HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

カラクサナズナ(唐草薺)

2017-05-03 | 緑色

ツボミオオバコが列をなしている。
その隣に鎮座している。
アメリカフウロを撮っていて気がつく。






(2017.05.01 南王子町)


キヌイトツメクサがこんな場所に咲いている…
そう思って近寄った場所。
今日も臭いで気がついた。
















(2017.04.25 林)

全草緑、花も果実も葉も緑。
辛うじて果実が出来ると少しだけ白。
見つけにくい草だけれど、臭いですぐ見つかる。


とにかくにおってみればよい。
余り嗅ぎ続けない方が身のためかも知れない。



花は幾つもの塊になっている。
左右に2個ずつ角のように出ているのが花弁、その間におしべが2個、

既に大きく子房が膨らんでいる真ん中にめしべ。



受粉完了後、左右にある萼片はやや黄色を帯び、花弁とともに脱落する。

果実は、開花しいてない花より下に房のように繋がって伸びる。





花序は塊になっているが、果実は一つ一つ果柄を延ばして目立つ。



カラクサナズナ(唐草薺)
 アブラナ科マメグンバイナズナ(カラクサナズナ)属
Lepidium didymum (=Coronopus didymus)
(2017.04.13 船上)
--------------------------------------------------------------

 カラクサナズナ マメカミツレ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シロバナマンテマ | トップ | オランダカイウ(和蘭海芋) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。