軽井沢ル・ボン・ヴィボン

東京・吉祥寺の南欧料理Le Bon Vivantの暖簾分け、軽井沢ル・ボン・ヴィボンのブログです。

夏のハイシーズン。

2016年07月27日 | お店のこと

7月も残りわずかとなり、
軽井沢は交通量も増えて、夏休みモードに入りました。
 
お店では未だハイシーズンのスタッフが決まっておらず、かなり焦っていますが、
予約は次々と埋まってきています。

こんな時にジタバタしても始まりませんから
決まらない時は決まらないものだと腹をくくり、
慌てずにじっと待つ事にしました。

今のところ、ランチタイムを中心に、
ピーク時の予約数を少し減らして、ゆとりある状態でお取りする形をとり、
その分、本来定休日である8月3日と10日の水曜日のディナーを営業いたします。

できればたくさんのお客様にお料理を召し上がっていただきたいと思っていますので、
引き続き、接客や調理補助のスタッフを始め、
夜だけ出勤できるパートタイマーさんなどを募集しております。

募集要項は以下のようになっております。

①ホールスタッフ(パート・アルバイト)
ルボンヴィボン軽井沢での、お客様への接客を中心に
準備、片付けなどを担当していただきます。 

②キッチンスタッフ(アルバイト・正社員)
厨房での準備、後片付け、盛り付けの補助などのお仕事です。

いずれの仕事も皆で共有して、協力しながら進めるスタイルです。

パート・アルバイト時給900~1100円
正社員月給180000円~250000円
いずれも能力、経験に応じて。

雇用・労災保険あり
交通費支給(上限あり)
出勤日などもご相談に応じます。

真面目で丁寧な職場です。
皆さんのご応募をお待ちしております!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月14日(キャトーズ・ジュイエ)

2016年07月15日 | お店のこと

日々の仕事に忙殺され、もう一日過ぎてしまいましたが
7月14日(キャトーズ・ジュイエと読みます)は、フランスでは革命記念日。
ル・ボンヴィボン軽井沢の開店の記念日でもあります。

フランス・ニースでは昨夜、痛ましい事件が起きてしまい非常に残念です。 
突入が起きたプロムナード・デ・ザングレは先日行ったばかり。
何度も何度もあの道を車で走りましたし、お散歩もしましたので
あまりに生々しく、他人事ではない感覚です。

ルボンヴィボンは丸4年を経過し、5年目に入ります。
5年目の節目として、
この夏から、ランチタイムは予約限定に絞ります。
その後は段階的にランチタイムの営業を縮小し、
ディナー営業に注力していく方針を固めました。

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

3連休は満席です。
夏休みの予約も、今はまだ余裕がありますが
個室を筆頭に、例年にない早いペースで予約が埋まりつつあります。
ご予約はお早めに!

この夏は、ランチのご予約は前日までに頂戴した分だけでの準備とします。
ご予約なし、または「当日のご予約」はお断りしようと考えています。

一気にルールは変更できませんが、
毎日20時間働くのはちょっと無理になってきたので、早急に進めます。決意は固いです。
よろしくお願いいたします。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏季スタッフの募集です。

2016年07月05日 | お店のこと

夏休み直前、暑くなってきましたね。
これから軽井沢が最高に輝く季節です!



ル・ボンヴィボン軽井沢では夏季アルバイト(及びパート)正社員を募集中です。

①ホールスタッフ(パート・アルバイト)
ルボンヴィボン軽井沢での、お客様への接客を中心に
準備、片付けなどを担当していただきます。 

②キッチンスタッフ(アルバイト・正社員)
厨房での準備、後片付け、盛り付けの補助などのお仕事です。

いずれの仕事も皆で共有して、協力しながら進めるスタイルです。

パート・アルバイト時給900~1100円
正社員月給180000円~250000円
いずれも能力、経験に応じて。

雇用・労災保険あり
交通費支給(上限あり)

真面目で丁寧な職場です。
皆さんのご応募をお待ちしております。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本ワインで考える事。

2016年06月25日 | お店のこと

前々回の更新でチラッと書きましたが
ワインリストに日本ワインを少しずつ増やしていきたいと思います。

色々説明するのは野暮なので省略しておきますが
ここでは「国産ワイン」ではなく「日本ワイン」という事で。

元々は取り扱っていたのですが
ここ数年はフランス料理店として、フランスワインの充実を急務としていた事もあり
私どものワインリストに、日本ワインは数種類オンリストされているだけでした。

再び日本ワインに目を向けるきっかけとしては、こちらの
信州・東御市のAperture Farmさんのメルローの存在がありました。

 
作り手の心がギュッと詰まったワインを手にして、スイッチが切り替わりました。

私のこれまでの日本ワインに対する印象と言えば、やや偏見交じり。
評価が高まっている部分は認めつつも、
あまりの生産量の少なさと、値段の高さに一歩後ずさり。
手に入りにくい事も手伝って、相当敷居の高い存在でした。

これだったらブルゴーニュを買うよ、と。

しかしながら
このところ、ご近所の「シェ・草間」の草間シェフが中心となって、
信州ワインやチーズなどの勉強会が度々催され、
私どもも会に参加させていただいているうちに、
生産者様に直接お目にかかる機会にも恵まれ
少しずつ知識を得て、とても身近に感じられるようになってきました。

今のところ手に入る量は少ないですが、
仕入れた一本一本を大切に売る姿勢で臨んでいきたいと思います。



まずはお膝元の長野ワインを中心にスタートして、
いずれは少し広い目線で地域を捉え、近県の物も揃えていきたいと考えています。

軽井沢は日本を代表する観光地の一つですから
日本中、世界中からお越しになるお客様に対して
地域圏を代表するような立ち位置が相応しいのではと。

ま、ちょっと大袈裟な話になりましたが(笑)

これからも時間をかけて、少しずつでも日本ワインを充実させていきたいと思います。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メニューの刷新

2016年06月23日 | お店のこと

夏に向けて、メニューを少し変更いたします。

コースの金額は同じですが、
現在のお店の流れやニーズに沿って、内容を見直します。

今、世の中ではSNSに投稿したくなる料理、
要約すると「美しくて、ちょっと意表を突くような物」が主流になりつつありますね。

私もできる限り新しい形にチャレンジしていきたいと思いますが、
「軽く、健康的に、素材主義で」といった、これまでの考え方も大切にしながら
自分らしさを出していきたいと思います。

そうこう言いつつも
まずは、この夏のスタッフが決まる事が大切です。
募集要項はこちらに掲出してありますのでご参考までに。 
 
夏はもうすぐ。
すでに緊張感があります!
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加