サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 09371「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」★★★★★★★★☆☆

2009年07月03日 | 座布団シネマ:は行

地獄生まれの異色ヒーロー、ヘルボーイが活躍するファンタスティック・アクションのシリーズ第2弾。今回は、皮肉屋の赤色モンスター、ヘルボーイの前に、魔界の王子と伝説の最強軍団ゴールデン・アーミーが立ちはだかる。監督は『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ。ヘルボーイを演じるのは、前作に引き続きロン・パールマン。見た目は怖いが心優しきヘルボーイの活躍と幻想的なビジュアル世界、さらにはユニークなクリーチャーが多数登場するアクションシーンに注目だ。[もっと詳しく]

誰がなんと言おうと、この世界は僕の「ご贔屓」であり、「偏愛」の対象だ。

誰がなんといおうと自分の中の「ご贔屓」は変わらない、ということがある。
僕にとっては、映画監督でいえば、ギルレモ・デル・トロがそうだ。
1964年メキシコ・グアダラハラ出身のデル・トロは少年時代からファンタジーにいかれてたのだろうが、『エクソシスト』の特殊メイクを手がけたディック・スミスに弟子入り、その後10年以上、特殊メイクの世界に携わっている。
『クロノス』(92年)、『ミミック』(97年)、『デビルズ・バックボーン』(01年)、『ブレイド2』(02年)と監督経験を積んだ。
それぞれは老いた骨董商人が不老不死を実現する機械に操られるという怪奇物語であったり、昆虫が人間を襲うホラーであったり、スペイン内戦下の少年の亡霊が復讐を果たすゴシック・ホラーであったり、ヴァンパイヤと人間の二重の血を持つ主人公のマーヴェルコミックの人気アニメの映画化であったりするのだが、そしてそれらの作品群はどこかB級ホラーの棚の中で埃をかぶっても良さそうなものなのだが、どっこいどの作品も僕には鮮烈な印象を与えられたものだ。
デル・トロ監督にとって、本当に撮りたかったのは、そのあとの『ヘルボーイ』(04年)なのだろう。
そしてスペイン内戦下のファシズムに圧迫される少女の、ファンタジーとリアル世界を往還する傑作『パンズ・ラビリンス』(06年)のヒットにつながり、『ヘルボーイ』シリーズ第2弾である本作を完成にこぎつけたのである。



「ご贔屓」といえば、個性派役者でいえば、『ヘルボーイ』シリーズで主人公のアヌン・ウン・ラーマ=ヘルボーイを演じるロン・パールマンである。
1950年生まれのこの長身でマントヒヒのような特異な風貌を持つ役者に、最初にお目にかかったのはウンベルト・エーコ原作の難解な記号学的解釈を要する知的ミステリーである『薔薇の名前』を、ジャン=ジャック・アノーが1986年に映画化した作品であった。
ショーン・コネリー演じる主人公が北イタリア僻地の中世の修道院で、修道士の謎の死を推理するお話なのだが、この作品でキリスト教の異端であるグノーシス派の奇怪な僧侶のような役どころで登場するのが、ロン・パールマンであった。
長身で猫背で背徳めいた下卑た呪詛を口にする、黒い僧衣を身に纏ったこの異様な容貌の役者に、僕はすっかりとりこになってしまったのだった。
『美女と野獣』の野獣役にぴったりだといえばいいかもしれない(実際にテレビシリーズで野獣役を演じている)。
その後は、さまざまな映画でその容貌に似つかわしい役柄で見かけるようになり、声優としても名声を得ている。
デル・トロ監督も、このロン・パールマンにぞっこんで、メキシコ時代の処女作『クロノス』に起用し、『ヘルボーイ』では渋るプロダクションを7年がかりで彼しかいないと口説き落とし、『ブレイド2』にも出演を願っている。



素顔のロン・パールマンを見れば見るほど、風貌がそっくりな有名人がいる。
「酔いどれ詩人」などと呼ばれ、しわがれ声で自作のバラードなどを歌うと泣けてくるトム・ウェイツである。
映画のサウンド提供も多いが、役者としてもいくつかの映画に出ている。
僕はほとんどのLPを持っているが、自分の部屋で酒を飲みながら本でも読むときは、まあ半分以上はトム・ウェイツをバックに流していたものだ。
そういう意味では、大の「お贔屓」なのだ。
そして、『ヘルボーイ』の1作目には、なんとトム・ウェイツが曲を提供し、歌も披露してくれているのだ。
つまり、デル・トロ、ロン・パールマン、トム・ウェイツと、僕が偏愛し、「お贔屓」にしている3人が、ここでセッションしているのである。
そういう意味でも『ヘルボーイ』は僕にとっては、特別な思い入れがある作品なのである。



