呑む気オヤジ/日々の随感

還暦(定年)までついに1年を切った…でも人生はこれから!故郷の仙台に永住し、歌も車も音楽も、目一杯楽しみます!

呑む気オヤジの、読む!小説「羊と鋼の森」

2017-02-17 | 本の話
○「羊と鋼の森」宮下奈都著(文藝春秋社)

ベテラン調律師が調整した学校のピアノの音に魅せられ、自分もピアノ調律師になった若者が、悩み苦しみ、その中で双子の女子高校生のピアノや先輩調律師に影響を受けながら成長していくお話し。
最初本屋で見かけたときは、その題名からハードボイルド小説かと思ったが、ピアノ調律師の話と分り。別な興味が沸いてきた。「2016年度本屋大賞」受賞作ということもあり、めずらしく文庫本化する前にハードカバーを購入して読みました。

羊はピアノの絃を叩く羊毛のフェルト、鋼はピアノの絃、そして森は木材で出来ているピアノそのもの、ということらしい。
主人公が最初に聴いた調律師のピアノの音色は、まるで自分が育った北海道の山あいの、自分を包み込むような優しさ、暖かさのようだった・・・。
う~ん、ある意味ファンタジックな雰囲気のある話なので、あまり細かいことを言うつもりはないけど、調律師が、ポーンと鍵盤を叩いて出した音色でそんなに感動するの?曲を弾いたわけじゃないのに?それだけで調律師になってしまうの?
あー、僕はジイさんになって、そういうことに感動する瑞々しい感性が薄まってしまったのだろうか・・・、と思ってしまった。
「ピアノと森」となると、僕はどうしても漫画の「ピアノの森」を思い出してしまう。
この漫画は僕の60年の人生の中で、ひょっとしたらNo.1に挙げるぐらい感動した作品なので、どうしても結びつけ比較してしまった。漫画と小説はもちろんジャンルが違うが、「ピアノの森」は読んでいて、主人公一瀬海の弾くピアノの音がまるで頭の中で聴こえて来る気がした。
でもこの小説は、どうもそこまでにはならなかった。もっともピアノ演奏を表現しているわけではなく、まさにピアノの調律の音色なので、なかなか創造しにくいということもあるですが・・・、ちょっと期待はずれだった。
僕にとっては、星2.5個でした!(5個が満点)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

呑む気オヤジの、読む!「そこに音楽があった」

2017-02-17 | 本の話

○「そこに音楽があった~楽都仙台と東日本大震災」梶山寿子著(文芸春秋企画出版)

未曾有の大災害となった大地震とその後の大津波。
宮城県民、特に沿岸部の県民は命からがら避難ひて助かった人々も、途方にくれて何をすればよいか、何がしたいのか、どうすればよいのかも、しばらくは考えることもできなかったという。
そんな中、音楽に携わる人々は「こんな大変なときに音楽などやっていいのだろうか」と一様に悩み続けた。これは被災地のみならず全国のミュージシャンやマスコミが思ったこと。なのでコンサートは全国で相次いで中止になり、TVやラジオは音楽番組や娯楽番組を自粛した。TVをつければどこのチャンネルでも民間企業のCMは流れず、公共広告機構の暗いメッセージがこれでもかと繰り返し繰り返し放映された。

そんな中、こういうときこそ音楽で被災者を勇気づけよう、元気づけようと立ち上が人々が出始めた。
それが仙台フィルハーモニーの団員であり、ジャズフェスやとっておきの音楽祭の実行委員であり、避難所となった学校の合唱部や吹奏楽部の生徒であり先生、そして仙台ゆかりのミュージシャンたちだった・・・。

以前に仙台フィルメンバーの震災直後の奮闘ぶりがTV番組に取り上げられ、とても感動した。
この本を読んで他にもプロ・アマ問わず大勢の音楽家たちの活動がこんなにも熱く、そして被災地の人々をたくさん元気にしたんだと、改めて知ることができた。
そして東京の合唱団「お江戸コラリアーず」が、「こんなときに合唱なんかやっていいんだろうか、必要なんだろうかと悩みましたが、自分たちの歌で少しでも被災地の人々を元気にできたら」と、自分たちの演奏「くちびるに歌を」をFacebookにアップしたのを思い出した。
「つらいときこそくちびるに歌を持とう、心に太陽を持とう!」のメッセージがなんとも胸にしみて、涙が止まらなかった。

