HAYASHI-NO-KO

剱岳八峰越しに後立山のやまなみ

オオデマリ(大手鞠)

2017-03-13 | 冬芽・葉痕

西公園の大手毬は咲くだろうか。








(2017.03.06 明石西公園)


『えぇ~っ、もう咲いてる…』と、鎌野さんが声を上げる。
やっと冬芽が幾つか膨らんだばかりの枝に花が咲いている。
ガマズミの仲間は意外なほど、真冬に花を咲かせるし
近くではモチツツジも幾つか花を咲かせている。
























(2017.01.13 須磨離宮公園)














(2017.01.07 須磨離宮公園)

今年、冬芽は撮ったのに花は撮らなかった。
咲く時期に咲いている場所を訪れていないと言う事だ。
幾つかの花はそのようにして撮り忘れている。




オオデマリ(大手鞠)
レンプクソウ(←
スイカズラ)科ガマズミ属
Viburnum plicatum var. plicatum f. plicatum
似た花にテマリカンボク(Viburnum opulus f. sterile)、葉の形が違っている。
ニワトコ属、ガマズミ属はレンプクソウ科に移されている。
(2016.12.15 明石西公園)
--------------------------------------------------------------
今年の冬芽 去年の花
冬芽・葉痕2015

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガマズミ(莢蒾) | トップ | カラスノエンドウ(烏野豌豆) »

コメントを投稿

冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。