『ヘルボーイ』は1994年、マイク・ミニョーラによって造形されたアメリカン・コミックのかなり特異なキャラクターである。
前作は、ナチス・ドイツの終末期、ロシアの怪僧ラスプーチンを暗躍させながら、アメリカ軍特殊コマンド部隊が回収したモンスター「ヘルボーイ」が神秘学者であるブルッテンホルム教授に育てられ、やがて超常現象捜査局(B.P.R.D.)で悪魔と戦いを続けるのだが、あのラスプーチンが復活して・・・というわくわくする(笑)、お話であった。
7フィート、500ポンドの体躯。
真っ赤な全身、角を切り取ったような切り株を額に残し、頭は河童状で、うしろでお相撲さんのように髪をチョンマゲに結っている。
長い尻尾を持ち、特殊拳銃サマソタニをやたらとぶっ放すが、射撃の腕はもうひとつ。
右腕が強力な武器であり、特に右手部分は超強固な石状物質と化しており、この手で相手をぶん殴ったり、防御したりするのだ。
水棲人である同僚のエイブや、念力発火能力を持つ恋人のリズや、すぐ保身にまわるマニング局長は、第1作ですでに御馴染みだ。



第2作となる本作では、第1作よりももっとデル・トロ監督の趣味・嗜好、つまり資質が反映されているように思われる。
アクション・シーンは特撮を精緻に繰り出し、「やってくれてるな」と僕などは嬉しくてしょうがないのだが、なにより抒情(ファンタジー)色が色濃くなっていることが注目される。
冷静さが売りのブルーこと水棲人のエイブがヌアラ王女に恋をしてしまい、涙腺がないはずなのに、涙まで流してしまう。
ヌアダ王子とヌアラ王女は双子の兄妹なのだが、エルフ界と人間界の棲み分けをめぐって哀しい対立をすることになり、ともに自死のようなかたちで滅することになる。
リズはヤンチャ坊主のようなヘルボーイの子を身籠り、母性の目覚めとともに、不安に苛まれる。
またヘルボーイも「父性」に少し目覚めながら、自分は人間界に同伴していてもいいものかどうか、なにやら似つかわしくない哲学的な煩悶がはじまる。
新登場の官僚っぽいお目付け役として登場する、幽体離脱をして自分の身体を持たないヨハンも、自らの役割に疑問を持つようになる。



登場するクリーチャーも、これまた前作に輪をかけて(というより『パンズ・ラビリンス』の妖精やクリーチャー造形の進化を経て)、ほれぼれする出来栄えである。
どこか哀しげなトロール族のウィンク、光るものに目がないいざり姿のゴブリン、石の巨人ゴーレムを彷彿とさせるジャイアント・ドアウェイ、地下に棲む目のないペイルマンに似た死の天使、昆虫と妖精の合体した小さいが獰猛なトゥース・フェアリー、森の守護神で環境問題を象徴させたかのような存在のエレメンタル・・・どれも、滅び行く存在の奇妙な哀愁のようなものを持っている。
そして、圧倒的なゴールデン・アーミーの隊列!。
この機械仕掛けの黄金兵士たちは、自己再生能力を持っており、つまりは生命/死というものをはなから相対化する存在となっている。
ここでは、エルフ族もトロールの住民も、王子・王女やエイブ、リズ、ヘルボーイの超能力トリオも、あまりにも感情と意味を持ち過ぎる存在として、並列して比較相対化されることになる。



