Shotaro Iribe 『毎日がevery day!!』

- 入部正太朗のブログ -

東日本ロードクラシック DAY2 in 群馬

2017-04-23 18:21:45 | 日記
<東日本ロードクラシック DAY2 in 群馬>

・天気-晴れ

・距離-132キロ

・走行時間-3時間25分

・感想
「今日は東日本ロードクラシックDAY2でした。昨日はあまり身体の感触が良くなかったですが、今日はレース前から昨日に比べても感触が良さそうな感覚がありました。なので、今日は前半から攻めの姿勢でレースに臨みました。レースが始まると昨日よりも激しくアタック合戦が繰り広げられ集団が分断する場面があったりと、気が抜けない展開が続きました。レース開始40キロ前後だったと思うのですが絶妙なアタックチャンスのタイミングが訪れたので、アタックしてみると良い感じで集団から抜け出す事が出来てキナンの椿君が反応してくれたので、そこからは彼と2人旅が始まりました。彼は自脚がある選手で非常に頼もしくノンストレスの中仲良く2人旅をさせてもらいました。2人旅が始まってしばらくすると後ろから8名の追走集団が形成されている情報が入り、メイン集団から完全に抜け出している状態でした。更に詳細を聞くとシマノ2名、キナン2名、ブリッツェン1名、那須ブラーゼン1名、愛三1名、マトリックス1名との情報が入ります。有力チームで形成されたこの追走集団の中にはチームメイトも2人入ってくれていたので追いついてくれれば、シマノとキナンは3名ずつとかなり有利な展開に持ち込めると思いました。僕は椿君と2人旅が始まった時点で、「ある程度タイム差が開いたら少しペースを落として後半に上げなおせる様に行こうぜ。なんならメイン集団と一瞬すれ違う可能性がある場所ではキツイ顔でもしてキツイアピールをしようぜ」と話していました。実際のところメイン集団とも最大で4分30秒のタイム差があったので、かなり余裕を持って体力を温存する事が出来ていました。その中でチームメイトを含む追走集団が僕らに追いついて来たので、いよいよ本腰を入れて逃げを成功させようと思いました。この時点で残り距離は50~60キロだったと思います。逃げは9名(シマノ3名、キナン3名、愛三1名、マトリックス1名、那須ブラーゼン1名)となりタイム差は2分30秒ほどでした。マトリックスの選手はルビーレッドジャージの吉田選手や昨年の年間チャンピオンのホセ選手がメイン集団にいるので逃げの中では先頭交代に入る事はなく実質8名で回していました。その状況でしばらく逃げて残り距離が30キロほどになってきたところで逃げの勢いが少しずつ落ちてきます。逃げの中でも体力的要素にバラつきが出始めると足並みがどんどん揃わなくなってきてペースが落ちていくのです。メイン集団と2分前後のタイム差をキープしていた状況もここへ来て一気に詰められ始めます。どんどん詰められてタイム差が1分を切り始めた頃に「このままではいかん。人数を絞って足並みを揃えなければ」と思い、チームでアタックを仕掛けていきました。そして残り20キロを切った段階でシマノ3名、キナン1名、愛三1名、那須ブラーゼン1名、マトリックス1名の構図になります。枚数的にもシマノは3名と有利な状況ではありましたが、もはや勢いづいた集団を振り切れる状況ではなくなり残り15キロ辺りで吸収されてしまいます。個人的にはまだ脚には余裕があったので気持ちを切り替えて次の展開に備えていました。ですが、ホセ選手に行かれてしまいチームメイトの湊が追走アタックを仕掛けてくれますがピッタリと土井選手にマークされてしまい湊は力尽きてしまい結果的にマトリックスのホセ選手と土井選手がワンツーフィニッシュを決めます。さすがの強さだと思いました。メイン集団は3位争いのスプリントになりますが、僕は上手く立ち回る事が出来ず埋もれてしまって24位という結果に終わりました。いやぁ、悔しいです。チームとして有利な状況の逃げ切りを成功させる事が出来ず、その後の展開にも対応出来ず、スプリントにも絡む事が出来ませんでした。逃げが捕まってからあのホセ選手の飛び出しに反応して逃げ切りで勝っていたらさぞカッコ良かっただろうなと思うと、やはり目指すべきところはそこしかないです。まだまだ力が足りてないという事です。しっかりと練習して力をつけていきたいです。チーム全体としてもここ1~2年で力がついてきている事は実感できています。ですが、まだまだ何段階も力をつけていかなければ僕達の目指すところには到底手が届きません。これからもみんなで頑張っていきますのでよろしくお願いします。」





