旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

紫竹ガーデン ~北海道ガーデン街道2016

2016年06月25日 09時24分05秒 | 北海道ガーデン巡り

 六花の森の後は紫竹ガーデンへ。

約10年前に一度訪れたことのある紫竹ガーデン。
その時は7月下旬でしたが、今回は6月下旬。
ルピナスの群生に会うことができました


紫竹ガーデンを取り囲む白樺と常緑樹の林立が好き

 


北海道は今がアリウムの季節です。


名前を失念しましたが、これもアリウムの仲間。
背景の芍薬は、これから見ごろになります。


リボンガーデンの黄色い花が可愛い


「紫竹おばあちゃんのワイルドフラワーの種」の中にも入っていたな~この小花。


紫色のルピナスが多いのですが、色違いのルピナスも咲いていました。

 
このジギタリスもこぼれ種から生えたのでしょうか

 

 


このガーデンのコンセプトは、お花畑
こぼれ種から育つ草花や、丈夫な宿根草が植えられている、ワイルドフラワーガーデン。
他にも様々な花が咲いていましたし、これからはバラやクレマチスが咲いてくるようです。

コンセプトはわかっているのですが、せっかくのロックガーデンのロックが見えなくなるほど雑草込みの植物を生やしているのはな~

 
それは以前と全く変わっていませんでしたから、それがコンセプトなのでしょう。
スギナが生えているガーデンはどうも苦手な私。
実は好みではないのですが「ルピナスを見る」という目的が果たせたので満足です

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村


宿は幕別グランヴィリオホテル。
とても見晴らしの良い、一人では広いお部屋をホテルのご好意で手配してくださいました。


無料WiFiのおかげで、こうしてブログをアップできるし、モール温泉も良かったわ

禁煙ルームが無いのと食事がチープなのは、このお値段では致し方ないでしょうかね~

北海道ガーデン街道巡りは続く



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六花の森 ~北海道ガーデン街道2016

2016年06月24日 22時09分47秒 | 北海道ガーデン巡り

お昼の便でとかち帯広空港に着きました。
こちらは曇り空。
レンタカーを借りて早々に「六花の森」へ急ぎました。

帯広エリアのガーデンを巡るのはこれで3度目ですが、2007年にできた「六花の森」を訪れるのは初めて。
お隣の中札内美術村が大好きなので、同じ六花亭のガーデン施設ということで、期待が膨らみます。

しっとりと落ち着いた静かなガーデンの入り口からして、期待通り



ウッドチップを敷き詰めた道を歩んでいくと、心地よい水音と野鳥のさえずりがこだまして
涼やかな森の空気に包まれながらの散策は癒されますね。
写真から少しでも伝わりますよう、言葉少なめで。

エゾノハナシノブ
本物は葉が緑


クリンソウの群生
奥にはギョウジャニンニクの葱坊主も


ベニバナイチャクソウの群生


斑入りのイタドリ


ショウマ


所々に北海道にちなんだ芸術家の作品館があります。
どれも古びた木材を使った趣のある建物。
これは真野正美美術館


ハマナシの群生と芝生の丘


丘の天辺には彫刻「考える人(ロダンから)」


丘の上から眺める小川


黄色い花はキスゲ


あちこちにエゾスカシユリとアヤメやエゾカンゾウが咲いていました。


小川沿いのコンフリー


上の写真の木造の建物は「サイロ五十周年記念館」
中には十勝の子供たちの詩を紹介した冊子「サイロ」の表紙が飾られています。
坂本直行さんの絵だったのですね。
スポンサーの六花亭の企業理念みたいなものも感じました。

 

美術館の絵を眺めながらの散策は、目の前のリアルな風景と描かれた風景が交錯し、いっそう気持ちが膨らんでいくって言うか、楽しめるような気がします


手が入っているのだけれど、自然と近いところにある、っていうんでしょうか・・・
そういう佇まい・・・ホレテマウヤロ~

北海道ガーデン街道巡りは続く

 

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これからの花と帰省のお知らせ

2016年06月22日 09時20分37秒 | 庭作り(2014April~)

今年も私の夏の帰省時期になりました。
昨年は7月初旬過ぎだったので、例年より早くバラが咲いた北海道では、つるバラや半数ほどの一番花が終わっていて、ちょっと残念でした。
今年はチャンと見たい、という思いもあるし、7月1日に催される実家が檀家の寺の行事に出席しなくてはいけないしで、この時期になりました。
庭では咲いてきた夏の宿根草たちや、これから咲くであろう草花を見ることができないのが残念ですが、梅雨時期の帰省の方が、家族に水遣りの手間をかけずに済むので、ね。

間もなく咲きそうなオリエンタルリリー・アボカドルリタマアザミとか


へリオプシス・ローレンサンシャインとか

山百合とか

帰宅する頃は花が終わっているかもね

でも、帰宅する頃には咲いているかもしれないノリウツギ

白い花をたわわにつけて、待っていてくれることでしょう


今年も北海道のアチコチのガーデンに出没する予定
着いたらまずは「北海道ガーデン街道チケット」を買わないと

帰省期間は、更新が飛び飛びになりますが、どうぞご容赦ください。
旅のレポートを楽しんでいただければ幸いです。

週末は北海道の空の下~
では皆様、行ってきま~す

 

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植え足した一年草と夏の宿根草の続き

2016年06月21日 15時13分16秒 | 庭作り(2014April~)