『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』のDVD特典には、デル・トロ監督の映像解説が収録されている。
映画やアニメやVFXやCGや・・・なんでもいいのだが、クリエィティブのどこかに職業として携わりたいな、と思っている若い人たちには、格好の教科書になるはずである。
僕などは、もし自分にある程度の資産や実行力があるとしたら、ギレルモ・デル・トロ監督とそのチームの造形した、設定集やセットやクリーチャーやアニメーションやメイクアップや衣装・小道具など、ともあれすべての製作工程がわかる現物を一堂に集めた展示施設をつくりたいと本気で思う。
本物の役者たちは毎日6時間のメイクアップを経て、表情もさだかではない役柄で、けれど微細な唸るような演技を表現している。
さすがに、役者は常設してもらうわけにはいかないが、僕はたとえばトロールの市場の行き交うエルフたちの細部を何度も繰り返して観察したいし、B.P.R.D.の巨大な冷たい施設の中の肌合いを体感したいし、岩場の奥から入って、魔界の道を通り抜け、歯車がぎしぎし唸りをあげて回転するゴールデン・アーミーの隊列が無慈悲に動き出すシーンに驚愕したい。
そしてなにより、メキシコのテカラで酔っ払ったヘルボーイとエイブが(等身大のフィギュアがあればいい)お互いに悩みを打ち明けながら、その背後にバリー・マニロウの甘い歌声で「涙色の微笑」などが流れていたとするなら、僕はなんの文句もない。
それこそが「ご贔屓」に対する尽きせぬ偏愛なのである。
そして僕はシリーズ第三作を、焦がれて待つのである。



kimion20002000の関連レヴュー

パンズ・ラビリンス






ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 105日目「動物を愛した陶芸家... | トップ | 106日目「赤黒金銀緑青 前田... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
次回作?? (ひらりん)
2009-07-08 01:24:25
マニアックすぎて、次回作が出来ても劇場公開しないのでは???と心配してますが、
DVDスルーになっても、ヘルボーイの赤ちゃんは見たいところです。
もしかして赤ちゃんが赤くなかったりして???
といっても、アメリカでは「ベイビー」と「赤」とは関係ないですね。
ひらりんさん (kimion20002000)
2009-07-08 02:03:28
こんにちは。
双子だから、片方だけ、赤いとか・・・。
アイアンマンとかハルクとかそんなアメコミよりずっと面白いのになぁ。
クリーチャーの造形なんかは、ハリーポッターやロード・オブ・ザ・リングよりいいとも思うし。
「偏愛」だけど(笑)
こんばんは(^_^) (ルナ)
2009-07-10 00:11:23
得体のしれない不思議なクリーチャーが
てんこ盛りで、なかなか楽しませてもらいましたねー。
私も続編楽しみです。
お子ちゃまは、双子みたいだったので、
片方が赤い子???のような気がします!!!
ルナさん (kimion20002000)
2009-07-10 08:32:09
こんにちは。

ギルトロ館ができて、こういうクリーチャーをじっくりと見ることが出来たら面白いと思いません?
つまんない、ろう人形館とかを買収してさ・・・(笑)
Unknown (こたつ)
2009-07-10 12:50:34
こんにちは。
この作品はまだ見たことがないのですが見てみたくなりました。
それから宣伝とかで見たとき、私もあの主人公トム・ウェイツに似ているといつも思っていました。素顔もメイクした顔もそっくりですね。
それにしてもほとんどのLPを持ってらっしゃるとはうらやましいです。
私の持っている中の1枚はレアでも何でもありませんが宝物です。
『ヘルボーイ』の1作目にトム・ウェイツが曲を提供しているとのこと。これは是非見なくてはですね(笑)。
こたつさん (kimion20002000)
2009-07-10 13:03:37
こんにちは。
トム・ウェイツは、明るい喫茶店やデニーズなんかで聞いたら駄目ね。
やっぱ、ウィスキーやバーボンでもかっくらいながら、聞くものです。
映画のスコア提供も多いですよ。
kimion20002000さんへ (mezzotint)
2009-07-10 20:46:54
今晩は☆彡
TB・コメントありがとうございました。
デル・トロ監督のオタクは半端じゃない
ようですね。「永遠の子供たち」は製作で
関わっていますが、これもなかなか良い
作品です。パンズ・ラビリンスと少し
似ているかもしれません。ぜひ機会が
あったらご覧ください!
mezzotintさん (kimion20002000)
2009-07-10 22:04:06
こんにちは。
そうですね。
僕の中では、「デビルズバックボーン」「パンズラビリンス」「永遠の子供たち」がひとつの流れとなっています。
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2009-12-05 01:06:21
デル・トロさんに対する僕の評価は「ヘルボーイ」第1作までは低かったんですよ。「デビルス・バックボーン」というのは観ていないんですけど。

しかし、「パンズ・ラビリンス」から二皮向けたくらい面白く、本作も第1作の陰鬱さを考えると予想外の楽しさに溢れてご機嫌でした。
要注目の監督になりました。

>ロン・パールマン
一度見たら忘れられない風貌ですね。
傑作「薔薇の名前」での我々の前に初お目見えしたんでしたっけ。
オカピーさん (kimion20002000)
2009-12-05 11:10:49
こんにちは。

