Shotaro Iribe 『毎日がevery day!!』

- 入部正太朗のブログ -

ご無沙汰しております

2016-07-23 14:40:02 | 日記
ご無沙汰しております。

入部正太朗です。

かなり久しぶりの更新となってしまいましたね。
申し訳ありません。

実はここ1~2ヶ月ぐらい、身体の感触がずっと悪くて、エネルギーが芯から枯渇している感覚というか、倦怠感が続くというか、自分の思うような走りもできず、自信を失う日々が続いておりました。


7月3日の広島でのレースが終わった後に「これは本当にまずい」と思い、監督に相談し、チームメイトに了承をもらって、1度思い切り休ませてもらいました。


なので、広島後の10日間ぐらいほぼ自転車に乗りませんでした。

石川でのレースもキャンセルさせてもらって、徐々に練習を開始していっているところです。


そして今、身体の感覚はちょっとずつではありますが、上向いているのを感じています。

感触も悪くないです。

チームの方々や、応援してくださる方々には、色々とご迷惑をおかけしました。


ここから、後半戦に入りますが、前半戦で溜め込んだ悔しさを爆発させていきます。

今後ともよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週

2016-06-30 23:17:40 | 日記
今週の広島に向けて気合いいれてるんですが、今週は雨ばっかりだったんで、結構辛かったです。笑


広島頑張ります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本選手権

2016-06-30 12:20:31 | 日記
全日本選手権が終わりました。

チームとしては木村が3位に入り、良い形で全日本選手権を終える事が出来ました。本当に木村は頼もしかったし、強かったです。


ですが、個人的には決して胸を張れるような納得できる走りができませんでした。


登りで遅れては平坦で追いつき、全く攻撃を出来ずになんとか集団にくらいつくだけ。最後の5位争いの集団スプリントでも、ラスト200メートルで増田さんの番手だったにも関わらず、着き千切れしてしまい16位まで埋もれてしまった。

完全に力が及びませんでした。


こんな走りをしていて言うのも笑われてしまうかもしれませんが、僕はレース前優勝しか狙っていませんでした。


TOJから調子を崩してしまい、奈良クリテも落車、熊野でも、重要な局面で肝心な走りが出来なかった部分がありましたが、日に日に調子は上向いているのを感じて、全日本選手権では、良い走りができる手応えを感じていました。調子の良さを感じていました。


ですが、いざ走ってみると集団に喰らいつくので精一杯の力しかありませんでした。


チームメイトの木村と湊は本当に強くて、後半もしっかり動いていたし、秋丸も位置どりをしてくれたり近くにいてくれました。

僕はチームメイトに完全に守られている状態でした。
自分からアタックをチェックしたりも一切していません。木村と湊が全部やってくれましたから。


日に日にチーム力というのが向上しているのを感じて、チームとして先に繋がる走りを出来ているのを感じています。ワクワク感も感じる事が出来てきています。

その中で木村が3位に入り、湊が力を見せ、僕は一切動かず足を貯める状況を作ってもらっていました。


木村と湊があれだけ攻撃して展開を作りました。

僕は絶対に5位争いの集団を取らなければならなかったんです。番手も増田さんの番手で最高の形だったところからの着き千切れの16位は、本当に本当に悔しいし、自分に腹が立った。申し訳ないと思った。


だから、チームとして良かったからこそ、自分に対しては全くもって良い走りが出来なかった情けなさが残ります。


チームメイトや、スタッフの方々には本当にいつもお世話になり感謝がつきません。応援してくれる方々もいます。


だから、いつまでもくよくよしている訳にはいかないし、次があるんだから、今の自分の力をしっかりと受け止め、また出直していきたいと思っています。


今週末は広島で西日本ロードクラシックがあります。

最高のチームメイト、最高のスタッフの方々、最高のシマノレーシングというチームで、チームとしても個人としても優勝目指して頑張ります。



これからもどうぞよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツールド熊野

2016-06-20 17:37:19 | 日記
ツールド熊野2016が閉幕致しました。

チームとしては、木村が第3ステージ3位でUCIポイント獲得、入部が個人総合9位でUCIポイント獲得、秋田がU23新人賞を獲得という結果で終える事が出来ました。

もちろん自分達が目指す場所はもっともっと上の結果でありますが、今回チームとしてこういった形で結果を残す事が出来たのはとても嬉しく感じています。

チームとしての力が上がっているのを確実に実感出来たレースでしたし、全員落車もなくレースを終える事が出来ました。

今回の熊野で収穫できた様々要素を今後にも生かしていけたらなと感じています。


今週末はいよいよ全日本選手権です。

良い流れで全日本選手権を迎える事が出来ています。

優勝目指して頑張ります。


P.S 若いチームでチーム総合4位になれた事は本当に先につながる嬉しい結果でした。(これから更なる高みを目指します)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOJ閉幕

2016-06-05 22:23:08 | 日記
今日で8日間に及ぶ2016年ツアーオブジャパンが閉幕しました。

最終的にチームの目標としていていた、ステージ優勝とUCIポイント獲得を達成する事は出来ませんでした。


なにより、僕自身がチーム内で誰よりも足を引っ張る走りをしてしまった事は決して忘れてはいけない事だと思っています。

チーム内で決して僕は圧倒的に強い訳でもなんでもありません。チームメイトに練習で千切られる事も多々あります。成績だって胸を張れるほどの成績はもっていません。

ですが、シマノレーシングのキャプテンをやらせて頂いている事に誇りを持っていますし、例え練習で千切られようが成績がなかろうが、僕はチームを引っ張っていけるように頑張りたいし、レースでもチームメイトには勝つ自信があるし、負けられないです。

チームメイトと切磋琢磨して、司令塔になってチームが飛躍できるように引っ張っていけるようになる事は僕にとっての生きがいであり、財産であり、自信に繋がる事でもあるんです。


ですが、今回の走りは決してそんな事を言える立場ではありませんでした。


足をたくさん引っ張りました。

たくさん助けてもらいました。


そして改めて思いました。

僕は、チームを引っ張っていけるように頑張っていきたいと思う事は良いと思っています。

ですが、「みんなに支えられて、今の僕がある」という事は絶対に忘れてはいけないと。


結果論で言えば、引っ張っていくつもりがみんなが引っ張っていってくれてるんですよね。

つまり、僕は一丁前の事を言っているだけでただ調子に乗っているだけなんですよね。

だから、今一度言いたいです。恥ずかしいから直接は言えないけど、今回のTOJメンバーの木村、秋丸、湊、小橋、横山、「ごめんな。ありがとうな。」


もちろん、スタッフの方々、応援して下さっている方々、他のチームメイト、全ての人に感謝しています。

ありがとうございました。




今日のTOJ最終ステージの東京で勝ちとる事が出来なかったビッグチャンス。


この悔しさは、必ず晴らしてみせます。

見てて下さい。


ではまた。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加