セルロイドの英雄

ぼちぼちと復帰してゆきますので宜しくお願いしまする。

【映画】ポビーとディンガン

2005-12-04 16:08:38 | 映画は行

"Opal Dreams"
2005年イギリス/オーストラリア
監督)ピーター・カッタネオ
出演)クリスチャン・ベイヤース サファイア・ボイス ヴィンス・コロシモ ジャクリーン・マッケンジー
満足度)★★★★☆ (満点は★5つです)
恵比寿ガーデンシネマにて

オーストラリアのオパール鉱山の町・クーパー・ペディ。アシュモル(クリスチャン・ベイヤース)とケリーアン(サファイア・ボイス)の幼い兄妹は、オパール掘りの父親の元暮らしている。空想の友達ポビーとディンガンと遊ぶケリーアンに兄のアシュモルはいつもイライラし、両親も心配気味。
そんなある日、ケリーアンは、ポビーとディンガンがいなくなったと言い出す。二人を探す振りをする家族だったが、空想の友達を見つけることはできず、父親レックス(ヴィンス・コロシモ)は盗掘の疑いまで掛けられてしまう。
元気を無くして次第に衰弱してゆくケリーアンに、最初はバカにしていたアシュモルも必死にポビーとディンガンを探し出そうとするが・・・。
原作は「21世紀の星の王子さま」とも言われベン・ライスの児童小説。


子供が空想の友達(imaginary friend)を持つことって結構あるそうです。僕自身に思い当たるフシは無いのですが、そういえば、特に欧米の小説や映画にはたまにこのモチーフが使われていたのを思い出します。例えばスティーブン・キングの『シャイニング』。”輝き”と呼ばれる特殊能力を持つ少年は、いつもこのimaginary friendに話しかけていました。

まあ、こういう、いわば子供の他愛ない思い込みというのは、子供が成長するとともに(イノセンスを失うとともに)忘れられてしまう訳ですが、この映画の感動してしまうところは、この子供のイノセンスが家族を救い、ひいてはささやかながらも頑なな大人たちの地域コミュニティーを救ってしまうところです。

美しくも荒涼たるオーストラリアの風景を舞台として繰り広げられるそんなプロット、何とも魅力的なのですが、結局こういう映画でポイントになるのは何と言っても子役俳優の演技力、というか存在感なんですよね。これを外すとどんなに良い題材でも全くダメな映画になってしまう。その点でこの映画は完璧。文句のつけようが無い。想像力豊かなケリーアン、妹を救うべくポビーとディンガンを探しまわるアシュモルとも説得力のある演技です。
とくに、アシュモルを演じたクリスチャン・ベイヤース。妹のimaginary friendを疎ましく思っていた彼が、最後には衰弱する妹の為に一所懸命になる姿、その健気な様が心を打ちます。子役俳優が大成するのってあまり見ませんが、この子は「もしかしたら・・・」と思わせる存在感を感じました。

時にユーモラス、時に乱暴な鉱山町の労働者たちの描写もカッタネオ監督らしい演出で魅力的。ガサツな町の環境とケリーアン&アシュモルの無垢さがコントラストを成し、さらに良い味を出しています。

単館上映というのはちょっと勿体ない、温かい映画。
原作も読んでみようと思います。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】乱歩地獄 | トップ | 【映画】ザ・コーポレーション »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
空想の友達 (Mar)
2005-12-04 19:30:04
どうも、Marです。TBありがとうございます。



空想の友達という話題はたまに映画の中に出てきますね。シャイニングも重要な役割してましたから、今回と引き合いに出されるとは鋭いですね。



ちょっと寂れた街の人たちの生活を上手に映し出す、カッタネオ監督の演出はうまいですね
アシュモルがよいです (いわい)
2005-12-04 22:25:51
コメントとトラックバックありがとうございました。

ケリーアンは苦手なタイプなんですが、

アシュモルお兄ちゃんにほだされて、

最後にはまんまと感動させられてしまいました。

コメントありがとうございます! (Ken)
2005-12-04 22:50:23
Mar様、

空想の友達って欧米の映画や小説にはよく出てくるように思いますが、日本ではあまり聞かないですよね。

何か、育ち方の違いとかそういう問題なのかな?

