Someday-Somewhere!

海、川、山。自然の中で遊ばせてもらいながら、
その中で感じたことを素直に、写真と文章を通して表現していきます。

どっちつかず

2016-04-20 01:34:30 | ライトゲーム(メバル・アジなど)
この前、何かのテレビ番組で、
『私をスキーに連れてって』の原田知世の一場面が流れた。
思わず、可愛いなぁなんて思っちゃって。

そうしたら、その日の夢で、
なんと、原田知世が出てきて。

ところが、今現在の彼女の姿で…
夢の中であからさまにがっかりしたおうじろうです。






さてさて。。。






仕事が終わって、
島嶼部に向かう途中に、なんと地震が発生!



地震の前後って、
魚が釣れないって言うでしょ。
引き返そうかと迷ったものの、
すでに、市内を抜けようとしていたところだったので、
そのまま車を走らせた。
(その時点で、熊本が大変なことになってるとは知らなかった)




案の定、ココといった場所には、
先行者が入っているわけで、
ロッドを1本だけ持って歩いてうろうろ。

メバルの反応はあるにはあるのだけど、
すべてリリースサイズ。




時間がどんどん過ぎていき、
焦りを感じてきた頃に、1級ポイントが空いた。



常夜灯の照らす水面には団子状のイカナゴの群れ。
そこにセイゴが飛び込み、派手に飛沫を上げている。


セイゴの狂喜乱舞を横目に、
でかいメバルを求めて、リグをボトムへ流し込んでいく。
流れの感じはすこぶる良いのに、反応は返って来ない。



すると、足元が気になり出すわけで。




じっと海面を見つめていると、
セイゴに混じって、何やら太い影が現れては、
身体を翻して潜っていく。


あれって、
けっこうでかいメバルじゃない?



さっそく、ワームから、ミノー、シンペンやら、
ジグまで通してみるものの、
ベイトがうじゃうじゃいすぎて、その中に紛れてしまうのか、
見向きもされない。



その中心を外して、
明暗の堺から暗部の方を通すと、
まずまずの型が食ってくる。
だけど、釣りたいのはこの大きさではない。






この日は、カメラの充電が出来てなくって、
今にも電源が落ちてしまいそうで、
上の1枚を撮った後は、でかいのを釣った時のために、
撮影を我慢。




残された時間はわずか。



ふだんなら、ライズは無視して、
ボトム狙いに絞るのだが、
迷いが生じて、まさにどっちつかず状態。




徐々に流れが緩んで、
セイゴ、メバルのパーティーもひと段落、
イカナゴの群れも落ち着きを取り戻していった。


ボトムは最後まで反応が薄く、
表層付近に比べて、型も小さいという結果。











最後に、バッカンの中でまだ生きているメバルを出して、
写真を撮ろうとしたのだけど、あえなく電源が落ちてしまった。

でかいメバル、
釣れなくてよかったのかも(笑)




持って帰ったメバルにカサゴ、
当然だけど、煮つけも塩焼きも美味。
これは、また行かなくちゃと思ってしまう。


今度からは、
やっぱり、人が入らない場所に行こうっと!






珍しく頑張って中2日の更新!
お褒めのひとポチをいただけますか?(*´▽`*)
にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

季節の移ろい

2016-04-18 02:42:14 | トラウト(本流)



河原はすでに初夏の香り。






桜はすでにかなり散っており、
魚が釣れなかった時の楽しみも萎んでしまった。






2日前に雨が降ったとはいえ、水量はすぐに落ちてしまい、
前回の釣行時よりさらに厳しい状況。


それでも、わずかな希望を胸に川へと下りていく。





ルアーを流して流して、
時折、溜息をつきながら周りを見渡すの繰り返し。





周りの鮮やかな緑色が、
季節の移ろいが焦りを呼ぶ。
ワタシだけが置いて行かれるような気にさせる。



逆に、まだ茶色い風景の方が心が落ち着いたりして。





心が疲れてきた頃に、顔を見せてくれた優しいやつ。




桜が散って、サクラも散った春のある1日が終わった。






よろしければ、元気の源、
ひとポチを入れて行ってくださいな(*´▽`*)
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクラマスを追って

2016-04-05 01:59:23 | トラウト(本流)
待ち望んだそのときは、


前触れもなく、突如として訪れた。





ミノーが太い流れの間、緩流帯に入って、
バランスを軽く失った瞬間の出来事だった。


流れに乗って下る魚の強烈な引きに、
耐えるので精いっぱい。
青い青い空の下で、頭の中は真っ白…









なんて、



書き出しまでちゃんと考えていたのに、


そんなことは起こりもせず…(笑)





