サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10445「カムイ外伝」★★★★★☆☆☆☆☆

2010年02月26日 | 座布団シネマ:か行

白土三平原作の傑作コミックを『血と骨』の崔洋一が実写化したアクション娯楽大作。忍びのおきてに背き、たった一人で追っ手から身をかわす不屈の主人公の苦悩と孤独を浮きぼりにする。孤高のヒーローをその抜群のセンスで演じるのは、『L change the WorLd』の松山ケンイチ。ヒロインを『ラスト・ブラッド』の小雪が演じている。人気脚本家、宮藤官九郎と監督が共同で手掛けた脚本からあふれ出す人間味に満ちた物語に圧倒される。[もっと詳しく]

白土三平はもう一度、カムイ伝を本格的に描くことが出来るのだろうか。

白土三平の膨大な劇画群に関しては、初期の貸本屋時代の作品で見落としがあるかもしれないが、復刻されたものも含めて、すべてに目を通してきた。
「カムイ伝」に関しては、1964年から1971年まで『ガロ』で発表され、10年近くの間を置いて、88年から2年間『ビッグ・コミック』誌上で第二部が発表された。途中中断しているが、本来は三部構成であり、第三部が描かれるかどうかはわからない。
カムイとは「狼」の別称。江戸初頭、身分制度厳しき日置藩を舞台にし、非人の子であるカムイ、農民の子である正助、武士の子である竜之介の成長を描く長編劇画であるが、数百人の登場人物が複雑に絡み合い、そこに歴史史観が入り、階級闘争が組み込まれ、文化人類学的な描写がありということで、とてつもないスケールの物語の骨格を持っている。
「カムイ外伝」は、この長編劇画から、カムイのある時期のエピソードだけを取り出したものだが、時代設定的には「カムイ伝」の一部と二部の間とされている。
「カムイ伝」連載中に、『少年サンデー』で不定期連載され、その後82年から87年に『ビッグコミック』誌上で「カムイ外伝第二部」として連載され、最近「カムイ外伝第三部」を期待させるような執筆があった。
これらの作品の一部は、劇場版アニメになったりテレビ版アニメとして放映されたりもした。



崔洋一監督の実写版『カムイ外伝』は、外伝第二部の「スガルの島」をベースとして、宮藤官九郎と崔監督との共同脚本となっている。
「抜け忍」であるスガル(小雪)は、瀬戸内の奇ヶ島に流れ着き、お鹿と名前を変えて3人の子どもをもうけ、半兵衛(小林薫)と平穏な暮らしをしている。
半兵衛は疑似餌に加工するために、備中松山藩の領主水谷軍兵衛(佐藤浩市)の愛馬「一白」の足を切り取り、追われるはめになるが、同じく「抜け忍」として追われていたカムイ(松山ケンイチ)と連れ立って、島に逃げ帰ることになる。
くの一で抜け忍であるスガルはカムイが「追忍」ではないかと警戒するが、娘のサヤカ(大後寿々花)がカヌイに思慕し「月日貝」を送るような関係になり、島での生活にカムイも馴染んでいく。
密告で捕まった半兵衛を、危機一髪救い出すカムイとスガルだが、抜け忍の集団であるらしい大きな千石船を操る「渡り衆」に助けられたりもする。
その頭目は不動(伊藤英明)であり、カムイを仲間に誘ったりするのだが・・・。



