サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 11541「ヒア アフター」★★★★★★★☆☆☆

2011年10月08日 | 座布団シネマ:は行

クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を真摯(しんし)に描いていく。主演は、『インビクタス/負けざる者たち』でイーストウッド監督作品にも出演したマット・デイモン。ほかに、『シスタースマイル ドミニクの歌』のベルギー人女優セシル・ドゥ・フランスや映画初出演のジョージ、フランキー・マクラレン兄弟が共演。彼らが見いだす生きることの素晴らしさが、ズシリと心に響く。[もっと詳しく]

もちろん津波のシーンは、3.11を思い起こすことにはなるのだが。

こういう主題を扱うと、普通はオカルティックなB級映画になるか、ファンタジー的な彼岸のイメージでほんわかしたお話になるか、脳内幻想の疑似科学物語になるか、奇跡の押し売りになるか、というように相場は決まっているのだが、さすがにクリント・イーストウッドの手にかかると、そんな世界とは無関係に、じっくりと練られたヒューマン・ドラマの貌を持つことになる。
彼の提供する静かなスコアが、特にその基調を明確にしている。
僕たちは、「霊感」を含めた超能力に関しては、さまざまな書物や作品につきあってきた。
『ヒア アフター』では、従来のさまざまな論説に、ことさら新しい知見がもたらされるわけでもなんでもない。
「奇跡」の新解釈を問うているわけでもなく、「超能力」の不思議をのぞき趣味的に暴露しているわけでもない。
英雄願望もなければ、神秘思想がせり出しているわけでもない。
普通の人間にあるかもしれない能力や体験や願望と言ったものを、「死と生」をめぐるとてもよくできたシナリオをもとに、安心してみることが出来る完成度の高い映画として、提出しているだけだ。
ただひとつ、特に強調していることがあるとすれば、それは必要な人間が必要な人間に出会うという、シンクロニシティのある側面を強調していることかもしれない。



フランス人の有能な女性ジャーナリストであるマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、東南アジアの避暑地で津波に会い、「臨死体験」を経験している。
そんな人は、僕たちの周囲にもいるし、多くの事例報告が研究レポートされている。
イギリスにいるマーカム少年は、交通事故で亡くなった一卵性双生児の兄の突然の死と母親との別れにとまどい、その現状が受け入れられない。
近親の突然の「死」に呆然とすることは誰しもそうだろうし、一卵性双生児の片割れが亡くなった時の特異な「欠損」の感情は、これもまたその神秘性とともに多く報告されている。
アメリカ人のジョージ(マット・デイモン)は、霊能者の能力を持ち、一時は「死者との真実の対話」のサイトも出していたが、そのことに疲れ果て、その能力を封印しようとしている。
僕自身も、両手ではたらない自称「霊能者」に会ったりしたが、そのほとんどは「既知情報」と「巧みなインタヴュー」の技術操作による「商売人」としか思えなかったが、そうかといって霊能者の存在を信じていないわけではない。
経験的にはふたりほど、この人は本物かなと思う人に出会ったことがある。
けれども、それは臨床的な興味に還元されるわけで、逆に素人のくせに僕はその人の「能力獲得」の原点を飽きずに聞いて、苦笑されたものだ。
たぶん、この『ヒア アフター』でいえば、少年の時に重病を患い、命は取りとめたものの不思議な能力に気づいたジョージが、病院で後天性統合失調症と認定されたあたりのところだ。



