二人のピアニストに思う

gooニュース、注目のトピックスで「フジ子ヘミングがNHK斬り」を見て自分でもブログを作り、発言したくなった。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

合理主義という異端

2013-04-20 20:07:08 | Weblog
身辺整理をしていて、2006年12月12日の新聞コラムの切抜きが
目にとまった。
「合理主義という異端」、の標題で “発信箱”という欄に
玉木研二が書いたもので、八原博通陸軍大佐の事績の紹介である。

『 八原は1902年生れで、栗林より11歳年下だが、
  二人には陸軍大学校を極めて優秀な成績で出、
  米国駐在で その国情や考え方を学んだ、共通点があり、
   それは、 陸軍にあっては異端、であった。
日本陸軍は、
昭和20年の沖縄戦も、硫黄島と同様に
            水際決戦は避け、地下壕司令部を中核に
     「敵に出血を強いて本土侵攻を遅らせる」
      長期持久戦体制に入った。  - - しかし ー
目覚ましい攻勢がないことに苛立った大本営に急かされて
   司令部は攻勢を決行、大損失を蒙った、挙句、
       持久戦を主唱した高級参謀・八原に
      「君の言う通りだった」、 と誤りを認めた。
6月、守備軍は壊滅し、自決前に上官は八原に、
  「戦訓伝達」、つまり戦いの経緯と教訓を、大本営に報告
         するための、脱出を命じた。
八原は民間人に変装したが失敗し、米軍の捕虜となった。

       戦後生還した八原に旧軍人らの目は冷たかった。
1981年に八原が死去したとき、
   葬儀に旧軍関係者はごく僅かだった 』


               とコラムに書いてある。

   ★ ★ ★ ★ ★

最近、私はキャズ君のブログ記事:
   ▲ 技術者の意思決定(1):[C-307][2013/04/15]
        を、共感を持って見たばかりなので、
   この八原の場合も同じだなあ、と感じ、人生の厳しさを思った。

なお、キャズ君のこの記事の続編:
   ▲ 技術者の意思決定(2)
[C-308][2013/04/16]
            は、私が先般書いた
   ▲ 大学設置認可問題(1):[A-160][2012/11/4]
            に、正に直結する内容である。
          あそこでも書いておいた通り、私は当時の
  田中文科相の判断に、諸手を挙げて賛同、すると共に、
   「君の言う通りだった」、という、
        沖縄の司令部が八原に送った言葉を
   田中文科相に、そのまま贈りたい。


   ★ ★ ★ ★ ★

余談だが、本日目にとまったコラムの筆者の玉木という人物を、
     私は嫌いなので文中に気に入らない箇所もある。
例えば、沖縄戦の戦況を憂慮した昭和天皇のために
   大本営が現地に圧力を掛けたような書き方があるが、
   話の本筋には関りの無いことだし、
   事実関係もどうであったか分からない。
このような無用な記述があるのは不愉快だが、
   話の本筋には誤りは無いのだと思うので、
   本記事にそのまま引用しておいた次第。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野中広務の発言 | トップ | 国民栄誉賞 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キン坊)
2013-04-21 01:48:19
2012年度(12年4月1日~13年3月31日)、沖縄タイムスの一般投稿欄に掲載された投稿は計2379本(「主張、意見」1611本、「論壇、寄稿」411本、「茶のみ話」357本)です。

投稿者年齢別の投稿数
10代  27  1.1%
20代  47  2.0%
30代 171  7.2%
40代 271 11.4%
50代 230  9.7%
60代 685 28.8%
70代 734 30.8%
80代以上 213  9.0%
不明   1  0.0%

投稿者の平均年齢は62.64歳。
10回以上掲載された人は、52人です。

掲載回数の多い方(敬称略)
第1位 渡真利善朋(44)豊見城市 45回
第2位 仲村直樹 (41)宜野湾市 39回
第3位 高安哲夫 (40)那覇市  38回
第4位 山根光正 (69)那覇市  29回
第4位 知念勇一 (71)嘉手納町 29回
第6位 大嶺よし子(68)豊見城市 26回
第6位 上治修  (50)福岡市  26回
第8位 鳩間用吉 (75)那覇市  25回
第9位 岸本定政 (65)糸満市  24回
第9位 比嘉寛  (65)那覇市  24回
第11位 池辺賢児(35)宜野座村 23回
第11位 幸地忍 (68)八重瀬町 23回
第13位 前田孝信(76)那覇市  21回
第13位 宮平亀一(94)西原町  21回
第15位 長浜ヨシ(86)読谷村  20回
第15位 町田宗順(71)沖縄市  20回
第17位 知念正行(74)伊江村  19回
第18位 阿部仁 (30)大阪市  18回
第18位 田場ヨシ子(69)那覇市 18回
第18位 長濱清信(75)うるま市 18回

Unknown (変人キャズ)
2013-04-22 02:08:28
技術者と言わず、生身の人間の行う判断と行動の難しさ、は深刻だと思います。 八原という人物のことは知りませんでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
崩壊の時代(2) (晩秋)
日本がドイツと違って戦後処理をしっかりとして来なかった、ことは、 何かの機会に論じられていたが、従来その議論は限られた有識者の範囲 での意見に留まり、現実社会に大きな影 ...