愚石庵

日々思う愚にもつかぬところをぼちぼちと。毎日更新だけが取り柄。

しっとり柔らか

2016年12月09日 | 

12月を忘れさせる意外と暖かな一日。

冷蔵庫に残っていた鶏胸肉を使って料理。

パサつくとか固くなるとかイマイチ感のある胸肉も料理次第で美味なる食材に。(^^;
その秘密は火の通しかた。

秘密は炊飯器。(^^;

最初はフライパンで焼いて表面だけに焼き目をつけるが
後は、ビニール袋に入れて湯を張った炊飯器で1時間ほど保温にすると完成。

調理は実に簡単。

出来上がりはしっとり柔らか。
ちょっと癖になる。(^^;

そのまま食べてもいいし、サラダと合わせるとまたひと味違ったものになる。

    

ビニール袋に入れるとき、温度が均等に伝わらせるためと
味付けのために、調味液に浸す。

調味液は、好みでなんでもいいのだけど、所謂ソミュール液のようなもの、
好みの香味野菜香辛料を入れる。ベースは酒、醤油、味醂など。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国際電話

2016年12月08日 | Weblog

昔々、アメリカで作った銀行口座がまだ残っている。

普通預金で残金は3万円ほど。
律儀に定期的にアメリカから口座の現状を知らせる手紙が届く。

11月8日付けで受けとったそんな手紙には、一ヶ月以内に何らかの
アクションを起こさないとこの口座は休眠になるよと言ってきた。

もう手紙で返事する時間が無いので、電話することに。

海外からはこの番号に掛けろとあったが
なんてったって時差ってものがあるから、時間を気にしながら昨日の朝掛けた。

久し振りの国際電話は、最初機械が返答し、しばらく待たされた。
それがイヤに長い。ずっと音楽が流れているがイライラしてきた。
なんてたって国際電話なのだ。(^^;

やがて、若い女性の声がした。

自分を名乗ってから用件を述べる前に、日本語を喋る人は居ないのかと尋ねた。
なんてったって、こちらの言いたいことは言えるが、サービス精神の乏しい
若い女性の早口英語は殆ど聞き取れない。(^^;

残念ながら、今、ここには居ないという。
仕方が無いから、また後で電話するわと言って切る。(^^;

さて、困ったぞ、かなり昔に一度電話したときは、モシモシと言った途端
日本語で対応されたのにぃ。(^^;

夜になって、寝る前にその電話のことを思い出した。
念のためにネットで当該銀行を検索してみた。

すると、何のことはない。

日本語サイトはあるし、日本からの電話はここに掛けろと国際フリーダイヤルまで書いて有るではないの。(^^;
ならば、その旨、手紙に書いて置いてくれたらどうよ!?

で、早速電話する。

また、機械の音声の後、長く待たされたが、今度はフリーダイヤルだから気長に待った。(笑)

やっと出てきたのは、完璧な日本語を話す女性。多分日本人。(^^;

テキパキと本人確認の質問をしたあと、これで口座は休眠になりません。
まだ他に何かご質問はありますか?と。

いいねぇ、この対応、というかこの文化。(^^;

この国際フリーダイヤルの優れたところは、24時間ではないものの夜中でも対応していること。
日本ならまずこんな事は出来ないだろう、と思う。

こんな時、日本はまだまだだ、と思う。

お客様は神様というのは口先だけの絵空事なのだから。(^^;

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

灯油ポンプ

2016年12月07日 | Weblog

手動でペコペコしてた灯油ポンプが電動に変わってどれくらいの年が経つのだろうか。

千円もしない電動ポンプは壊れる頻度も高く、良く持って2年か。
これって安かろう悪かろうの典型?