この三人は、他者に自分の「死」の世界への接近が、本当のところは理解されずに、孤独に陥っているところに共通点がある。
マリーは舌鋒鋭い政治ジャーナリズムで売っていたから、著書を出すとしても『ミッテランの真実』のような題材を期待されていたのだが、自分の臨死体験が忘れられず、その領域の研究者に会い、本にまとめることになる。
当然、周囲からは白眼視される。
マーカム少年は、担当の福祉委員にしても一人になってしまった彼を引き受けてくれた里親にしても、とてもいい人のように見えるのだが、一卵性双生児の兄に引き寄せられるようにさまざまな霊能者と称する人々を訪ね歩く。
しかしそこに「商売」や「宗教」や「メソッド」はあったとしても、自分が求めている兄の声は聞けない。
ジョージは、料理教室で出会った快活な娘と好意を寄せ合うようになるが、ジョージの能力に気づいた娘が好奇心からリーディングをせがみ、渋々応じたジョージの一言に凍り付いて去ってしまう。
舞台は、イギリス、フランス、アメリカと離れてはいるが、欧米の宗教世界ではことに「神霊主義」のように異端に見られるか、偶像の奇跡崇拝のように見られてしまうということもあるのかもしれない。
このあたりは、本当はアジアの多神教的な世界や、未開の文明段階の心理機序としてみれば、もう少しは許容される文化的素地があるのかもしれない、と思ったりもする。



どちらにせよ、この三人は引き寄せられる運命のように、ロンドンで出会うことになる。
このあたりはご都合主義になりそうなものだが、脚本がしっかりと伏線を引いているので、僕たちはその「引き寄せ」を頷いて見ることが出来る。
本当は、「臨死」の経験も、一卵性双生児に見られる共振現象も、なにかを引き金として死者の世界にチャネリングするような能力も、どこかで僕たちは多かれ少なかれ持っていたのかもしれないし、持っていても不思議ではないと思わせられる。
けれども、「近代科学」の世界では、論証されたものだけが真実となる。
そしてこの世界は、多くの狂信者や間抜けな占い師や滑稽な詐欺師たちに蹂躙されてきてもいる。
けれども、製作のスピルバーグや監督のクリント・イーストウッドや脚本のピーター・モーガンらスタッフは、「死者」と「生者」の薄い皮膜に呼吸されるものを、大切に取り出して見せている。
死を思うことが、生を逆に照らすことになると言う、古今の哲学者たちの箴言を、さりげなく思い起こさせようとしているかのように。



この作品にはオマケがある。
日本での上映は今年の2月19日からであったのだが、3.11の東日本震災を受けて、この映画の実によく撮れた「津波映像」が刺激を与えすぎるのではないかという判断で、即上映中止となったことだ。
そのことの是非は問うまい。
その後、DVD化するにあたって、製作陣はその収益からかなりの金額を被災地に寄付をしている。
しかし、被災地の不意に身内を喪失した多くの人たちに、もしかしたらこの映画を見る機会が訪れるかもしれない。
その時には、「死者」を感じながら生きていくというクリント・イーストウッドらのメッセージが、たぶんまっとうに伝わってほしいものだし、この映画はそういう力を持っているのだと、僕は思いたい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (78)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Stay hungry stay foolish/ス... | トップ | ツケ(何十年たっても東電の責任... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-10-11 08:59:50
TB ありがとうございます。

たしかに、これは
イーストウッド監督の力が大きいですね

好みは分かれそうですが
染み込んでくるような感動を感じました。
今晩は。 (小米花)
2011-10-11 21:13:06
TBありがとうございます。
私は東日本震災前に見ました。
3.11のニュースで見た津波は、
映画で見た海色の青い津波とは全然違い、
崩壊した家の建材と瓦礫が押し寄せて来て、
背筋がゾッとしたのが今でも思い出されます。

DVD化にあたっての情報を読ませて頂き、
ありがとうございました。
リバーさん (kimion20002000)
2011-10-12 02:13:16
こんにちは。
地味な作風なんですけどね。
ちょっと「チェンジリング」のトーンの系列かなとも思いました。
小米花さん (kimion20002000)
2011-10-12 02:15:55
お久しぶり。
この映画の津波は、04年の津波映像を参考にしたらしい。
地形によって異なるだろうけど、濁流と清流の交わるところを再現しつつ、水中、水面シーンなんかを作り上げたみたいよ。
死生観 (KGR)
2011-10-12 10:16:40
死生観は宗教や文化によっても大きく異なると思いますが、
形は違っても、洋の東西を問わず、此岸と彼岸の狭間
(=臨死あるいは三途の河原、「ラブリー・ボーン」のスージーのいたところ、この映画の霊魂のいた場所)
の考えがあるらしいことは不思議です。

