HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

カラスザンショウ(烏山椒)

2017-02-04 | 冬芽・葉痕

冬にカメラ持って出ても、梅も咲いていないし撮るもの無いですね…。
カラスザンショウの顔を撮っていたらそう言われた。
確かに寒いのだから花は豪勢には咲かないし
ウメの時期にはちと早いかも知れない。
寒い日はミカンでも食べて、暖かくなるまで待っていれば良い。

寒さを我慢してカメラ抱えて外に出るのは酔狂かも知れない。






























カラスザンショウ(烏山椒)
ミカン科サンショウ属 Zanthoxylum ailanthoides




温州蜜柑の冬芽・葉痕
残念ながら幼苗をそのまま植えたから、蝶の幼虫に葉を全部食われてしまったようだ。
普通なら虫の方が退治される。
植栽の原則が守られていないのは困ったことだ。
(2017.01.07 須磨離宮公園)
--------------------------------------------------------------
去年の春

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホオノキ(朴の木) | トップ | カラスノエンドウ(烏野豌豆) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。