超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

精密プラスチック金型部品使用設備の分析

2017-12-07 09:14:13 | 精密プラスチック金型...
金型部品メーカーは精密プラスチック金型部品出産時に加工設備やテスト装置を使用しなければならない。しかし、精密プラスチック金型部品使用設備は自身金型部品の精度要求を満足しなければならない。違う精密プラスチック金型部品メーカーは加工設備も違う。でもテスト装置は判定精密プラスチック金型部品の精度かどうかを基準に達する必要な設備です。
A 設備:つまり、生産機械です。普段生産の製品によって異なって、一般に使用する精密プラスチック金型部品機器は含め:CNC旋盤、精密研削盤、センタレス研磨機、外径小型研削盤など。
B 高精度テスト装置は含め:外径マイクロメーター、プロジェクター、高度計、硬度計などの計量器、正絃磁気台、透視円弧ドレッサー、パンチ成型器など。
金属の鋳型の発展につれて、各業界で急速な発展を遂げて。だから多くの精密プラスチック金型部品を加工して実務者は精密プラスチック金型部品使用設備了解する傾向があります。


bokeshier11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_440.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密プラスチック金型製作メーカーの貿易競争とお互いに利益を取る

2017-11-17 09:49:26 | 精密プラスチック金型...
国民経済及び技術の続き発展、国家は会社発展のために多く政策を制定すること。ですから、個人経営会社はだんだん発展して、それに数量は増えなる。今会社の数量は増えるので、会社ごとの貿易競争は激しくになること。精密プラスチック金型製作メーカーの貿易競争と例と見る、皆さんに会社の貿易競争及びお互いに利益を取ることを説明させること。

精密プラスチック金型製作メーカーの発展は以前より、近年の発展は速い。だから、多くの人はこの分野の発展利益を予定し、それにこの分野に入れて仕事えをします。でも、市場は製品の品実及び工芸の要求は厳しい。どうやって一番良い会社になることを考えしなければならない。もちろん、コストをうまくコントロールし、生産効率及び生産技術を向上することは精密プラスチック金型製作メーカーの貿易競争の大切な条件になること。現在、精密プラスチック金型製作メーカーの貿易競争はだんだん激しくになる。貿易競争の同時に会社は互い利益をとり、会社の互い交流は必要である。そうしれば、会社の生産技術及び製品品実を改善して行くこと。ネットの発展と伴って、多いお客さんはネットで生産メーカーを探すこと。会社の互い利益をとるために、精密プラスチック金型製作メーカーのネットページは他の合作メーカーのリンクを追加し、ウィンウィンを実現すること。


yizeshiyi11
文章は宜澤金型アドレスに転载します
http://www.yize-kanagata.com/news/4362.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密プラスチック金型部品市場の発展

2017-11-13 09:37:21 | 精密プラスチック金型...
近年、わが国のプラスチックの金型製造の水準が向上し、生産が大型のプラスチックを模仿する単戸の重さに達したことがわかっ50t以上、精密プラスチック金型の精度に達しており、多弁プラスチック型が3 cm側はすでに生产できるとまったく7800弁が塑封型版、高速具有側が生産できるように押し流され速度/ min 4 m以上の高速プラスチック异型材を離れると、金型とメイン型枠双弁で計混んでいた。プラスチック工业の飛躍的な発展を遂げたが、gmと工事のプラスチックは、強さなどの面でのが高まり、プラスチック制品の応用の範囲も拡大し続け、プラスチック制品の量もエスカレートしている。知るところによると、わが国のプラスチック制品の2012年の生産台数が6000万トンに近いどころか、持続的な成長しなければならない過程でになったことから、内需がプラスチック具有業界に大きな力がないため、プラスチックを推し進めた 精密プラスチック金型部品市場の発展してきた。
現在、プラスチック具有全体では金型業種に占める割合は約30 %で、金型の輸出入での割合も50 ~ 70 %、そして近年わが国のプラスチック型が速いスピードで進んだ。プラスチック制品の応用を幅広く広まりつつ、プラスチックの金型を提供してきたはとても広大な市場だ。韓国型業種の取引市場が大きいだけでなく、毎年15 ~ 20 %の傾向を上程は増加しているのは韓国の自動車や家電、it産業、包装、建材や日用品などの金型の大ユーザー業界を先導してきた。国家の多様な政策の影響と市场の空间の持続的な拡大、自動車、情報技術(it)産業、包装など業種近年の成長の勢いが急ピッチでは、生产性側は大きな発展を遂げ、だけでなく、これらの产业のハイエンド側も急成長しない方針であるため、このような産業は高中低侧の3つの面でもが強力な金型需要、特にプラスチック具有的な需要を見れば、 精密プラスチック金型部品市場の発展が少しずつ現れた。
一つの製品が市場での発展のレベルで、多くの要素の影響を受けた。まず、需要で、同製品が市場の需要を生かせば、た発展のチャンスをつかんだ。それからは制品の品质をすれば、制品の品质と技术が绝えず新机轴を高めるなら、せることができるように、製品そのものの価値が高いところは、それと同时にもが市場で人気を集めた。プラスチック产业の発展にはから脱け出すことを模仿するとしたことも、プラスチックの金型市場の発展の大きな要因だった。それでは兴奋して金型産業が絶えず研究开発刷新で補完を強固にするために自分の市場地位は、 精密プラスチック金型部品市場の発展することが容易になった。
现在ではどうやら、多くの業に対する金型の要求が日増しに高まっているので、精密具有业界の発展がだんだん熱くなっ、优良品质の精密プラスチック金型部品メーカーが必要となるが、注文の精密の金型部品に替えた宜了沢さんは、価格の恩恵を、使用寿命は长い、品質が高いです。、電子情報産業の活性化と伝統産業の情報化改造、プラスチックの金型市場の展望についての広い、グローバル上等だが、精密プラスチック型市場は供給不足の様相を呈している。