音楽の力は偉大なり!
聴いてくれる人に少しでも感動してもらい、そして自らもそれを楽しみ、豊かな気持ちになれる音楽活動ができたら、幸せだと思います。

PS)
ただ、本書にも度々登場する奥山仙台市長や行政が「仙台・楽都」を標榜することには、ちょっと違和感がある。
来年度の市の予算案も出ているが、前から要望の強い「音楽専用ホール」建設はまたまた遠のきそう。
市本庁舎の老朽化に伴い、建替えの計画が進んでいるらしい。優先順位はそっちが高いと奥山市長は明言している。
そりゃお金がふんだんにないのは分るけど、市庁舎と音楽ホールを同じ次元で語ることは、ちょっと違うと思うんですよ。民間との連携も含め、何かやりようはないんでしょうか。
仙台フィルのホームグラウンドが800人しか入らない?客席のキャパが足りなくて合唱コンクールの全国大会ができない?
東北の雄・仙台よ、100万都市・仙台よ、それはないでしょう!「楽都」が泣きますよ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立春だっちゃ!

2017-02-07 | 食べ物・お酒の話
早速いただきました!
今日のストックスープは、コンソメ+牛乳で。
せっかくの一ノ蔵立春朝搾りなので、とっておきの会津塗の片口でいただきました。
うーむ、まさに春めいた陽光を感じる華やかなお味です。旨いなぁ〜!

立春の寒風に向かいペダル漕ぐ
立春に絞る銘酒待ちわびて

門前の小僧、やってます(^^)v





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

然も有りなん!

2017-02-04 | 徒然なるままに
今朝の「サワコの朝」は夏木マリ。
2011年59歳の時に、それまで事実婚だったパーカッショニストの斉藤ノヴと結婚したとか。
へー、知らなかった、二人がそういう関係だったとは。
夏木マリ曰く「人生の後半に、一人じゃなくて誰かと一緒にいるって、いいよ」
んだよねー、そうなりたいものです。(≧∀≦)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恵方巻き2017

2017-02-04 | 食べ物・お酒の話
今年の恵方巻きは、長町貴美すしにて!
食べやすいように中巻きです。
北北西はどっちだ?って聞いたら、トイレを見ろだって❗️(≧∀≦)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙台、久しぶりの大雪!

2017-02-04 | 徒然なるままに
仙台は大ゆぎだっちゃぁ〜〜>_<
でも、雪道ドライブ大好きなジイさんは、犬みたいにワクワク!なんたって、本チャン雪国の札幌に6年暮らしたんだもの、仙台の雪ぐらいどってことない。
やっと4WD・SUVの本領発揮だい。
おー、4WDって、カーブで少しアクセル吹かすと軽くテール流れてスーッと回るねぇー!
楽しいなぁ〜(^^)v


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピアノ三重奏

2017-01-22 | 音楽の話
で、ピアノ三重奏。
ピアノ玉野井美都子さん、ヴァイオリン&パーカス佐藤実治さん、チェロ山本純さん、@上杉・銀杏坂。いずれも宮城で活動中ミュージシャン。
クラシック、ポップス、タンゴのクロスオーバーサロンコンサートだったけど、いやぁ〜、いがったぁ〜!



佐藤さんは、路上演奏からスタートしたという、まさにノンジャンルの若手ヴァイオリ二スト。バッハもピアソラもメンデルスゾーンも良かった!
お誘いいただいた山本さんはFBのお友達だけど、実はお会いしたことがなかった。なんかお互いに馬が合いそうということでコンサート後に一緒に呑みましょうということに。

サロンコンサートのあとの打ち上げに、同伴の友人とともに参加させていただいた。
各プレイヤーの友人・知人・ご家族10数人の呑み会。なんと、今は閉店した中央通のフレンチレストラン「かのう」のシェフが料理を担当してくれました。何度か行ったことあるけど、やっぱり美味しい!