この映画をめぐり、朝日新聞の映画評論家の秋山登が「仕立てが大味」などとケチをつけたため、崔監督は朝日新聞のライバル紙である中日新聞紙上で「ちゃんと観ろ!」と反論するという場外乱闘に発展した。
秋山登という御仁は、個人的には僕は好きではなく、韓国映画の『グエムルー漢江の怪物ー』の紹介記事に対してチャチャをいれたことがある(笑)。
製作過程のエピソードなどを読む限りでは、崔監督は相当な苦労をして、この作品を仕上げたらしく、秋山登に対して相当腹が立ったのだろう。
「差別」に対する問題意識に対して、良識を自負する朝日新聞と、出自から来るこだわりを持つ崔監督との、無意識の本家争いみたいなところもあるのではないか、というのは僕の邪推であるが。
「カムイ伝」の単行本出版部数はのべ1000万部を超えており、「カムイ外伝」だけで300万部を超えている。
とくに中高年にとってみれば、白土三平はある意味でカリスマのような存在である。
長らく千葉県の海沿いに居住しながら、現在では狩猟や自然生態観察の第一人者のようにもなっている白土三平が、リップサービスかどうか、「生身のカムイがはじめて映像化された」といった賛辞を贈ったなどとの話もある。
しかしどのように作品に仕上げてもかならず不満の声はあがることになる。
それが超有名な原作を映像化するということの宿命みたいなものだ。
崔監督も力が入ったのだろう。
白土三平の劇画を引用しながら、政治の季節に『忍者武芸帖』を映像化した大島渚よりも、もしかしたらプレッシャーは大きかったかもしれない。



崔洋一監督の『カムイ外伝』で実写映像化にあたって、かなり意識しただろうなと思わせられたことが三つほどある。
ひとつは、忍びの目まぐるしい超人的な動きの中に、「はっははっは」という呼吸音を明瞭に響かせたことである。
劇画でも文字としては表されるかもしれないが、やはり生身の役者が演じるリアリティをこの呼吸音に現わしたかったのかもしれない。
ふたつめは、動物の特殊効果によるリアリティ造形である。
最初に山道で鹿のようなものが登場するときから、その奇妙に生々しい動きからそれが感じられる。
大空を舞う鳥もそうだが、半兵衛に足を切られ川でもがく馬もそうだし、圧巻は渡り衆が対峙する巨大な海の鯱であろう。
もうひとつは、海の描写である。
この映画はある意味で「海洋アドヴェンチャー」的な側面も持っているが、通常忍者ものであると、山間の人知れぬ争闘が主軸になると思われるが、原作の「スガルの島」ということに拠ってはいるのだが、海の描写を工夫しているところは、白土三平へのリスペクトがあるのかな、と思わされる。



「カムイ伝」をはじめとする白土三平の作品の研究としては、四方田犬彦が第一人者である。
白土三平が、壮大なる社会思想実験のようにこの作品世界に傾注してきた姿を、四方田はよく解読している。
白土三平の父はプロレタリア作家であり、妹は絵本作家として知られている。
一時期、信州は真田村に疎開していたことがあり、そこから忍者、差別、村落コンミューンといった世界に接近していったようだ。
日置藩、花巻村、夙谷といった「カムイ伝」を構成する地勢とその下部構造のかかわりに、僕たちは見たこともない歴史教科書をひもとくような興奮をもって、作品を待ちわびたものだった。
最近話題になっている書籍では、江戸文化研究で注目され、僕たちには歴史学のマドンナと称されている田中優子が、法政大学であろうか、学生たちへの授業としてセットした『カムイ伝講義』がある。
彼女は、この時代の「カムイ伝」を構成する民衆を「技能集団」として捉えなおしている。
農民もマタギもサンカも海の民もそうなのだが、職業的・身分的な命名だけではなく、豊穣な技能を持った自立した集団が構成する社会の可能性を見て取っている。
学生の授業に、例えばマタギの後継者の智慧を学ぶフィールドワークを課していたりもする。
とても面白い試みだ。



『カムイ外伝』という映画作品をその水準としてみれば、過去の忍者劇の幼稚さは脱却しているものの、特殊撮影やCG技術の適用に関しては、スタッフの苦労はいろいろあるだろうが、別に驚かさせられる映像表現はなにもない。
「変移抜刀霞斬り」や「飯綱落とし」といったカムイの代名詞のような技などは懐かしく観ることが出来るが、役者たちの動きに関しては、なんだか鈍重に思えた。
キャストの訓練の成果を問うているのではない。
ここではあくまでも特殊撮影やVFXの水準が、中途半端に終わっているということが問題なのだ。
思想的バックボーンの解釈はともあれとして、僕には崔洋一監督が、動きの早いアクション演出に優れているとはとうてい思えない。
どういうわけかせっかく山崎努を起用したナレーションも、なんだか間が抜けたものであった。
松山ケンイチは体当たりの演技をしているが、カムイが持つ「孤高」というものを匂わさせられたかどうかといえば、とても微妙である。
時代劇に重用される小春の演技はワンパターンでいただけないし、藩主をはじめ松山藩の連中ときたら、とてもじゃないが、リアリティがない。
結局のところ、白土三平はカムイを本格的に復活させることが出来るのかどうか、ということに僕たちの関心は向かざるを得ない。
世界はこの数十年でますます複雑化しており、カムイの背景にある世界観もどうやって現代に通じる暗喩にしていくかということで言えば、とても困難を極めていることは確かだ。

