万華鏡の楽しみ ガラス色の幸せ

万華鏡の魅力、ガラス色の幸せを伝えたいと思います

万華鏡世界大会 来日作家の紹介 チャールズ・カラディモスさん

2017-04-25 23:09:39 | 万華鏡ブログ

この美しい万華鏡映像を生み出すのは、万華鏡界でも皆が尊敬する作家、チャールズ・カラディモスさんです。2ミラードライセルの作品にこだわり、完璧なシンメトリーで、美しく変化の多い万華鏡映像を作りだすことで有名です。彼の作品は覗きながら先端のオブジェクトセルを回すたびに、次への期待が高まり、手放しがたくなります。

これは昨年、カラディモスさんの自宅の一部をギャラリーにして、コンベンション参加者を招いてくださったときのものです。 作品のほとんどが限定数の制作なので、ここにある作品を新たに手に入れることは難しいですが、京都での世界大会にはどんな新しい作品を持ってきてくださるのか、楽しみです。

彼はブリュースター・カレイドスコープソサエティの立ち上げの時からコージー・ベーカーさんを手伝い、ソサエティーのためにも大きな役目を果たしてきました。誰にでも分け隔てなく接してくださる暖かい人柄と、万華鏡制作への真摯な姿勢で、会員みんなから尊敬を集めています。

きれいなシンメトリーを生み出すミラーシステムにこだわり、テイパードミラーシステムでミラーを組みます。鏡の先のほうが広がったミラーシステムで、中心がぶれず、また大きな映像を生み出します。世界大会は、会場で手に取って見ることができる貴重な機会です。

背景は光を通す白、あるいは色ガラスのこともありますが、先端からの光を取り入れて見る万華鏡が多いです。
そのカラディモスさんが、今回初めての万華鏡制作ワークショップをしてくださることになりました。アメリカのコンベンションでも今までになかったことですので、ご本人も時間をかけて準備してくださったようです。

教室で作る作品はこんな形です。すべての工程を手作りなさるカラディモスさんのキットで、どんなふうに彼の万華鏡が生み出されるか学びながら、参加者それぞれのセンスで作りあげます。

この教室はもう受講者を締め切っていますが、展示会場では、カラディモスさんの作品を展示、販売するブースがありますので、作品を見ながら直接作家さんと話す機会もあることでしょう。(会場には通訳のお手伝いくださるボランティアの方もいます。) 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

万華鏡世界大会 来日作家の紹介 スコット・コールさん

2017-04-24 21:44:29 | 万華鏡ブログ

久しぶりの投稿となりました。BKS万華鏡世界大会を1か月後に控え、今日はアメリカから参加する作家のひとり、スコット・コールさんの作品を紹介します。
作家歴と同様に制作指導でも長い実績をもつ作家さんで、素材もいろいろ使いこなし、様々な作品を生み出します。そのなかでも、金属の筒の作品は定番といえるでしょうか。上の作品は銅にエッチングで表情をつけた筒で、先端でオブジェクトセルが滑らかに回転します。 船の舵輪を思わせるローテーターは、150年くらい前のブッシュ万華鏡のスタイルを思い起こさせます。滑らかな回転とオイルの中の滑らかな動きが特徴です。オイルの中にあるオブジェクトは透明感のあるガラスとビーズ、そしてワイヤーなどで、光をたっぷり取り入れるセルなので、とても明るい映像を見せます。

次の作品はアルミニウム製の筒に真鍮の部品がアクセントになっています。先端部が回転し、オブジェクトセルの背景は半透明な白。 ドライセルです。

オブジェクトセルの側面が青いので、映像にも影響しています。2ミラーシステム6ポイントの映像は、小気味よいガラスオブジェクトの動く音とともに姿を変えます。真正面から光を当てるとくっきりとした白い背景の映像で、少し向きを変えてサイドから光が入ると青みがかった光となって陰影のある素敵な映像を見せます。オーソドックスな2ミラーの万華鏡のスタイルですが、オブジェクトの構成や光の通し方にスコット・コールさんらしさが感じられます。

