旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

鎌倉文学館と由比ヶ浜の古民家蕎麦屋

2016年12月08日 10時51分42秒 | 鎌倉かいわい

昨日は次女と鎌倉文学館へ行きました。
お目当ては間もなく終了の特別展「ビブリア古書堂の事件手帖」
二人とも「ビブリア・・・」シリーズのフアン。
やっとスケジュールが合って出向くことができました。

江ノ電を由比ヶ浜で降りて、文学館へ向かう道。
山茶花と紅葉と木洩れ陽と・・・落ち着いた雰囲気の鎌倉が此処にもまだ在ります。


言わずと知れた鎌倉文学館
旧前田侯爵家の別邸で、何度も建て替えられ現在の建物は昭和11年に建てられたものだそうです。
レトロモダンな洋館です。



まずはお庭拝見
文学館は神奈川県のバラの名所としてもよく知られていて、季節には有名なバラの先生がいらしてセミナーを開催したりしています。
鎌倉在住のバラの育種家大月氏作出のミニバラ「春の雪」が綺麗に咲いていました。

秋バラの名残もチラホラ

今は黄色い灌木の花が見事です。


鎌倉文学館内は撮影禁止なので写真はありませんが、特別展、なかなかに面白かった
「ビブリア古書堂の・・・」シリーズは六巻刊行されていて、一巻内に数冊の古本にまつわる物語(ミステリー)があり、その古い本たちの実物が展示されていました。
また、それらの本の作者たちの手書きの書簡なども展示され、「ビブリア古書堂・・・」の謎解きの物語に一層臨場感を与えてくれ、フアンとしてはかなりワクワク
次女は図録を買いました。

引っ越しの際仕舞ってしまったシリーズ本を引っ張り出して、もう一度読みたいと思います。
今月総合図書館で行われる作者の三上氏の講演会を聴きに行くので、その準備のためにも


 

文学館を後にして、ランチは一度訪れてみたいと思っていた由比ガ浜の古民家蕎麦屋「松原庵」へ
入口の風情が格調高い

家屋は古民家ですが室内は古びた感じはなく、天井が低いあたり昔の日本家屋らしいかな。
御座敷や庭のテラス席などもありました。

ランチは「由比コース」を頂きました。
前菜は八品。お洒落な盛り付け。

メインのお蕎麦は岩のり蕎麦をチョイス。

見た目とっても美味しそうなのですが、減塩生活を心がける私どもには、どのお料理も蕎麦汁も、とにかくショッパイ
塩辛くて喉が渇き、お茶をがぶがぶ飲みながらいただきました。
塩辛さが気にならなければ、たぶん美味しいのだと思うので、それは個人の好き好きでしょう。
雰囲気が本当に素敵なので、味が好みでないのが残念でした。


 

由比ヶ浜で懐かしのブランドショップを見つけました
一時期湘南で大人気のブランドだったと記憶している「ミドス
テニス&スキーウエア―がメインの洋服店。
昔一枚Tシャツを持っていたような・・・
まだお店が在ったのね
嬉しくなってトレーナーを一枚衝動買い

可愛らしい個性的なデザインもあったのですが、この歳ではもうね~
でもここのTシャツなら、たぶん誰ともかぶらなそうなので、暑くなったら一枚買に来たいな


 


 

帰りに鎌倉に寄りました。
小町通りに、今次女と私がハマっているTVドラマ「IQ246 華麗なる事件簿」の旗がヒラヒラと~

ドラマの主人公が北鎌倉の洋館に住む元華族様という設定。
鎌倉市あげて応援しているのでしょうね。

そのお屋敷も一度訪れてみたいね~
と、ミーハー母娘は次の鎌倉散歩を計画し、漬物屋さんの店頭で甘酒を飲み、江ノ電に乗って帰路に着きました。
江ノ電の床が板張りの車両に乗れて一寸嬉しかった辺りもミーハーですかね。
この際開き直って、ミーハーは楽し

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枯れ美と新芽と元気の出るエッセイ

2016年12月05日 12時50分55秒 | 庭作り(2014April~)

