HAYASHI-NO-KO

薬師岳 水晶岳から

アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎)

2016-10-14 | 白色 秋

ここは周囲を民家に囲まれ、辛うじて西側だけが道路なので開けている。
それでも田植えから刈取りまで一連の作業は終わった田んぼ。

貧相だけれど幾つかの水田雑草がヒョロリと伸びている。













(2016.10.08 大道町)

ここは去年まで稲田だった。
今年は遺棄水田になってしまった。
田植えの準備もされなくて乾燥した空き地。
だからアメリカタカサブロウとヒエが一面覆ってしまっている。




(2016.10.06 田町)

稲刈りは殆ど終わった。
だからタカサブロウは殆ど見なくなった。
アメリカタカサブロウは、田んぼ以外の場所でも普通に育っている。

殆ど水が流れないほどに土砂が溜まった側溝などに育っている。








全体が黒くなっていれば完熟、指で触れるだけで種子はこぼれ落ちる。
タカサブロウとは、種子の大きさや翼がない点でも区別出来る。


アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎)
 
キク科タカサブロウ属 Eclipta alba(=Eclips prostrate)
(2016.10.04 立石)
--------------------------------------------------------------
アメリカタカサブロウ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アレチニシキソウ(荒れ地錦草) | トップ | アキノノゲシ(秋の野芥子、... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。