超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

国内外でプラスチック金型部品工場の現状

2018-01-16 11:28:25 | 精密金型部品
全体に見ると、中国のプラスチック金型部品工場は品質、技術、能力など面で以前よりずっと進歩しているが、国民経済の発展にたいする需要を満足させない、世界での先進な技術を比べて格差も大きい。現在にとって、毎年ある大型、複雑、高品質精密金型部品はまた輸入依存している。供給が需要に応じきれない場合部分低級なプラスチック金型部品は供給過剰で、市場競争は激しいだがら。
WTOを参加してからプラスチック金型部品工場に巨大な挑戦をもらって当時にチャンスを持ってきて、中国の高精密金型・金型部品の製作工場は中・低級の製品を主なにして価格はほかの国よりやすい。WTOを参加する前に高精密部品は全て輸入することを依存し、参加した後部品を輸入便利になるだけではなく、外資を導入できる。それから外国の先進な技術、管理経験は中国の専門金型技術者を育成するのに対して推進作用を果たすことができる。
近年から中国のプラスチック金型部品工場の生産レベルはだんだんよくになって。金型工場の設計及び加工レベルの高めるにつれて、金型製造業は技術を依拠することを変えて。これは生産方法を変えるでけではなく、全生産モデルは変える。このような変化は金型部品の精度を高めてもらう。


yizeboke18
文章は宜澤金型アドレスに転载します
http://www.yize-kanagata.com/news/4397.html

moldshier11
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精密金型部品加工工芸技術の重要性

2018-01-12 08:34:36 | 精密金型部品
現代生活に金型が大量に使っているので、精密金型部品加工工芸技術は重要になる。沢山リードとして精密金型・金型部品の製作メーカーは事実を発見して、金型工業のが日進月歩で新しくなってけちをつける消費者は製品に対する要求をだんだん高くなる。だから、精密金型・金型部品の製作メーカーはどのようにする製品生産の周期を短縮する上に製品の品質を確保するとよく考えしなければならない。金型製品の品質を確保したいなら、従業員に精密金型部品加工工芸技術の重要性を教育してあげる。
教育あげる際に、毎従業員に精密金型部品加工工芸技術具体例をあげて説明する。すべての従業員の受け入れ能力が有限なため、もしも必要で、理論を通って試験して彼らの理解力をテストすることができる。もちろん、一番重要なのは実践、従業員は本当にできる場合就職する。それから、従業員の素質がまちまちなことに不平をこぼすべきでなくて、更に自分の育成訓練する方法が正しくないのかをよく検討し、従業員がうまく理解できないのかを考える。
精密金型部品加工工芸技術は直接に金型部品の品質に関係し、金型部品の品質はお客様からメーカーの対する信用の程度に影響するので、今後もっと良い発展のために更に加工工芸技術を重視するべき。


yizeboke18
文章は宜澤金型アドレスに転载します
http://www.yize-kanagata.com/news/4395.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宜澤精密金型部品加工メーカーの五つ優位

2018-01-11 08:54:33 | 精密金型部品
一、16つ厳格なプロセスにより精密な製品を生産、完璧な品質を持っている金型部品
を製造しております:
宜澤精密金型部品加工メーカーは15年の生産経験を持って、各加工手順は10年間以上経験を持ち専門技術員から製造して研削します、十分な良い品質の製品を提供しております。
二、先進な技術を頼って、モールド製品の使用寿命が倍に伸びます
宜澤精密金型部品加工メーカー使うの材料が全部日本大同、日本日立、スーイズAssab会社から購入し、国際真空熱処理二回焼き戻し技術、また超深冷処理により製品の酸アルカリに対する抵抗性が他の製品の3倍以上に達します。
三、先進な日本輸入設備と優れた生産チームを持ちます
宜澤精密金型部品加工メーカーが15年の生産経験を積みの製造チームを持つ、100%に国際市場の要求を満足します。
四、納品周期が短い
宜澤精密金型部品加工メーカーは完璧なサービスシステムを提供し、発注してから7-10間の生産により納品を実現しでき、お客様に良い品質の製品を提供しております。
五、人生化のサービスを提供します
宜澤精密金型部品工場が高品質のアフターサービスを提供し、お客様はいつでも気軽にアフターサービスと連絡しできます。


yizeboke18
文章は宜澤金型アドレスに転载します
http://www.yize-kanagata.com/news/4394.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国精密金型部品工場について

2018-01-03 13:56:04 | 精密金型部品
東莞市が中国精密金型部品工場、中国精密プレス金型部品加工工場、精密ラスチック金型部品工場、精密コネクター金型部品工場を知らせて、東莞市宜澤金型有限公司は2006年に設立以来、主として精密金型部品、精密プラスチック金型部品、精密プレス金型部品、精密金型丸物[円型]、精密冶具の製作を専門に行っています、主な販売市場は日本、ヨーロッバ、アメリカなど先進国です。
中国の精密金型部品工場で一つとして、弊社は何時も高品質を維持し、納期を厳守することをモットーとし,上質なサービス,品質で、業界でも有名なコネクター金型企業日本Tyco、日本航空電子JST等に御指導頂き、色々なお客様よりより良い評価を得る事が出来ました。弊社製品が日本お客様のお役に立って、信頼される企業に成れる事を目標に精進努力致していきます。今、弊社が色々な高品質製品であります。例えば、精密プレス金型部品と高品質自動車、精密機械の精密部品など。何か必要があれば、いつでも気軽にお問い合わせください。



yizeboke18
文章は宜澤金型アドレスに転载します
http://www.yize-kanagata.com/news/4391.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうやって金型の品質を高めて高品質精密金型部品を生産する

2017-12-25 09:52:48 | 精密金型部品
近年では中国だけではなく、世界で製造業の競争が激しくなる。できるだけ短い時間に高品質精密金型部品を生産できないのかは金型製造メーカー間の競争として。金型は工業の父と呼ばれる、金型の品質は直接に精密金型部品の品質、生産高、コストなどを影響する。ですから、経済情勢は金型の品質にますます高い要求を提出する。では、どうやって金型の品質を高める?それは下記お通り:
1.まず、部品のデザインは必ず合理性であり、できるだけ最良の方案を採用する。デザインナーは部品の必要な技術要求、結構などを考えする。
2.金型のデザインには、金型の品質を高めることで最も重要な工程、いっぱい要素を考えしなければならない。例えば、金型材料の選択、金型構造の使用可能性や安全性、金型部品の加工性及び金型修理の利便性。これらは考えて必要である。
3.金型製造過程は金型の品質を確保する重要な一歩、加工方法及び加工精度は直接に金型の使用時間を影響する。
4.金型を正しく使用することは金型の品質を高めできる。正しく金型を利用する上に定期的に手入れをする。そして金型を手入れしたデーターによって出現可能な問題を避ける、それに高品質精密金型部品を生産して仕事の能率を上げる。
とにかく、型の品質を高めて高品質精密金型部品を生産することは、まず金型の品質を影響する要素ごとも考えて、次に各部門と協力する。


bokeshier11
文章は宜澤金型アドレスに転载します
http://www.yize-kanagata.com/news/4386.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加