、自分たちで食べる”「いのちの授業」の映画化です。本作は今年の東京国際映画祭で、観客賞と審査員賞の2冠に輝い...
『ブタがいた教室』@シネリーブル池袋 (映画な日々。読書な日々。)
(C)2008「ブタがいた教室」製作委員会 「卒業までの1年間でブタを飼育し、最後にはみんなで食べたいと思います」─新任の星先生の提案に6年2組は騒然となる。校庭の片隅に小屋を作り、掃除、エサやリなど生まれて初めての経験に戸惑いながらも、成長してゆくブタに愛着を...
ブタがいた教室 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「ブタがいた教室」の感想です
『ブタがいた教室』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブタがいた教室」□監督 前田哲 □脚本 小林弘利 □キャスト 妻夫木 聡、大杉 漣、田畑智子、池田成志、原田美枝子、ピエール瀧、戸田菜穂、伊藤奈月、大和田結衣■鑑賞日 11月1日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5...
『ブタがいた教室』 (いつか どこかで)
映画『ブタがいた教室』を見ました。
ブタがいた教室 (future world)
私なら、Pちゃんを食べれません。。。 1990年に大阪のある小学校で実際にあったお話を基に作られたらしい。 う~ん・・・やるよね、っていうかかなりチャレンジャーだよ、この先生は。。 「このブタをみんなで飼いたいと思います、そして最後はみんなで食べたいと...
吃音改善プログラム (吃音・どもりは治せます)
吃音を自宅で改善、国語の現職教師の吃音改善プログラムで、あなたも吃音を治して、明るく生活しましょう!
【ブタがいた教室】答えのない教室 (映画@見取り八段)
ブタがいた教室 監督: 前田哲 出演:  妻夫木聡、原田美枝子、大杉漣、田畑智子、戸田菜穂 公開: 2008年11月 泣いた。。。 何かに感...
映画を観た~ブタがいた教室~(久々の傑作!) (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
ブタがいた教室 (映画君の毎日)
ブタがいた教室 ¥2,952 センセーショナルな内容で賛否両論を巻き起こした実話を映画化!6年2組のクラスを受け持った新任教師は、クラスでブタを飼い育て、卒業時に自分たちで食べるという驚くべき授業を始める。名前を付けられ、可愛がるブタに感情移入していく子供た...
映画評「ブタがいた教室」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・前田哲 ネタバレあり
『ブタがいた教室』 (『映画な日々』 cinema-days)
ブタがいた教室 6年2組担任の新米教師がクラスで 1年間豚を飼育後、食用する試みを行う。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原...
「ブタがいた教室」 本物の涙 (ノルウェー暮らし・イン・London)
ずっと家にあったのに見ていなかった映画。 わーっっ!りょうたが6年生のうちに、一緒に見なくては!! 今週末に卒業式を控えたりょうた。 ブタを飼育した6年生の一年間を追った話は、今こそ見るべきだわ☆
『ブタがいた教室』'08・日 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
食うべきか食わざるべきか もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の 日