エルミタージュ図書館

ただ単なる個人の読書備忘録
た、ま〜に更新

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『いつかモイカ河の橋の上で』 中野吉宏 著 (第三書館)

2006-06-16 22:53:37 | 
 副題は「会社を休んで59日間 地球一周」とある。

 大学を出てフリーターをしながらお金を貯め小さな会社をつくった30代後半の男。一生懸命働くものの不景気も手伝い気持ちは空回り。ちょっとした出来事がきっかけとなり、突然、仕事を放り出し、大学時代以来2回目の海外旅行に出る。出発は大阪港からフェリーで上海へ。そこから鉄路シベリアを経由しロンドン。さらにアメリカも東海岸から西海岸まで大陸横断鉄道で移動し、成田へ。仕上げは「ムーンライトながら」だ。

 道程も、日々、仕事に追われるサラリーマンにとっては魅力的だが、旅先での多くの人との出会い、特に1982年のレニングラードと2000年のサンクトペテルブルグ・ニューヨークの時間と距離が点から線になる部分ははフィクションではと思わせるくらいドラマチックだ。93章のドラマと93枚の写真がページ見開きで再現される。文章は全章一定の文字数でリズミカルにまとめられている。美しい風景写真も素敵だが、その瞬間だけを見事にとらえた人々の笑顔は、読むものをストーリーの中に引き込んでしまう体感型の本。

 192ページで3150円と価格は高めであるが、読み始めるとそれも納得。非常に良質な紙を使いカラー印刷もしっかりしている。テンポの良い読みやすい文章は、人によっては、物足りなさに感じるかも。この本を読むと「明日はどうにかなるもの」という勇気さえ与えられる。


(個人的評価:★★★★)
(おすすめ度:これから旅に出てみようという人はもちろん、なかなか旅に出られないという人にも)
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『チルソクの夏』 佐々部清 脚... | トップ | 『ベラボーな生活』 玄侑宗久 ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sora)
2006-06-17 05:35:48
TBありがとうございます。フムフム。面白そうですね。深夜特急系でしょうか?こういった旅行記が一番面白いんですね。
Unknown (itsumohappy)
2006-07-01 02:20:39
旅行したとき、モイカ運河のところ何度も行き来しました。運河めぐりしたかったのですが、水位が上がってできなかったのが残念でした。

サンクトは情緒ある都市でとても印象に残りました。
はじめまして (時雨)
2007-05-28 23:34:18
TBありがとうございました。
旅に出てみたくなる本ですね。お金と行動力があったら行きたいんですけど…度胸が。
広い世界にいきたいですね。
さっそく。。。 (hiroshi)
2008-07-01 08:49:51
はじめまして。