kimion20002000の関連レヴュー

グエムルー漢江の怪物ー







ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (55)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 149日目「文学の森へ 神奈川と... | トップ | mini review 10446「おと・な... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (KGR)
2010-02-27 09:27:08
微妙でした。

>特殊撮影やVFXの水準が、中途半端
>ナレーションも、なんだか間が抜けたもの
>「孤高」というものを匂わさせられたかどうかといえば、とても微妙
等々、同感です。

原作との違いをうんぬんするつもりはありませんが、
はっきり言って、カムイ外伝ってこんなだっけかな?
てな感じでした。
KGRさん (kimion20002000)
2010-02-27 10:25:44
こんにちは。
これ、アクション監督とVFX監督に、香港の連中を使ったほうがよかったかもしれません。
あと、クドカンの脚本も、なんだかなあ。
崔監督の (sakurai)
2010-03-01 09:24:03
孤高の挑戦だったのかもしれませんネ。
この映画の価値は、中高年のカリスマを、若い人に知らせたことだったかな・・と。
ただし、その真髄が伝わったかは、ちょっときつかったですね。
あたしも、秋山某氏の評は、いつも頭をかしげます。
sakuraiさん (kimion20002000)
2010-03-01 13:37:23
こんにちは。
誰がやっても難しいかもしれませんね。
まあでも、若い世代がこれでカムイ伝や白土三平に興味を持って、読むようになったら、この映画も意味を持つようになるでしょう。
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2010-10-25 01:21:48
>ここではあくまでも特殊撮影やVFXの水準が、中途半端に終わっているということが問題なのだ。
僕も本作の問題はそれに尽きると思います。
“中途半端”まで行っていないような気さえしました(笑)。
大体ワイヤーとスローが嫌い(多くは才能のない連中の誤魔化し)なので、余計がっかりしましたねえ。

僕が小学生の時に観たTVアニメシリーズは大好きでした。
我が家は貧乏だったということもあり、親に負担をかける漫画本は読まなかったですね。

いずれにしても、松山ケンイチ君にカムイのイメージがなく、観る前も観た後もNGです(笑)。

最後に秋山登なる批評家のレベルは存じ上げませんが、映画批評家は批評をするのが仕事ですから、作者は過剰な反応は控えた方が良いと思います。
他人の喧嘩は観ていて楽しいですが(笑)。
オカピーさん (kimion20002000)
2010-10-25 01:51:19
こんにちは。
そうね、他人の喧嘩以外の何者でもないですけどね(笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