>傑作「薔薇の名前」での我々の前に初お目見えしたんでしたっけ。

1981年に「人類創生」という作品に出たのが、デヴューらしいですけどね。
記憶にないけど、原始人の役どころでもしていたのかしら(笑)。
評価があがったのが、やはり「薔薇の名前」でしょうね。そのあと、テレビシリーズ「美女と野獣」。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー (映画鑑賞★日記・・・)
原題:HELLBOY II: THE GOLDEN ARMY公開:2009/01/09製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:119分鑑賞日:2009/01/11監督:ギレルモ・デル・トロ出演:ロン・パールマン、セルマ・ブレア、ダグ・ジョーンズ、ジェフリー・タン、ルーク・ゴス、アンナ・ウォルトン、ジョ...
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー 2作目だとは知らんかった (労組書記長社労士のブログ)
【 1 -0-】 昼間っからお酒飲んで(仕事でやで!)、その後に映画を観に行ったら、やはり睡魔との闘いやった{/m_0157/}{/m_0162/}  で今年初めてスクリーンで見たのは、ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー。 予告編で「見たい{/m_0160/}」ってなって、封切り初日に見に...
永遠のボーイ (Akira's VOICE)
「永遠のこどもたち」 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー/ ロン・パールマン (カノンな日々)
これがパート2という事はパート1があるって事ですよね?日本で公開されたのかな?もしかしたら忘れてるだけかもしれないけど全然知らなくて予告編で一目気に入っちゃいました。ホントなら前作を観てからのほうがいいんだろうけど先行上映につられちゃいました。 出演...
映画を観た~ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー (映画君の毎日)
ストーリー:超常現象捜査防衛局“BPRD”のすご腕エージェント、ヘルボーイ(ロン・パールマン)は、念動発火能力者の恋人リズ(セルマ・ブレア)らと組み、怪事件の捜査と魔物退治にあたっていた。一方そのころ、闇の世界では、地上の支配者となった人間を抹殺すべく、王...
『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2008年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:119分  原題:HELLBOY II: THE GOLDEN ARMY  配給:東宝東和  監督:ギレルモ・デル・トロ  主演:ロン・パールマン      セルマ・ブレア      ダグ...
ヘルボーイ:ゴールデン・アーミー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:HELLBOY 2:THE GOLDEN ARMY) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1994年にダークホース・コミックスで誕生したアメコミ作品。 2004年に公開された「ヘルボーイ」のシリーズ第2弾。 世界を滅ぼすゴールデン・アーミーの復活させようとする、エルフ...
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー (B級パラダイス)
あいにくの雨模様で風も強く吹いてましたが、大・大・大好きなヘルボーイの待ちに待った公開日ということで初日に行ってきました!
ヘルボーイ★ザ・ゴールデンアーミー◇ギレルモ・デル・トロ監督作品その1 (銅版画制作の日々)
「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督の最新作は、個性派アメコミヒーローの中でもひと際異彩を放つ“ヘルボーイ”シリーズ。 1月9日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。前作は2004年の10月に公開されている。キャストはもちろん今回とほぼ同じで監督もギ...
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー (そーれりぽーと)
前作の頃はそれ程注目をしていなくてパッケージがリリースされてからチェックした『ヘルボーイ』。 『パンズ・ラビリンス』でギレルモ・デル・トロの本領を知った後となれば、彼の映像は映画館で観なければ勿体無い。 という事で、先行ロードショーで『ヘルボーイ ゴール...
「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 (或る日の出来事)
1作目より楽しめた。 もっとも1作目はDVDで見たので、迫力や音響の面では負けるに決まっているのだが。 お話として、前作よりも、おもしろ...
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー (ダイターンクラッシュ!!)
1月14日(水) 22:00~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』公式サイト 「ヘルボーイ」の二作目。監督は、前作と同じくギレルモ・デル・トロ。 「パンズ・ラビリンス」...
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
アメリカン・コミックスを原作とするファンタジー・アクションの第2弾。地獄生れの恐ろしいルックスとは裏腹に、魔物退治を使命とする個性派ヒーローの活躍を描いている。 監督・脚本は「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロー。 物語:極秘機関・BPRDのエ...
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
愛すべきオタク監督、ギレルモ・デル・トロがマイク・ミニョーラの原作を受けて作り上げた、異色のコミック・ヒーロー映画の第二弾。 アメコ...