今日も、何事もなく、
ミノーは暇そうに手元へと戻ってくる。
上目遣いで、もうやめなよと訴えている。






ひと足早く、河原に戻り、蒼海さんを撮影。



同じく、何事もなかったようだ。




それでも、流れの中に立つのは気持ちいい。
まだ水温が冷たく、長い時間立ち込んでると寒くなるけど。







季節は着実に進んでおり、
2週間前に比べて、明らかに緑の割合が増えている。











本当に釣れるんかいなと疑心暗鬼で始めたサクラマス。
今シーズンでまだ2年目、釣行回数も数えるほど。

今のところは、フィールドが新鮮で、
楽しさが勝っているけれど、
いったいいつまで気持ちが続くのだろうか?














最後は、ワタシの釣り姿で〆(笑)







まだ追っかけてみますよー。
応援のひとポチをお願いしまっす♪(*´▽`*)

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Sakura Seazon Again

2016-03-31 02:23:41 | トラウト(本流)
あるコメンテーターの経歴詐称が
なんだか問題になってるようですね。

かつて、女の子に対し、
身長その他を少しサバ読んだことなんて、
本当に可愛いもんだと、
自分に言い聞かせているおうじろうです。






さてさて。。。





今年もまたサクラの季節がやって来た!




と言っても、
初出撃は、解禁してから約2週間後。





希望と花粉が飛び交う河原に降り立つ。



足元は下ろしたてほやほやのFoxfire。
まだ鮮やかさの乏しい風景の中で、
オレンジ色が際立っている。




3月とは思えない寒さにも、反応のなさにも、
初めてのフィールドだけに、辛さより楽しさの方が勝る。





この日は、初の河川、初の釣行ということで、
とにかく数多くのポイントを見て回ろうと、
気になった場所は下り道を探してうろうろ。


オナモミ。
ちっちゃい頃、“ひっつきもっつき”と呼んで、
投げて遊んでいたのを思い出す。




ゆったりとした流れに身を任すように
のんびりとラーメンブレイク。






結局、予想通り最後までサクラマスの姿は拝めず、
この日、ロッドを曲げたのは蒼海さんの掛けたニゴイのみ。








なんと、ウェダーに傷が入っていたようで、
じわじわと染みた水で中のズボンがびっちゃびちゃ。


そりゃ、寒いよね(笑)




それでも、小さな希望の花はまだ枯れず、
気持ちはすでに次の釣行へと♪










サクラへの願いが叶うように、
お祈りのひとポチをいただけますでしょうか?(*´▽`*)
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後の祭り

2016-03-18 02:13:48 | ライトゲーム(メバル・アジなど)
ACLのサンフレッチェ対ブリーラム・ユナイテッド戦、
いつものように呑みながらのTV観戦(録画中継)を楽しみに。

しかし、疲れていたのと、
すでに結果は知ってしまっていたのとで、
眠気が勝り、画面の前でうつらうつら。

目を覚ましては、また我慢できず…
で、結局、3点の得点シーンをすべて
見逃してしまったおうじろうです。






さてさて。。。





数日、冷え込んだ後の日。
普通に考えると、魚の活性が落ちる時。


止めておけばいいのに、
のこのこと家を出て、
わざわざ冷たい強風に身を晒す。



案の定、魚の反応は極めて薄く、
指は凍えて、まともに動かず。
来るんじゃなかったと後悔しても、すでに後の祭り。




そんな中で、ワタシの心を温めてくれた
銀色の優しいやつ。




ボトムを流せど、流せど、
ひたすら根掛かりの連続で…

普段はうるさいほどライズしている外灯下でも、
たまに思い出したかのように音がするのみ。











それでも、わずかばかりのチャンスはあったわけで。



ようやく捉えたボトムでの微かなアタリ。
逃してなるものかと瞬時に手首を返す。


しかし、伝わってくる重さは期待したものに程遠く、
力も気も抜け、ただただ惰性でハンドルを回していた。



一気に、ティップの角度が変わり、
手に伝わってくる重みが変わる。
しまったと思う間もなく、一瞬にして藻に化けた魚。




地形の変化の激しいこのポイント。
何のためにパワーのあるロッドを使っているのか。
何でボトムから引き離す前に気を抜いてしまったのか。



悔やんでも後の祭り。





痺れるような寒さの中、
癒してくれたきれいな魚たちに感謝…









さて、次回の記事では、
今年もあの魚にチャレンジ!





花粉に負けないように、
薬よりも効くひとポチをくださいませんか?('ω')ノ
にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加