HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

コノテガシワ(児手柏)

2017-04-15 | 樹木 果実・葉

クサキカメムシ、何故かここに一匹。


カメムシ、亀の甲羅のようだからそう名付けられている。
クサギカメムシ、かなり強烈な臭いを出すそうだ。

(2017.04.13 明石西公園)

公園や庭に植えられているのは
コノテガシワの園芸種「千手(センジュ)」だと、園芸店のページ。
だからこれは公園樹としてズラリと並べて植えられているから「千手」
そんなに簡単なことでは無いのだろうけれど
いかにも整備して植えています…風のものは特にそう感じる。















めしべの先端部分から滲みだしていた水滴のようなものは、一週間経って殆ど出ていなかった。









葉は鱗片状で十字対生。
緑から次の年には褐色になり、三年目には落ちる。




去年の果実の殻、今年の雄花・雌花。

雌雄同株、雌雄異花。





枝先に雄花、雌花。









この手の画像を撮るときにはクローズアップレンズを付け望遠端を使う。
近寄って近接撮影していると気付くものが、家に戻ってデータ取り込むまで気付かないことが多い。
「めしべに水滴」、蜜が出ている?、おしべの花粉を確実に貰う為のもの?


コノテガシワ(側柏 児手柏)
ヒノキ科コノテガシワ属 Biota orientalis 'Compacta'
(2017.03.06・14 明石西公園)
-------------------------------------------------------------
一年前のコノテガシワ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チョウセンレンギョウ(朝鮮... | トップ | モチノキ(黐の木) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。