エルミタージュ図書館

ただ単なる個人の読書備忘録
た、ま~に更新

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『チルソクの夏』 佐々部清 脚本 橋口いくよ ノベライズ (幻冬舎)

2006-06-15 21:41:11 | 青春

 出張先でクタクタになってホテルに戻り、テレビのスイッチを入れた。
 いきなり中国地方(広島・山口・島根石見)と思われる言葉が飛び出してきた。ローカル番組でなく映画のようである。しばらく見ていると萩か長府のような武家屋敷のシーンが展開。時代設定は、どうやら私の高校時代と重複するようだ。中学生の頃、NHKで夕方放送していた「少年少女ドラマシリーズ」のような内容で、途中からストーリーもわからないまま珍しくテレビに見入ってしまった。

 この映画のタイトルは『チルソクの夏』というもの。1977年7月7日、韓国釜山で行われた関釜陸上親善競技会に出場した下関の高校2年の女の子が、韓国の男の子に出会い、恋をし、翌年の下関大会での再会を誓うという、淡い恋物語。
 「チルソク」とは韓国語で「七夕」のこと。

 私は、翌日、さっそく、この本を求めて、仕事の合い間に山口市にある大きな書店に出かけた。しかし、在庫はなかった。ネットで見ても中古本はあるものの、どこのネット書店も「品切れ、重版未定」となっている。となると、余計に読みたくなってしまい、版元の営業部に電話し、どうにか1冊GETした。
 ただ、版元の営業部の若い女性担当者に「2004年4月の作品なのに品切れ重版未定ですか?」と私が尋ねると、「もう2年も前の作品ですから……」。
 現在の出版状況をとても端的に表している一言でした。

 本そのものの読後感想は、コバルト文庫や秋元文庫を思い出させる甘酸っぱい感じ。今の中・高校生が読んで、どう感じるか気になるところ。あまり安っぽい雑誌・テレビ・エロビデオに洗脳され、10代の大切なものを見失わないでほしいなぁ、こういう甘酸っぱい時間を経験してもらいたいなぁ、と思わせる作品でした。

 仕事場でバイトしている大学生の女の子が、たまたま長府の出身なので、この本の感想を聞いてみようと思っています。

(個人的評価:★★★)
(おすすめ度:中・高校生必読! パパやママの高校時代の恋愛はこういうものだったのだ!)

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『さよならを教えて』 藤岡... | トップ | 『いつかモイカ河の橋の上で... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雪になあれ)
2006-06-16 06:29:52
TBからやってきました。

自分もBSで観るまで知らない映画でした。

佳作だと思います。

この映画は大人のほうが気持ちの分かるような気がしますね。
Unknown (mao)
2006-06-16 08:13:23
「チルソクの夏」、いい作品ですよね。

同じ佐々部清監督の作品で「カーテンコール」という作品もあります。

もうすぐDVDも発売されます。

これもいい作品なので未見であれば是非観て下さい。

ノベライズも出ています。

Unknown (sora)
2006-06-17 05:39:35
続けてコメントしてすみません。

私は長府の高校出身です・・。小説は読みませんが、ちょっと読んでみようかな。
書き込みありがとうございます。 (エルミタージュ図書館館長)
2006-06-17 17:57:31
 雪になあれ様、mao様、sora様、コメントありがとうございます。



 私はまだ映画の方は先日の衛星放送の途中からの分だけで全編は観ていません。本の方は読みましたが、脚本から小説化されているものなのですね。ちょっとお金に余裕が出来ればDVDでも買おうかなと思っています。



 ところで、この話は実話なのでしょうか? ご存じでしたら詳細を教えてください。



こんばんは (mao)
2006-06-17 23:37:24
詳しくは知らないのですが、監督の妹さんが韓国の高校生と文通していたことがあって、そのことを基に映画のストーリーを考えたということです。

実話ではないようです。

違っていたらすみません。





ありがとうございます (フクちゃん)
2006-07-08 09:03:04
TBありがとうございます!



