私のイメージめも

対人コミュニケーションアドバイザーの聖子です。日頃、感じた事をめもしています。よろしくお願いします(^_-)-☆

2017年02月19日 | 日記
5時30分。
ヒューヒューと吹く風は、そこいら中にある物に渇いた音を響かせ、メッセージを届けている様です。
ヒューヒューした音には、寒々しい響きがありました。

(とても大切な事が始まるんです)
(だから、邪魔はしないで下さいね)


(いままでに邪魔をした事があったかな?)
(私達は、その時に必要なものを運んでいるだけですよ)


それが対話の始まりです。

静かに流れる時をかき消す様に風は、ますます激しくなりました。

(今日も一日、色々な事がありそうですね)


どこまでも続く大きな道。
花の香りに誘われてやって来た鳥たち。
オーロラの様にうねったエネルギーの流れを見てハッとしました。

(風がやんでいる。。。。)

さっきまで激しい音を響かせていた風がすっかり姿を消していました。

(姿は、消していませんよ)
(今もここにいます)

(でも、感じる事が出来ません)

(私達を感じるのは、私達を必要としている時です)
(今、それを感じないのなら、貴方は、何かに気付いたと言う事です)


(何かに気付いた?)


ふと、思い出しました。
数日前、ちょっと気を抜いたら、ドンっ!と北の風に背中を押されました。
ビックリして思わず、

(ちょっと、急に押さなで下さい!)

と怒った後、瞬間的に

(前に行け!)


と感じ、東西入れ替わりに吹く風に足元をすくわれそうになると、

(用心しなくっちゃ!)

そして、強い南の風を全身に受けた時は、

(進むのは、ちょっと大変だけど、地に足つければ大丈夫!)


と幾つものメッセージを聴いていた事に気づきました。
この時、身体にくっついていたものがパリパリと音を立てて剥がれて行く感覚を受けています。

目の前に見えているのは、真っ直ぐに続く道だけ。

(風を受けながら、この道をどんどん進めばいいんだ)

時には、凧になって空高く・・・・
時には、地面を這うように・・・・
そして、時には、誰かの頬に優しく触れたりする
のかもしれません。

(あの・・それって・・・)
(つまり、どうゆう事ですか?)


そんな質問をしたら、ビュビューンと強い風が体を包み込んで山のてっぺんに。。。

(景色は、どうだい?)
(皆をここに連れて来れたらいいんだが、、、)


(連れて来ればいいじゃないですか?)

(簡単に言いなさんな)
(わかるだろ?)


(・・ええ、まあ)
(何となくですが。。。)


さっきまで寒々と感じていた風は、姿を変えました。
ゆっくりと草木を揺らし、水面に小さな波を立てる・・・とても、優しい姿です。

山のてっぺんから観た景色には、表情があります。
明るい所や曇った所、湿った場所には、コケがあったりして。

(これが私?なのかもしれない)


地図にないこの景色は、色鮮かでユニークな場所として意識の奥にゆっくりと落ちて行きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加