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東日本ロードクラシック DAY1 in 群馬

2017-04-22 19:26:58 | 日記
<東ロードクラシック DAY1 in 群馬>

・天気-晴れ

・距離-120キロ

・走行時間-3時間

・感想
「今日は群馬で東日本ロードクラシックDAY1が行われました。個人的に群馬のイメージは悪く、あまり好きなコースではありません。(笑)チームの作戦としてはスプリントになれば水谷でチャレンジする事を決めて、それまでの展開は各自チャレンジするという形にしました。僕はスタートしてからあんまり感触がよくなくてアタック合戦にも全然参加してませんでした。ですが、チームメイトがしっかりチャレンジしてくれていたので正直かなり助かりました。そして更に西村が少人数の逃げを形成してくれたおかげでチームとしてはかなり有利にレースを運ぶ事が出来ました。西村すげーナイス!逃げ切りもあるんじゃないかと思った時もあったのでかなり良い逃げでしたね。ですが、そんなにレースはあまくなく逃げは吸収され再びアタック合戦になります。チームメイトはガンガンチャレンジしていました。僕はチェックばっかりでした。うーん、自分のスタイルとしてはあまりよくないですね。そしてラスト一周で1度だけ自らアタックして単騎で少し抜け出しますが、さすがに単騎ではキツイし後ろを見るとKINANのユニフォームが迫って来ていたので集団に戻ります。スプリントが濃厚になりそうな雰囲気の中最後心臓破りの坂で我らが木村さんがアタック!一瞬抜け出しますが、さすがにみんな反応します。でもそれによりペースがグッと上がり集団が縦に伸びて前方に位置取りする事が出来ました。最終的にこの集団は23人までに絞られていましたが、うちのチームは6人残せていました。最後の連携で6人が完璧に連携を取ることは出来ませんでしたが、その部分を詰めていけば勝利は更に近づいていくと思いました。結局、水谷もしっかりと残っていてラスト100メートルで僕が先頭に立ち水谷とワンツーを夢見ましたが、僕の脚さんはもがく元気がなかったみたいで、水谷にちゃんとしたアシストもしてやれず12位まで沈み、水谷も4位と惜しくも表彰台を逃しました。まぁ僕がラスト100メートルで1位だったところからゴール時に12位まで沈むという伝説の激ダレという爪痕を残さずに済めば水谷の未来はもっと明るいものになっていたかもしれませんね。「うん、水谷、ゴール前にちゃんと僕の後ろにいてくれたのに伝説の激ダレを見せてすまん」、とりあえず明日もまだDAY2がありますんで頑張ります。」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絶不調キター

2017-04-14 17:27:55 | 日記
はい。来ました絶不調。タイトル通りです。

先週日曜日にチャレンジロードを走って、その後少し回復日を挟んでトレーニングを再開し始めたところです。

が、しかし!

昨日のトレーニングでついに身体に異変が。

タイから日本に帰ってきて晴天の中久しぶりに花粉まみれの中トレーニングをした影響なのか、気管支がまともに機能しなくなりました。僕的に言うと息ができない病です。毎年数回なります。

症状的には深い呼吸をしようとするとすぐに咳こんでしまって自然と呼吸が浅くなってしまうのですが、そうするとすぐしんどくなんて乳酸地獄及び、酸素が身体をちゃんと循環していない感覚になってきて、身体にパワーが全くみなぎってこなくなって空っぽになったような感じで踏めなくなります。

昨日も後半なんて症状が悪化して、峠を200w以下でしか登れなかったです。

浅い呼吸でヒーヒー言いながら、登って全く楽しくない。

おかげで今日はみんなと走れる気がせずに1人で寂しく凹みライドですよ。負のオーラ全開ライドね。

そんな落ち込んだ状態ではいかんと、何か打開策を考えていたところ僕が元気になれる方法は「ザ・アニマル」しかないのではと考えました。

僕はアニマルが大好きで、いつも犬やぬこ(猫)に元気をもらいます。基本的にどんなアニマルでも大好きなんです。

だから、アニマルを求めて走りました。

きっと僕を元気づけてくれるアニマルがいるはずだと。

だから、周りをキョロキョロ見渡しながら走りました。

するとね、見つけましたよ。アニマルの気配を。



この感じからすると犬の可能性が高いななんて思いながら胸は踊り始めましたよ。

いきなり覗きこんでビックリさせたら可哀想だから、まずは遠目から行きましょう。



ん?なんだ?