55 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カムイ外伝 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。白土三平原作、宮藤官九郎脚本、崔洋一監督・脚本、松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、佐藤浩市、小林薫、大後寿々花、イーキン・チェン、金井勇太、芦名星、土屋アンナ。写真↑を見ると、2人はお互いケータイでやり取りしているように見え、何か笑える。
カムイ外伝 (うろうろ日記)
試写会で見ました。忍者になったマツケンが、忍びを抜けたら、死ぬまで追いかけられる
カムイ外伝 (シネマDVD・映画情報館)
白土三平の傑作コミックを実写映画化! 17世紀、日本。貧しい村で、一人の男がこの世に生を受けた。男の名はカムイ。理不尽な階級社会の最下層で、少年はたくましく育つ。カムイの願いはただ一つ。強くなること。それは、人間として生きることだった…。 「週刊少年...
『カムイ外伝』 (Mooovingな日々)
崔洋一監督、松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、佐藤浩市、小林薫。 剣の達人で忍びのカムイは、掟に縛られた世界に嫌気がさし自由を求め忍びの世界を抜け出す。しかしそれは裏切り者として追っ手と戦う運命を背負う。そんなカムイは、半兵衛という漁師と出会い初めて人の...
映画「カムイ外伝」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8~9割ほど。映画上映前にサプライズゲストとして崔洋一監督とアクション監督を務めた谷垣健治さんの舞台挨拶があった。「ジョン・レノン/パワー・トゥ・ザ・ピープル」のBGMが流れ会場からは自然と手拍子が鳴り出して崔監督が舞台に登壇した。当日は全国...
カムイ外伝 (悠雅的生活)
生きてゆくカムイ。ただひとりで。
カムイ外伝/松山ケンイチ、小雪 (カノンな日々)
白土三平さんの原作コミックを宮藤官九郎の脚本によって崔洋一監督が映画化した大型アクション娯楽映画です。宣伝にもかなり力を入れてるようで劇場予告編も迫力たっぷりな映像が印象的でしたけど、こういう場合って期待ハズレになることも多いのでなんとなく不安も過るの...
カムイ外伝 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
原作は白土三平の漫画で、そのスピード感あふれる描写と読者にこびないハードな内容が記憶にある。ただ追われる者と追う者の生死のやり取りと、為政者の犠牲になる庶民の生活が描かれていた。その原作の印象からこの映画を見てしまうと、かなり対象年齢を下げたと考えるし...
『カムイ外伝』 (ラムの大通り)
----やっとこの映画のお話だね。 ずいぶん長い間、喋らなかったけどその意味ってあるの? 「どう言ったらいいのか、 日が経つにつれて、何から話していいか難しくって。 逆に言うと、一言で終わるんだけどね。 それはオモシロいってこと。 この映画には崔洋一監督ならで...
カムイ外伝 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネマ・サンシャイン> 監督:崔洋一 アクション監督:谷垣健治 原作:白土三平 脚本:宮藤官九郎、崔洋一 17世紀の日本。抜け忍カムイは日々追っ手との戦いに明け暮れていた。ある日、カムイは謎の男が山の中で領主の馬の足を切り落とし...
★「カムイ外伝」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
シルバーウィーク中はナイトショウをやってるので、 フリーパス使ってもう一本。 ひらりんご贔屓の「ミヤネ屋」ファミリーの崔洋一監督作品。 ひらりん的には監督とかプロデューサーが目立つ作品は気に喰わないんだけど、 松山ケンイチの演技には注目してるので、観て...
【カムイ外伝】あんまりなCGを役者の演技力でカバー (映画@見取り八段)
カムイ外伝 監督: 崔洋一    出演: 松山ケンイチ、小雪、大後寿々花、小林薫、伊藤英明、佐藤浩市 公開: 2009年9月 もしかしたら...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (LOVE Cinemas 調布)
全米でベストセラーとなった「パーシー・ジャクソン」シリーズの映画化。監督は「ハリー・ポッター」シリーズの第1作と第2作で監督を務めたクリス・コロンバス。オリンポスの神々と人間の間にできたデミゴッドと呼ばれる少年たちの大冒険の旅を描く。主演は『3時10分...
[映画『カムイ外伝』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながら、観て来ましたよ^^    ◇  私は、『カムイ伝』は小難しいので読んでいないが、『カムイ外伝』は、昔から愛読していた。  でも、途中から、絵が漫画調から劇画調になったのが気に食わなくて、劇画調になってからの四巻以降は古本屋に売ってしま...
「カムイ外伝」 酷い、酷すぎる (はらやんの映画徒然草)
「酷い、酷すぎる」 これは劇中で惨殺された村人たちを前にカムイがつぶやいた台詞で
劇場鑑賞「カムイ外伝」 (日々“是”精進!)
 「カムイ外伝」を鑑賞してきました白土三平の伝説的傑作漫画を「血と骨」の崔洋一監督が「DEATHNOTE デスノート」「デトロイト・メタル・シティ」の松山ケンイチ主演で実写映画化したアクション時代劇。原作の中の『スガルの島』編を基に、抜忍として孤独な逃亡の旅を....
カムイ外伝 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
勝手に≪日本の若手俳優の主演映画、『TAJOMARU』と『カムイ外伝』と『カイジ』を見比べよう祭り≫第2弾―【story】忍者カムイ(松山ケンイチ)は、忍びから抜け出し、抜け忍になった。裏切り者となったカムイに、執拗に追っ手が迫るが、ある日、漁師の半兵衛(小林薫)...
カムイ外伝 (花ごよみ)
原作は白土三平のコミック。 監督は崔洋一。 同名コミックの実写映画化。 逃れることはできない忍びのおきて。 孤独、そして命がけの逃亡。 主演は松山ケンイチ。 彼が忍者カムイを演じています。 脚本は宮藤官九郎と崔洋一の共同作。 共演は小雪、大後寿々花、 伊藤...
カムイ外伝見てきた。【ネタバレ】 (西麻布でランチとか東京散歩とか。)
丸の内ピカデリーで松山ケンイチ主演のカムイ外伝を見てきました。なんで丸の内ピカデリーと新宿ピカデリーのポイントカードを統合しないんでしょうね。あらすじはこんな感じ。貧しさゆえに幼くして忍びの世界に足を踏み入れたカムイは、強靱な意志と優れた忍術を身につ...
映画「カムイ外伝」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
絶対見るぞ、だった1本。(それなのに、、、) 2009/9/21、109シネマズ木場。 白土三平原作、宮藤官九郎/崔洋一共同脚本、崔洋一監督で描く。 松山ケンイチ、小雪、佐藤浩市、伊藤英明、小林薫。 ** 冒頭、カムイの生い立ちや境遇がコミックの絵を使って...
カムイ外伝 (たにぐちまさひろWEBLOG)
“どこが違うんじゃ?うちらとお前らはどう違うんじゃ?” 白土三平原作、松山ケンイチ主演“カムイ外伝”を観てきました。(H21.9.19(土)福井コロナシネマワールドにて観賞)江戸時代初期。出自ゆえに陰湿な差別を受け続けたカムイは、ミクモとともに村を捨て伊賀衆...
カムイ外伝 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『作略、疑心、裏切り、そして愛─ カムイは闘う。 ただ生き抜くために─。』  コチラの「カムイ外伝」は、白土三平の全38巻に渡る長編忍者漫画を、脚本・宮藤官九郎、主演・松山ケンイチ、監督・脚本・崔洋一で実写映画化した9/19公開のアクション時代劇なのです...
カムイ外伝 (Akira's VOICE)
悲哀が足りない。  
【カムイ外伝】 (日々のつぶやき)
監督:崔洋一 出演:松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、大後寿々花、小林薫、土屋アンナ、佐藤浩市    カムイは闘う。ただ生き抜くために-。 「忍から抜けた抜け忍、追われるカムイは将軍の馬の足を切り落とした男半兵衛を追って男の村に流れ着いた。そこには
「カムイ外伝」実写だよ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[カムイ外伝] ブログ村キーワード  その昔、吾輩がまだ幼少のころ、10ch(読売テレビ・関西の日テレ系列)の平日夕方6時ってのは“子供の時間”でございまして、いろんなアニメや特撮の再放送(特に男の子向け)が、オンエアされていました(旧「ドラえもん」や「超人バロム...
カムイ外伝 (to Heart)
生き抜け! 製作年度 2009年 上映時間 120分 原作 白土三平 脚本 宮藤官九郎 崔洋一 監督 崔洋一 音楽 岩代太郎 出演 松山ケンイチ/小雪/伊藤英明/大後寿々花/イーキン・チェン/金井勇太/芦名星/土屋アンナ/イ・ハソン/山本浩司/PANTA/佐藤浩市/小林薫 白土三平...
『カムイ外伝』... ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、崔洋一監督、松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、佐藤浩市共演。
カムイ外伝 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/09/19製作国:日本上映時間:120分鑑賞日:2009/09/19監督:崔洋一出演:松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、大後寿々花、、芦名星、土屋アンナ、PANTA、佐藤浩市、小林薫+あらすじ+鉄の意志を持ち、見事な剣の腕前を持つ忍者カムイ(松山ケンイチ)は、おき...
忍びの血~『カムイ外伝』 (真紅のthinkingdays)
 17世紀の日本。最下層に生まれ、忍びとして生きる少年カムイ(松山ケンイチ)。 成長した彼は自由を渇望し、抜忍(ぬけにん)となる。 ...
『カムイ外伝』 ('09初鑑賞126・劇場) (みはいる・BのB)
☆★--- (5段階評価で 1.5) 9月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。
カムイ外伝 (Diarydiary! )
《カムイ外伝》 2009年 日本映画 忍びとして生きてきたカムイ、その世界を抜け
カムイ外伝 (だめ男のだめ日記)
「カムイ外伝」監督崔洋一原作白土三平脚本宮藤官九郎、崔洋一出演*松山ケンイチ(カムイ)*小雪(スガル(お鹿))*伊藤英明(不動)*大後寿々花(サヤカ)*イーキン・チェン(大頭)*金井勇太(吉人)*芦名星(ミクモ)*土屋アンナ(アユ)*イ・ハソン(カムイ(少年時....
カムイ外伝 (だらだら無気力ブログ)
白土三平原作の漫画『カムイ 外伝』から『スガルの島』編をベースに 松山ケンイチ主演で崔洋一が実写化したアクション時代劇。 自由を求めて抜忍となり、追忍に追われ続ける孤独な逃亡劇を続ける カムイの苦悩と葛藤を描く。17世紀の徳川幕藩体制の日本、どうしようもな...
カムイ外伝 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
カムイ外伝 [DVD]監督が崔洋一、脚本が宮藤官九郎と聞いて大いに期待したのだが、蓋を開けてみれば彼らのカラーはあまり感じられず、消化不良のアクションだけが目につく時代劇となった。強靭な意志と優れた剣術、独自の忍術を身に付けたカムイは、掟に縛られた忍びの世界...
カムイ外伝 (いい加減社長の映画日記)
記事を書くのが、ずいぶん遅れてしまいましたが^^;シルバーウィーク初日の土曜日レイトショーで「カムイ外伝」を鑑賞。松山ケンイチさん、小雪さんの出演作として、期待してたんだけど・・・「UCとしまえん」は、かなり人は少ない感じ。「カムイ外伝」は、中くらいのス...
カムイ外伝 (シネマ大好き)
貧しく生まれたゆえに忍びになり、殺戮に手を染めることに苦しんで抜忍になり、そのために追忍に追われ命を狙われるカムイ。松山ケンイチがカッコよかったです。 林の中で、木から木を渡り、身をひそめ、仕掛けワナと剣さばきの壮絶な戦い。追忍はもと仲間で、追手の女...
カムイ外伝 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
誰も信じてはいけない。誰も愛してはいけない。闘う相手は見える敵だけではなかった。孤独、絶望を超え、カムイが立ち上がる!__生き抜け! 物語:貧しさゆえに幼くして忍びの世界に足を踏み入れたカムイは、強靱な意志と優れた忍術を身につけて成長する。しかし、...
09-295「カムイ外伝」(日本) (CINECHANの映画感想)
彼が受け入れられる場所はあるのか?  17世紀の日本。すさまじい階級社会の中で最下層の子として生まれたカムイにとって、強くなることが生き抜くための条件だった。はからずも忍びの道へと進んだカムイだったが、やがて自由を求めて忍びの世界を抜け出す。抜忍となった...
カムイ外伝 (小部屋日記)
(2008/日本)【劇場公開】 監督・脚本: 崔洋一 出演:松山ケンイチ/小雪/伊藤英明/大後寿々花/イーキン・チェン/金井勇太/芦名星/土屋アンナ/佐藤浩市/小林薫 他 生き抜け! 白土三平原作の傑作コミックを実写化したアクション娯楽大作。 忍びの掟に背き...
カムイ外伝 (まぁず、なにやってんだか)
昨日公開されたばかりの「カムイ外伝」を観てきました。 松山ケンイチさんのファンなら、楽しめそうです・・・。なかなかイケメン男子の褌姿などは拝めませんから。 ワイヤーアクション(か?)はバンバン出るし、CGだとわかりやすいシーン、なにがいいたいのかイマ...
カムイ外伝・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
白土三平による伝説的なコミック、「カムイ伝」シリーズからの初の実写映画化である。 1964年に連載が開始された「カムイ伝」は、主人公であ...
カムイ外伝 実写にする必要がなかったかも・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【 49 -11-】 昨日、夜に用があると言っているのに、いいから時間が許す限り顔を出せと無理矢理、まだ5時にもなっていないのに仕事関係の人たちに梅田{/m_0053/}まで拉致された。 17時になる前に梅田で飲むというと「ガード下」が定番なのに、昨日は阪急グランドビル32番...
カムイ外伝 (いい加減社長の日記)
記事を書くのが、ずいぶん遅れてしまいましたが^^; シルバーウィーク初日の土曜日レイトショーで「カムイ外伝 」を鑑賞。 松山ケンイチさん、小雪さんの出演作として、期待してたんだけど・・・
カムイ外伝 (迷宮映画館)
あの世界観を人間が演じるのは、難しい。
★ 『カムイ外伝』 (映画の感想文日記)
2009年。「カムイ外伝」製作委員会。   崔洋一監督。白土三平原作。宮藤官九郎・崔洋一脚本。  大島渚監督の『御法度』(1999年)に近藤勇役で登場した崔洋一監督を見たときは、なんて存在感のある俳優が日本にもいたものだ、このまま俳優業...
「カムイ外伝」 (てんびんthe LIFE)
「カムイ外伝」試写会 よみうりホールで鑑賞 上映前に崔洋一監督の挨拶がありました。 司会者の一人もいない、本当に本当に挨拶といったもの。 でも監督さんロックのリズムで登場、ノリノリで力の入れようがわかります。 ほんのちょっぴりメッセージを送ったという...
映画『カムイ外伝』 (健康への長い道)
TOHOシネマズ西宮OSにて、19日より上映の『カムイ外伝』。 白土三平の伝説的な名作漫画(最初から最後まできちんと読んだことがない/アニメは全部観たと思う)を、監督・崔洋一、脚本・崔洋一+宮藤官九郎、主演・松山ケンイチで映画化。期待度は高く・・・。 ちな...
カムイ外伝 (5125年映画の旅)
忍の掟を捨て、抜け忍となった青年・カムイ。しかし抜け忍には、命を狙う追忍との戦いという過酷な運命が待っていた。追忍となったかつての仲間や幼馴染を振り切りながら、カムイはとある漁師村に辿り着く。そこには、かつてカムイが追忍として追いたて、死闘を演じた...
カムイ外伝 (映画感想つれづれ日記)
映画化が発表されたときから、期待していた作品ではあるし予告編で見せてくれたアクションシーンは、どこかハリウッド映画で見たことがあるきがするものの、日本映画の底力
2009-70『カムイ外伝』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
2009-70『カムイ外伝』を鑑賞しました。 映画を鑑賞しました。秊 2009-70『カムイ外伝』(更新:2009/09/26) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 松山ケンイチ主役のチャンバラ映画です。 19日にあったららぽーと横浜...
「カムイ外伝」 (首都クロム)
 カムイの軌跡に累々と連なる死体に、抜け忍の背負う宿命の重さを感じました。どんなに大きな相手・強い敵を斬り伏せても、その闘いに終わりは見えて来ず。幸島でのひと時のように心に抱えた闇が時おり薄らぐことはあれど、決して晴れることはなく。彼の負った宿命は天空...
「カムイ外伝」 (みんなシネマいいのに!)
 カムイ、地獄だな  いや映画そのものも地獄で、カムイというより寒いんですけど…
「カムイ外伝」ガーン・・・(T_T) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
子供のころ、カムイのアニメを毎週楽しみに見ていた・・・。
「カムイ外伝」ビッグネームにあぐら (ノルウェー暮らし・イン・London)
ロンドンの国際映画祭に出品された時に、どうしても観たい!!と思ったところ、チケット完売で見られなかった私。 ところが、意外に評判は悪く・・・・・ 引越し準備に明け暮れる毎日に嫌気が差し、禁断症状からちょびちょび細切れに見たこの映画。 細切れでも・・・・...
映画評「カムイ外伝」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・崔洋一 ネタバレあり