超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

プラスチック用金型及び金型部品の製造について

2016-12-30 09:02:55 | 精密金型部品

プラスチック用金型及び金型部品がだんだん必要になっているので、プラスチック用金型及び金型部品の製造メーカーに広い市場をくれる。金型関するレポートによると、金型市場は大体に良い方向に発展する。将来、プラスチック用金型及び金型部品の製造メーカーはほかの金型部品製造めーかーよりもっと良い発展していり、主に全世界のプラスチック金型用材料を開発するスピードが速いと表れている。プラスチック用金型部品が非常な速さで発展に伴って、生産工程に対して要求がますます高くになる。現在鋼がプレスチック金型材料の中心としている。

プラスチック用金型及び金型部品の製造プロセスでプラスチック金型は射出成形機と組み合わせて高精度プラスチック部品を生産すること。これはプラスチック金型の役割だ。プレスチック材料及び加工方法がおおすぎ、射出成形機と精密プラスチックス金型部品の結構は異なるである。だから、プラスチック金型の種類及び結構は沢山である。

成形方法によって射出成形金型、押出成形金型、プロー成形金型などを区分する。その中の二つは下記通り:

1.射出成形金型

射出成形金型は熱可塑性プラスチック部品を生産する場合で使用している普通な成形金型だ。射出成形金型で生産した部品が必要になる。日用品だけではない、さらに複雑な機器、電気、交通機関部品などは射出成形金型で生産した。

2.押出成形金型

押出成形金型は圧縮成型とダイカスト成型を含む。これらは熱硬化性プラスチック部品を成形する金型。

bokeshier01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/news/4377.html転载を说明してください 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高速精密プラスチック金型部品加工

2016-12-30 08:56:01 | 精密プラスチック金型部品

高速精密プラスチック金型部品加工の品质と安全性が顕著だったのだ.ugはひとつのcad --CAMのソフトウェア.単一のデータ.そして、関連性があり、これは根本的に根絶したデータ交換精度の影響を受けた。通常、一つのcadシステム设计、それから転換からもう一つのcadシステムを補完しデザインや加工を準備している。データ転送時が行われる度に、必要なのは几何学に形を一から方式転換に别の1种のフォーマット.生まれているのは 精度を下げる見返りだったのです。通常総括以上の経験からみて、効率的で質の高い安全生産で、私たちはug信頼に値するソフトが、私たちはを満足させることができる高速精密プラスチック金型部品加工の各種の需要.生産のために高い効果を得られる。

bokeshier01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_201.html転载を说明してください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密自動車用金型部品品質の向上

2016-12-29 10:10:00 | 精密自動車用金型パーツ

精密自動車用金型部品は金型の生産で重要な役割を占める.精密自動車用金型部品品質の向上だけがとても重要だ。現在、中国の精密自動車用金型部品产业の発展が顕在化して、まだたくさん侮れない問題があり、その発展は不可抗力だったのです。业界の発展にそれと各種のブランチ産業があったから、精密自動車用金型部品の大事な一环としては金型部品、それは精密自動車用金型部品使用の基本である。機械設備や金型製造業の急速に発展している。,セット業者らは机械の部品および製品に対する需要が拡大され、特にの精密自動車用金型部品製品市場の製品が増えてくる.企業にとって品质、サービスが中心となり精密自動車用金型部品品質の向上には非常に重要です.

bokeshier01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_200.html転载を说明してください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密プレス金型部品の製作について

2016-12-29 09:51:38 | 精密プレス金型部品の...

精密プレス金型部品の製作は常温でプレスを利用して材料に対して加工して、材料を分離して変形になって、それによって決まった形状、サイズ、高精度部品を生産できること。また、精密プレス金型部品の製作方法は冷間スタンピンクと呼ぶできる。精密プレス金型部品の製作加工は他の金型部品加工方法と同じ、長所が多い:

1.高効率:製品及び部品の生産スピードが速く、それに数量も増える。

2.原材料:少なく切り屑、無切り屑加工を実現べき。

3.品質を保証できる、良好な交換性がある。

4.加工方法は易い、作業員が金型で生産する時よい技芸を必要ない。

5.大量生産する製品及び部品のコストが低い。

6.他の加工方法で生産できない複雑な部品を生産べき。

7.自動化をしやすい。

精密プレス金型部品の製作加工はこれらの長所であるので、応用される分野が広い。例えば、精密電子部品、計器、飛行機に関する部品など。現在プレス加工で生産した製品が自動車業界、計器、ワイヤレス電子製品、さらに日常生活に大切になっている。もちろん、プレス加工は自身の欠点である(複雑な結構、長い生産周期、金型の隙間が酷いなど)

プレス金型はプレス加工中必要なものだ。高品質精密プレス金型部品を生産しだけではなく、大量生産できる要求と合わせて、それに金型使用時間を保証すること。

bokeshier01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/news/4376.html転载を说明してください 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超精密製作金型部品精密加工技術について

2016-12-28 09:39:02 | 精密金型部品

今回、超精密製作金型部品精密加工技術について説明させる。超精密製作金型部品精密加工は高成型精度、表面精度などを保証する必要な加工方法だ。製品多様化なると品質の要求がますます高くなっていることに伴って、超精密製作金型部品精密加工メーカーにその前より高く、多めに要求を提出させる。超精密製作金型部品精密加工技術は現代最新の科学技術成果を含む復雑なシステム工学になった、それにいろいろな加工技術注意させる点、応用範囲、国内外で研究現状、将来発展方向などを紹介する。そして、中国超精密製作金型部品精密加工製造分野での問題、外国先進な技術の格差を分析して、超精密製作金型部品精密加工の発展趨勢を予測してから今後国内の研究方向、技術発展の対策を提出する。

超精密製作金型部品精密加工の発展は直接に先端技術と防衛産業の発展を影響するので、世界各国が極めて重視、近年急速に発展している。国内外超精密製作金型部品精密加工技術の主要な分野に最新の発展は下記通り:

精密と超精密機械の新しい発展、超精密切削メカニズムやダイヤモンド工具の研究、精密研削と鏡面研磨技術の新しい発展、非球面の精密加工技術の発展など技術の発展。

これらは超精密製作金型部品精密加工精度及び超精密製作金型部品精密加工技術を高めるために重要な役割をすること。

bokeshier01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/news/4375.html転载を说明してください 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加