カッタネオ監督、庶民を描かせたらやっぱりうまいですね。どちらかというと負け組っぽいんだけどユーモラス。悲惨に見えないのが好きです。



いわい様、

ケリーアン、ずいぶん華奢でちょっと痛々しい感じもしましたね。いわいさんが指摘されているように、そもそも家族の受難がケリーアンの空想癖によるものなので、話を見ていてイライラする感じもわかります。

僕も結構そういうの気にするタイプなのですが、この映画では全然気にならなかったです。なんでだろう?
こんにちは♪ (Puff)
2005-12-05 19:49:10
レヴュー、拝見しました。

ワタシが思っていた以上に良い映画みたいですねー

恵比寿ガーデンシネマはホント作品に外しが無いですよね。

なので、安心して観に行けちゃいます。ウフ

スクリーンの見易さ、スタッフの対応など

都内では一番お気に入りの劇場だったりします。

この映画はまだまだ上映するみたいですね。

来週は「ある子供」を観に行く予定ではいるのですが

何とかして観に行けたら、と思いまっす
Puffさんどうも! (Ken)
2005-12-05 23:45:38
『ポビーとディンガン』、良かったですよ。



恵比寿ガーデンシネマってミニ・シアターの王道、といった趣のハコですよね。ここでやる映画は確かに平均点は高いと僕も思います。

「ある子供」、さすがに前評判高いですね。

何かちょっと深刻そうで、観るかどうか迷っています。ダルデンヌ兄弟の映画って観たことないのですが、どの作品も骨太そうですね・・・。



TB返し&コメントありがとうございます。 (Hitomi)
2005-12-18 11:46:10
こんにちは、先日は私のブログに遊びに来ていただいてありがとうございます。



アシュモルくんの家族への愛情は心にジーンとくるものがありました。

私にも二人の兄がいますがあんなに優しくなかったなぁ。

Hitomi様 (Ken)
2005-12-18 12:01:48
いえいえこちらこそ!



>私にも二人の兄がいますがあんなに優しくなかったなぁ。

実感がこもってますね(笑)。

二人のお兄さんも、「こういうお兄ちゃんがよかった!」と言われても困ってしまいますよね、きっと。





こんばんは (あん)
2005-12-18 22:51:14
アシュモル兄ちゃん、オパールより輝いてましたね。この前に「ある子供」を見たんですが、これも秀作でした。Tb失礼しますね。
あん様 (Ken)
2005-12-18 23:19:38
TBありがとうございます!

アシュモル兄ちゃん、家族を信じていてそれが結局家族を救う、というすごく良い役でしたね。

『ある子供』、興味はあるのですが、ちょっと暗そうで躊躇しております。絶賛してる方も多いので、面白いんだろうなあ、とは思うんですが・・・。

是非ぜひ (あん)
2005-12-18 23:34:14
ご覧になって。シリアスだけど暗くはないの。さすがパルムドールですよ。
家族 (kazupon)
2005-12-19 15:26:00
こんにちわ!「キングコング」にTbありがとうございました。この作品、書かれているように子役が

魅力的ですよね。でも両親を含めて家族のあり方と

すばらしさについて描いている映画で、地味だけど

とっても心地いい映画だったと思います。

TBさせていただきました
コメントありがとうございます! (Ken)
2005-12-19 23:38:25
あん様、

むむっかなり観たくなってきました。年末の休みに観ようかな、と思います。こういう映画ってある程度心に余裕がないと観れないですもんね。



kazupon様、

この映画、地味さがいいんですよね。何というか押し付けがましくなくて。じわじわっと来る感じがツボでした。

独身の僕ですが、こういう映画を観ると家族を持つのも良いかも、とか思ってしまいます。
こんばんはぁ。 (purple in sato)
2006-02-16 00:28:18
kenさん、コメントありがとうございました!

