エルミタージュ図書館

ただ単なる個人の読書備忘録
た、ま~に更新

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『死んだら、あかん!』 北野 誠 著

2009-04-16 23:51:59 | 人生
 今回は例外的にブックレビュー外とさせていただく。

 私は北野誠のファンでもなんでもない。芸人とかテレビタレントというのは、良くも悪くもテレビの向こうの顔で、実際の人物とは同一でないと、ちょっと冷めたスタンスで見ている。

 ただ、今回の北野事件は一芸能ニュースとしてだけでなく、多少なりとも文章表現の世界に身を置いている私にとって看過できない問題に思えたので、この場を借りてペンを執らせてもらう。

 現時点(4月16日23時)でわかっていることは、北野誠は担当する深夜番組やイベントで失言をし、その結果、失言をしたと言われている深夜ラジオは打ち切られ、そのほかの番組からも降ろされ、無期謹慎処分となった。芸能界では薬物使用や傷害致死など、これまでさまざまな事件があったが、失言でここまでの処遇というのは聞いたことがない。というより、これだけネットなどが発達している今日においても昨日(15日)の時点で、何がそれほどまでの致命的な失言だったのかも明らかになっていない。

 そして、今回の問題の深刻性は、北野誠が担当しているすべての番組を降板させられるなどのことは新聞等で伝えられているのに、テレビの芸能ニュースなどでは(番組欄を見る限り)まったく扱っていないということだ。いつもなら芸能レポーターが先を争って報道する場面のずなのに。(それだけでなく、私の使っているブログのキーワードランキングに「ざこば」がランクインしているのに「北野誠」がランクインしていないのは明らかに不自然だし、ヤフーブログのキーワードの推移で見てみても「北野誠」は14日を境に急激に下降している。これは明らかに不自然である)

 今回の事件を見ていると、芸能界のスキャンダル暴露だとか写真週刊誌のスクープというのは「三位一体の法則」で成り立っていることがよくよくわかる。つまり、「スクープされる側」も「プライバシーの侵害」などと言いながら「スクープする側」「読者(視聴者)」と一体化し、それを宣伝(商売)に利用して成立しているのである。

 しかし、今回、北野誠は暴露してはいけない真実を暴露してしまったようだ。闇の世界を目の当たりにして、放送局も、タレント仲間も、芸能レポーターも、局アナも、北野誠を置き去りにしてしまっている。これでは「学校でイジメを見たら、見てみぬふりをするな」なんていうキャンペーンはマスコミにはできない。

 北野誠のしゃべりすぎ(名誉毀損)を指摘する声もあるが、芸人の言っていることなど良くも悪くも5割引で聞いていればいいはずだ。どんなにしゃべりすぎたとしても今回の彼に対するペナルティーは余りに不当で、まさに流行の単語の「パワーハラスメント」そのものだ。

 放送局の人間も、アナウンサー、レポーター、タレント仲間も、緘口令が出たら、それに従うだけなのか?

 小泉郵政改革などの時に公表されるべき事実がまったくニュースにならなかったが、今回の北野誠騒動は、大手マスコミというのは所詮、権力側の太鼓持ちであることを誰にでもわかるような形で浮き彫りにした。
ジャンル:
芸能
コメント (3)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『世界屠畜紀行』 内澤旬子 ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (M)
2009-04-17 10:59:57
TBありがとうございます。
だいたいこの番組は山本リンダ写真集での舌禍事件や、オウム真理教の空中浮遊否定などで教団から呼び出されたなんて過去があるくらい、色々問題発言のあった番組なのに昭和の時代から今まで続いていたんですよね・・・・。
何を今更って思うのですが、音楽事業者協会を松竹芸能とABCが退会した件とざこば師匠の発言でどこからのものなのかだけは見えてきました(ほぼ、予想通りです)。

背景には広告収入減によるタレントのマネージメントが上手くいかなくなりそうな芸能界のプロダクションと、そこと繋がりのある方々(代理店、政治家などなど)にとって不利益な内容の発言を番組とイベントでしていたのが原因じゃないかと思います。
Unknown (いさた)
2009-04-17 15:56:35
独言工房 いさた と申します。
TBありがとうございました。

そのうち、ウヤムヤのままに忘れられていくのかもしれません。
北野誠が、しれっと復帰できれば良いのですが、先のことはわからないですね。

追伸
gooブログは、この件に関してはTBを規制しているようで、残念ながらこちらからお送りできません。

代りに、URLを貼らせていただきます。
http://isata.seesaa.net/article/117604241.html
芸能界3すくみの図 (穴掘りジャニー)
2009-05-01 23:33:17
まこと、芸能界は怖い世界になっていますね、元々毒舌で通す人ですが、でたらめ半分で話していてもその中に当たりがあって、それが当事者の逆鱗に触れた格好です。ジャニーズ事務所、バーニング、吉本興業の3大勢力の戦いの中に単機で突っ込んではならない象徴の事件です。藤原と陣内の政略結婚も結局折り合いがつかず決裂しましたし、紅白の男性司会は東京撤退を目前にした松竹の元アフロからクサナギのチームのリーダへ急変更したのも勢力図がめまぐるしく動いている証拠です。昔ならジャニーズの事件なんて警察沙汰にはならない事務所の力がありましたが、今回のパンツ忘れの事件も、BかYの力でJのフォローが及ばなかったのでしょう、芸能界だけでなく、国家権力のなかでも勢力戦は既に始まっています。最初は幹部の山本リンダの時と同じく宗教の倉リ人西批判かと思いましたが、今回のは違ったようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
事件報道にせよ、報道っていうのは (ろーりんぐそばっとの「ため口」)
Aさんという人がいる。     ↓ なにか発言する。     ↓ それをマスメディアが記事にする。     ↓ ネットを含めあちこちで盛り上がる。 こういうことってあるわけでして...
[北野誠舌禍事件]ざこばよりアナの発言が... (BBRの雑記帳)
北野誠の実家はうちの近くで、だからと言ってそれがどこか知っているわけではなく、だ
北野誠氏が粛々と抹消されていく真相とは? (アンドロ梅田は電気いたちの夢をみるか?)
私は北野誠氏と竹内義和氏がパーソナリティを務める 朝日放送ラジオ「誠のサイキック青年団」の長年のリスナーでした。
アサミのHappy Days (アサミのHappy Days)
アサミのHappy Days