超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

宜澤精密プラスチック金型部品の製造について

2017-10-19 08:31:50 | 精密プラスチック金型部品
当社では、いち早く第三者機関によるISO9001を認証取得し、品質管理体制を確立しています。今日は宜澤精密プラスチック金型部品の製造について簡単に説明させます。
プラスチック金型設計
製品の3次元データをもとに、3次元CADによって金型を設計しています。流動解析の結果を踏まえ、ゲートやガスベント等の最も効率的な配置を検討。NCプログラム、加工など各セクションとの横断的なDR(デザインレビュー)により、成形性に優れメンテナンス性の高い設計が可能です。
プログラム
金型の精度を出すために加工工程を検討し、加工機の特徴を生かすプログラムを展開します。3次元CADデータであれば、いかなる要求にも対応することができます。DNCシステムの導入により、複数のプログラムを一つの機械で効率よく運用。加工機をフル稼働させ、納期の短縮にも貢献しています。
測定・品質保証
3次元測定もプログラムによる自動測定で再現性を高め、測定値をグラフ化することによって分かりやすくし、金型や成形品の精度をミクロン単位で厳密にチェック。さらに測定対象をスキャンすることで効率的に寸法を測定できる画像測定器や、筒モノの測定に威力を発揮する真円度測定器を導入しています。測定されたデータは、加工・組立調整へ速やかにフィードバック。高品質・高精密プラスチック金型部品を保証します。
宜澤精密プラスチック金型部品の製造は外国先進な加工技術を導入して、中国のモルード製造業の第一ブランドを追求しております。


bokeshiyue01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/news/4570.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密プレス金型部品の検査修缮項目が含まれている

2017-10-19 08:26:25 | 精密プレス金型部品
精密プレス金型部品の検査修缮項目が含まれている.精密プレス金型部品定期点検は精密プレス金型部品の使用寿命の役割をしなければならない。射出成形ごと成型位置に必要な年度补修の手続きを経て、精密プレス金型部品の循環周期によって异なってくる。1.查看散の気孔ヵ所があったかどうかを早期警報性の錆びてあるいは湿っぽい現象が現れている。もしあなたはホット・エア穴周辺は錆びてあるいは湿っぽい現象があれば、内部の言葉を意味する可能性があるとか、パイプが決裂した。2.クレーンを覚えて注意ぶっ口ヵ所の熱嘴头「清算」に入ってしまいました。クレーンを見たら中込佐知子具有ランナーで今度はサッパリステンレスかもしれないが、それはポイントランナーを組み立てる。3.滑走止金具がついている。机械については年中無休運行中の、このためには、1週間に1回行われる。しなければならない年末にはとてもいいでのタイミングを配置して、に、これらの部品を1回定例の润滑油保养する。4.インタラクティブ校验ヒーターの電気阻值だった。5.查看ストリッパーと導ロイヤルスイートルーム磨耗があったかどうかの動きを見せている。5.検査がみつかった状況だった。6.検査がみつかった状況だった。7.エジェクターピン洗う。一年间の时间、エジェクターピン、ガスの買いだめと膜状の不纯物なり。推薦は、6 ~ 12ヵ月間精密プレス金型部品サービスを顾客にしっかり洗浄させた。洗いの後、エジェクターピンに塗ったりに一层の潤滑油防止で擦り傷や)れました。精密プレス金型部品の検査修缮項目が含まれている


bokeshiyue01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_405.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高い品質が求められる自動車、精密機械の精密部品の必要性

2017-10-18 09:34:51 | 自動車、精密機械の精...
高い技術を活かして製造される自動車、精密機械の精密部品は、ニーズが高まっている傾向にあります。数ミクロン単位の高い品質が求められる自動車、精密機械の精密部品は、様々な業界で活躍している素材です。
自動車、精密機械の精密部品の加工要求が厳しい

自動車は長い年月利用されるため、自動車に利用される様々な部品は安心して長く使い続けることができる耐久性が求められます。部品として耐久性を高めるためには、無駄がなく効率的に力を伝達する設計を実現させることが大切です。力を上手く伝達させることで部品自体にかかる動力の負荷が軽減されるため、高度な運動に耐えることが目指せます。ですから、高い品質が求められる自動車、精密機械の精密部品の必要がある。


bokeshiyue01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/news/4567.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密プラスチック金型パーツの保護措置を取っている

2017-10-18 09:30:01 | 精密プラスチック金型パーツ
精密プラスチック金型パーツの保護措置:精密プラスチック金型パーツが専門性を持って精密性易损性などの特徴が持つことになったとの精密プラスチック金型パーツの安保の最重要だ。全体的に集約には、いくつかの側面がある:
1 .除とげ:精密プラスチック金型パーツ防止莱因布消去/スリープ冲/手を塗れば/ランナーレンチポン/刀ポンによる具有巣だった。
2.まかり間違っ件:防止精密プラスチック金型パーツが不足でプルロッド/ガスのパーツによる具有使用過程のダメージを与えています。
3.防圧:精密プラスチック金型パーツが防止が残る製品で鍵を模による具有圧が怪我をした。
4.借りを圧:防止精密プラスチック金型パーツ、モーゲージの保護にストレスによるダメージを与える。
5.錆び止め:射出成形机模漏れ防止のための持つ。ほぼ。雨にぬれ。手型などによる錆びついた現象が起きている。
6.防撞:防止精密プラスチック金型パーツ、エジェクターピンにも寸断され、戻っておられない退所定の位置による型が崩壊した現象が起きている。
これは精密プラスチック金型パーツの保護措置.


bokeshiyue01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_404.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密プレス加工を実現する、宜澤の金型製作技術

2017-10-17 11:07:04 | 精密プレス金型部品
精密プレス加工を実現する、宜澤の金型製作技術について
高い形状精度を求められる、精密プレス用金型部品の設計、製造。宜澤では、熟練の技術者が後工程の表面処理まで考慮した設計を行い、社内での金型製作を実現しています。
社内で設計から加工まで行うことができるため、開発段階での製品試作にも柔軟に対応することが可能です。
当社が自社内での金型製作にこだわるのは理由があります。精密プレスから精密メッキ(表面処理)まで一貫して行うためには、高度な金型製作技術獲得への挑戦は欠かせません。
金属の特性を知り、加工方法の経験値を積み、メッキ処理の仕上がり精度を確認しながら金型設計、製造の技術は磨かれます。
今までに設計・開発してきた精密プレス金型の数は実に1000型を超える経験を有し、精密プレス製品の品質・信頼性の高さでは定評をいただいております。
精密抜き加工、精密曲げ加工を中心に精密プレス金型部品加工まで対応する金型製作技術により、お客様の要望に品質とコストの両面でお応えします。


bokeshiyue01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/news/4567.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加