とてもアットホームな打ち上げで、音楽、絵画、映像、まさにクロスオーバー的談義に花が咲き、とても楽しい時間を過ごすことができました。
仙台で、またまたいろいろお付き合いの輪が広がりました!山本さんに、深謝!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダッフルコート

2017-01-22 | 徒然なるままに
今日は昼に一つ用を足して、午後からピアノ三重奏のサロンコンサートを聴きにいった。
このダッフルコート、若い頃から欲しくて欲しくて仕方がなかった本チャンのダッフルです。ブルックス・ブラザーズ!
実は2年前に大枚叩いて買ったんだけど、ちょっと小さめだったのと、仙台が暖冬だったこともあり着る機会がなかったんだよね。
今年は少し痩せたし、寒いので、ようやく着用!
重い!一体どれだけの重量あるのか計ったら…な、なんと2.4kg!
着てしまえば重さは気にならないけど、手に持ったらずっしりくる。
極寒の軍用コートだから仕方がないけど…
でもなかなかいい感じです!(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの上京〜3

2017-01-11 | 食べ物・お酒の話
実に久しぶりに神田藪蕎麦に行きました!
昔は時々来たんだけどねぇ。



うーん、ここは、蕎麦が美味いかどうかとか、天たねがどうとか、そういうことを超越して、全国の藪蕎麦の総本山?である老舗中の老舗で酒を呑み、蕎麦を手繰るということが、レーゾンデートルなんでありますなぁ〜!(^^)v
火事で民家風の古い佇まいが失われたのは残念だけど、それなりにいい感じで再現されていました。なにもかにも高いけど、許す!




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの上京〜2

2017-01-11 | 家族のこと
思い立って、亡妻の墓参りに行ってきた。
思い立ってというか、昨日だるま鮨のオヤジに「久しぶりの上京なら、奥さんの墓参りとかも行くんだ」と言われ、4月以来、墓参りをしていないことに気づいた…。なんとも親不孝ならぬ「女房不幸」なジイさんだこと!(>_<)

霊園の他の墓石にも随分花が手向けられている。正月に墓参りをする人が多いということだ。
妻には、長男家族のこと、孫のこと、次男のこと、それぞれのお袋のこと、そして僕の近況、体調、想いなどを報告。
妻が逝って丸10年、いろいろありました。
妻が生きていれば、僕や息子たちの人生は今とどう変わっていたんだろう。
そんなことを思っても詮無きことだけど、やっぱり考えてしまう。
またあったかくなったら来るからね!



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの上京〜1

2017-01-11 | 徒然なるままに
いろいろ所用があり、4ヶ月ぶりの上京。東京も仙台と同じぐらい寒い!

まずは目黒のだるま鮨で昼食。去年の4月以来です!プリプリの北海道産のホッキを剥いてもらって、このあとは一人前握ってもらいました。
昼から酒かって?まだ松の内でしょ!





そのあと、桜木町に一ノ蔵男声合唱団の初練習を覗きにいった。(酒臭かったらごめんなさい!)
おー、また団員が増えたなぁ。団長もマネージャーも指揮者団も、もちろん団員も、ジェントルマンオヤジたちで、和気藹々呑めや歌えや!歌えや呑めや!が魅力だからね〜。
再来年の春〜夏に予定されている定演にオンステすることももくろんでいるが、どうなることやら…です。
今日は新年会だったけど、他の用事もあるため参加できず残念!(≧∇≦)





目黒の地も、だるま鮨も、一ノ蔵男声も、桜木町も、僕の心の故郷、身内同様。愛して止まない存在です!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鷹の湯温泉

2016-12-30 | 温泉
1年間の垢落としと疲労回復のためのプチ湯治、あっという間に終わってしまった…。
このまま正月三が日までいたかったぁ〜。



古川に帰省中だった我が友人にして温泉巡りの師匠H夫妻が温泉入りに行こうというので、藤島旅館で待ち合わせ、彼のクルマで鬼首の先の「鷹の湯温泉」に行ってきた。
川渡も昨夜からの雪で真っ白!だから鬼首のあたりも雪が積もっていたけど、途中からどんどん雪が降ってきて完全に雪景色となった。ここは秋田県!やっぱり仙台とは全く天候が違うね。

