旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

春を待つ真冬の寄せ植えと体温め茶

2017年01月21日 10時42分52秒 | 寄せ植え&ハンギングバスケット

昨日は大寒で暦通り寒かった湘南北部ですが、今日はお陽さまがサンサンと輝いて最高気温が11度になる予報。
北風が吹いてきたので、体感温度は低いかも。

先日ホームセンターへ出向いた際目について、ついつい買ってしまったエリカ・バターソニア
好きな色なのよ~



それを真にして寄せ植えを作りました。
中に斑入り葉(フロステンドフレームス)と銅葉(ブロンズドラゴン)のキンギョソウを植えて、手前左側にラミウム・ガリオブドロン、右側にアネモネ・モナリザを。
奥には左にヘデラ(アイビー)右に銀葉のバロータを入れました。
けっこうゴージャスな感じになったかな。
実はこの中に、年明けに義姉にもらったチューリップの球根が仕込まれているのです
自分では計算して作っているつもりですが、春になったら、カオスになるかも


アネモネ・フロリダは、紫系。
黄色の背景に映えると思うな。

真冬に寄せ植え
寒さで根が弱って春まで持たないかも・・・と心配して、陽が傾いたら花にはビニール袋をかぶせ、鉢は段ボールで囲って、夜半は防寒しています。
おかげで順調に育っています。
最低気温が3~4度になれば、防寒しなくても大丈夫だと思うの。
それまで一寸がんばります。


3ポット100円の見切り品だったストックを2セット買って、オープンスペース側に植えました。

晩秋に一重のストックを植えたのですが、12月が暖かかったせいか、すぐに結実し、花が無くなってしまったの
一重のストックが好きなのですが、見頃が短くてちょっと残念でした。
でも八重咲きは種にならないから、長く楽しめますし、やっぱり華やかね


 

このところNHK趣味どきっ!の「あったかボディーでリラックス」にハマッて、テキストを買い薬膳料理を作ったり体を温めるお茶を飲んだりしています。
これは「シナモン黒糖紅茶
ティーポットに紅茶の葉小さじ1を入れ、熱湯カップ1を注いで2~3分蒸らし、器に注いだら、黒砂糖小さじ1、シナモンパウダー少々を入れて混ぜます。
混ぜる際ににシナモンスティックを使うと良いかなと思って添えてみました。
本当にポカポカしますよ

私も冷え症ですが、次女がかなりの冷え症&肩こりなので、少しは体がポカポカしてリラックスできると良いな~と思って。
頂き物の久世福商店の柚子茶も飲み切ってしまいそうだし、色々作ってみようっと

 

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

メジロが好む冬咲きクレマチス

2017年01月19日 09時27分58秒 | 庭作り(2014April~)

今朝はすこし冷え込みが緩みました。

いつものように、朝、窓から庭をチェックしていると、トレリスの冬咲きクレマチスが、風も無いのにユラユラ~
もしやと思って、注視するとメジロが
こんな時、遠くに焦点の合いやすい目が有難いです

早速望遠レンズを取り付けて窓越しにパチリ
番でした

先日は一羽だったので、もしかしたら偵察だったのかも。
番だと、一層可愛い


メジロの好きな花は、梅、桃、山茶花、椿・・・と和の花だとばかり思っていましたが、冬咲きクレマチスのアンスエンシスが好きだったとは



こんな格好でも

お腹がいっぱいになったのか、それとも飽きたのか、少しすると隣家に飛び立っていきました。

そこで今度は私がアンスエンシスを撮りに
昨年茂ってくれたので、緑のフェンスらしくなりました。

だから花が沢山ついて、メジロの目にもとまったのでしょうか


きっとこの中身を食べたに違いない

これで毎冬メジロがやってきてくれると良いな。

住宅街でも野鳥の好む花や環境があると、見つけて訪れてくれるのかもしれませんね。

ウ~ン、野鳥の水場を一層作りたくなっちゃたな

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公園のバラを冬剪定

2017年01月17日 17時15分16秒 | ボランティア

今日は午前中、長久保公園のバラの冬剪定に行きました。
冷え込む毎日ですが、日中は陽射しがあって、作業しているとポカポカと暖かくなるほどで、皆さん口々に「良かったね」と。
さらに職場体験学習に来ている中学2年生の男子諸君にはブラシによるカイガラムシの駆除を手伝ってもらいました。
途中休憩時に担当Sさんから、バラの香りの温かいハーブティーの差し入れもあり、気持ち良く作業し終えました

作業中、ジョウビタキが剪定や除草した辺りをチョコチョコ歩き回って何やら啄んでいました。
人間を恐れないんですね。
写真はありませんが、ウグイスやセキレイも回りをウロチョロしていました。
この冬の作業を始めて5年になりますが、こんなに野鳥が寄ってくるのは初めて
「名前を付けちゃおうか」なんて声も。

剪定後の駐車場前ローズガーデン
強剪定はせず、全体的に上から半分、または3分の1程度に剪定しました。
枝の太さは花の大きさに比して、大輪は鉛筆以上、中輪は割り箸以上、小輪は竹串以上などなど、残す枝を考えながら。
剪定の方法は考え方によって意見の分かれるところなんですけど、なるべく多く花が付くようにするには、これぐらいの剪定が良いのではないかと思います。
そもそも枝が無ければ花はつかないもの。


剪定後のネル・マーティンの植え込み
陽当たりや見栄えを考えて、手前は低めに、奥に行くにしたがって高めに剪定しています。
それでも個体によって生育具合が違うので、なかなか思ったような風景にならないのが悩みですが、やらないよりやった方が良いので、ね。

