軽井沢ル・ボン・ヴィボン

東京・吉祥寺の南欧料理Le Bon Vivantの姉妹店、軽井沢ル・ボン・ヴィボンのブログです。

2017シーズン

2017年02月24日 | お店のこと

こんにちはシェフのUMEOです。
今日もなんだか風が強くて、うっすらと寒さを感じている軽井沢です。

2017年もすでに2月、さらに言えば2月の後半です。
毎年この時期は色々焦ってしまうのですが
軽井沢のシーズンはこれから。まだまだ辛抱が続きます。


お店の情報を掲載している軽井沢ナビさんの、
ルボンヴィボン軽井沢店舗ページに、新規スタッフ募集の記事を掲載しました。
募集の詳細を載せていますので気になる方は是非ご覧になってください。
https://www.slow-style.com/detail/887/job.html

今年は新しいメンバーを迎えての仕事になります。
今から楽しみです 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨水

2017年02月20日 | お店のこと

今日の軽井沢は雨。普段より大分気温が上がりました。
こんにちは、シェフのUMEOです。

関東では春一番の便りも聞こえ、
二十四節気では雨水。雪は雨に変わる季節であり、三寒四温もこの頃から。

しか~し、軽井沢は暦が平地に比べてちょっとずれているので、ひと味違います。
ここで雨水だの三寒四温だのと思ってしまうのは油断であり、早計であって、
あとで痛い目に遭います(笑)

・・ので、今日の雨には騙されないようにしないといけません
気を引き締めて、気を引き締めて・・
「まだまだ寒いぞ」と自分に言い聞かせて。

しかし、町から春の便りが聞こえてくると
少しずつお客様が増えてくるのは確かですし、オンシーズンへ向けての準備なども随時始まります。
例えば掲載雑誌の撮影とか、食品の展示会とか、
スタッフの募集もしかり(募集中です!誰かお願い!!)

お店は暇でも、だんだんやるべき仕事が増えて、アップアップになってくるのも
この時期特有の現象です。
あぁ、やっぱり春近しなんですねぇ。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだ冬。

2017年02月16日 | お店のこと

こんばんは、シェフのUMEOです。

昨日は定休日でしたので、高崎に買い物に行きました。
軽井沢から出かけると高崎はかなり暖かくて、行動がとても楽でした。

こちらはまだ冬です。
とはいえ
春に向けて大きな仕事がいくつか入ってきました。
いつものようにガンガン仕事をこなしていきたいのですが、
先日の更新でもお知らせした通り、スタッフがいないのでとても先行きが心配です。

そんなわけで再びスタッフ募集中のネタを書きます。

ルボンヴィボン軽井沢では今期、新しいスタッフを数人募集しております。
仕事内容は調理補助、接客、洗い場など。
スキルや経験に合わせてシフトします。

雇用形態もパート・アルバイト・正社員とそれぞれの形で応募可能です。

遠方の方でも軽井沢に移住する気がある人なら、もちろんご応募頂けます。

オフに時間がしっかりと取れる軽井沢でのお仕事は
色々な事にチャレンジしてみたい人にはうってつけの環境です。

私、UMEOも東京から移住してきました。
自分の時間が取れる事による精神的な安心感は確かにあると思います。

その辺のお話にも自分なりにお答えできると思いますので
お気軽にご相談ください。

皆様のご応募をお待ちしております。









 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒さ自慢の話・その2

2017年02月12日 | お店のこと

こんにちはUMEOです。

昨日、寒さ自慢の話を書いたのですが
今日も寒いので
性懲りもなく、また続きを書こうと企んでいます。

軽井沢でレストランを営んでいれば
どうしても冬はお店が暇になってしまうので
長いお休みは冬に取る事になってしまいます。

だけど、冬に長期休暇を取るというのは
出かける本人は良いけれど
お店や自宅を留守にする時間が長くなるリスクが付きまといます。

北軽井沢時代は特に大変でした。
ただでさえ、半日留守にするだけで
お風呂場のシャンプーが芯まで凍ってしまう事が多く、いつも困っていました。
(プッシュ式のディスペンサーは芯まで凍ると本当に使えなくなります。)
それだけ風呂場はトラブルになりやすい場所です。

もう、6~7年前の話ですが
厳冬期に 1週間ほどのお休みを取り、ヨーロッパにお勉強に出かけました。
留守中に自宅のお風呂で起きた事件は最悪でした。

きちんと閉めたはずの浴槽の水道から、ポタリポタリと水が滴り
落ちた水が徐々に凍り、排水が凍結して水がたまり始め
戻ってきたころには浴槽は最上部まで完璧な氷の塊に。。

これを解凍するのがどれほど困難だったか想像できますか?(笑)

それ以来、厳冬期の長期休暇はトラウマです。。


同じ時代
この自宅とお店は7キロほど離れていました。

とある事情で、車のバッテリーが上がってしまい、
深夜、マイナス18℃の中を歩いて帰った事もあります。
こういう時、僕はなぜか決まって携帯電話を持っていないんです。
(これも本当にヤバかったです)

それよりも前の時代にも似たような事がありました。
僕はいつも4WDの車で、ガソリン満タンで乗っていますが、
たまたまその時は運悪く、点検で代車のFF車に乗っていて
仕事が終わった深夜に、腰ぐらいまでの深さの大雪に見舞われ、
残り5キロ地点の登り坂でスタック。
MT車だったので何度もペンデュラムをして脱出を試みたのですが脱出できず、
おまけにガス欠。
代車だったからあまりガソリンが入ってなかったんです。
この時もどういうわけか、店に携帯を忘れていて。。(笑)

車を置き去りにして、普通の運動靴で腰までの雪をかき分けながら、死に物狂いで帰宅しました。
靴の中に雪が入って、足先が千切れるように冷たいのですが
腰まで雪があると、靴を脱いで雪を出すことも難しくなるんです。

ついつい、色々書いてしまいましたが
本当に「寒さ」とは闘いです。
話はこれでもほんの一部。まだまだいくらでもあります。

また、寒さが染みる日があったら、
思い出して書いてみようと思います。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒さ自慢の話

2017年02月11日 | ちょっとしたこぼれ話。

こんにちは!シェフのUMEOです。

久しぶりに強い寒気が入ってきました。
冬の間に数回はこうして本気の寒さになりますが、
寒気が入っていない時はやはり暖かく、回数もだんだん減ってきたような気がします。
そんなわけで、今日は寒さを楽しんで過ごしたい気分。

寒い地域に住んでいると
どうしても 寒い故の事件が多発します。
 
この地域の住民はみんな何かの形で「寒さ自慢」をしていて、
僕もその一人。

東京から北軽井沢に移住したのが20年ほど前になりますが、
最初の冬はもうその寒さに一々感激。

外に干したシーツが一枚の板になってしまっただけで大笑いしたり
当時ハスキー犬を飼っていたのですが、犬ぞりで遊んでみたり
初めて見るダイヤモンドダスト
いつまでもフワフワで解けない雪

だんだん寒さに慣れてくると
行動も大胆になり、またちょっとした油断が事件に繋がってくるようになります。

越後湯沢のスキー場のホテルで働いていた時代には
よく歩いていた道端からカーブミラーの頭が出現したり(積雪3m)
一晩50㎝級の大雪が3日続いて、あらゆる物が雪だるまになってしまったり。
降りしきる雪の中、ホテルの目の前でスキーを履いたまま窪地にはまり、日が暮れて、
誰にも気づかれないまま、脱出に1時間以上かかったり(死ぬかと思った)

北軽井沢でお店を開業したころは
まだ最低気温が氷点下20度に達していた時代。

当時のお店はショッピングセンターのテナントでしたが
水道の配管が天井を通っていて、それが破裂して、
テナント全体が真冬に天井からシャワー状態になってしまって大惨事になったこともあります。
降ってきた水は片っ端から凍ってしまうという異常事態のおまけ付き。

緩いカーブで車が滑って、そのまま道路脇の雪の塊をジャンプ台にして、林にダイブとか
ヘルプに応じてスタッフの車を救出しに行ったら、雪山に刺さっていたり。。

北軽井沢セーブオン前から交差点まで(ずっと下り)滑り続けた事もあります。
それで事故にならないのがすごいけど(笑)

バカな話だけど、まだまだあります。
寒さってある意味面白い。
ちょっと時間が無くなってしまったので、書けたらまた続編もアップしますね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加