今日明日は11月上旬のお天気のようで、暖かくガーデニング日和
午後から頑張りますよ

ハマナス(ロサ・ルゴサ)の葉が綺麗に色付き、実は茶色になりました。
いつもチョコットコメントを頂くご老人に「すっかり紅葉したね」と。
小さな庭ですが、季節を感じてくださっているようで、嬉しかったです。


昨日は夫が剪定した葡萄の蔓でリースを作ってみました。
どう飾ったものだか・・・でも、自家製リースと言うだけでテンション上がります


枯れていく庭に、新芽が出てきました。
白い水仙の蕾が見えたり

いつも早々に芽を出すスノードロップだったり



季節は寒い冬に突入ですが、その中で春を思わせてくれる風景があると、一寸温かい気持ちになります。



週末に佐藤愛子さんのエッセイを読みました。
母の葬儀があった8月以来、不祝儀やご祝儀、親戚や初めてのお客さんなどに否応なくかかわる日々が続き、時間や段取りに振り回されて、11月に入っても気持ちが悶々としていた私に、次女がタイトルを見て「これ読めば」と勧めてくれた本。
九十歳。 何がめでたい

日常の様々な出来事に怒っておられる佐藤愛子氏。
これがとても共感できるの~昭和の女ですもの
ちゃめけのある文章にくすくす笑いながら読みました。
近年は「怒りをコントロールする」とか「すぐ怒る人は子どもっぽい」とか、とかく怒ることがネガティブにとらえられるけど、自分が変だと感じる事は変だと言っても良いんだよな~、って自己肯定しちゃったり。
アラウンド60’s以上には元気をもらえる一冊だと思います。

面白かった元気出た
自分を取り戻した

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

 

 




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の薔薇はいつまで咲くのか

2016年12月02日 09時23分49秒 | 庭作り(2014April~)

12月に入りましたが、今秋は全体的に見ると秋バラの咲き始めが遅かったせいか、庭ではまだまだバラが咲いています。

アーチの天辺ではグラハムトーマスが。
今日はお天気で最高気温も15度ぐらいの予報だから、ふくらんだ蕾はきっと開くでしょうが、閉じている蕾は無理かな。


トレリスではバフ・ビューティが思いの外沢山の花をつけています。
バフが秋に此れだけ咲くのは我が家では初めてなうえ、秋は花が徐々に開くせいか、春より大きいものもあります。
ムスク香も健在


白薔薇プライムミニスターNは、春より良く咲きました。
あと2、3輪咲きそう。香りもGOOD


オベリスクの中を覗いたら、何とロココが咲いているではありませんか
この庭に植えて初めて秋のまともな開花です。
来春に期待が持てるわ


晩夏に株周りを整理して施肥をしたアイスバーグも調子が良いです。
花も春ぐらいの大きさに。

 

ノイバラ(詳しい名前を失念)には二粒のローズヒップ。


このロサ・ルゴサ・アルバ(白ハマナス)の赤い実は間もなく黒く萎むでしょう。

 

そろそろ蔓バラの剪定誘引の作業を考えなくてはいけない時期になりましたが、また咲きそうな蕾を見ると、葉をむしるのも痛ましく、花も勿体ない

年明けにしちゃおうかな~

 

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定期観察12月の庭’16~ぼちぼち冬支度

2016年12月01日 09時34分31秒 | 庭作り(2014April~)

今朝は冷たい雨が降っていますが、昼には晴れて、昨日より暖かくなる予報です。
いよいよ師走に入りましたね。
庭では冬支度を始めています。

築山のポリゴナム(ツルヒメソバ)が、先日の雪と霜で天辺から枯れ始めました。
もうチューリップはすべて植えこみましたし、ラムズイヤーの株分けと移植もしました。
白い部分はスーパーアリッサム。
一年中スーパーに咲いています
もう一、二株ぐらい植えて、冬の築山を雪山のようにしてみようかな
トレリスのバフ・ビューティもまだよく咲いています。