施肥は来月に。
2月も活動日が暖かい日に当たりますように


温室前のコンテナにハボタンとプリムラやアリッサムが植えこまれていて、色の少ないローズガーデン周りに一寸だけ明るさが。


公園のハクモクレンは蕾が少しずつ大きくなっているようです。

 

相変わらずスマホの写真がヘタでお恥ずかしい
スマホの写真も上手になりたいな

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BISESの休刊に想う

2017年01月16日 16時14分44秒 | 庭について考えた事

一昨日から最低気温がマイナス℃になり、最高気温も一桁となると、我が庭では日中も氷が融けません
一輪車の水たまりに浮かべていたストックの花が氷中花となっています。


今日はガーデニング雑誌BISESの発売日。
今号で休刊になるそうです。
編集長氏のコメントを拝見すると「NEW BISES」もあり得そうな雰囲気ですが、実際はどうなるのかな。

庭を持って30年余り。
「趣味の園芸」のテキストを読みながら、ボチボチ庭作りをしていた時期に創刊されたのがBISESでした。
ちょうど庭作りの方向性を考えていた時期だったので、新鮮なガーデニング雑誌に衝撃を受け、方向性が決まり、本格的にガーデニングしようと決意しました。
たった、10坪強の庭だったけど
決意したわりに、その後色々邪魔が入って思うようにいかない日々が続く中、BISESは買い続け励みにしていました。
色々なガーデニングに関する情報や庭にまつわる読み物などで、ずいぶん勉強させてもらったと感じています。
庭の方向性やノウハウがかたまってきたせいか、そんな私も此処十年ぐらいはあまり買わなくなりましたが、私にとっては休刊は「卒業した学校が休校になるのと、似たような感覚なのです。



上の写真は、左が1992年の創刊号で右が2017年休刊となる今号。
引っ越しの際、沢山あったBISESを大分処分したけど、まだ十数冊は手元に残しています。
初期の頃、読者投稿欄に載せてもらったり、モニター懸賞に当たって商品についてレポートしたり、と思い出もあります。
公園のボランティアの仲間には「いつかBISESに載るようなローズガーデンにしましょう」なんて発破をかけていたんですけどね

ネット社会になった近年では紙媒体は維持が大変のようで、休刊や廃刊になる雑誌もよく耳にしますから、BISESの休刊もそんな流れの一つなのかな~、なんて勝手に想像しますが、パイオニアとしてガーデニング界を盛り立ててきた雑誌の休刊は、ガーデニング界全体の縮こまりにも影響するのではないかと危惧してしまいます。

でも、BISESから始まった私のガーデニングは、これから先も休まないし終わらない。
Thank you,BISES and come back

 

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さな春み~つけた♪

2017年01月13日 17時02分57秒 | ボランティア

今日は横浜イングリッシュガーデンのサポーター始めでした。
朝は冷え込みましたが、日中は陽だまりが暖かく、ガーデンでの作業も楽でした

プライベートガーデンの終わり始めたウインターチューリップを、まだ少し楽しめそうな花は切り花にして、球根はすべて抜き取り、空いた場所はお掃除をした上でビオラやアルケミラモリスなど植えこみました。
ウインターチューリップは、植えて置けばまだ花が楽しめたかもしれないけれど、季節に先駆けて抜いてしまうのは、こうしたガーデンの宿命でしょうか。

奥のシュラブガーデンの植え込みの残りを仕上げたり、皆でガーデンを回って、植えこみ忘れのポット苗などないかチェック
ところどころで発見し、すかさず植え付け
あれほどたくさんの株があれば、見落としもありますが、これでOKかと思います。

本年もこれまで同様、横浜イングリッシュガーデンをご紹介します。
ほぼ私の備忘録としてなのですが、庭作りを考えている方の季節季節の植栽の参考にしていただきたいな~と思って。
個人の庭では紹介できない様々な植物が植えられているので、こうしたチャンと管理されているガーデンに足を運ぶのは、ガーデニングの勉強になるんですよ。
よろしくお付き合いください

ローズ&クレマチスガーデンではギョリュウバイが咲いていました。
濃い赤色がシック。


シュラブガーデンでは花梅がポツポツ咲き始めていました。
蕾もずいぶん膨らんでいますから、暖冬の影響で開花が早まっているのかも。


ミモザ(銀葉アカシア)
も所々黄色が濃くなって、ポツリポツリと開花しているようです。
来月の始めには見ごろを迎えるでしょう。


スイセンも、所々に開花。
このタイプは一番早咲きのラッパスイセンだと思います。


蝋梅
も発見
香りを感じるにはまだ小木だけど、数年後には良い香りを漂わせてくれそう。


此処でもスノードロップの開花が早いんですね~
落ち葉をかき分けて芽を出し咲くのですから、弱弱しく見えて案外根性あるのかもね。


ヘレボルスはハイブリッド系も所々で咲いていますが、まだ本番には至っておりません。
横向きで咲いているのは珍しいかも


そしてバラは・・・
凍てついた姿を呈しながらも、粛々とその時を待っているようでした。

来月初めからいよいよ木バラの剪定が始まるようです。
つるバラ・・・大物の剪定は終わったようですが、マダマダ作業がありそうでした。
がんばれ~
と、心の中でエールを送っているから~

 

サポーターの休憩中に、ガーデニング雑誌BISESの休刊について話題に上がっていました。
私も先日それを知ってビックリしていたんです。
「ガーデニング」という言葉を広め流行語にまでなったパイオニア的雑誌なのに。
「なんだか淋しいね~」との声も聞こえ・・・
今月号が最後だそうなので、休刊に至った経緯など書かれているのかな。

追記:BISESのホームページに休刊のお知らせが載っていました。
    http://www.bises.co.jp/kyukan.html

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

 



 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加