yizehsiyi11
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_423.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密プラスチック金型部品別の要約

2017-05-24 09:26:07 | 精密プラスチック金型...
精密プラスチック金型部品別の要約.精密プラスチック金型部品の大きな分類し、工业の急速な発展と普遍的運用工事とプラスチックは、強度と精度などの面でのが高まり、精密プラスチック金型部品の応用の范囲も広がっており、が占める比重が、速いスピードで上昇した。一般的な状況で我々は精密プラスチック金型部品3つに分類される:一、ホット?精密プラスチック金型部品:精密プラスチック金型部品の構造と細ランナーは同じだ、その最大の违いはユド実業があるいは多数がこみ上げてき道板恒温、無コールドスラグ離型を直接製品にユド実業必要はありませんので、離型、ユド実業システムはランナーシステムが節約できる素材を、適用される原材料が高く、制品をたくさん要する状況によっては、デザインおよび加工に困っているだけに、精密プラスチック金型部品コストが高いことが分かった。二、大ランナー精密プラスチック金型部品:ユド実業は分模ラインと製品の開模(时に一绪に離型、デザインは一番簡単しやすく、加工,コストが低いため、比較的人采用システムの作業をすることになる。三、细い入れるビニールの精密プラスチック金型部品:ユド実業は、一般的に直接点模ライン製品に届けなければならないので、デザイン多一組のランナー分模線、デザインが複雑で、一般的に加工しては難しいと見なければならない製品の要求に细い入れるシステムだ。の発展とともに私たちも危機に直面している制約要因になっている。工業が急速に開発され、精密プラスチック金型部品業界発展の新たな時代を迎えて、それと同時に、精密プラスチック金型部品の総合力学の性能、寿命などが提起したを要求している。精密プラスチック金型部品別の要約だ


bokewuyue01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_304.html転载を说明してください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密プラスチック金型部品の製造加工技術

2017-05-03 09:45:13 | 精密プラスチック金型...
精密プラスチック金型部品の製造加工技術指標はすべての作業員が身につけての核心技術、図面寸法によって厳格に加工と同時に精密プラスチック金型部品加工過程の中で出現する可能な問題及び製造コストを分析する。これから受注し、金型設計、部品加工、組立、調整、トライして生産要件と合わせて高品質部品を生産べきだ。精密プラスチック金型部品の製造加工技術者はお客様の図面によって分析してからどんな種類の加工方法を採用決める。
すべての金型製品は精密プラスチック金型部品の製造加工技術によって厳格な加工工程を経てので品質が安心する。宜澤はせんしんな技術を持つ、最高の東莞精密金型部品加工メーカーの一つになる。

bokesiyue01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/news/4422.html転载を说明してください
bokewuyue01
コメント
この記事をはてなブックマークに追加