夜中、降り出した雨が午後2時ごろ、ようやくやみました。
空気はヒンヤリして、梅雨寒です。

パンジーやアリウムが終わった後の庭に何を植えて地面を隠そうか、毎年悩みます。
アリウム・ギガンチュームの葉が大きかったので、花が終わって地上部が枯れた後は土が目立ちます。
カバーにジニア・クィーンライムを植えました。
蕾が開くと左側のような花になり、咲き進むと八重咲きになるタイプみたい。
一株で二度楽しめる面白いジニア。
背が高くなる大型のジニアですが、この緑がかったアイボリー色のせいであまり目立ちません。
其処がなかなかイイかも

隣に紫色のニチニチソウを植え、ジニアの間に黒系のナデシコも植えました。
ナデシコは常緑の宿根草なので、霜が降りても残ってくれるはず。


築山も同様にチューリップやアリウム・パ―プルセンセーションが無くなると土がむき出しになるので、グランドカバーになる一年草のトレニア・コンカラーを植えました。

その隣には斑入り葉のトレニアコンカラー・パリエガータと、空気を綺麗にするらしい銅葉のへミグラシス・アルテナータを植えました。
この辺りは秋にチューリップの球根を植えるので、一年草(又は耐寒性のない宿根草)を植えるのが良いと思って。
土が見えるところに猫が来て悪戯するので、トゲトゲを敷き詰めるより、何かしら植えてカバーしなければいけないし

パンジー&ビオラ&チューリップの後は、アンゲロニア・セレニータを植えました。
夏に切り戻すと再び花穂を立ち上げて咲いてくれる、頼りになる一年草です


花期が7~8月、と説明書きに在ったので植えてみた黄平戸百合ですが、夏至を待たずに咲きました
花が少ない緑濃い庭で、グッと目立ってほしかったけど、ショウガナイですね。

その隣では、昨秋に掘り上げたシャンデリアリリーの小球根に花が咲きました。
これから大きく育つのでしょうか
観察が楽しみです。


スカビオサ・ブラックナイトが咲きました。
昨秋の移植にも耐え、株を大きくして咲き始めました。
丈夫なんですね~

スカビオサ・ブラックナイトの背景にはサルビア・ホットリップスが咲いています。
常緑なので、緑のフェンス代わりにしています。


今年はアナベルが大きくなって、陽当たりが悪くなったルドべキア・チェリーブランデー
丈夫とはいえ、日当たりの良い場所に移植しなくっちゃいけないわ。

写真だと雰囲気が上手く伝わらない、ちょっと変わった色のエキナセア・グリーンエンビも咲き始めました。
花びらの内側がくすんだピンク色で外側半分が緑色になるはず。
上手くそんな風に咲くかしら

 

一年草と宿根草と球根花と花木が上手く合い間って、季節季節に見どころのある庭になると良いな。
でも実態はマダマダ土が見えていて、猫除けのトゲトゲもあちこちに敷いてあるんですけどね

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

咲いてきた夏の宿根草と球根花

2016年06月20日 11時32分41秒 | 庭作り(2014April~)

今日も暑くなりそうな梅雨の晴れ間
庭でも夏の球根花や宿根草が咲いてきました

ユリのカサブランカの中でも早咲き種が咲き始めると、庭が一日中良い香りで満たされます
窓を開けておくと、家の中にも香りが漂ってくるぐらい
旧庭ではなんとか咲かせていユリたちですが、新庭では球根が増え、カサブランカも今では3本。
大輪品種なので、見ごたえも十分
園芸種は乾燥した土地の方が好きなのでしょうか


昨年は咲かなかったアリウム・丹頂が、今年は咲きました。
鉢植えで育てていた時は、葉ばかり茂っているだけだったけど、地植えにしたらこうして咲くのですね。
来年はどうかしら
可愛らしいポンポンが築山のアチコチに


楽しみにしていたアキレア・テラコッタが咲きました
常緑のシルバーリーフと茶色がかった黄オレンジ色が気に入って植えました。
上野ファームでは、とても大株になっていて見ごたえがあるのですが、我が家の庭ではチョッピリ。
でも、順次増やして、築山の夏の風物詩にしたいです。



お気に入りの(ヘリアンサス・)へリオプシス・サマーナイトが今年も咲いてきました。
葉がもっと黒っぽかったらさらに良いのに~と思いますが、何よりこの黒い茎がクール
黄オレンジ色の花びらもしっかりしていて、丈夫宿根草です。

初めて植えたクラリーセージ・バチカンホワイト(サルビア スクラレア・バチカンホワイト)が咲きました。
耐寒性があり冬でも緑を保つ、というので植えてみましたが、猛暑は絶えるのかしら
今年はお試しという事で。
背丈は70~80cmぐらいで白い花が密集して咲くタイプ。
白い花は清涼感があります。

花の形が、とてもユニーク
ムーミンに出てくるニョロニョロのような花から出ている紫色の物体は何


エキナセア・サンシャインスピリットも咲いてきました。
手前が白で、奥がオレンジ色。
春に移植したせいなのか、背丈が一層低くなりました。

ヒメヒマワリ(ヘリオプシス)も咲き始め、


リーガルリリーはあと一輪。
築山はウッソウとした夏の小山にチェンジかな。


ちなみに、今年はバラは2番花は咲かせません。
順次蕾を摘んでいます。
だって、私の帰省中に咲くより、帰省中にシュートの1本でも出て欲しいですから。

 

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加