これは何かがおかしい。

近づいてみましょう。



な、な、なんだこれはー!!

ア、ア、アニマルじゃなーい!!!

アニマル好きの俺にアニマルトラップはキツすぎる。

僕の気持ちを考えてー!!

で、一体なんなんだろうこれは。







あ…

ゔ…

はー!!

これは…

アニマルキラーやー!



こうして、僕の絶不調はこれからも続く。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チャレンジロード

2017-04-09 16:27:38 | 日記
<チャレンジロード>

・天気-雨のち曇り

・距離-68キロ

・走行時間-2時間

・感想
「今日は伊豆CSCにてチャレンジロードがありました。狙うは優勝のみです。天気は雨模様で寒かったです。レースが始まるとアタック合戦が始まる訳でもなく淡々と進んで行きました。その流れが愛三の早川のアタックによって変わりました。早川の1発のアタックにより有力選手の6人の逃げが形成されシマノからは秋丸と西村が入りました。かなり有力選手の逃げだったので、僕は集団から1人でジャンプしようと思いました。そして無事にジャンプに成功しました。まさかこの後地獄を見ることになるとはこの時は思いもしませんでした。ジャンプに成功したものの実は僕の脚はその時点で悲鳴を上げていたのです。(笑)そして逃げからたまらずドロップするという失態を犯します。「逃げ集団を単独追走→ジャンプ成功→逃げからドロップ」という流れです。そしてしばらくの間独走しました。すると逃げから1人の選手がドロップしてきました。どうやらパンクみたいです。この時点で逃げは5名になります。僕はその後ろを独走している状態です。この時に頭をよぎったのは入賞が6位までという事です。後ろの集団はもう止まっていると思っていたので、「マジか、俺はこのまま独走でゴールを目指さなければならない。まだ40キロもあるじゃねーか!!」という気持ちでした。まさに踏み止める事も出来ない状態です。(笑)そして寂しい一人旅が始まりました。必死に頑張りました。そして独走で20キロぐらい伊豆CSCのコースを満喫して、脚もそろそろやばいよって感じの時に集団に追いつかれます…。「えー、やばーもう脚使ったのに集団来たしー、中途半端な事し過ぎやろ俺ー」と若干絶望気味に集団に吸収され、みんなにもうキツいアピールをします。実際キツいです。でもこの集団のトップは6位入賞に入れるのです。残された入賞の1枠を取り合う事になるのです。もう疲れちゃった僕は「さぁみんな頑張れ、俺はもうダメだ。」と何故か観戦気分です。そしていよいよゴール前、残された入賞枠を狙い最後の戦いが始まろうとしています。僕は特等席で熱いバトルを見届けようと思っていたのですが、やっぱりバトルが楽しそうだったので、急遽参戦してもがいてみました。すると集団トップでゴールしていました。
「やったー!入賞やー!」と思いました。そうして僕のチャレンジロードは幕を閉じたのです。優勝を狙っていたのですが、あの逃げのメンバーに今日は太刀打ち出来る気がしませんでした。気持ちで負けていたかもしれません。その割に意外と良いパワーで独走できていたので、中途半端な走りになってしまいましたね。下りもある雨のCSCのコースで平均パワーが2時間で270wを越えていたので、身体は動いてるはずなんですけどね。(笑)とりあえず今日のデータを添付しておきます。次のレースは2週間後ぐらいの群馬です。仕切り直して頑張ります。」







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

帰国なう

2017-04-07 07:18:39 | 日記
帰国なう。

ピカチュウがお出迎え。

中々の疲労感。笑

明日静岡に移動して、明後日はチャレンジサイクルロードに出ます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加