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
アメコミ界の超個性派ヒーロー、颯爽登場!  個性派揃いのアメリカン・コミックスのヒーローたち、その中でもひと際異彩を放つ“ヘルボーイ”がスクリーンに帰ってきた。生まれは、地獄。使命は、魔物退治。炎のように真っ赤な巨体は大地を揺るがし、闇の世界から侵入し...
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー リミテッド・バージョン [DVD]見た目はコワいが心は優しいヘルボーイは、超常現象捜査防衛局でエージェントとして活躍中。そんな中、魔界の王子ヌアダが伝説の最強軍団ゴールデン・アーミーを蘇らせようとする。怪しくも美しいクリーチャ...
「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」試写会 クリーチャーてんこもり (ノルウェー暮らし・イン・London)
2004年公開のヘルボーイの続編。 当時全く興味なし!で、試写会の応募すらしなかった作品だけど、りょうたもお兄さんになったので、ちょっと行ってみようかな~ さすが、遊戯王から始まって、デュエルマスターズ、デュエルモンスターズと、大人から見れば全部同じに...
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー (だらだら無気力ブログ)
アメコミが原作で、地獄生まれの異形のヒーロー『ヘルボーイ』が活躍する アクション第2弾。 伝説の最強軍団ゴールデン・アーミーを蘇らせて人類のせん滅を企てる エルフ族の王子にヘルボーイとその仲間たちが立ち向かう。遥か昔、人間は地球の支配を巡ってエルフ族等...
★「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウ鑑賞は、 金曜日から公開の本作。 前作に当たる「ヘルボーイ」はDVDで鑑賞済み。
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:HELLBOYII:THEGOLDENARMY監督:ギレルモ・デル・トロ原作:マイク・ミニョーラ出演:ロン・パールマン、セルマ・ブレア、ダグ・ジョーンズ、ジョン・アレクサンダー、ルーク・ゴス、アンナ・ウォルトン公式サイトはこちら。<Story>極秘機関・BPRDのエージェ....
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー (いとし・こいし ~いとしいこいしいものごとのおぼえがき~)
ヘルボーイ? ゴールデン・アーミー 1/9@TOHOシネマズ西新井 前作はDVDでの鑑賞となってしまったので今回は絶対!大きなスクリーンで観たーい!と思ってたのでモチ初日鑑賞でっす。もうー、面白かったー! ヒーローは外見重視なのでヘルボーイ自体には魅
ファンタジーなアメコミ・ヒーロー映画。『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』 (水曜日のシネマ日記)
地獄生まれの異色ヒーロー、ヘルボーイが活躍するシリーズ第2弾です。
Hellboy II :The Golden Army (2... (犬連れ国際結婚)
ハズと一緒に、『Hancock』の後に観たのは『HellboyII:The Golden Army』アクション続きで、私は、気分転換したかったのだけど、とにかく、どちらも終わっちゃうと言う事で、特に、この手のアクション映画は、映画館の大きなスクリーンで観...
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー (ひとくちしねま)
異界から召還された角の生えた真っ赤な赤ん坊、ヘルボーイ。彼を保護し育てあげたブルーム教授率いるアメリカの極秘組織・超常現象捜査防衛...
「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」地獄のヒーロー、恋路で悩む(^^;! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ヘルボーイ/ゴールデンアーミー] ブログ村キーワード   前作「ヘルボーイ」公開時に『多分、“パート2”出来るぞ~!』って、密かに予想してたら本当に出来ちゃいました!「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」(東宝東和)。何と、4年も前のことなんですね!前作の公...
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー(映画館) (ひるめし。)
地獄生まれの正義のヒーロー 魔界最強の敵に挑む!!
♯02 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 (cocowacoco)
映画 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 HELLBOY II:THE GOLDEN ARMY を観ました         ギレルモ・デル・トロ監督 2008年 アメリカ 最近はそうでもないが、以前はアメコミの映画化作品で好きだと思えるのは、あまり無かったのですが、ヘルボーイは好...
異形のダーク・ヒーロー~『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』 (真紅のthinkingdays)
 HELLBOY II: THE GOLDEN ARMY  1944年、スコットランド沖で保護された異形の少年は「ヘルボーイ」と名付けら れ、ブルーム教授(ジョン・ハー...
「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 (古今東西座)
すっかりアメコミの映画化かリメイク頼りになってしまったアメリカ映画界。この作品もコミックが原作。これを『パンズ・ラビリンス』が素晴らしかったギレルモ・デル・トロが監督していると知り、観ることにした。ヘルボーイは悪魔の子孫ながら人間によって育てられ、超常...
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』 ('09初鑑賞6・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 1月10日(土) OSシネマズ ミント神戸  シアター5にて 17:50の回を鑑賞。