どうも「goo」と「biglobe」は時折相性が悪くなる

ようです…

どうにかならないものなんですかねぇ?

「フル・モンティ」はダメだったんですね。

まぁ~、人ぞれぞれに得手不得手があって然り

ですから!

でも、本作では同じ気持ちになれたことに感謝

ですよ。ハイ



purple in sato様 (Ken)
2006-02-16 23:07:49
こんにちは!

そうそう、そうなんですよ。gooはその他にもniftyやocnとも相性がよくないようです。あ、あとgoo同士もたまに・・・。なんか、こう書いてみるとダメダメですね(笑)。

『フル・モンティ』、好きなタイプの映画のはずなのに、なぜかそれほどグッと来なかったんですよね。何というか、男ストリップっていうテーマにちょっと引いてしまったのかもしれません。

この映画は文句なしでした!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
夢を信じて 「ポビーとディンガン」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_love/} ポビーとディンガン 妹の空想の友だち2人を兄が探す物語。 ということしか知らなかったのですが、思ったよりも厳しい現実の中で起こった物語でした。 今回はちょっとネタバレがあります オパールを発掘する地域に、いいオパールを発掘するこ
「ポビーとディンガン」 (試写会帰りに)
ポビーとディンガン 読売ホール「ポビーとディンガン」試写会。 原作、脚本ベン・ライス。 フル・モンティ、ラッキー・ブレイクのピーター・カッタネオ監督。 あなたの子供の頃、目に見えない友達、想像上の友人、“イマジナリー・フレンド”はいましたか? 私はとても現実.
『ポビーとディンガン』 (地球が回ればフィルムも回る)
『ポビーとディンガン』 ー秘密の世界からの疾走ー 空想上の友人がいる少女という風変わりな話を、風変わりなファンタジー作品として描かなかったところがこの作品の良さだろう。この原作小説は、21世紀の『星の王子さま』と評されているそうだけど、僕は『星の王子さま
ポビーとディンガン (Marさんは○○好き)
架空の友人を作るということは子供のころに経験する人が多いみたいだ。特に女の子。僕
ポビーとディンガン (Cinema-Absolutism)
ポビーとディンガン  2005/イギリス  ★★★★★ 監督 ピーター・カッタネオ 出演 クリスチャン・ベイヤース / サファイア・ボイス ■あらすじ■  オパールの採掘町に住む一家、その娘のケリーアンには、「ポビーとディンガン」という空想の親友二人がいた
『ポビーとディンガン』 (狐の穴にて)
お兄ちゃんが健気にがんばる姿を応援せずにはいられなくなる。 タイトルの「ポビーとディンガン」は、ケリーアンという女の子のイマジナリーフレンドの名前。両親も、お兄ちゃんのアシュモルだって、この友だちの実
ポビーとディンガン (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
オーストラリアの田舎町、ライトニングリッジは、オパールの採掘地として知られる町で、各地から、一攫千金を夢見る人々が集まってきています。11歳の少年、アシュモルとその妹で9歳のケリーアンも、高価なオパールを掘り出すことを夢見る父親とともに、ライトニングリッジに
ポビーとディンガン (映画日記)
【鑑賞】劇場 2005年11月26日日本公開 2005/イギリス 【監督】ピーター・カッタネオ 【出演】クリスチャン・ベイヤース/サファイア・ボイス/ヴィンス・コロシモ/ジャクリーン・マッケンジー 【原題】“Opal Dream” 【原作】ベン・ライス「ポビーとディンガン」...
『ポビーとディンガン』 (ど関西×映画人脈)
 映画館で観たいの by さまんさ 『ポビーとディンガン』 見えないお友達を探すお兄ちゃんに涙がホロリ。 ========================================================== 『ミリオンズ』や『三丁目の夕日』など、 さまんさは子どもが主役の映画に弱いので...
