二人のピアニストに思う

gooニュース、注目のトピックスで「フジ子ヘミングがNHK斬り」を見て自分でもブログを作り、発言したくなった。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

笛を吹く人

2012-04-21 03:47:54 | 歴史
3月30日の毎日新聞に「ホイッスル・ブロワー」
  (笛を吹く人)
 の話がある。
      (発信箱というコラム欄、福本容子記者)。
.
アイリーン・フォスター  という(笛を吹く人)への
  米国政府の処置の話で、日本人から見ると
  本当に羨ましい。 (笛を吹く人)とは、
  ラルフ・ネーダーが70年代に作った用語で、
  反則を見付けた審判が笛で警告することから来ていて、
  「告発者」、「通報者」、の意味だとのこと。

フォスターは、ひと昔前に大騒ぎになった
  「サブプライム住宅ローン」で有名な大手
  金融会社に勤めていて、貸出しに法律違反
  などの問題が無いか、社内調査をする担当
  だったが、07年に大変な不正を見付けた。

融資を増やすため、借手の収入を水増ししたり、
  署名を切り張りする組織的な偽装工作である。
  上層部に報告したけれど聞き入れられず、
  警告を続けていたら、クビにされた。

この件について米国政府は、11年9月に会社に対し、
  フォスターに93万ドル(~7700万円)を支払い、
  解雇も取り消すことを命じた。

この処置、このスピードは、本当に羨ましい、
  というよりも、本来は、当然のことであり、
  それが出来ない日本は、
  リビアや北朝鮮に近い、奇怪な社会である。


米国では、150年前の南北戦争時代に、
  「不正に声を上げる人、を守る法律」
  が出来た、 という。 
“笛”のお陰で政府が詐欺を働いた企業などから
  資金回収ができたら、最大その3割を与える
  制度もあり、80億円貰った人もいるという。

       ★ ★ ★ ★ ★

一世紀半前に開国して、文明先進国の後追いをした
  日本は、諸制度の導入をしたけれど、
     制度の基礎にある「合理性」
  は理解せず、 輸入しなかった。
 
.
例えば、明治時代に、特許制度を作ったが、
  実施の細部に問題点がいろいろとあった。
現在の中国が、商標とか特許とかで、20世紀の日本
  と同じ問題で、諸外国とトラブルを起している
  のも、「先発権」という精神を抜きに、
        制度を真似したからである。
.
     日本の特許制度も、明治時代に作ってから
       昭和の終わり近くまで、公務員が発明をしても、
       特許権は取ることが許されず、
       それによる利益は得られなかった。
.
     発明というものの考え方、の根底が、先進国とは
       根本的に違っていたからであり、ブログ
    ▲ {[3a]プライオリテイ尊重事件}:[C-7]
       に書いてあるとおりだった。 
       それに対する批判的意見が、科学雑誌などに
       掲載されることはあった。 
     ても、事態を決めるのは、法科出身の官僚であり、
       条文の字句には煩くても、合理性には鈍感な
       彼等に対して、科学技術は影響力がなかった。 
       発明家の意見は、無視以下の無効であった。 
     流石に諸外国との交流が激しくなる中で
       その修正が行われるのには、
       特許法がスタートしてから100年以上掛かった。
       現在では職務発明とか、勤務発明とかいうもの
       の考え方の根底から理解が変わって、
       それぞれに報奨金が払われるようになり、また
       身分が公務員であっても特許の取得が可能になった。

   現在の中国では、外国の特許や商標などで中国で手続き
       されていないものを、中国人が取得することが
       普通に行われて先進国から非難されているが、
       文明の遅れているかの国では
       不都合と考える人の方が少数派である。

. 
全て、その様な風に物事は進むのだ

       ★ ★ ★ ★ ★
.
   アイリーン・フォスターが07年に笛を吹いてから
       一連の出来事が生じ、米国政府の対応で
     結論が出たのが、11年(四年目)であった。
.
     日本では、年金資金の運用で大損したのに、儲けを
     装い続けたAIJ投資顧問について、05年度以降4回、
       当局に通報があったが、活かされなかった
       ことが11年に分かった、という。
     その事実が分かったのが、6年目であり、それへの
       対応が行われるかどうかは不明、である。