最後はペンダントです。スターリングシルバーにエッチングで表情をつけた筒は、長さ6.5㎝です。チェーンを首にかけたまま万華鏡を回して楽しめるようになっています。

内部の映像は焦点距離に合わせたレンズを使用していて、小さなオブジェクトセルにもかかわらず、思いのほか大きく見えてびっくりします。

京都での万華鏡世界大会では、スコット・コールさんもワークショップを担当していて、アルミニウム製のペンダントタイプの作品の制作を教えてくれます。 中にどんなオブジェクトを選ぶかは自由です。旅が好きなスコットさんは、今回の日本訪問、そして日本で教えること、参加する人との交流を楽しみにしています。詳しい教室の情報は、BKS万華鏡世界大会のウェブサイトでご覧ください。 http://bks2017kyoto.com

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Salt and Pepper and K !

2017-02-14 22:42:15 | 万華鏡ブログ

食卓に置かれた調味料入れ・・・Sはソルト、Pはペッパー、ではKは何でしょうか?
実用的な中に遊び心のある作品です。
K はKaleidoscopeの K そう、万華鏡です。

高林千稔さんは木工の万華鏡作家さんで、木肌の美しさと木工ならではの造形美を表現した万華鏡を制作しています。
この可愛らしい K という調味料は、思わず手に取って発見した人に、楽しさという味付けをしてくれます。

もちろん本格的な万華鏡で、覗けば透明感のあるガラスオブジェクトが白い背景にきれいな模様を描きます。

食卓で思わずにやりとしてしまいそうな万華鏡の入った調味料セット、楽しいですね。

木の万華鏡の持つ暖かさに加えて、作家さんの「楽しんでください」という気持ちが感じられて、プレゼントにもいいなあと思います。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

個性あふれる和の万華鏡  - 「プレリュード展」から -

2017-02-06 23:07:30 | 万華鏡ブログ

東京フォーラムで開催中の「プレリュード」展から、ご紹介します。 この展示会は、5月に予定されているブリュースター・カレイドスコープ・ソサエティが初めてアメリカ以外の国で開催するコンベンション 「BKS万華鏡世界大会in京都」 のプレイベントとして、開催されています。 京都での開催ですが、東京近辺の方にもご案内するために、国内外の参加作家40数名の作品を展示しています。 京都ではもっと多くの作家さんが参加して、新しい作品の発表もあります。

たくさんの作品が展示されていますが、その中から、日本的な花をイメージした万華鏡をご紹介します。
トップの写真は鈴木明子さんの「桜」の万華鏡映像です。

 

真ん中の作品ですが、筒にも桜の花がデザインされています。 鈴木さんは季節感のあるテーマで万華鏡映像を表現なさるのがとても上手ですね。上の映像も落ち着いた色合いで華やかさが演出されています。 

こちらは初めてこのブログでご紹介する山崎史朗さんの作品です。ノウゼンカズラの花を描いた磁器の万華鏡に銀細工をアイホールとセルの周りに施しています。 山崎さんはジュエリーデザイン、グラフィックデザイン、彫金、茶道具、根付けなど多様な分野で活動なさっていて、日本の工芸美を万華鏡に表現しています。

こちらの内部映像も色調が和風な感じできれいな花模様ですね。

次は大塚新子さん・友子さんの作品で源氏物語を描いたデコパージュの万華鏡です。外観をデコパージュの技法で装飾し、内部映像と合わせて物語の世界を創り出す作家さんです。絵付けの桐箱もともに源氏物語の雅な世界を表現しました。

ミラーの第三面に少し反射する素材を使って、中心の映像の華やかさが広がる映像です。

そして今日の朝日新聞で紹介されていた中里保子さんのガラスの万華鏡です。サンドブラストで花や蝶文様をガラスに描き、オーバル状に形作った作品です。中里さんがこのシリーズに選ぶガラスは、和の表現にふさわしい落ち着いた赤、柿色、緑などで、抑えた表現ながら手作りの暖かさと美しさが魅力です。

