社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

最近、介護の話と食い物の話しか書いていないような気がします。それと前職の関係で薬の話も少し…。シャローシ関係が薄いな…。

処方ミスは二重チェックで防止しませう。

2017年05月06日 09時01分21秒 | Weblog
週刊現代で投薬ミスのことが書かれていましたが…。

薬名を間違うなんてことはよくありましたよ。

だから、似たような商品名は避けているわけで…。

例えば、ガスロンが出たときに「ガスコン」と間違えやすいという指摘があり…。

ガスロンNなんて名に変えたりしてね。


最近は、ジェネリックの名を「一般名+販売社記号」に変えたからジェネリックは分かりやすくなったし…。

投薬ミスを減らすために、いろいろな工夫も行われています。

ちゃんとした病院なら「間違えやすい薬名」について注意が徹底されていますしね。

それより何より…。薬剤師がチェック機能を果たしていれば、ミスは相当減るということですわ。

薬剤師だからこそ、医師に問い合わせが出来るわけですからね。


また…。処方される側も薬には興味を持っていて欲しいかな…と。

処方された薬がどんな薬なのか。薬剤師によく聞いておくことと…。

処方された薬が、医師の処方と一致しているかどうかぐらいはチェック可能だと思います。

最近は薬剤自身に「薬剤名」が刻印されたり、印刷されたりしていますんで。

(逆に、PTPにしか印字されていない場合があります。これは、メーカー側に改善を求めるものであります。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こどもの日の午前中。 | トップ | 連休いろいろ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。