.
「検察は正義の味方、というのは、神話(迷信?)
 と、日本の検察の内部から「ホイッスル・ブロワー」
 が声を上げた笛の音は、我々も聞いていた。
 前回記事の末尾に書いた通り、佐久間氏が、
      そのことを紹介したブログ記事:
   ▲特捜神話の終焉:[B-131][2010/9/9]
   ▲特捜神話の終焉(続):[B-132][2010/9/11]
を書いたのは、2010/9で、大阪地検事件の前であった。
.
       それなのに、
       世間一般も、我々もその笛の音を正確に理解しなかった。
     元検察官の吹いた笛の音を耳にした我々ですら、
       今年になって大阪地検への処罰が出ても
       未だ、認識が不十分だった。
.
     大阪地検特捜部で、村木厚子氏の取調べを担当した
       前田検事の実刑が確定し、上司の特捜部長、
       副部長の有罪も、昨年12年3月30日には
       地裁で言い渡されて、最近は検察に対する疑惑も
       多少は世間でも語られるようになった。
     それでも社会一般では、まだ神話(迷信?)を
       疑わない人が多いのだろう。

. 
我々だって
    ▲バブル獄中記とO君(2):[A-151]
に書いたように、無実の罪を自白(!)して服役し、
  何かの機会に冤罪が明かになった人物の報道
  を見ると、何故、被告は取調べ、乃至は裁判の
  過程で無実を主張しなかったのかと、
  不思議に感じたものである。 

今回の長田氏の本を読んで、冤罪を生じる事情が
  初めて理解出来たのだった。  この状況は
  恐らくは まだ数十年間は継続するのだろう。

       ★ ★ ★ ★ ★

然しながら遠い未来ではあっても、何時の日にか
日本の歴史にも「笛を吹いた人」の業績が正しく評価
されるようになる
、ことは間違いない。 その様に考えて、
   O君の実名を此処に明かしておくことにする:
 
佐久間氏が▲出逢い (8)終章(続):O君の評価:[B-16]、
  に書いて以来、仲間が今まではO君の仮名で記述してきた人物、
拙ブログでも、▲歴史認識(2):[A-13]、
       以来、O君の仮名で記述してきた人物、
  O君とは、新潟相互銀行の大森龍太郎氏の事であった。
そして、
出逢いの問題 (7)終章:O君:[B-15][2005/07/01]
  にあった、もう一人のO氏とは、長田庄一氏の事だった。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バブル獄中記とO君(4) | トップ | 笛を吹く人(続) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
鉄の女・サッチャー (変人キャズ)
前回記事、『映画「M・サッチャー」』、の補足をする。 .     ★ ★ ★ フリーミルク事件 ★ ★ ★ . サッチャーが教育大臣だった時に、「フリーミルク」を   廃止する決定をして、 大論争を惹き起した。 「フリーミルク」とは、小学生に無料で牛乳を...
日本人と先見性 (佐久間象川)
ユダヤ人救済への貢献が世界で評価された唯一の日本人   である杉原千畝を、日本はどのように処遇したかを      ▲日本の国際化と杉原氏:[B-157 ]、 に書いた。 地震予知に確率論を持ち込む着想を1970年代に提唱した   力武常次を、日本はどのように処遇し...
幕末の開国事情 (変人キャズ)
第二の開国とも云われる太平洋戦争終結の事情の話題を前回記事にしたので、今回は第一の開国である幕末の開国事情を。 これについては、佐久間氏が以前にブログに書いていた、 真田幸貫の功績がある。 あの記事[2006/03/11]:    ▲ 「人間の評価」に就いて(1)真...
文化の日に林子平を想う (変人キャズ)
前回、幕末の1842~1868年に至る開国事情を書いた、:      ▲ 幕末の開国事情:[C-262] そこで紹介した有能な人々の働きの前提として、   その一時代前に、舞台を用意した人の働きがあった。
大森龍太郎関係ブログ (変人キャズ)
大森龍太郎君に関するブログのリスト、を作っておく。
笛を吹く人(続) (二人のピアニストに思う)
社会正義の実現のために、民衆が最も頼りにしている 検察関係が、かなり怪しげであることについて、 従来幾つかの資料を見てきた: ▲特捜神話の終焉:[B-131] に書かれている郷原氏の著書の話や ▲ 「司法」と「報道」(2):[B-134][2010/9/17]    に紹介され...
終戦秘話と現代(3) (晩秋)
女川原発を3.11の津波に耐えさせた平井弥之助と、 釜石の奇跡を産み出した片田敏孝教授の功績を前回紹介した。 日本人のDNAにある組織病理には罹っていない事例としてである。 ...
ある元頭取の証言(2) (変人キャズ)
日銀局長から日債銀頭取に就任し、日債銀の粉飾決算疑惑 を問われて逮捕され、13年に及ぶ裁判の末に無罪を勝ち取った、 東郷重興(69)の意見が、      前回記事: ▲ ある元頭取の証言(1):[C-313]、 の内容だが、その意見は説得力がある。