オープンスペースには、一重のストックとカレンジュラコーヒークリームを植えました。
ノリウツギやアナベルはドライのまま冬を越そうかと考えています。
冬らしい枯れ美を楽しめるし、ちょっとした目隠しにもなるし
常緑のラベンダーやウエストリンギア(オーストラリアンローズマリー)やミモザなど、雪には弱いけど、冬に緑があるのは庭が寒々しく感じずに済むような気がします。
緑葉、銀葉、銅葉、枯れ花・・・でメインが構成されているウチの冬庭です。


隣家側ではサラシナショウマやテンニンソウを切り、枯れた宿根草を抜いてスッキリさせました。
ティーゼルが本当に枯れてしまったのにはショック

ですが、今冬は冬咲きクレマチス類のアンスンエンシス(アンシュネンシスなど)に沢山蕾がついてくれて嬉しい
蔓が伸びて、やっと隣家との目隠しになってくれそうです。


玄関前の紫陽花エンドレスサマーは剪定しました。
株元のヘレボルスに少しでも雨と陽が当たるように。
しかし此処ではヘレボルスが上手く育たないのが目下の悩み。



切ったエンドレスサマーの花でリースを作りました。
戸外の置いているので長持ちはしませんが、一寸楽しめれば良いかな~


ハンギングバスケットのビオラも咲いてきました。
水色、薄紫、白と、淡い寒色系の色合い。


「淡い色合いの中にパチンとした一色がスパイスのように入っている」のが本来の好みなんですけど・・・
今冬はこんな気分なんでね。

 

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シャビーシックなガーデニングエリア~SOLSO FARMへ

2016年11月28日 16時38分28秒 | お出かけ先の庭と花

昨日は、昨年末から長女に「一緒に行ってみよう」と話していたSOLSO FARM(ソルソファーム)へやっとお出かけできました。
土日しか営業していないし、冬季は休業するし、長女と私の予定がなかなか合わなかったので、川崎市内に在るので近いはずなんですけど一年越しに
どうやら今春にパワーアップしてリニューアルオープンしていたようです。

入口からして、なんだかおもしろそうな感じ
普通のガーデンショップとは一味違う雰囲気です。



階段脇の棚もカラフルで楽しげ
階段や標識などディスプレイも目を惹きます。

なんとビッグなサボテン
白いビートルがカッコイイね

 ドライフラワーの小屋が、何とも懐かしい感じ

戸外の植物売り場のディスプレイも楽しい

個性的なブランコをみつけて、長女とユラユラしてしまいました

子ども連れで遊びに来ても楽しめる仕掛けが沢山です。
ワゴンではミニカレーやフォーやドリンク類を販売していました。

色々なところに、ブロカントな椅子が置かれていたり、屋根付きの休憩エリアもありで、植物やガーデニンググッズ選び以外にも、滞在する楽しみを持てる場所でした。
BGMにシャンソンが流れ、エリア全体が今どき流行のシャビーシックな感じで、一寸したガーデニングワンダーランド
こんなに広いガーデンショップは県内では珍しいかも
多肉植物やオーストラリアンプランツや観葉植物などの品ぞろえが充実していましたし、小ぶりの個性的な鉢が多く、またオリジナル鉢を作ることもできるようです。
長女も、とても気に入ったみたいなので、次回も二人で違う季節に訪れることにしようと話しています。

近隣の方には、是非一度訪れて欲しいお店です。


 

電車で出かけたので、帰りは長女が訪れていなかった二子玉川ライズに寄りました。
長女は蔦屋にテンションが上がったみたいですが、肝心のルーフガーデンが閉鎖中。
なぜなら夕方からシンガーソングライターのAIさんのライブがあるので、カメラ等が設置されていたから。
でも、おかげでリハーサル風景を見る事ができ、AIさんの歌も聴けたから、案外ラッキーだったかも

ライズ内のカフェで一休み



川一本隔てただけなのに、やっぱりトウキョウはイチイチお洒落なのかね~
な~んて此処に来る度にオノボリサン状態だわ
本当はプロトリーフにも行きたかったけど、雨が降ってきたので今回は諦めました。

湘南にもお洒落スポットはあるけれど、もっとノンビリしている感じがするのは、私だけだろうか。
そっちの方が落ち着くけど、たまには刺激的なお出かけも良いよね

ブログランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

にほんブログ村


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加