超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

中小型精密プラスチック金型パーツ工場の発展展望について

2018-07-03 10:07:15 | 精密プラスチック金型パーツ
近年、金型企業が増えていくにつれて、経済のグローバル化が進んでいて、精密金型製造がますます難しくなってきたこと。ここでは、中小型精密プラスチック金型パーツ工場の発展展望について皆さんと検討します。現在、多くの中小型金型企業のオーナーは技術者の出身で、加工技術の経験がいっぱい持ってが、経営管理に不足している可能性があります。今、経済、工業、文化の発展につれて、古い経営方法はもう役に立たない、いろいろな問題が発見させること。
世界の優良技術、管理レベルから落後した中小型プラスチック金型企業がたくさんです。完璧なシステム、作業標準、規範がなく、それは、製品の品質及び納期は保証できません。お客さんにクレームをさせて注文がますます少なくなります。その上、多くの中小型プラスチック金型企業は金型や射出成形機の使用常識、メンテナンス意識が低いです。技術の研究開発、新しい設備を導入することを重視しないで、中小型精密プラスチック金型パーツ工場の発展は難しい。精密プラスチック金型パーツ工場はますます良くに発展するのために革新しなければ。
中小型精密プラスチック金型パーツ工場の発展展望について一番重要なのは技術を高めて、管理方式の革新です!


bokeqiyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は: http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_564.html転载を说明してください
コメント

中国チームが超硬丸い部品製造業の「ワールドカップ」に入ることができますか

2018-06-29 08:30:41 | 超硬丸い部品
最近では、「徹夜」「大番狂わせ」「ファン」などの人気言葉が注目を集めている。もしみんなによって徹夜することは当たり前になって、きっと大事になったに違いない。6月14日「2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会」がスタートしてから、世界中が競技モードに入り、サッカー熱が高い、多くのファンを狂わせ、選手たちの活躍が期待される。しかし、開戦から数日前まで、サッカーワールドカップ戦で大番狂わせが続出した。中国チームは相変わらずワールドカップに縁がない。
では、中国は超硬丸い部品製造業の中で、サッカーのワールドカップと同じように、入場券もないのでしょうか。答えは「いいえ」。もしも超硬丸い部品製造業も自分の「ワールドカップ」であれば、中国チームは竞争中で一席を占めるはず。
科学技術、経済の発展....これらすべてが中国金型産業の発展を促進し、私たちの目標と発展方向はますます明確になっている。中国の超硬丸い部品製造業を縦観して、品質でも生産強度にとっても轻视できない、様々な先進技術の開発、機械設備の更新、加工技術の向上…など。宜澤金型を例として、弊社の製品がドイツ、アメリカ、日本、イタリア、イスラエル、シンガポール、タイ、マレーシアなどの国家と地域に販売しております、弊社がお客様の注文のよって世界ブランド標準で製造、加工、検査できます。また国標GB、日標JIS、ドイツ標DIN、アメリカAISIなどの国際業界標準で生産しております。製品の精度について、寸法公差±0.001mm、同軸度0.002以内、真丸度0.0015mm、表面粗度Ra0.025、直線度300mmが0.002以内に加工出来ます。これは中国金型製造業がよく発展していることを体現する。
ところで、ロシア西部の都市サランスクのモルドビア・アリーナで行われた試合で日本はコロンビアを相手に2-1の驚きの勝利を決め2018年のワールドカップを幸先よくスタートした。この勝利おめでとうございます!

bokeliuyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_563.html転载を说明してください
コメント