『チルソクの夏』好きです。

たまたまレンタルビデオ屋で見つけてはまってしまいました。

いつか山口県に行ってロケ地めぐりしたいと思います!
ご来館ありがとうございます。 (エルミタージュ図書館館長)
2006-07-09 00:08:56
mao様、情報ありがとうございます。

ノンフィクションのように吸い込まれてしまう構成はなかなかですね。



フクちゃん、ご来館ありがとうございます。

ロケ地めぐりの話も、また聞かせてください。



本当はチルソクに『チルソクの夏』を観たかったのですが、1日遅れでDVD観ました。ちょっぴり恥ずかしかった。でも、よかったぁ~。
TB有難うございました。 (jazzyoba0083)
2006-07-09 12:13:51
こんにちは!TB有難うございました。

七夕が近かったから、というわけではないのですが、

日韓を描いた映画に興味があり、予備知識なしで

観たら、あらま、意外と面白かった、というわけです。山口は行ったことがないですが、良さげですね。

青春映画は“恥ずかしい”のが生命線かもしれません。
TBありがとうございます (poko)
2006-07-15 22:44:52
私もふとしたきっかけで、「チルソクの夏」に出会い、大好きになりました。

一生懸命な気持ちを思い出させてくれる、そんな作品だと思います。



ぜひ、佐々部監督の他の作品も、観てみてくださいね。

CGとか、派手なアクションなどとは無縁な映画です。人の心を感じます。
ご来館ありがとうございました。 (エルミタージュ図書館館長)
2006-07-22 01:37:41
jazzyoba0083様 poko様 ご来館ありがとうございました。mao様、少しだけ「チルソクの夏」のバックグラウンドがわかりました。



佐々部清監督の話では「ちょっと実話」ということのようです。主人公・郁子のイメージは監督の妹さん、そして妹さんの友人などの話から物語が生まれているようですね。関釜親善陸上競技大会というのは1971年から1991年まで21回続いた実際の大会のようです。(DVD付録より)



この映画が契機となり関釜親善陸上競技大会が復活すれば良いですね。



ちなみに仕事場でバイトしている長府出身の大学生の女の子の読後感想は「ノスタルジーですね」。あ~若者の世の中が理解できない!(理解するのが怖い!)

コメントを投稿

青春」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

チルソクの夏 (そよかぜから-映画)
■2004年 日本 115分 ■2006.5.31 wowow ■監督 佐々部清 ■出演 水谷妃里(遠藤郁子) 上野樹里(杉山真理) 桂亜沙美(藤村巴) 三村恭代(木川玲子) 山本譲二(郁子の父) 高樹澪(26年後の郁子) 淳評(安大豪) 《story》「あの夏の出会い、初恋、友 ...
第4回七夕上映会inシーモール下関 (♪おもしろき事も無き世を面白く…)
今年も行ってきました。チルソクの夏七夕上映会(チル夏同窓会)
チルソクの夏 (映画!That' s entertainment)
●「チルソクの夏」 2003 日本 ブレノンアッシュ 「チルソクの夏製作委員会」 114分 監督:佐々部清 出演:水谷妃里、上野樹里、桂亜沙美、三村恭代、淳評、山本譲二、高樹澪 監督は「半落ち」の佐々部清。彼自身、映画の舞台になった下関市出身 なので ...
七夕上映会inシーモール (チルソククリニックは診療中)
「下関にようこそ」by郁子 今年も「チルソクの夏」七夕上映会が、下関で開催されました。 心配されていたお天気も、チルソクの神様のおかげで、無事屋外での上映が可能となり、「満天の星のもと・・」とまではいきませんでしたが、お月様はちょこんと顔をの ...
「スウィング・ガールズ」 (★清瀬の森映画館★)
2004年・日本(コメディ)・105分お薦め度: ★★★★★ [E:happy0
ヤクソkはチルソkの夜のおぼろ月 (再出発日記)
約束は韓国語では同じような言葉ではあるが若干違い最後の「ク」は「k」むしろ「っ」という発音になる。チルソkも同様である。今日は七夕。映画「チルソクの夏」を思い出す。1977年7月7日、釜山で行われた下関と釜山の親善陸上競技大会に、親友の真理、巴、玲子と共に出場...
水谷妃里 上野樹里 / チルソクの夏 (中川ホメオパシー )
ワケもなく巨大化 どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの佐木飛朗斗担当、ブロッケンです。 佐々部清脚本・監督の映画『チ...
チルソクの夏 (アスカ・スタジオ)
純粋に泣ける映画である。「日本語の歌は禁止されている!」役員に制止されつつ、辿々しい日本語で「なごり雪」を歌うアン(淳評)にこの映画は象徴される。 2003年チルソク(七夕)の日、下関で釜山との親善高校陸上が再開された。役員の郁子(高橋澪)の胸中には26年前のこの...