風来坊参男坊

思い付くまま、気が向くまま、記述する雑文。好奇心は若さの秘訣。退屈なら屁理屈が心の良薬。

総理大臣の非常識

2016年10月14日 20時28分58秒 | 随想

総理大臣を退任し直ぐに政界を引退した小泉純一郎は変人と言われ、私は常識を信じる、常識人だ と反論する。

常識は多数決の論理で決定されるのでなく、各々の人間が人生経験から獲得した人生哲学なのだろう。

総理大臣時代は原発推進の立場だったが、東日本大震災を経て、堂々と脱原発を主張する自民党員としては非常識な言葉は 君子は豹変す なる諺に合致する。

東日本大震災復興五輪の旗印で世界の同情で招致したが、様々な不手際、熊本地震、北海道、東北の台風災害、阿蘇山の大噴火、様々な災難の連鎖反応に鑑み、東京一極集中開催のこだわりを放棄して豹変し、日本全国に分散開催する非常識をIOCの常識にしたら、総理大臣は君主として尊敬され世界の指導者と言われるだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘリウムで浮上 | トップ | プロ野球は地方の時代 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。