オブジェクトセルは偏光フィルターで区切られ、偏光素材(透明)の部分とバーナーワークで作られたガラスオブジェクトの部分が分けられています。先端部を回すと、外からの光を受け、2種類のオブジェクトがそれぞれの表情を見せる特徴があります。

ほんの一部のご紹介でしたが、それぞれの個性が見えたのではないでしょうか? 万華鏡の世界はたくさんの作家さんによって、奥深い面白味を味わうことができます。 また進化する材料や技術によって、新たな世界も生み出されます。
万華鏡を見る機会がありましたら、ぜひ手に取って、そして動かして、映像の変化を味わってください。アート作品を手に取ることに抵抗を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、万華鏡はインタラクティブなアートです。優しく丁寧に扱っていただければOK。その驚きに満ちた世界が目の前に展開することでしょう。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

スギッチさんのカレイドスコープ

2017-01-17 14:03:44 | 万華鏡ブログ

今日はデヴィッド・スギッチさんの作品をご紹介します。ステンドガラス製のワンドスコープや、3D映像を生み出すミラーシステムが特徴の作家です。1月25日から始まるプレリュード 展(*)でも作品をご覧になれます。

(*)プレリュード展は5月に開催される2017BKS万華鏡世界大会のプレイベントとして、1月25日~2月19日まで東京国際フォーラム内のアート・フォーラム・ショップで開催される万華鏡展で、世界大会参加予定の作家の作品が展示・販売されます。

上の映像はNova Hexagonal という作品の映像です。 ヘクサゴナルというのは6つの辺からなる図形で、この映像の青くて太いラインが作る形を意味しています。この太いラインは外側のステンドガラス面に組み込まれたワンドを内側からテイパードミラーシステムで映し出したもの。全体が球体になっていて、立体的に見えます。

先端部はガラスの球体で、周囲の模様を取り込むレンズの役割をします。装飾はんだできれいに飾り付けています。
そして白いガラスの面は光を通します。虹色の立体的な細いラインが浮き上がるのは、白い面に光を受けるように持った時です。

白い面にライトを当てて動かしてみると、見える景色がダイナミックに変わります。

光と鏡とちょっとした仕掛けでこんなにユニークで迫力のある映像世界が見えるのが面白いですね。写真以上に実物は迫力があります。 スギッチさんのカレイドスコープはオブジェクトはほとんどワンドタイプです。 バーナーワークで創るオブジェクトに力を注ぐ作家さんも多い中、彼はミラーシステムで勝負するタイプです。ミラーのマジックを楽しみ、覗いた人が驚く、そんな作品をいろいろ生み出しています。

スギッチさんの定番はワンドをオブジェクトとし、その流れをミラーシステムを通して楽しむものです。緑色は「イン・ヤン」という作品で、ひし形に組まれたミラーシステムから2つの中心映像のある模様を生み出します。2つの映像の流れる方向が反対なのが、とても面白い万華鏡です。陰と陽ですね。

ピンクとブルーの作品は「インサイト」です。二等辺三角形に組まれたミラーシステムを通して、大きな映像とそれを囲む小さな映像が流れるように変化していきます。

ワンドは、中のビーズが大きいもの、小さいもの、スパンコールが入っているもの、天然石の粒が入っているものなど、それぞれ見せる映像の表情も違ってきます。 スパンコールの入ったものは、鏡の向こうに花火が打ち上げられたみたいで、初めて見る人はみなびっくりします。

狭い角度の二等辺三角形やひし形から生まれる映像はとても細かく、繊細な色の流れを楽しむ万華鏡です。

もうじきお披露目になる万華鏡世界大会のポスターにも、彼の迫力のある映像がデザインに使われています。お楽しみに。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

コージー・ベーカーさんが拓いた万華鏡世界大会への道

2017-01-05 12:50:34 | 万華鏡ブログ

新年あけましておめでとうございます。
今年はいよいよBKS万華鏡世界大会in京都の年。 万華鏡ファンの方も、まだ現代万華鏡を知らない方も、海外からのお客様も、そして参加する作家さんも楽しんでいただけるような会となるように願っています。ウェブサイトでご紹介していますので、ご覧ください。 www.bks2017kyoto.com