死んではいるけどまだ完全に死んでないみたいな感じですか。

この映画の場合は監督の死生観とプロデューサーの死生観に差があって、それが表現にあらわれている気がしました。
特にこの「狭間」の表し方なんかに。
KGRさん (kimion20002000)
2011-10-12 11:52:26
こんにちは。
僕もちょっと「ラブリーボーン」を連想しましたね。
「臨死体験」のレポートはよく読むんですが、共通点がありますものね。
すべてが、脳への刺激といえないところが謎です。
この作品でも、「脳停止状態」での体験が出てきますね。
あのとき (sakurai)
2011-10-13 12:00:34
結構早めに中止になりましたね。
公開時の収益も義援金として寄付することにしたのだったと思います。
イーストウッドもある意味、霊能力者かも知れないですよ。
sakuraiさん (kimion20002000)
2011-10-13 22:20:44
こんにちは。
そうか、イーストウッド霊能者論(笑)。
「ミスティック・リバー」あたりからかな?
マカロニ・ウェスタンやダーティ・ハリー時代は、ちょっとイメージわきにくいけど・・・。
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2012-05-19 20:16:31
今はもう亡くなったか、いらっしゃらくなりましたが、妙に色々と当たる人がいまして、その影響か父は風水みたいなものも信じていました。

そう言えば4年程前に両方とも元気な時に父が「ばあちゃん(母)は83で死ぬと言われたことがあるんだ」と聞いた時、もう2年しかないじゃんと思ったことがあるのですが、実際母は82歳と360日で亡くなりました。
僕も父の影響で多少そういうこともあるだろうなあと思っていましたが、昨年はすっかり忘れていたんですよ。これを憶えていたら早めに病院へ連れて行ったんですが。それも含め、運命なんでしょうね。

2008年に裏の土砂崩れの工事をすると来年から3年悪いことが続くと言われたそうですが、2009年に僕が入院、2010年に父が入院、2011年に母が亡くなり、これまた見事に当たりました。
偶然と言えば偶然なんでしょうが、そういう能力があっても不思議ではないと思いますね。

映画とは全然関係ない話になりましたが、そう言えばその人は顔を観るとその人の先が解ってしまうので嫌だと仰っていたそうですよ。

映画としては構成がやや強引だったような気が致します。ただ、変な方向に話を持っていかなかったイーストウッドは本物の映画作家になってきたと思いますね。
オカピーさん (kimion20002000)
2012-05-20 00:50:58
こんにちは。
僕自身も、シンクロニシティかと思えるような体験をいくつもしてきました。
でもそれは、たまたまの確率現象なのか、シンクロとしたい自分の感情なのか、よくはわからないところもあります。
「運命」というものは「アガスティアの葉」のように決定付けられているものなのかどうか、それは生涯にわたっての誰もの謎であり続けますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

