HAYASHI-NO-KO

剱岳八峰越しに後立山のやまなみ

リキュウバイ(利休梅)

2017-03-10 | 冬芽・葉痕


かなり膨らんだ。
マンサクは咲いたけど、サンシュユがまだ咲かない。








(2017.03.04 須磨離宮公園)


須磨とは標高差400㍍近い。
だからまだここでは冬芽よりも去年の果実殻が目立っている。




(2017.02.13 森林植物園)

離宮公園だからリキュウバイ、ではないけれど
必ず登場する駄洒落、ここでしか通用はしない。










(2017.02.04 須磨離宮公園)

別名にウメザキウツギ、バイカシモツケ、ウツギモドキ、マルバヤナギザクラ。
ややこしい名前が次々と登場する。
おまけに「観察会」では学名の話にまで及ぶから余計に敬遠される。
梅も桜もみんなバラ科です…。
今日も似たようなご一行が集まっていた。

『花咲いて無いからわからへん。須磨離宮やから、リキュウバイ…』と、お一人がにやりとひと言。







別の木では梢の方まで冬芽が膨らんでいる。





リキュウバイ(利休梅)
 バラ科ヤナギザクラ科 Exochorda racemosa
(2017.01.28 須磨離宮公園)


春の花
--------------------------------------------------------------
去年の果実 去年の冬芽

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 須磨の目白 | トップ | マンサク アカバナマンサク... »

コメントを投稿

冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。