HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ムクゲ(槿、木槿、無窮花)

2017-02-21 | 冬芽・葉痕

気にかけていないとこんな姿など撮ることも無い。
その通りですね…と言われた。
その通りです…と答える。
きれいな花を撮りたいのだから、花しか撮らないのは当たり前の事だ。
訳のわからないものにまでカメラは向けない。












(2017.02.15 明石西公園)


(2017.01.28 須磨離宮公園)

花は、芙蓉と間違われたりはするけれど、夏には撮っている。

ところが果実は余り撮らないし
冬芽に至っては気にかけていないと撮ることも無く春になる。

芙蓉とは違って、冬でも剪定されずに残っている。
ムクゲの冬芽は裸芽、しっかりと毛に守られている。
ただ、守られているのは葉で、花芽はもっと後になる。

だから剪定時期は少し遅れる。














ムクゲ(槿、木槿、無窮花)アオイ科フヨウ属 Hibiscus syriacus
キハチス、漢名 木槿(モッキン)、朝鮮語名 無窮花(ムグンカ)
(2017.01.11 明石西公園)


余り撮る事の無いムクゲの果実、種子が零れ始めている。
-------------------------------------------------------------

ムクゲの花 ムクゲの果実

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤブニッケイ(藪肉桂) | トップ | ヒメユズリハ(姫譲葉) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。