宜澤金型はスッタフと一緒に大きな進歩を追求しております

2018-06-28 09:49:08 | 自動車、精密機械の精...
知識は人の思想分野を強化して、運命を変えることさえできます。もしあなたは総合的な人になりたいならば、いろいろな知識をもって、私たちの生活の知識、それとも仕事の知識。
宜澤金型今は「新時代」に案内され、精密金型部品加工の技術と製品の品質を改善しながら、スッタフの考え方と文化を高めることを重視します。人は考える能力を失います、もし彼はずっとワークショップや事務所で働きます。人生に対して熱意を失うならば、彼は生活及び仕事のために戦う士気がありません、それは厳しいことです。ですから、宜澤金型はスッタフたちの生活品質を改善することを目指して、本棚をセットしています。皆さんは自身の好みによって本を借りることができます。
宜澤金型は10年以上の精密プラスチック金型部品製造経験をもって、精密金型部品、精密プラスチック金型部品、金物プレス金型部品、コネクター金型部品、非標準部品、タングステン鋼部品などの精度保証で加工を行っています。関心する製品があらば、お見積り、ご相談などお気軽にお問い合わせください。連絡メール:dgyize@dgyize.com

bokeliuyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_562.html転载を说明してください
コメント

プロ精密丸物製作カスタマイズ

2018-06-27 09:36:16 | 超硬丸い部品
近年、経済のグローバル化の発展が加速して、国家は中小企業に対する大きな支援がありますので、わが国の金型製造業を急速に発展させて、中国を世界の金型加工センターにした。金型加工企業が高速発展していると同時に、精密丸物製作カスタマイズもますます盛んになります。それでは、どのようにプロ精密丸物製作カスタマイズメーカーを選びますか?
普通には、私たちは精密丸物部品を注文したい場合、価格、品質などを考えはず。品質が保障の同時に価格も優待するプロ精密丸物製作カスタマイズがあったら、あなたはこのような工場を選ぶでしょう?今日は、精密丸物製作で十五年の生産経験を持っている宜澤金型を紹介させます。
精密丸物部品の品質について、宜澤精密金型が日本先進な生産設備と加工技術を採用し、高品質な製品を生産して、製品がドイツ、アメリカ、日本、イタリア、イスラエル、シンガポール、タイ、マレーシアなどの国家と地域に販売しております、弊社がお客様の注文のよって世界ブランド標準で製造、加工、検査できます。また国標GB、日標JIS、ドイツ標DIN、アメリカAISIなどの国際業界標準で生産しております。製品の精度について、寸法公差±0.001mm、同軸度0.002以内、真丸度0.0015mm、表面粗度Ra0.025、直線度300mmが0.002以内に加工出来ます。
ところで、宜澤は専門の精密丸物製作カスタマイズサービスを提供するだけでなく、また各種の精密な鋳型の部品をカスタマイズして、精密自動車用金型部品カスタマイズ、LED金型部品カスタマイズ、半導体封装金型部品カスタマイズ、プレス金型部品カスタマイズ、微型モータープラスチック金型部品カスタマイズ、精密スレッド金型部品カスタマイズなどを提供します。


bokeliuyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_561.html転载を说明してください
コメント

精密パンチ放電加工について

2018-06-26 09:36:43 | 自動車、精密機械の精...
東莞市宜澤金型有限会社は精密パンチ放電加工を専門にした会社で、精密パンチは当社の主力製品です。精密パンチ放電加工は司筒、針などを含んで、金型製造の常用部品で、精密パンチの品質は金型の正常な動作につながる。弊社はいつもお客様に一番良いサービスを提供させることを理念として国内で最も優秀で、最大の精密パンチ放電加工メーカーを目指して頑張っています。次に、精密パンチ放電加工について皆さんにご紹介します。
精密パンチ放電加工する原理と電気火花の成形加工の原理のようです。精密パンチ放電加工によって異なるのは、放電加工によって採用されているのが線電極であり、工作台を利用して作業機の相対電極線をx、y方向に沿って移動して、それに平面形状の加工を完了する。精密パンチ放電加工は、コンピュータの制御によって、斜めにある凹型の穴をカットすることができます。
以上の説明によって、精密パンチ放電加工について少し分かりましたか?まだ分からないところがあれば、お気軽いに宜澤精密金型を連絡してください。


bokeliuyue18
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_558.html転载を说明してください
コメント