79 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
人生は必然で出来ている。『ヒア アフター』 (水曜日のシネマ日記)
生と死を身近に体験した人間の物語です。
ヒアアフター    まさに芸術だ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人間は死んだ後どうなるのか、それはもはや宗教の世界の問題になってくる。その問題に真正面から取り組んだのがすばらしい。2時間を越える上映時間に無駄なシーンはない。イースウッド監督の手腕はますます冴え渡り、映像としての芸術作品になっている。人間は死んだ後、...
「ヒア アフター」 (或る日の出来事)
2月20日に観て、いまごろ感想文を書いているが、津波のシーンがあったために、東日本大震災のあと公開中止になったような?
『ヒアアフター』 | 自分の死生観とじっくり向き合う機会を与えてくれる秀作。 (23:30の雑記帳)
結論からいうと、とても誠実な良作だと思います。 人間は死んだ後どこへ行くのかという問いは、 個人の死生観や宗教観と直結するデリケートな 問題ですが、クリント・イース ...
『ヒア アフター』 ボーナスはないものと思え! (映画のブログ)
 私は世事にうといので、小田嶋隆氏のコラムではじめて「パワースポット」なるものがはやっていたことを知った。2010年のことである。  パワースポット――敢えて訳せば「力のある観光地」となるだろうか。パ...
『ヒア アフター』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド □脚本 ピーター・モーガン □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ブライス・ダラス・ハワード、ジェイ・モーア■鑑賞日 3月13日(日...
生と死、そして希望 (笑う学生の生活)
21日のことですが、映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。 双子の兄を亡くした少年、津波で死を垣間見た女、死者と話せる能力に苦しみ男 3人が希望を持つまでのドラマ じっくりと 静かに進んでいくストーリー それぞれのドラマが描かれる イースドウッド監督だけあり...
ヒア アフター (映画鑑賞★日記・・・)
【HEREAFTER】 2011/02/19公開 アメリカ 129分監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・ ...
ヒア アフター (Akira's VOICE)
静かで前向きな物語。   
ヒア アフター  「割れ鍋に閉じ蓋」 か〜?英語で言や〜Every Jack has his Jillや〜(笑) (労組書記長社労士のブログ)
【=13 -3-】 この映画、2つの試写会に当選していたのだけど、どっちも行けなかった。 今の役職(書記長→執行委員長)になってから、様々なアポを空いている日にどんどん放り込んでいて、平日夜のあらかじめフリーな時間がほぼ皆無になっているせいだ。 正直、なんだかな...
ヒア アフター (心のままに映画の風景)
フランス人ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、バカンス先の東南アジアで津波に襲われ、九死に一生を得る。 霊能力者として活躍したアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)は、今はそ...
ヒア アフター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグン×監督クリント・イーストウッド、“硫黄島二部作”のコンビが送り出す感動のヒューマンドラマ。津波で生死の境を彷徨った女性、霊能力者 ...
ヒアアフター(2010)☆Hereafter (銅版画制作の日々)
  MOVX京都にて鑑賞。「毎日かあさん」、鑑賞後に続けて観ました。「インビクタス〜」が私的には今一つだったので、イーストウッド監督作品、ちょっと不安だったのですが、、、。 物凄い感動とまではいきませんでしたが、それほど悪くもありませんでした。全体を通して...
ヒア アフター (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(14) 「ここでは何でもできる。宙に浮いてる感じが、かなりイケてる」
映画:ヒア アフター 「死別」に苦しむ人々に降り注がれ続けるイーストウッドの眼差し。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。 ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウン....
映画:ヒア アフター 「死別」に苦しむ人々に降り注がれ続けるイーストウッドの眼差し。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。 ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウン....
『ヒア アフター』 (こねたみっくす)
死を忘れるのではなく、受け入れて生きていく。 クリント・イーストウッドやスティーブン・スピルバーグの死生観の下、この映画を通して彼らが言いたいことは何となく分かるので ...