「ポビーとディンガン」@よみうりホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は秀君がお休みなので2人で一緒に試写会に行って来ました。当初は2人で「七人のマッハ!!!!!!!」に行く予定だったのですが、恵比寿ガーデンシネマで上映される映画は試写会の回数が少なく、絶対に見たかった映画なのでマッハは中止。 {/kaeru_en4/}STORY日
『ポビーとディンガン』~夢見る話法~ (Swing des Spoutniks)
『ポビーとディンガン』公式サイト 監督:ピーター・カッタネオ出演:クリスチャン・ベイヤース サファイア・ボイスほか   【あらすじ】(goo映画より)世界的なオパールの採掘地として知られる、オーストラリアの田舎町ライトニングリッジ。ここでささやかに暮らす
ポビーとディンガン (Diarydiary!)
《ポビーとディンガン》 2005年 イギリス/オーストラリア映画 - 原題 -
ポビーとディンガン (あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ)
僕達は幸福です、ふたりは生きたんですから お葬式の挨拶でこんな風にいえるなんて素敵です{/kirakira/} 死んでしまった事を悲しむより、生きた事を喜ぶ{/hearts_pink/} すばらしい発想の転換 これから先亡くなった人を見送る時 いつもこの言葉を胸に刻みたいとおもいま
ポビーとディンガン (It\'s a Wonderful Life)
「フル・モンティ」のピーター・カッタネオ監督作品です。 子供を通してどこにでもあるような家族を描いた作品で とても可愛らしい佳作だと思います。 決して「泣かせ系」の映画じゃないんですが、「身近にあるファンタジー」で、 後半ちょっとうるっときました。...
[ ポビーとディンガン ]奇跡をおこす子どもたち (アロハ坊主の日がな一日)
[ ポビーとディンガン ]@恵比寿で鑑賞。 原作21世紀の「星の王子さま」と称された不朽の名作 「ポビーとディンガン」の映画化。 監督は[ フル・モンティ ]のピーター・カッタネオ。 [ ポビーとディンガン ]とは、子供の名前ではなく、 9歳の少女ケリーアンの
ポビーとディンガン (Alice in Wonderland)
ことし最後に最高に心温まる映画を見てしまった。どうしてか分からないが、今年こんなに泣いた映画はなかったくらい感動をしてしまいました。心の隙間の繊細な部分に語りかけられたような温かい映画で、ミニシアター系の映画も見ないとなぁって実感空中庭園にあることから...
ポビーとディンガン (週末に!この映画!)
期待値:85%  小説が原作の映画。 子供の兄弟二人が主人公。ファンタジー映画っ
『ポビーとディンガン』 (京の昼寝~♪)
目に見えないたからもの   ■監督 ピーター・カッタネオ■原作・脚本 ベン・ライス(「ポビーとディンガン」) ■キャスト クリスチャン・ベイヤース、サファイア・ボイス、ヴィンス・コロシモ、ジャクリーン・マッケンジー□オフィシャルサイト  『ポビーとデ
FUN … 『ポビーとディンガン』 (FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~)
『FUN the Sunnyday』
『ポビーとディンガン』 (tu y mi-na☆)
Buenos norches. Como esta 『ポビーとディンガン』          内容 宝石のオパール採掘で有名なオーストラリアのライトニングリッジに両親と 9歳の妹ケリーアンと暮らす11歳の少年アシュモル。  ある日、ケリーアンが彼女の空想上の友達 “ポビー...
ポビーとディンガン (cinema note+)
ポビーとディンガンOpal Dream 2005年 イギリス/オーストラリア  予告で見るよりさらに良かったです。思わず泣いてしまいました。  最初は空想上の友達の存在を押し通す妹ケリーアンにイライラした。あそこ
『ポビーとディンガン』'05・豪・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ僕はオーストラリアの田舎町に住む男の子アシュモル。僕にはケリーアンという妹がいる。ケリーアンにはポビーとディンガンという大好きな友達がいるんだけど、僕はそれが妹の作り上げた架空の友達だって知っている。ある日、妹はポビーとディンガンがいなくなった...