今日はブリュースター・カレイドスコープ・ソサエティの創始者、コージー・ベーカーさんの話をご紹介したいと思います。

コージーさんがご自分の万華鏡史を語られた文章からわかるのは、誰にでもありそうな万華鏡との出会いがあったこと、情熱を傾けるものを見つけたこと、そして、一番素晴らしいのは、そこから自分の力で一歩踏み出したことです。

コージーの万華鏡ヒストリー
~コージーの万華鏡への関心はどのように始まったか~
2004年6月30日 

 1983年、「悲劇を乗り越えて」“Triumph over Tragedy”という講演をするために訪れたテネシー州ナッシュヴィルのクラフトショップで、私の最初の万華鏡(ダグ・ジョンソンの作品)との出会いがあり、買い求めました。帰りの飛行機に乗っている間ずっとこの小さな万華鏡を見つめ続け、急いで家に戻ってからお気に入りのドビュッシーやラベルの音楽をかけて、また覗きました。私はこの万華鏡を見てとても感激したので、私の発見した新しい「素晴らしい驚き」“Wonder of Wonders”を見せたくて12名ほどお招きしてディナーパーティーを開きました。そのお客様の一人が私にスミソニアンマガジンの記事を読んだかと尋ねたのです。読んでいないというと、彼女は1冊送ってくれました。その記事に7名の万華鏡アーティストのことが書かれていたのです。どのあたりに住んでいるかは、その記事からわかりましたので、電話帳でさらに調べました。そして一人一人を訪ね、できる限りのことを教えてもらいました。どこで売られているのか、どんな人が買うのか、ほかにも作っている人たちがいるのか・・・その頃作家の人たちは、作品を主にアートやクラフトの展示会とか、地元のギフトショップなどに置いて、地元の人に知ってもらうことを目指していました。どんな手がかりでもあれば、私は置いてあるという店を訪ね、万華鏡を買ったお客様について質問しました。そしてその人たちを探し出し、また、他に売っている店の情報を得ました。私はもっともっとたくさんのことを知りたいと思いました。

 連邦議会の図書館に勤めていた友人が、万華鏡のリサーチをしたいという私を連れて行ってくれたので、新聞や雑誌の記事の目録から万華鏡に関するものを探し出しました。ここでもどんな手がかりも見逃しませんでした。そしてカレイドスコープという言葉がタイトルに使われた18冊の本を見つけましたが、1冊として万華鏡について書いた本はありませんでした。私は思いました。「まだ本が出ていない分野で新しい情熱を見出すことができるライターはとてもラッキーだわ。世界で最初の万華鏡の本を書いてみよう。」 しかし次にこう思いました。「でも私はいったい何を書くの? 他に本は無いし、万華鏡もちょっとしか手に入らないのに」・・・・ そして私はケープコッドから旅を始めたのです。そこで私は万華鏡アーティストのジョン・カルバー John Culver に会い、今度はカリフォルニアに向かいました。万華鏡の専門店で万華鏡のカタログまで出しているライトオペラカンパニーのオーナー、エリック・シニツァー Eric Sinizerに会うためでした。そこで私は何年も万華鏡を集めているというパット・シーマン Pat Seamanにも会いました。出会いは、また別の名前や情報源へと繋がっていくものです。そうするうちに私はいろいろな人から電話をもらうようになりました。「あなたが万華鏡に興味を持っていると聞いたのですが・・」と。私はますます学びを深め、記録をとり、万華鏡を集め続けました。