川渡から約1時間で雪深い「鷹の湯温泉」に到着。
まずは雪の中を長靴履いて川のそばまで降りていく「野天風呂」
おー、薄墨の水墨画のような山と川を背景に浸かる野天風呂は最高!そして屋根の掛かった露天風呂もまた良い。
最後に入った内湯が、これまたなんとも渋くて趣がある。左の湯船は深さ130cmの立ち湯だ。
うーん、今度は泊まりで来ようっと!
昼食に稲庭うどんを食べて、解散しました。









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コペン搭乗記〜その2

2016-12-28 | 徒然なるままに


コペンに乗り始めて1ヶ月が過ぎた。
購入以降、通勤の70%はコペンを使ったので、走行距離は900kmを超えた。
まだ完全にMTの運転に慣れたわけではないけど、だんだん面白くなって来ましたよ。
4速でも結構坂を登るし、トップで80km/h巡航のエンジン回転数が3000r/min、ということで、やっぱりローギヤードなのかな。
排気量が5倍近く大きいこともあるけど、CX-5の80km/hの回転数は1800rぐらいだから、ずいぶん違うよね。
東北道で120km/hも簡単に出るけど、エンジン音がうるさくてかなわない。やっぱり90km/hぐらいでノンビリ走る車か…。でも車高が低いせいか回頭性もよく、山道走ったら面白いだろうな〜。





今日始めてオープンで走りました!(試乗はしたけど)
寒くないかって?まぁ頭のあたりはちょっと涼しいけど、首から下はあったかいですよ。それでも真冬に長い時間オープンで乗るのはやっぱりキツイかな。
でも、オープンは快適だなぁ〜、とっても開放感があって気持ち良い。クローズしている時には気づかなかったぶっとい低音のエキゾーストノートが堪らない。軽自動車ということを忘れそうだ。
うーむ、やっぱり面白くて楽しい大人のオモチャだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Christmas Eve

2016-12-25 | 食べ物・お酒の話
おとといのEveEveは、ページェントの肩寄せwalkingこそ叶わなかったけど、まぁそれなりに二人でゆっくり過ごせたので満足ではありました。ペットのメタルオーナメント(オルゴール)も戴いたし(^^)



さぁ、Eveは…?
部屋の大掃除で遅くなってしまったので、貴美すしの常連さんとEveを過ごすか…
8時過ぎだったので、お客さんも一巡、まさにコアな常連さんが何人かいらっしゃいました。
そしたら某地元有名Uスーパーの店長が、なんとドンペリとムースを差し入れてくれました!
おー、ドンペリなんて生まれてこのかた、3度目ぐらいか?さすがに旨い!
他の常連さんからは大粒でとっても甘いイチゴやチョコの差し入れも。
親方や店の従業員も入って、ドンペリで乾杯!和気藹々のクリスマスEve、こういう過ごし方もいいもんです!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ページェント&忘年会

2016-12-24 | 食べ物・お酒の話
昨日は友人と忘年会。定禅寺通り「こうめ」にて。
クリスマスの光のページェントは、初めて見た。
人!ひと!人!すごい!
この人混みじゃ、ロマンチックも何もあったもんじゃないね〜。
人がまばらで、チラチラ雪が舞い降りる寒い日に、大切な人と肩寄せ合って歩いてみたいものです…(^^;; 果たせぬ願望)



さて、こうめ。
相変わらずボリューミーでそれぞれ美味しいお通し、あん肝、菊(白子)とセリの天ぷらetcで、親方お勧めの日本酒をいただきました。今回は親方の隠し酒を含め、初めて呑む酒ばかり。
全国には、まだまだ知らない美味しい酒があるなぁ。



友人とはしよっちゅう会っているのに、久しぶりにゆっくり語り合った気がする。
外のページェントの喧騒からは一歩引いた、ゆったりした時間を過ごすことができました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加