ヒア アフター (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ヒア アフター」監督:クリント・イーストウッド(『インビクタス/負けざる者たち』)製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ出演:マット・デイモン(『グリーン・ゾーン』『 ...
ヒア アフター (こんな映画見ました〜)
『ヒア アフター 』---HEREAFTER---2010年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン 、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード パリのジャーナリスト....
ヒア アフター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、この映画も頗る楽しみでした。  本作品は死を巡るものといえま....
ヒア アフター / HEREAFTER (勝手に映画評)
齢80を超えて、まだまだ健在のクリント・イーストウッド監督作品。臨死体験という、非常に深いテーマを扱っています。 物語の冒頭、いきなり津波のシーンから始まります。2004年のスマトラ沖地震に依る大津波を彷彿させますが、定かではありません。その後、物語中盤で、...
ヒア アフター (佐藤秀の徒然幻視録)
丹波哲郎化したクリント・イーストウッド 公式サイト。原題:HEREAFTER(来世)。スティーブン・スピルバーグ製作、クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン、セシル・ドゥ・フ ...
No695『ヒアアフター』〜寡黙さに滲む苦悩と、再生に向かう希望の光〜 (パラパラ映画手帖)
カタカナのタイトルよりも邦訳として『再生の約束』(ジョージとマーカス、あるいは、マーカスと兄との約束)とか『再生の夜明け』というのはどうだろう。死者の声を聞くことができる霊能者のジョージ。その声を伝える場面で、一瞬、向こう側の世界の映像が映るが、すぐか...
ヒア アフター (銀幕大帝α)
HEREAFTER/10年/米/129分/ファンタジー・ロマンス・ドラマ/劇場公開 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル 音楽:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン....
ヒア アフター (あーうぃ だにぇっと)
1月21日@よみうりホールで鑑賞。 クリントの新作ということで珍しく男性も多い試写会。 我々の横に座った鈍感そうなおばさん二人組は会場内の混雑をものともせずに隣の座席に荷物を置いて不法占拠(笑)していた。 開演間際に係りの人に声かけられてようやく荷物を...
ヒア アフター (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/hereafter/ クリント・イーストウッド監督作品なら是非もなし。 公開されるのを楽しみに待っていた作品。 死後の世界に囚われた3人の物語。 サンフランシスコに住む元霊媒師のジョージ(マット・デイモン)は、幼い時に...
ヒアアフター (5125年映画の旅)
津波に巻き込まれ、臨死体験をしたことで謎のビジョンを目撃したジャーナリストの女性。双子の兄が事故死して、その兄ともう一度話したいと願う少年。かつて霊能者として活動して ...
映画レビュー「ヒア アフター」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ヒア アフター [DVD]◆プチレビュー◆死と隣接した3人の男女が巡り会う物語。これまでのイーストウッド作品とは少し違う手触りだ。 【65点】 仏人ジャーナリストのマリー、霊能 ...
ヒアアフター (やっぱり最終的には自分じゃないの)
パリで活躍するジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と一緒に休暇で訪れていた東南アジアで、津波に遭遇。波に飲まれて生死の境を彷徨ったものの、何とか一命を取り留める。だが、帰国した後も、呼吸が停止した時に見た不思議なビジョンを忘れること...
★ 『ヒア アフター』 (映画の感想文日記)
2010年。アメリカ。"HEREAFTER".   クリント・イーストウッド監督・製作。  この映画を見たのは2度目で、1度目は途中で寝てしまい、ついに私はくだらない映画ばかりを見過ぎたせいで、フィルム...
ヒアアフター (シネマ日記)
試写会に行ってきました。クリントイーストウッド監督作品ということで、公開されたら見に行くつもりだったので、ラッキーでした。マットデイモンが死者と話しができる霊能者ジョージで、フランス人の女性マリールレセシルドゥフランスと、イギリスの男の子マーカスフラン...
ヒアアフター (Spice Cafe -映画・本・美術の日記-)
「ヒアアフター」の試写会へ行ってきました。 東南アジアへ旅行中に津波に会って、臨死体験をしたフランス人女性ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)。 死者と交信
ヒア アフター (2ちゃんねる映画ブログ)