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー (りらの感想日記♪)
【ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー】 ★★★ 映画(1)ストーリー 遥か昔、エルフ族と人間は地球の支配を巡って壮絶な戦いを繰り広げていた。や
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』 (Hellboy 2: The Golden Army) (Mooovingな日々)
極秘の超常現象調査防衛局(BPRD)のエージェントとして異界からの侵略者たちと日夜死闘を繰り広げているヘルボーイだが、小生意気な彼の性格ゆえ市民と上手くやることができず、普段の生活ですらだらしなく送っているのを横目にリズは妊娠を知って二人の関係に不安を...
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー (ルナのシネマ缶)
アメコミの中でも、なんとなく いまいち感を感じてしまう キャラだったので、 前作はDVD鑑賞だったのですが、 B級ぽいけど、 これ結構面白いのよね~。 それで、今回はちゃんと 劇場で鑑賞しました。 超常現象捜査防衛局“BPRD”の敏腕エージェントとして、 ヘ...
2009-05『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-05『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』(更新:2009/01/10) * 評価:★★★★☆ 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の12本目。 アメコミヒーローの映画ですがコメディですよね。 前回作品を観て...
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【HELLBOY II : THE GOLDEN ARMY】 2008年/東宝東和/119分 【オフィシャルサイト】 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:ロン・パールマン、セルマ・ブレア、ダグ・ジョーンズ、ジェフリー・タンバー、ルーク・ゴス、ジョン・ハート、ジョン・アレクサンダー、アン...
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー/HELLBOY THE GOLDEN ARMY (描きたいアレコレ・やや甘口)
ヘルボーイ、ジャケ買いはありえない~!と、ずっと思っていた。 あたし面喰いなんで、DVD買うどころか借りるのも、ず~~とパスしてまし...
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』ギレルモ・デル・トロ (藍空放浪記)
HELLBOY II: THE GOLDEN ARMY ヒューマニズム溢れる、と言いたかったのだが、この物語ではヒューマニズム(人間性)というものが間違っていて(つまり言葉の意味あいではなく人間の精神と言う意味で)モンスターニズム(という英語があるのかどうか知らないが。フェアリ...
映画:Hellboy The Golden Army これはオススメ! だがその前に. (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
日本でも公開開始になったこの1作、行かねば思っていたところ、機内映画で鑑賞(ラッキー!!) 
と言うのは最初に断っておかなければならないのが、前作の第一作はブログにアップしていないものの、DVDで鑑賞してそうとうに気に入っている。 各々
のキャ...
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
冒頭でゴールデン・アーミーの物語が寝物語で語られる・・・強欲な人間と獣と魔物の戦いを憂えたエルフの王はゴブリンの鍛冶職人に無敵の戦士軍団ゴールデン・アーミーを作らせた。絶対的な力で戦いを制圧できたものの、その強大な戦闘力をエルフの王は封印した。その代わ...
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー (唐茄子はカボチャ)
出てくるキャラクターのデザインがいいですねえ… 何か温かみを感じる。 お話も面白いです。そしてちょっと悲しい話です。 最初のころのボンボンテンポよく出てくるセリフはほとんど読み取れなかったけど、何となく雰囲気を味わえばそれでいいかなというような大した意味...
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『地獄生まれの正義のヒーロー 魔界最強の敵に挑む!!』  コチラの「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」は、アメコミ界きっての異形のヒーローをギレルモ・デル・トロ監督が映画化した「ヘルボーイ」の続編となるファンタジー・アクションです。  そのあまりにも...
【映画】ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー…少し好みから外れちゃったかも(前作比) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}{/hiyoko_cloud/}は…お買い物以外何もしていない一日{/ase/} お買い物のコースは、レンタルビデオ返却→ホームセンターで庭の虫よけ剤を購入→模型店(ウィンドウショッピングのみ)→モスバーガーで食事{/m_0054/}→ブックオフ{/m_0070/}→デパートで...
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』 (『映画な日々』 cinema-days)
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー 三分割された王冠の内、人間が預かった部分が オークションにかけられた時、 ゴールデン・アーミーの封印...
映画評「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ギレルモ・デル・トロ ネタバレあり