愚石庵

日々思う愚にもつかぬところをぼちぼちと。毎日更新だけが取り柄。

誕生仏

2017年05月18日 | 木彫

前から、誕生仏を彫ってみたいと思っていた。

思いっきり赤ちゃんポイのを。(^^;

数年前から取り置いた建築資材の桧の端材がある。
これで、彫ってみようと、やっと彫刻刀を握った。

やたら、堅い!

そりゃ、天然の木曽桧の柔らかさ粘りは無くて当たり前。
値段がビックリ桃の木、桧の木、ぜんぜんちゃうもん!

タコ焼きと、神戸牛ヒレ肉ステーキくらいの差がある。ん?もっとか?

しかし、なんちゅう例えや!(^^;

で、暇な時間にコリコリ彫ること三日間。

やっと、こんな形が出来上がった。

     

なんだ、写真に撮ると随分おかしな所があるじゃないか。(笑)

ま、いいか。

これはこれでオモロイんちゃうん、という自画自賛型のいい性格が幸いする。(^^;

しかし、それにしても木曽桧で彫ってみたい。(笑)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 血圧計 | トップ | 安眠妨害 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キャサリン)
2017-05-19 08:42:09
生まれてすぐ、七歩歩いて、天を差し
「天上天下唯我独尊」だったっけ?・・
とおっしゃったとか・・・
幼稚園がお寺だったので、甘茶をかけて
お祝いしてましたね
その時、分けわかめで、この言葉を(たぶん)
そらんじらされてました
今だに正しい意味を知ろうとしてませんけど
前置きが長くなりましたが、その時のお釈迦さまを
写真を見て思い出しました
愚かな人間に絶望されないように・・・
仏様にはいつもこんな笑顔でいてほしいです
生まれたて (キャサリンさま/愚石)
2017-05-19 15:27:13
生まれてすぐ、喋る!?
そんな奴おらへんやろ~と大木こだまが言いそうです。(^^;
しかし、幼稚園児に天上天下唯我独尊を覚えさせるって
その心はなんなんでしょうね。
多分、何もない。(^^;
こんな駄作でも遠い昔の事を思い出すきっかけになるんですねぇ。
それがすごいと、自画自賛しておきます。(^^;
Unknown (花てぼ)
2017-05-19 21:34:49
これ、おもしろいんちゃうん?
Unknown (花てぼさま/愚石)
2017-05-19 22:16:46
尾も白い?
あ、犬じゃなかった。(^^;
話は、まるで変わりますが、西行法師のお墓は
南河内の弘川寺の裏山にあります。
桜の季節もモミジの季節もいいです。(^^;
お釈迦さん、すごいわ (リチャード)
2017-05-20 06:24:59
 「天上天下唯我独尊」といったら今では北朝鮮の将軍様、かつての毛沢東、ポルポト、スターリンを思います。誤解を招きやすいというか、利用されやすい言葉ですね、自由とおなじで。
 なに言うても、どんなに説得してもわからんやつって、いますよね。結局自得しないと、解らない。
 杜子春に「無理や、君は仙人に向いてない」といくら言っても効き目がなさそうだから、あんなテストをしたわけで・・。
 お釈迦さんが「死んだ子どもを生き返らせて、あなたならできるでしょ」とヒステリックに迫った女に「無茶な要求やな、おばちゃん」とは言わず、「死者をいまだ出したことのない家の庭に咲くケシの花を見つけてきたら、やってあげましょう」という。
 おみごと,お釈迦さん。人の心をつかんでいらっしゃる。転倒した心の持ち主である女には「ケシの花をみつけりゃいいんですね」、そのうち、<死者を出したことのない>の意味がわかる,3年ほど足で歩いて・・。
この話も杜子春同様、たまらんわ!。
 
お釈迦様 (リチャードさま/愚石)
2017-05-21 20:24:11
そりゃ、お釈迦様は凄いです。
2600年経ってまだお釈迦様を超える人は出てこない。
今後も出ないのでしょう。
お釈迦様と同じになりたいと願い
その域?に達した人はおられるようですが。
對機説法というテクニックを真似して使うことはできすが、
その中味はなかなか難しい。(^^;
おおよそ、人は人の話を聞きませんからね。(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL