青色鉄道模型運転会

旧「鉄道くじ&鉄道模型運転会」。一宮市青色申告会ホールで開催されている、鉄道イベント公式ブログです。

再び青バス200号に乗る(13)

2017-05-15 21:00:00 | 日記


皆様、こんばんは。
事務局です。

15日の一宮市内は、引き続き、晴れの穏やかな天気になりました。

午後から雲ってきました。

今日から、名神高速道路の集中工事が始まりました。

恒例の、高速道路利用を避けた自動車が下道に降りてきたため、朝の市内の幹線道路は、何時も以上に混雑しました。

本日の寺西は、縫製作業と現場作業でした。

引き続き、青バス200号の乗車会のお話を書いていきます。

黒部市枕野地区で、「チェーン装着実演」がおこなわれました。

装着実演とは、タイヤにチェーンを付けて走行して、乗り心地を体験するものです。

片側の右側後輪に、運転手様によって、チェーンが取り付けられました。



取り付けが終わると、出発して、チェーンの音を響かせながら、勾配を上がり、「くろべ牧場まきばの風」様に向かいます。

前回は、くろべ牧場まきばの風様の生い立ちを書きました。

ここでは、現在の施設や営業内容を書いていきます。

施設は大きく以下の8つに別れているそうです。



※目が痛くなるので、明るさを落として撮影しました。

(1)牛放牧場、
(2)育成牛舎、
(3)ヤギゾーン、
(4)MOOガーデン、
(5)BBQハウス、
(6)ふれあい広場、
(7)見晴台、
(8)広場

各施設を簡単に紹介しますと、

(1)は、牛が青草を食べたり、運動する場所だそうです。

(2)は、県内外から預かった子牛と、牧場に生まれた牛が飼われている施設です。

約150頭の牛が施設内で飼われています。

(3)は、ヤギが飼われている施設です。

約100頭のヤギが、施設内で飼われているそうです。

(4)は、正式には「うしのいえMOOガーデン」と言うそうで、牧場内で作られた製品を販売している施設です。

窓から施設全体が一望できます。

施設の隣、玄関横には、スイスから来たという、「幸福のカウベル」があり、鐘を鳴らすと、幸福をもたらしてくれる、ということです。

(5)は、バーベキュー体験の施設で、地場産品を中心とした食材を使って、バーベキューができるそうです。

(6)は、動物とふれ合う広場で、牛やヤギ、ヒツジ、ミニブタ、ポニー、ウサギなどとふれ合うことができ、餌を与えることができるそうです。

(7)は、展望台になっておら、富山湾を望むことができ、晴天の時は、能登半島も見えるそうです。

(8)は、元気いっぱいのお子様が、走り回ったり、寝転ぶことなどができる、野外フリースペースだそうです。

保育園や学校の遠足・課外学習などにも使われることもあり、晴れた日は、弁当を広げて、食事をすることもできるそうです。

くろべ牧場様と言いますと、乳製品の美味しさに定評があります。

3種類の乳牛から搾った、オリジナル牛乳「まきばの風」は定番の品です。

牛乳をから作られた、ジェラート、プリン、チーズ、ケーキなども評判です。

加えてお土産として、黒部名水ポークを使用した、ハムやソーセージなどが人気になっているそうです。

残念ながら、施設の写真がありません。

ない理由は、次回、書いていきます。

青バスは、白銀の世界を、チェーンを響かせながら走ります。



ブログに関するご感想・ご意見・クレーム等は、ブログのコメントや携帯電話にお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本女子プロ野球を観戦する(3) | トップ | 再び青バス200号に乗る(14) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。