ヒア アフターhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1296683498/1 :名無シネマ@上映中:2011/02/03(木) 06:51:38 ID:UYbYFOg6 監督/製作/音楽 クリント・イーストウッド 製作総指揮 スティーブン・スピルバーグ http://wwws.warnerbros.co.jp/hereafter/
試写会「ヒアアフター」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/2/10、虎の門ニッショーホール。 クリント・イーストウッド監督、マットデーモン、セシル・デ・フランス、 フランキー/ジョージ・マクラーレン * 2004年12月、インドネシア。 休暇を楽しんでいたニュースキャスターのマリー(セシル・デ・フランス...
「ヒア アフター」 (ここはここ)
映画 「ヒア アフター」 HEREAFTER を観ました       クリント・イーストウッド監督 2010年 アメリカ 死を直接、間接的に経験した三人が、生き方を求めさまよった先に交差する。   最近はイーストウッド監督の映画を観る度に言ってると思いますが、 とて....
ヒア アフター (rambling rose)
バカンス先で津波に襲われ九死に一生を得たマリーは、以来その時の体験に囚われ続けていた・・。
ヒアアフター (KATHURA WEST)
クリント・イーストウッドの人への慈しみ方には、十分に年を重ねた者のあっけらかんとした開放感が溢れている。大きな男の懐の深さを感じさせてくれる。今回の作品も、細々としたものを省いて、「さぁどうぞ」という感じのザックリ感のある暖かく大きな優しさを感じた...
ヒア アフター (いやいやえん)
クリント・イーストウッド監督作品。大津波シーンが東日本大震災と重なりますね、途中で劇場非公開になるのも納得です。 でもこれは災害の物語ではなくて、希望と再生の物語でした。 サンフランシスコの霊媒体質の青年、ロンドンで暮らす双子の兄を亡くした少年、大...
ヒアアフター #15 (レザボアCATs)
’10年、アメリカ 原題:Hereafter 監督・製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ピーター・モーガン、ティム・ムーア 製作:キャスリーン・ケネディ、ロバート・ロレンツ 脚本:ピーター・モーガン 撮影:...
『ヒア アフター』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
Hereafter: Original Motion Picture ScoreClint EastwoodWatertower Music 『ヒア アフター』 2010年(米)監督クリント・イーストウッド ●?死?を背負う三人が抱える?孤独?とは  一見するとスピリチュアルな題材ではあるが、決して超能力者の孤独をテーマにした作品...
ヒアアフター [監督:クリント・イーストウッド] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価: ■■■■□□ [6段階評価 最高:■■■■■■(めったに出さない)、最悪:■□□□□□(わりとよく出す)] 鑑賞はもちろん震災前。感想が書き難くなった。 本作は冒頭のTSUNAMIシークエンスの映像表現が高く評価されアカデミー賞で視覚効果賞にノミネート...
ヒア アフター (goo goo g’joobな散文日記/水野 哲)
イーストウッド監督の「ヒア アフター」を観た。 DVDは古いってなもんで、ブルーレイを借りてみました。 DVDより更に、細かい部分が鮮明にクッキリしている映像で観賞できるとは、幸せな時代になったものです! 内容にも、感動です。 渋い。とても、渋い。 ...
【ヒア アフター】 (日々のつぶやき)
監督:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジョージ・マクラレン   死に触れて、前を向く。 「アメリカ人のジョージは死者の声を聞くことが出来る霊能者、過去には有名人だったが疲れ果てた彼はその仕事をやめて工場で働
ヒアアフター #15 (レザボアCATs)
’10年、アメリカ 原題:Hereafter 監督・製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ピーター・モーガン、ティム・ムーア 製作:キャスリーン・ケネディ、ロバート・ロレンツ 脚本:ピーター・モーガン 撮影:...
死後の世界〜『ヒアアフター』 (真紅のthinkingdays)
 HEREAFTER  フランス人ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、大津波に襲わ れた際に見た「ビジョン」が忘れられない。霊能者のジョージ(マット・デイモン) は、自らの才能...
ヒア アフター (映画と本の『たんぽぽ館』)
生死の狭間のドラマではなく、やはり「生きる」人のすばらしいドラマ             * * * * * * * * さて、お待ちかねクリント・イーストウッド監督の新作です! ヒアアフターというのはつまり、死後の世界、来世のことなんですね? そう、...
ヒア アフター (B-scale fan's log)
