青色鉄道模型運転会

旧「鉄道くじ&鉄道模型運転会」。一宮市青色申告会ホールで開催されている、鉄道イベント公式ブログです。

再び青バス200号に乗る(14)

2017-05-17 21:00:00 | 日記


皆様、こんばんは。
事務局です。

17日の一宮市内は、晴れの良い天気になりました。

気温は20度を越えて、少し暑く感じる時間もありました。

名神高速道路の集中工事が続いています。

高速道路利用を避けた自動車が、下道を利用するため、何時もは混まない道路が混んでいます。

本日の寺西は、縫製作業と見積り作業でした。

市役所様の帰路、敷地内を歩いておりましたら、高齢男性の方から、呼び止められました。

お話を聞きましたところ、「自腹で鉄道模型運転会を開催する度胸に共感している・・・」ということでした。

男性は、「ジュースでも飲めや!」とおっしゃい、現金130円を渡してくれました。

ありがとうございました。

引き続き、青バス200号の乗車会のお話を書いていきます。

チェーンの音を響かせながら、勾配を上がり、「くろべ牧場まきばの風」様に到着しました。

駐車場を見てビックリです。

すでに満車なのです。



バスの表示は満員です。

駐車できない、複数の自動車が、駐車内で、駐車スペースを捜して巡回しています。

すでに青バスの駐車できるスペースはなく、後ろから、続々と自動車が到着します。

駐車場での撮影会、施設でのお土産購入などは中止なりました。

また訪れる機会があるでしょう。

定番の牛乳、飲みたかった。

ジェラート、楽しみたかった。

次の撮影場所になります、富山地方鉄道本線・舌山(したやま)駅に向かいます。

チェーンの音を響かせながから、青バスは丘を下っていきます。

反対車線から、自動車が次々とやってきます。

もう駐車場ないよ・・・。

先ほど、タイヤチェーンを装着した場所に戻り、運転手様が、チェーンを外します。

外す作業は、道路の路肩側でおこなわれているため、作業を撮ることはできませんでした。

周りは白銀の世界です。



※目が痛くなるので、明るさを落として撮影しました。

水路の水は、雪解けによって勢いよく流れていました。



取り外し作業が終わりますと、青バスは、舌山駅に向かいます。

舌山駅と言って、皆様は何を思い浮かべますか?

北陸新幹線・黒部宇奈月温泉駅の最寄り駅になる、新黒部駅の隣にある駅になるでしょうか。

次回に続きます。

ブログに関するご感想・ご意見・クレーム等は、ブログのコメントや携帯電話にお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再び青バス200号に乗る(13) | トップ | ブログの運営について(29) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。