かわたれどきの頁繰り (小野寺秀也)

読書の時間はたいてい明け方の3時から6時頃。読んだ本の印象メモ、展覧会の記憶、など。

原発を詠む(42)――朝日歌壇・俳壇から(2017年4月9日~4月24日)

2017年04月24日 | 鑑賞

朝日新聞への投稿短歌・俳句で「原発」、「原爆」に関連して詠まれたものを抜き書きした。

 

戦車型ヘビ型クモ型サソリ型ワカサギ釣り型がんばれ廃炉ロボ
             (名古屋市)福田万里子  (4/9 永田和宏選)

被災後の牛の悲惨な死を越えて蛭田牧場原乳出荷す
             (福島市)櫻井隆繁  (4/9 馬場あき子選)

九日ゆ身にひそむ死を最後なる被爆者として死ぬるを欲りき
             (埼玉県)酒井忠正  (4/17 佐佐木幸綱選)

蕗の薹は故里の畑に芽の出でず土の除染に根を奪はれて
             (平塚市)三井せつ子  (4/17 高野公彦選)

さくらさくら待つふるさとへ帰る人、帰れない人、帰らない人
             (福島市)美原凍子  (4/24 高野公彦選)

親分が核を持つから被爆国なれどもそれを禁止せぬとう
             (三原市)岡田独甫  (4/24 高野公彦選)

核禁止に反対もせず病んでいる国を哀しむ白き折り鶴
             (石川県)滝上裕幸  (4/24 馬場あき子選)

長女去り長男去れど老二人春の畑打つ再稼働の町
             (薩摩川内市)川野雄一  (4/24 馬場あき子選)

きらきらと雪どけ水の流れ来て行く先はあの原発の海
             (福島市)加藤哲章  (4/24 馬場あき子選)

春を呼ぶ吾妻に映える雪うさぎ人無き里に桜綻ぶ
             (福島市)安藤勝夫  (4/24 馬場あき子選)

 

春のふくしま美しい村があった
             (高松市)島田章平  (4/9 金子兜太、長谷川櫂選)

福島の哀しき春よ桜咲く
             (青梅市)津田洋行  (4/9 金子兜太選)

原発は安全ですと四月馬鹿
             (川崎市)池田功  (4/17 金子兜太選)

福島にぽっかり空いた春惜しむ
             (福島県伊達市)佐藤茂  (4/17 長谷川櫂選)

原子炉を守る人もあり花の夜
             (川崎市)八島智津子  (4/17 大串章選)

フクシマの花憤る棄民とは
             (八王子市)北野妙子  (4/24 金子兜太選)



街歩きや山登り……徘徊の記録のブログ
山行・水行・書筺(小野寺秀也)

日々のささやかなことのブログ
ヌードルランチ、ときどき花と犬(小野寺秀也)

小野寺秀也のホームページ
ブリコラージュ@川内川前叢茅辺


コメント
この記事をはてなブックマークに追加