 ある日友人から連絡があり、ストラスモアホール アートセンターの所長さんを私のコレクションを見せにつれて行って良いだろうかと尋ねられました。もちろんお受けしたのですが、エリオット・ファンシュテール Elliot Phansteihl はコレクションにとても喜んで、万華鏡展を開く手伝いをして欲しいと言ったのです。私はもちろん大変嬉しく、時期を同じくして、私の最初の本の発行と最初の展覧会がなされることになったのです。(1985年9月のことでした。) 私が本に書いた40人の作家のほとんどがこの展覧会に参加しました。彼らはみなとても気さくな良い人たちで、しかもとても熱心だったので、私は万華鏡愛好家の組織を始めることにしたのです。これがザ・ブリュースターソサエティーの誕生です。そしてその続きはみなさんもご存知のとおりというところです。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

軽やかで変化に満ちた"Air"・・赤津純子さんの作品展より

2016-12-07 15:16:25 | 万華鏡ブログ

今日から開催中の赤津純子さんの作品展に伺いました。新作の「Air」並んでいます。

ユニークなアイディアと手の込んだ作り、そして赤津さんらしい端正で繊細な映像が素晴らしい作品です。

淡い色合いの背景にくっきりと重なる模様のコンビネーションが特徴の一つ。二重になったオブジェクトセルから生み出される映像です。そのオブジェクトセルはミラーシステムの先端にあり、その下にガラスで囲まれた空間があります。

もう一つとてもユニークな工夫は、下のガラス空間に使われているダイクロイックガラスの層。 光を取り入れる透明なガラス空間は、ダイクロイックガラスで挟まれて、その中にも、結構大きな音を立てて動くダイクロイックガラスのかけらが見えています。

これらのダイクロイックガラスの層での、光の反射と通過の仕方で、この映像の色合いが驚くほど変わります。

「Air」 というタイトルの通り、映像に空気感があり、軽やかに変化する色合いが見る人の心にそっと響く・・・そんな雰囲気の作品です。赤津さんのDMの言葉をお借りすれば、心の気配を感じ取る景色にも思えます。

細く、小さく、薄いガラスオブジェクトの重なりが作り出す4ポイント映像の周りは細かい光の点が囲んでいます。 これもこの作品の特徴の一つです。

筒に使われているガラスには、それぞれ模様が焼き付けられており、今までの作品とはまた違った魅力を見せています。軽くて覗きやすい作品になっています。

こちらは作り続けている「相響む」です。サンドブラストの模様にも種類が増え、ガラスの色合いも増えたでしょうか。手前の立法体の作品は「たまははき」です。

「相響む」の黒い背景の映像。 きれいです。オブジェクトに銀線細工も含まれていると教えてもらいました。

 どの作品も同じものはなく、どれも精魂込めて作られた万華鏡です。 優し気でありながら、凛とした雰囲気もある万華鏡たちに、今年も感動をもらいました。

赤津純子作品展
2016年12月7日~13日 
松屋銀座7階 遊びのギャラリー 
午前10時~午後8時 9日と10日は午後8時30分まで 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ジュディスさんのクリスマス !

2016-12-04 15:48:34 | 万華鏡ブログ

今年も届いたジュディス・ポールさんのクリスマススコープ。 毎年新しいアイディアを込めた作品が生み出されます。いくつか並べてみると、本当に楽しくて、わくわくします。今年の作品は右端のグリーンの筒にガラスのクリスマスツリーが可愛らしく飾られた万華鏡です。

映像は2ミラー5ポイント。 そして大きな星が見えるのが特徴です。

多彩なオブジェクトにはきらめきもいっぱいで、クリスマスの楽しさを感じさせています。

ジュディスさんの万華鏡は、すべてオブジェクトセルの交換ができるので、いくつか用意していろいろなパターンを楽しむのもいいですね。

大きなツリーは飾らない我が家ですが、今年はこの万華鏡で、この季節を楽しむことができそうです。Happy Holidays !