そのポンプがこの春から壊れたままになっていた。
冬が来て、出番になったのに。(^^;

こう言うものが動かないとまず電池切れを疑う。

変えてみる。

効果なし。(>_<)

では、接触不良か?
分解してみる。

   

なにやら、ご大層な基盤が入っているが、これは自動ストップ機能のためだろう。
なんなら、電池とポンプを直結したっていいのだ。それでも使える。

が、原因はごく単純だった。(^^;

単なるスイッチの接触不良。

が、もっと根本的な間違いを犯していたことに気付く。

電池ケースを本体に差し込むときに表裏を間違えていたのだ。
つまり極性が逆に。

だから、ピーピーと作動終了音がなっていたのだ。(笑)
しかし、どっち向きでもささる、ってのは設計ミスじゃないのか。(^^;

とにかくは全て元通りにして完治。
単純なものは単純に治る。(^^;

これであと二年は働いて貰わにゃ。(笑)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

単純

2016年12月06日 | Weblog

毎日届くgooからのメールには、去年の今日は映画の話を書いていたとあった。

早速、読み返してみる。

なるほどなるほどと、まるで他人が書いたものを読むが如し。
これ、ボケの効用。一粒で二度美味しいが、三度くらいにはなる。(笑)

ボケと言えば、今日郵便局でお金の出し入れをするのに
きっと免許証の提示を求めらると、出掛けにポケットにねじ込んだ。

で、当の郵便局でやはり本人確認書類の提示を求められた。
はいはい、とポケットから引っ張り出したのは、、、

あららぁ、免許証入れじゃなく財布!

なんでやねん!確かに免許証入れをねじ込んだハズなのに違ったか!?

仕方なく、また自転車で家に戻ることに。

取って返して免許証を提示。

すると、窓口の若い女性が、「お手数をおかけしました」と。
今やこういう言葉使いが出来る若い女性って貴重です。
この、正しい対応に爺さん大満足。(^^;

単純。(^^;

人生を楽しむ術は単純であること、と見つけたり。(笑)

さて、今宵は、広島のお姉様が送って下さった牡蠣をフライに。
ウメェノナンノッテ。(^^;

牡蠣フライはやはり牡蠣の質に依存しまするな。(^^;

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年12月05日 | 

餅はやっぱり旨い。(^^;

暑いときにはその存在すら忘れていた餅。
冷凍庫の底に眠っていた。

寒くなってくるとやはり炭水化物が恋しい。
うどんに餅を入れる。

実際には、別鍋で最初から茹でて柔らかくしておく。
うどんが出来上がったときにそこに合わせるわけ。

これがウメェノナンノッテ。
柔らかさがたまらない。(^^;

今年の正月の残り餅なのに。

でも、やはり元の餅がいい物でないとダメみたい。

杵つきの餅。
これぞ文化遺産!(^^;

もうすぐ、また餅の本格シーズン到来。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

香り

2016年12月04日 | Weblog

秋も深まればもう無理だが、夏の稲田を渡る風の香りというのは
何とも言えず懐かしく心地よいものだ。

香りの記憶というのは結構鮮明で、久し振りでも一瞬でその香りの元がわかる。
というか、香りの状況が蘇る。

薩摩芋掘の土の匂いとか、朝、玄関を出たときの朝顔の花の香りとか、
無花果畑の側を通ったときとか、、。

あ~、これこれ、この匂いだったと。(^^;

で、昨日、全く久し振りに墨をすった。

     

今じゃ、筆ペンも墨汁もあるからわざわざ墨をすると言うことが殆ど無い。

で、墨という物がこんなにいい匂いだったのかと改めて思った次第。(^^;

その墨が頂き物でかなり古い上質のものだったからか
摺っている間中、爽やかな墨の匂いに包まれて幸せだった。(^^;

その匂いで高校時代に好きだった書道の時間が蘇える。
あの時の女性の先生が思い出された。

美人だった。(^^;

何のことはない、だからあの授業が好きだったのだ。(笑)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久し振りの餃子

2016年12月03日 | 

快晴の空の元、小春日和の暖かさ。
そんな一日だった。

これだけ穏やかな日が続けば、いよいよ大根キャベツ白菜の値段が下がるだろう。
請うご期待!(^^;

先日収獲したキャベツを使って、今夜は久し振りに餃子を作った。

ホントにしばらく作っていなかった餃子。

どうも、この所作る度になんか違うなぁ、旨くないなぁと思うことが多く
それで作らなくなっていた。(^^;

旨くない理由の一つは使う豚挽きの質と餃子の皮。
皮は市販のものを使用しているのだが、物によって随分味が変わる。

一番の問題は皮の厚さ。

やはり薄皮が好みに合っている。

    

で、今日のは旨かった。
キャベツのせいではないだろうけど。(^^;

これ、一人で全部平らげました。

ん?食べ過ぎ?(笑)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

薬味にシャンサイ

2016年12月02日 | 

最近、畑からシャンサイを良く持ち帰る。

ほんの少し掻き取ってくるのだ。
一杯取っても萎れるとなんだかもったいないし。(^^;

    

麺類のトッピングにしたり、野菜炒めの上に刻んだのを乗せたり。
有るとき無いときで味の変化が楽しい。(^^;

ところで、鍋の締めは何ですか?(^^;

雑炊?