TB、ありがとうございます。
しっかりした文章と構成、評でらっしゃいますね。感嘆しました。

>ただ単なる個人の読書備忘録

取り上げて、、、ということは、読んでいらっしゃる各単行本も、しっかりした内容の濃いものが多そうですね。今後時折お訪ねして、お教えいただくご紹介の本に目を通したいと思います。
とりあえず今回は、さっそく、書店に出向いて買い求めたいと。。。
はじめまして。 (ばみとんきー)
2008-11-19 19:02:12
TBありがとうございました。
とりいそぎお礼まで・・。
ありがとうございます (gakkokamen)
2008-11-30 09:43:03
TBありがとうございました。
購入リストに追加します。
TB有難うございました (まろ)
2009-06-04 21:00:23
 TB有難うございました。これからも宜しくお願い致します。
TBありがとうございます (ポスト)
2009-07-08 09:30:57
TBありがとうございました。
さっそく読んでみたいと思います。
興味深い本を紹介いただきましたこと、
とりあえずお礼申し上げます。
TBありがとうございます (northfields)
2009-07-08 15:44:39
とても面白そうな本ですね。
わくわくしてきました。早速探してみます。
Unknown (めそ)
2009-07-31 04:55:18
TBありがとうございました。
ステキな本をご紹介いただき、ありがとうございます
さっそく読んでみたいです
Unknown (えりーな)
2010-04-14 08:46:28
TBありがとうございます。
旅に出たくなりそうな本ですね。
積読消化したら読みたいと思います。
TBしました。 (あられ)
2011-03-29 08:29:28
あられと申します。
私のブログの記事「北極点とシベリア鉄道」をご覧いただいたと思います。エルミタージュ図書館さんの記事も楽しそうなので、本日ブログの方にトラックバック表示しました。
最近の若者って海外旅行に魅力を感じない人増えてるんですってね。それ位日本が満ち足りてるんでしょうが、日本にいたのでは世界の人の常識や普通と日本がいかに違ってるかも気づけないと思うのね。
心浮き立つものをこれからもたくさん紹介して下さい。
TB ありがとうございました (ysJournal)
2011-06-10 11:30:50
何か浮世離れしていて良いですね。
トラックバックありがとうございます。 (ようこ)
2012-07-22 04:22:55
図書館で探してみます!きっとますます旅に出たくなるでしょうね・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ユーラシア大陸横断家出 (田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳))
その昔、群馬県出身の詩人萩原朔太郎は 「ふらんすへ行きたしと思へども ふらんすはあまりに遠し」 という詩を詠んだ。 日本にとってフランスが遠いかなたの国であるように、フランスにとっても日本は遠い。 だからといって、フランスからなけなしの金と携帯と ...
35年前のヨーロッパ一人旅の4月3日の日記 (徒然の日々)
2年働いて80万円を貯め、ヨーロッパの各国の大使館や領事館に地図や資料を送ってもらい(当時は今のように情報はありません)英語とエスペラント語を勉強。 大阪ー横浜ー(船2泊3日)−ナホトカー(列車16時間)−ハバロフスク(1泊)−(シベリア鉄道7 ...
脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち (個人的読書)
? スラヴォミール ラウイッツ, Slavomir Rawicz, 海津 正彦 脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち 「脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち」 スラヴォミール・ラウイッツ・著 ソニーマガジンズ・出版 『一言、凄すぎます』  本 ...
裏・地球の歩き方〜ロシア編〜? (ぬこたんの萌え死に!)
?さて、裏・地球の歩き方〜ロシア編〜第2回です。 あまりにも突っ込みどころが多いので、細かいことを書いていたら第何回までいくのかわかりません なのでちょっと箇条書きにして整理しようと思います。 ・台風の影響でシベリア鉄道が不通に! ・驚異の ...
大シベリア計画 (Anything for a Quiet Life.)
タイトルが仰々しいなw一体何をしようとしてるのか。 一人でシベリア鉄道に乗ろう、
ネヴァ川とモイカ運河 (ヤスコヴィッチのぽれぽれBLOG)
ネヴァ川とペテルブルグの遠景 モイカ運河   この近くに「罪と罰」のラスコーリニコフの下宿もある。
極東ロシアは海外旅行の穴場 (花模様)
ちょっと遅めの夏休みをとって、極東ロシア(ウラジオストーク、ハバロフスク)へ行っ
ロシア旅行 (銀座OL&横浜OL ちょっとリュクスな毎日)
ロシアに行ってきました 回った都市は、サンクト・ペテルブルク、セルギエフ・パッサート、スズダリ、ウラジミル、モスクワです。 ロシアに行くと言った時の周りの反応は大きく3つに分かれました。 1,「えーっ。なんでロシア?」「どこがいいの?」と驚く ...
いつかモイカ河の橋の上で (のたまふ)
「エルミタージュ図書館」というブログを書かれている館長さんからご紹介にあずかった中野吉宏氏の本が今日密林から届きました。 これ→☆ まだ途中までしか読んでません。 が、素敵な本です。 旅行記だけど、すごくドラマチックで感情的な作品。 言葉にも励 ...
カリフォルニア・ゼファー号でロッキー越え! 〜アメリカ鉄道旅行(10)〜 (ShaneのさまよいBlog)
デンバーで一泊し、再びカリフォルニア・ゼファー号の旅が始まります。 デンバーからはロッキー山脈越えの区間。 AMTRAKの列車の中でも、最も景観のいい区間です。 前日の夜の天気予報では、Snow Storm(雪嵐)が来ると 何度も繰り返していて、車窓風景は ...
「エルミタージュの緞帳」小林和男著 (千の天使がバスケットボールする)
映画『エルミタージュの幻想』の中で女帝エカテリーナ二世が、こじんまりとした客席300ほどの円形の劇場で演じられている舞台に向かって、”Хорошо”ハラーショとねぎらいの声をかける場面がある。その豪華で秘密めいた劇場がエルミタージュ劇場である。今回のロ...
【サンクト・ペテルブルグ】郊外電車でツァールスコエ・セロへ。030811 (まん遊記)
“モスクワ・ホテルは観光スポットから遠くてイマイチ”なんて、いったい誰が言ったのか。地下鉄の駅から近く、どこへ行くにも便利。今日は郊外電車に乗ってツァールスコエ・セロまで行くのだが、地下鉄で一回乗換えてプーシキンスカヤ駅で降りたら、郊外電車の始発駅ヴィ...
飛行機を使わずに行く、ユーラシア大陸横断+アフリカ単独旅行 (Learning Process)
こんにちは、L.P.です。 昨日は、dbeerさんのピーポーズの記者発表会がありました。 >> ピーポーズ、自分の「空き時間」を売り買いできる「pepoz...
『「今のロシア」がわかる本』 (雨読夜話)
「今のロシア」がわかる本―日本人が知っておきたいロシア経済とその世界戦略 (知的生きかた文庫 あ 30-1)畔蒜 泰助三笠書房 2008-03-19売り上げラ...
めその野望 (めそのたわごと)
今日お昼を食べてて何となく出た話題ですが「時間ができたらいつかこれを野郎」と思っていてもその"いつか"は絶対来ないよね って話です確かに"時間ができたら"って思うことはたくさんあるけれど無理してでも作らなければ絶対暇にはならないですよね絶対に映画館で観たい...
指先だけ乙女 (いつでも仮眠。)
シークレットアイランド心が病みそうなので見に行くか悩んでいるのだけど、誘われたのでますます悩み度UP。超日本語ってあるのだけど、今じゃすっかり字幕派なので、興味がありつつも、英語もききたいというか。聞いても分かんないのだけど、実際。 今日はがっつりひきこ...
感動した話 (その日まで)
 個人で海外旅行に行った時のことです。神戸から船で、中国に渡りました。港から北京まで汽車で行って、北京ではモンゴル経由でシベリア鉄道に乗りました。モスクワまで6日間、ず...
【読書】ツイッターで日本全国0円旅! (三十にして立つ - IT資格への挑戦ブログ)
今回紹介する本は、「ツイッターで日本全国0円旅! 」です。著者の土井雪江さん(デ
メカフェチの方に贈る:鉄道レールメンテナンス動画… (現実逃避!!)
メカフェチの方にも、鉄道工事を知らない人にもかなり人気の鉄道ネタです。 すごいシステマチック!! さすがにね、日本ではこういった工事はしにくいかもしれませんが、アメリカが誇る大陸横断鉄道ではこういう工法はアリですね。
プーチン首相、高速列車「サプサン」に乗る (人類猫化計画)
ロシアのサンクトペテルブルク→モスクワを結ぶ ロシア初の高速列車「サプサン」に乗るプーチン首相。 窓の雪景色を見ながら熱い紅茶をいただく。 優雅だわァ 写真はノーボスチ通信(12月19日)より...