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

霜の降りる朝、凍り付くほどの寒さをイメージして

2016-11-15 23:06:39 | 万華鏡ブログ

サリー&ルーク・デュレット夫妻の ”Frosty”(フロスティ)です。コスモという定番のスタイルに季節感を取り入れた万華鏡で、冬を迎えるころ限定的に制作しているスタイルです。タイトルの「フロスティ」は、「霜の降りる」とか、「凍り付く寒さ」という意味です。

この万華鏡の特徴はオブジェクトセルの背景の色模様です。外側が、青と紫の色合いで氷のような質感を感じさせるだけでなく、内側にも映り込んで、映像にも影響しています。

オイルの中できらめくきれいなビーズやガラスのオブジェクトは、ブルー、パープル、グリーン、ターコイズなど寒色系にまとめられ、さらに銀色のメタルオブジェクトが華やかさを演出しています。

これらのオブジェクトは、今までデュレット夫妻が制作してきた多くの作品、雪の結晶やクリスマスをテーマにした万華鏡、「ラプソディー・イン・ブルー」という作品でも使われたもので、独特のきれいさがあります。

二等辺三角形に組まれた3ミラーで、大きな中心映像の周りを小さな映像が取り囲んでいます。長さ17.5㎝の小ぶりな作品ながら、とても大きく映像が展開します。重くなく、持ちやすいので、心地よく、デュレット夫妻の生み出す映像世界を堪能できます。

外観の木材も数種類の組み合わせがあり、定番の形ですが、美しい木目が生かされています。そして中央を飾るのが、雪の結晶模様をプリントした薄板です。

角を面取りした美しい仕上げの、薄い箱型の万華鏡は、先端の丸いオブジェクトセルとも相性が良く、きれいにまとめられた姿です。オブジェクトセルは、手で回転させることができます。

冷たくてピンと張りつめた空気を感じさせ、キラキラとした輝きを見せる迫力のある映像が展開します。 ブルーや紫、グリーンなどの色合いが好きな人には特にお薦めです。

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

透明な花 静謐な世界

2016-11-12 22:55:36 | 万華鏡ブログ

細井厚子さんの万華鏡展に伺いました。細井さんが作り続けてきた「透明な花」シリーズは、ステンドガラスのオーソドックスな筒の形。よく知っているつもりなのに、目にすると、とても新鮮で印象的です。均整の取れた美しさでしょうか。ガラスの色と万華鏡のタイトルに惹きつけられて、中を覗けば静謐でありながら、そのストーリーのある世界に目を奪われます。

上の作品「星の隠れ家」の映像です。たくさんのオブジェクトが映り込んでいますが、これは流れの途中の一つの絵。 暗い深い空間の中から最初はほんの少しの青い輝きが生まれ、ゆっくりと少しずつ増えて広がり、また消えていく情景を思い浮かべてくださいね。オイルの中で動くガラスたちの舞は優雅で神秘的です。

やわらかいピンク色の筒は「花散る頃」です。

淡くて繊細な花びらのようなガラスオブジェクトは、ガラスの板を切り出し、熱を加えて細く、薄く加工したものだそうです。外から見るオブジェクトセルの中では、ガラスの繊細な表情が、オイルの中でさらにその輝きと透明な美しさを際立たせます。このオブジェクトセルが細井さんの作品の特徴です。

「ノクターン」は落ち着いたブルー。 

そして4ポイントの映像がすっきりと美しい作品です。黒や白のラインを描くオブジェクトが効果的なアクセントになっていました。 お洒落な4ポイントでデザイン的にも素敵な映像が次々に生まれていました。私の心の中にノクターンのメロディーが聞こえます。

「夜のカナリヤ」は「透明な花」シリーズの新作です。何とも言えない暖かさと味わいのあるガラス色ですね。

ストーリーがあると書きましたが、たぶん物語を紡ぐのは覗く人です。自分の心の中にある物語や記憶が細井さんの映像に沿ったとき、深く感動するのだと思います。

今回新しく登場したのは、陶器の作品。 これらも手に取りたくなる味わいのある表情です。

 この万華鏡展は19日(土)まで銀座のギャラリー田中さんで開催中です。
中央区銀座7-2-22 同和ビル1F 
12時~7時 最終日4時まで。日曜休廊。

細井厚子さんは来年京都で開催されるBKS万華鏡世界大会の出品作家のおひとりです。
http://bks2017kyoto.com

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加