フグやカニならね。(^^;

寄せ鍋やシャブシャブだったら、鍋の中にうどんや中華ソバの麺類を入れるのが好き。

ところが、その麺類を切らしているとき!
乾麺をそのままダイレクトに鍋に入れる。

それが、素麺だったりスパゲッティだったり、、。(^^;

今夜は後者だった。

これは出来るだけ茹で時間の短いヤツの方が間延びしなくていい。

そのスパゲッティの茹だったのを刻んだシャンサイ入りの付け汁で食べる。
これが意外や意外、旨いのだ。(^^;

また、新しいレパートリーが増えた。

すぐ、忘れるのだけど。(笑)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ベタ掛け資材

2016年12月01日 | 

今年もまた12月がやって来た。
あっといふまに。(^^;

秋が暖かったということなのか、未だショウリョウバッタが青菜を囓っている。

数少なく生き残った白菜がやっと巻き始め、キャベツもなんとか収穫期に。

ということは、野菜価格も一段落すると言うことか?

今期の発見。
初めて使ったベタ掛け資材、商品名パオパオの効果が結構なものということ。

所謂、不織布。光の透過率は90%程度と思われる。
播種後、ただ畝にべたっと掛けているだけ。

作物の生長に従って勝手に浮き上がってくるから、両端はゆったりと留めておく。

この薄い布一枚が掛かっているのと居ないのとでは、成長が倍ほど違う。
保温効果抜群なのだ。しかも虫の被害を避けられる。

    

一応、補助的に中でトンネル支柱をたすき掛けにしているが、無くてもいいみたい。

こんなことならもっと前から使えば良かった。

新聞一枚被っているだけで随分暖かいというのと同じようなことか。(^^;

作物の生長を妨げない軽さ柔らかさがポイント。

これがビニールだと、重いし蒸れるのだよね。

農業もまさに技術進歩の恩恵を受けている。(^^;




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おうち

2016年11月30日 | 言葉

昨日やっと手をしたエンドウを寒冷紗で囲うべく日の高いうちに畑に出かけた。
いつもは夕方遅く行くので殆ど人が居ないが、日のある内は畑も賑やか。(^^;

で、しばらく無駄話などをした後、作業に取りかかった。

寒冷紗も張り終えて、ほうれん草の追肥をしていると以前何度か話題にした
88才の単車通勤のおじ様が側までやって来られた。

「おうち、これ食べて下さい」と九条葱の束を手渡された。

「おうち」というのはこの場合、家ではなく「あなた」と言うこと。

ほんとに久し振りに聞いた。(^^;

「おうち仕事はなにしたはりますのん?」なんて言い方をするが
若い人は絶対こんな表現は使わないだろう。

多分絶滅危惧用語だ。

しかし、そのおじ様はさすがに足腰が弱られたようで歩き方がゆっくりしている。
それなのに、帰宅時は単車を轟かせて若者の如く帰られる。(^^;

ちょっと驚き、ちょっと心配する。
いつまで、単車に乗ってられるのだろうかと。

   さて、本日の一品。単なる野菜サラダ。但し自家製野菜。(^^;
    これにコリアンダーの若葉を散らすと途端にひと味違ったサラダになる。(^^;

      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の終わりの収穫物

2016年11月29日 | 

今年の秋は葉物がさっぱり。
白菜もキャベツも絶不調だが、そんな中で健気に育ってくれたキャベツ一個を収獲した。

 

      

今年の高値なら、これで500円はするな、と頭をかすめたが
なんのことはない、苗代、肥料代それに作る手間賃を考えたらそんな安値では合いませぬ。(^^;

菜園も釣りも趣味は皆同じ事が言える。
魚屋で買った方が安いとは良く言われることだが、物事は
そんな単純な話ではない。

作物の安全性、鮮度もさることながら、作る喜び、釣る楽しさ、
こんなものをカネに換算出来るかってぇの。(^^;

しんどさってのも楽しさの内。(^^;

で、やっと本日エンドウの手を藁でやった。
同時に、間引きも。

エンドウを間引いていて、ふとこの間引いたヤツも食べれるんだと思い出した。

それを持ち帰って、さてどうして食べようかと思案三分。(^^;

そうだ、ナムル風にしよう!

