私のイメージめも

対人コミュニケーションアドバイザーの聖子です。日頃、感じた事をめもしています。よろしくお願いします(^_-)-☆

頭の中の地図

2016年11月29日 | 日記
長い間、眠り続けていたモグラがようやく、目を覚ましました。
今までに何度か目が覚めかけた時、辺りを見回して興味の湧く事がないとすぐにまた、眠っていました。

一見、モグラは、ただ、眠っているだけの様に思えましたがどうやら違ったみたいです。

眠っている時、モグラは、沢山の夢を見ていました。
そして、沢山の事を考えていました。

(今の自分は、何をすればいいのだろう?)

そんな事を考えた時は、沢山の選択肢がシャボンの泡となって空に舞い上がりました。
綺麗なシャボンの泡を見ていると、どんなに難しい事でも簡単にできちゃう気分になり、つい気持ちよくなってまた、眠ってしまうのです。

モグラは、ある時、こんな夢をみました。

まーるい大きな黒縁眼鏡をかけ、ふんわりしたスカートを履いている女性とアゴヒゲがモサモサした背の高い優しい目をした男性の夢です。
言葉が通じないのでお互いに身振り手振りで思いを伝え、なんとかコミュニケーションを図っていました。

女性の名は、サラ。
男性の名は、チャールズだと教えてくれた後、モグラも自己紹介をしました。

(私は、モグラです)
(随分前から、二人に会いたかった様な気がします)


モグラは、チョコマカと動きながら自分の言いたい事を体全身で伝えました。
その様子を見てサラがニッコリと笑いながら

(この場所は、暖かいですね)
(少し暗いけどいつも一人でいるのですか?)


続いてチャールズかこんな事を言いました。

(僕達は、夢を見たくてこの場所に来ました)
(あなたがいつも楽しそうな夢を見ているので。。。)
(それにあなたは、夢の中で時々、僕達を探していたでしょ?)


心の奥でいつも思ってた事が夢を通じてサラとチャールズに届いたのです。

皆でいろりを囲んでささやかな食事し、楽しい音楽を聴いた後は、テーブルに置いてある本を読み静かな夜を過ごしまた。
翌朝、サラとチャールズが向き合って何か話しています。

(とても仲の良い夫婦だ)
(お互いを大切に思っているのが良くわかる)


仲の良い二人を羨まし気に見ていた時、大きな音が鳴り響きました。

”ガっガっガっガっ!”
”ズッズッズッズッ!”
”ドドドっ、ドッカン―ン”

気が付けば、サラとチャールズは消えていました。
そして、モグラは、ハッとします。

(新しい道を作らなければならないぞ!)
(早く始めよう!)


突然、鳴り響いた大きな音は、モグラが新しい道を作り始めた音でした。
この新しい道は、今までに何度も・・・何度も創りかけましたがいつも途中で断念していたのです。

(自分には、創れっこない)
(どーせ無理に決まってる)
(頑張って取り組んだって、意味なんかありゃしない)


沢山の言い訳をお皿の上にのせては、”今日の言い訳”を日々、選んでいたのです。
でも、そんな事にいよいよ、ウンザリして来た時、夢の中でサラとチャールズが現れる様になりました。

モグラは、サラとチャールズにメッセージを贈りました。

(この新しい道が完成したら、また、会いに来てほしい)
(今度は、最後までやり通してみせるから)
(必ず会いに来てください!)


薄暗いトンネルの先に小さな光が見えました。

(新しい道の完成を楽しみにしています)
(今度は、明るい場所で会いましょう!)


小さな光が消えた後、モグラは、決意しました。

(もう諦めない)
(今までは、言い訳ばかりしていたけど、これからは、ハッピーになれる方法を考えて行こう)


モグラは、ようやく新しい道の持つ意味を知ったのです。

”ガっガっガっガっ!”
”ズッズッズッズッ!”
”ドドドっ、ドッカン―ン”

”ガっガっガっガっ!”
”ズッズッズッズッ!”
”ドドドっ、ドッカン―ン”

今まで使っていなかった筋肉や細胞、そして、意識をフル回転させることは、かなりハードな事でした。

頭がボーっとしちゃうし、呼吸が上手く出来ない時もあります。
手足がクタクタになって、目が霞む時もありましたが、そんな時は、大きく深呼吸をして思い浮かべるんです。

(新しい道の完成を楽しみにしています)
(今度は、明るい場所で会いましょう!)


と二人が優しく微笑んでる姿を。。。。

この新しい道は、頭の中に創られようとしています。
それは、自分だけが知っている頭の中の地図。
近道もあれば、休憩所も用意してあるこの道は、とても複雑な創りですが迷う事は、ありません。

(今まで眠ってんだから、充電は、バッチリでしょ?)

そんな地図に新しい道が完成した時、モグラがずっと思い続けてきた夢が実現するのでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加