HAYASHI-NO-KO

立山・浄土山から五色ヶ原 薬師岳

アキノノゲシ(秋の野芥子、秋の野罌粟)

2016-10-28 | 秋 黄色

ここは拡張された道路の歩道との分離帯。
シャリンバイの植栽の間から、今頃になってアキノノゲシ。
夏にはトゲチシャが咲いていた場所だ。







田町には殆ど作物が栽培されることのない畑が二つ。
いずれもセイタカアワダチソウが広がり、アキノノゲシが咲いている。


だらしなく広がる姿は、雑草扱いされている。

花後も何とはなく雑然としてまま。

花は午後には萎む。



近寄ると独特の臭気、茎・葉共におると乳液が出てベタ付く。















後はセイタカアワダチソウ畑になっている。



これはまだ出来たて、果実は白い。





飛び立つ準備に入った果実、黒みを増している。

アキノノゲシ(秋の野芥子、秋の野罌粟)
 
キク科アキノノゲシ属 Lactuca indica var. laciniata
(2016.10.18
 田町)
---------------------------------------------------------
アキノノゲシ トゲチシャ 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギョウギシバ(行儀芝) | トップ | アシ(葦、芦、蘆、葭・ヨシ) »

コメントを投稿

秋 黄色」カテゴリの最新記事