    

これが、思いの外、旨かった。(^^;

なんだか拾いものをしたような気がした。

これだから作る趣味は楽しいのだ。(^^;

 



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

シニア割

2016年11月28日 | Weblog

諸般の事情というのは、大阪を離れていたからブログが書きにくいということでした。

行き先は大分。

大分へは、飛行機を使う、新幹線で博多廻りで行く、船で別府に入る等々
行き方があるのだが、やはり飛行機が速い。

飛行機もネットで検索するとその料金たるや七色仮面の如し。(笑)

正規料金片道24000円がLCCでもないのに半額近くになったりする。
5000円引なんて当たり前。

一体何がどうなっているのか?

ただ、安売り航空券は変更が効かないので使いにくいのは事実。
それはそうだが、直前予約の方が返って予定変更なんぞもなくて使いやすいと言うことがある。

ここで忘れていたのが、シニア割。

65才以上に与えられた、かつてのスカイメイトのようなもの。
ハイシーズンは使えないが、オフシーズンの空席が多いときはかなりお得に乗れる。

半額以下も多い。
因みに今の時期で大分まで8000円となっていた。

この難点は予約出来ないこと。
まさにキャンセル待ちの如し。(^^;

でも12月1日からは予約可能になるとか。

こんなに航空券が安売りされると、新幹線は料金的に勝負出来ない。
どうするんだろうJR。

人の心配しても仕方が無いが。(^^;

シニア割で札幌まで16000円ってちょっと魅力じゃ有馬温泉?
LCCならもっと安いこともあるけど。(^^;

年寄りよ、テレビを捨てて旅に出よう!って誰に言うとるねん。(笑)

       由布岳もうっすら雪化粧の模様

     

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

諸般の事情

2016年11月27日 | Weblog

実に便利な言葉、諸般の事情。

諸般の事情により本日休店にします。と言えばそれで一件落着。(^^)

困った時の一件落着。(^^)

と言う訳で、諸般の事情により本日の記事はこれまで。(^^)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

追いかける

2016年11月26日 | Weblog

今日はプラスチック包装ゴミの日。

前日からゴミ袋をまとめて玄関に置いておく準備の良さ。(笑)

なのに、九時になってもその袋を出すのを忘れていた。

外から、耳慣れたメロディーが聞こえてきた。
あちゃぁ~ゴミ収集車だ!

慌てて、ゴミ袋を片手に走り出す。

車はすでに立ち去っていた。
普段なら、お隣とそのお隣でもゴミを収集するので
余裕で間に合うタイミングだ。

しかし、今日はなぜか誰もゴミを出していない様子。
どんどん車は遠ざかる。

ゴミ袋片手に爺さん走る!

車は逃げる!

爺さん、息は切れる、スリッパは脱げる。(^^;

やっと次の収集場所で声の届く距離まで来た。

「すんませ~ん!」と叫ぶ。
やっと、収集車の兄ちゃんが気付いてくれた。

ハァハァ言いながらゴミ袋を渡す。

兄ちゃん、にこりともせず無表情に受けとる。
愛想のないヤツだ。

爺さん、疲れがどっと出た。

土曜の朝の出来事。チャンチャン。(^^;

 



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

園芸セミナー

2016年11月25日 | 

今日は今年最後の家庭園芸セミナーの日。

年五回の開催で、本日の題目は「庭木の剪定」。

例によって知ってることも知らなかったことも、、あった。(^^;

常緑樹、落葉樹で切っていいとき悪いときが異なる。
つまり樹種によって切り時がある。
桜の花は長枝ではなく短枝に着く。
切り口保護に塗る薬は、効くという意見と意味無しという意見の両方がある。

なんてことフムフムと聞きながらあっと言う間に1時間半の講義が過ぎた。

この会場は大きな駐車場を持っているのだが、無料ではない。
だけれども、気が効いているのは2時間まで無料だということ。

1時間半のセミナーでは丁度無料で出てこれる。
これがなぜか実に気分いい。(^^;

ん?ただの貧乏人根性?

全く。(^^;

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加