公開中 クリント・イーストウッド監督     出演 マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、     フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン 他 新評価 2.0 お気に入りの監督の映画でも容赦なく。 この映画はつまらん。 どの登場人物もわざわざ死ん...
ヒアアフター (そーれりぽーと)
クリント・イーストウッド最新作! 「今回も絶対泣かせてくれそう!え、でもスピルバーグ製作?ケネディー&マーシャル系ならまだマシかな?」 いつからスピルバーグの名前を聞くと及び腰になるようになってしまったんでしょうかw 予告編を観る限りそれでもきっと感動さ....
ヒアアフター (シャーロットの涙)
来世
ヒア アフター (キノ2)
★ネタバレ注意★  クリント・イーストウッド監督が、『インビクタス』に続き、マット・デイモン主演で撮った映画です。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ。 【マリー・ルレ(セシル・ドゥ・フランス)】パリ在住のジャーナリスト。バカンスで訪れた東南ア...
ヒア アフター (うろうろ日記)
試写会で見ました。津波の被害者、双子の兄を失った弟、死者の声が聞けるマット・デイ
ヒア アフター(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、エミです(・∀・)つ ここ2年ほど見た映画のコメントをまともに書いてませんでしたが、落ち着いてきたのでそろそろ書いてみたいと思います。 久々に書くのは大好きなクリ ...
ヒア アフター・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
全ての人間が絶対に避けられない瞬間、それは“死”である。 死はすべての終わりなのか、それとも新しい何かの始まりなのか。 巨匠クリント・イーストウッドが齢80歳にして新たに挑んだのは、彼自身にも確実に...
映画「ヒアアフター」 (<花>の本と映画の感想)
ヒアアフター 映画館にて鑑賞 監督 クリント・イーストウッド 出演 マット・デイモン, ブライス・ダラス・ハワード セシル・ドゥ・フランス フランキー・マクラレン 2010年
『ヒア アフター』 (beatitude)
クリント・イーストウッド監督作品――品のいい予定調和か。パリで活躍するジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と一緒に休暇で訪れていた東南アジアで、津波に遭遇。波に飲まれて生死の境を彷徨ったものの、何とか一命を取り留める。だが、帰国した...
ヒア・アフター  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  マット・デイモン  セシル・ドゥ・フランス  フランキー・マクラレン  ジョージ・マクラレン   【ストーリー】 ジャーナリストのマリーは、東南アジアで津波に飲み込まれ、呼吸が停止した時に不思議な光景を見る。サンフランシスコ―かつて霊能力者と...
ヒア アフター (ルナのシネマ缶)
イーストウッド監督作品だから つい期待しちゃうせいか なんだかちょっと 物足りなかったかなぁ〜。 でも地味だけどすごくやさしさを 感じる良い作品でした。 霊能力者としての才能にふたをして生きているアメリカ人の ジョージ(マット・デイモン)、津波で...
映画「ヒア アフター」 (FREE TIME)
映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。
『ヒア アフター』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ヒア アフター 』 (2010)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マクラレン、ジ...
ヒアアフター (迷宮映画館)
津波に圧倒、ラスマニノフのピアノが効いてる。
ヒア アフター (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ヒア アフター/HEREAFTER 2010年/アメリカ/129分 監督: クリント・イーストウッド 出演: マット・デイモン/セシル・ドゥ・フランス/フランキー・マクラレン/ジョージ・マクラレン...
今を生きる (宇宙のめいぐると)
「ヒア アフター」
『ヒア アフター』・・・イーストウッドの新境地もやはり温かい (SOARのパストラーレ♪)
旅先で津波にのまれ、奇跡的に生還したフランスの女性ジャーナリストを苦しめる臨死体験。 ロンドンで薬物中毒に苦しむ母と暮らす双子の兄弟が遭遇する悲劇と、残された弟の切ない想い。 死者と対話できる能力を持ってしまったことで、辛く孤独な人生を送っているサンフ...
ヒアアフター (Diarydiary! )
《ヒアアフター》 2010年 アメリカ映画 −原題 − HEREAFTER 亡く
ヒア アフター  HEREAFTER (映画の話でコーヒーブレイク)
先日ある集まりで突然「神や死後の世界の存在を信じますか?」という質問を受けました。 う〜ん、唐突にヘビーな質問でちょっとビックリ。 元々占いなども信じないし、迂闊に聞いて行動を左右されたくない私。 スピリチュアル系には懐疑的です。 全ての事象は科学で証明で...
「ヒアアフター」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
「臨死体験」とか「来世」とか、スピリチュアルな世界って、どんな巨匠が撮っても珍品になっちゃうことが多いんだけど。 最近でいえば、「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督が撮った「ラブリーボーン」みたいにな。 「ヒアアフター」も、死者との交....
ヒア・アフター Hereafter (映画!That' s Entertainment)
●「ヒアアフター Hereafter」 2010 アメリカ Warner Bros.Pictures,Malpaso Pro.,Amblin,129min. 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、 ...
「ヒアアフター」(HEREAFTER) (シネマ・ワンダーランド)
「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」「マディソン郡の橋」などの作品で知られる米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが死後の世界を題材にメガホンを執ったヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(2010年、米、129分、スティーヴン・スピルバーグ製作...
「ヒア アフター」 HEREAFTER (俺の明日はどっちだ)
・ ウディ・アレン同様、老いてなお盛んとでも言うべきか、ここ最近はほぼ1年に1作のペースで次々と新作を発表し、今や巨匠と呼ばれるようになってしまったクリント・イーストウッド監督の新作である今回の作品、実は予告編を観る限りは、いささか苦手の分野に手を染め....
ヒア アフター【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ヒア アフター 制作:2010年・アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、マルト・ケラー、ティエ...
『 ヒアアフター 』 (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
今週 公開されたものの中で 一番観たかった映画だった。 ” 死後の世界がみえる ” というコピー クリント・イーストウッドが どういう切り口で描くのか?? とても楽しみだった。 ・・・・ う〜〜〜ん・・・・ ふつうでした。 こういう映画を 撮る・・ってこと...
「ヒア アフター」クリント・イーストウッド (Mani_Mani)
ヒア アフターHEREAFTER 2010アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 脚本:ピーター・モーガン 音楽:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ブライス・ダラス・ハワード 他...
「ヒア アフター」 (首都クロム)
 バラバラのピースがより合わされて、離散して、変化してゆく。静かに、確かに、物語が進むにつれて後ろに足跡が残っていて、雪解けの透き通った水がじんわりしみこむ、こぉんと柔らかに響いてくる結晶のような物語でした。しんみりと物悲しいけれど、どこか温かな感じも...
ヒア アフター (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ 雄花と雌花と蜜蜂 サンフランシスコとパリ。 遠く離れて生きる男女が出会うべくして出会う物語。 人は過去に囚われて生きている。 その過去とどう折り合いをつけて未来を見つめるか...
ヒア アフター (犬・ときどき映画)
クリント・イーストウッド監督ヒア アフター <Story> リゾート地で休暇中に津波に飲み込まれ、臨死体験をする人気キャスターのマリー いつも一緒にいた双子の兄を突然の事故で亡くした、マーカス 死者との交信を職業にしていたが、疲れ果て工場で働くジョージ マリー...
ヒア アフター (Hereafter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 マット・デイモン 2010年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★ “死後の世界”ってのには、常々「あったらいいよなぁ」と思っている私。頭ごなしに否定する気はなし。ただまぁ、「宗教や文化の垣根を越えて、多くの人が似た...
ヒア アフター (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
ヒア アフター'10:米◆原題:HEREAFTER◆監督:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・ ...
【映画】ヒア アフター (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
映画タイトルの後に付ける“…”以降のサブタイトルは良いのが(震災の事と一緒に書くにはちょびっと不謹慎なものだけしか)思いつかなかったので割愛とします 本当は数日前に書くべきだった話から… 東日本大震災から一年が過ぎました…この一年間のことについて、自...
映画評「ヒア アフター」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり