一寸の虫に五寸釘

だから一言余計なんだって・・・

『この世界の片隅に』(映画)

2016-11-27 | キネマ
先に読んだ原作のコミックについで、映画も鑑賞。

原作のストーリーと抑えた日常描写の積み重ね、というスタイルを忠実になぞりながらも、アニメならではの演出でより胸に迫るものがあった。

コミックの原作で感動するとアニメはそれほどでもない、ということが多いが、これは映画、アニメとしての演出の+αを堪能できた。

能年玲奈改め「のん」も、本来のキャラなのか演技過剰にならず、主人公すずのイメージや妙にあっていた。


クレジットの最後にクラウドファンディングに応じた人の名前を(たぶん)全部載せていたが、こういうのはいいよね。

クレジットでいえば、映画では取り上げられなかったエピソード、たとえば遊郭のリンとの交流などを、クレジットの背景に使っていたのは原作を読んだものとしてはちょっとうれしかった。

映画『この世界の片隅に』予告編
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「後妻業の女」

2016-11-13 | キネマ
これも機内鑑賞

映画では誇張されているが、晩年における再婚と相続争いにかかわるもめごと--老人の財産が本人の死ぬ前から「相続財産」とみられていること、晩年の世話の寄与度の評価の難しさとそこに本人が不在であること、故人または危篤状態の名義人預金は引き出せないので当座の資金に使えないこと、遺言書の優劣--を描き出しているという意味でもいい映画だと思う。


予告編では大竹しのぶのインパクトが大きいが、豊川悦司の怪演も光る。


原作を読もうと思って買わずじまいだったのを思い出した。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『この世界の片隅に』(原作)

2016-11-11 | 乱読日記
11/12公開の映画のプレビューの評価が高いので、原作を購入
(実は電子書籍のデビューでもあった)


戦前から戦時中、戦後の日常生活を主人公のすずを中心に描く。
すずの少しぼおっとしたところが醸し出す日常の喜怒哀楽を重ねることで、「戦争」が歴史上の単発の出来事ではなく、日常から少しずつ奪っていくものであること、さらにその典型としての原爆が描かれている。

主人公すず役の声優がのん(いろいろあったらしいが)というのも、キャラがあっていて面白いのではないかと思う。

映画も見てみよう。




映画『この世界の片隅に』予告編
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ゴーストバスターズ』

2016-11-10 | キネマ
これも機内鑑賞(なので画面が小さいバイアスがかかってます)

女性活躍の映画。

ただ、本作はリブート版として1984年の「1」をなぞっているのが、インパクトを減じているのと、「女性が男と同じ活躍をする」文脈になってしまっているのが残念。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

2016-11-08 | キネマ
これも機内鑑賞(映画の性格から小画面バイアスはより大)

実際の大統領選は...だけど、前作同様、米国大統領に地球を救ってもらう映画。

興行上の中国への配慮とか前作との継続性からの二世・身内で固めたストーリーとか突っ込みどころ満載なのも前作同様。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『君の名は。』

2016-11-07 | キネマ
オッサンが映画館に行くのは気が引けたので、機内上映を幸いと鑑賞。

ハイゼット・デッキバンと綿半野原ビルがツボにはまって、何でも許せてしまった。


折かさなったストーリーを確認したり、わかっていながらラストの感動を味わうためにリピーターが出たり、細密な風景描写が聖地巡礼を生むのもわかる(オッサンはしないけど)。

新海誠のアニメは観たことないのだが、風景描写に加えて光線の描き方がうまいと思った。


中でも舞台になった飛騨高山はこんな盛り上がりを見せているらしい
「君の名は。」聖地凱旋フィーバー 映画館ない飛騨市で初上映会

飛騨高山で聖地といえば崇教真光世界総本山なんだが、それとは関係ないんだろう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ルーム』

2016-10-27 | キネマ
予告編がとてもよくできていて、本編どうするんだろうと思ったが、そんな心配は無用だった。

ネタバレはしたくないのであまり書かないが、予告編を見て「そのあとが大変じゃないか」と思ったのだが、実は予告編で描かれているのは前段で映画の主題も「そのあと」にある。
しかもそこでは現実の残酷さと人間の弱さと強さが見事に描かれている。

かなりおすすめ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『東京どこに住む?』

2016-10-25 | 乱読日記
もう10年以上前の話だが、共働きの女性の間で「子どもを産むなら12月に台東区」というのが流行っている、という話を聞いたことがあった。

当時台東区は、若年人口の減少が続いていたため、23区でも中学生までの医療費の無料化などの子育て支援ににいち早く取り組んでいた。また、12月に出産すると、4月の認可保育園の入園の申し込みにギリギリ間に合うので、子どもが生まれてから最短で保育園に入れることができる、というのが理由だったと思う。


本書は、東京で人気の場所は、かつての「西高東低」から皇居5キロ圏内の東側に移ってきた、というところから、人気の街の移り変わりとその理由を、「近接性」(コミュニケーションの密度が高いことによるメリットなど)をキーワードに解き明かそうとしている。


しかし、自分としては、冒頭の例のように、人々が人生のいろいろな局面において都市のメリットを最大限享受するために居住地の選択をするようになったことが、その根底にあるのではないかと思う。
「近接性」はそのメリットの一つではあるが、主要因ではないのではないか。


たとえば、ここ数年人気の湾岸タワーマンションにしても、職住接近や開発が進む新しい町に住む、というだけでなく将来の値上がり・資産形成という動機も大きいはずである(親の遺産に期待できる人などを除けば、資産形成も30代~40代においては重要なテーマである)。
湾岸タワーマンションについて言えば、物件としての魅力と値上がりの相乗効果があったからこそブームになったのだろう。

また、保育園について言えば、横浜市が待機児童ゼロ宣言をした途端に出産世代の人口が流入し、待機児童が一気に増えてしまったことが象徴している。


高度経済成長期は、流入する人口を支えるために都市政策によってインフラが整備され、それを大勢に従って享受することが個人にとってもメリットがあり、またインフレ基調の中では郊外の庭付き一戸建てを「あがり」とする「住宅双六」が成り立っていた。

しかし、住宅双六は、自分の売る住宅を高値で買う人がいないと成り立たない。それは、後続世代が減る少子化で、しかもデフレ基調の世の中では成立しない。
つまり、居住地や住宅の選択についても、大勢に乗っかっていてはメリットがないばかりか損をしかねないのが現在の状況である。

「湾岸タワーマンションは損か得か」「分譲か賃貸か」という議論が盛んなのも、こうした事情が背景にあると思う。


それに気づく人が増えた結果が、「人気の街」の多様化なのではないか。


ただ、「どこに住む?」とか「分譲か賃貸か?」という議論は、「自分の意見への異論=自分の人生の選択への異論」と受け止められて、感情的な対立になりがちなのが傍から見ていて残念。

自分にとって最適な選択をするために、いろいろな情報や意見を集めることができるのは、都会に住む大きなメリット。
だから、そのメリットを享受するためには、性急に「正解」を求めたり、感情的になったりせずに他人の意見を聞くのが、「どこに住む?」を決めるのにいちばん大事なんだけどね。


そういう読み方をするならこの本は面白いと思う。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『マネー・モンスター』

2016-10-23 | キネマ
「ウォール街の闇を暴く」という社会派映画ではなく「悪い奴and/orバカの男」に対して女性が活躍するエンタメ映画。


登場する男性の目論見がことごとく裏目に出るところが、いかにもありそうで笑える。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポケモンGOを1か月間やってみて

2016-10-01 | よしなしごと
世間のブームに約1か月遅れで8/29にポケモンGOを始めました。
ちょうど1か月が経ったところで「総括的な検証」をしてみようと思います。

1.現在のステータス
9/30時点LV25。無課金にしてはよくやっているのではないかと。
ポケモンは図鑑ベースで106/148を捕まえる(進化を含む)ことができました。




2.幸運だったこと
無課金でLV25まで到達できたのはいくつかの幸運が重なっていたと思います。



① 自宅から2~3km圏内に比較的大きな公園が3つある。
公園はポケモンの巣になっていて、移動距離を稼げてポケモンを捕まえるのにちょうどよいルートが3種類あったので、週末にかなり稼ぐことができます。

② 駅までの間にポケストップが10個ある
自宅から駅までの間の普通の通勤ルート上にポケストップが10個あり、毎日の通勤やちょっと駅周辺に買い物、という時に細かくXPを稼ぐことができます。

③ 電車に代替するバス通勤ルートがある
後で述べるように、バスは移動ツールとして強力なのですが、時間はかかるものの、近くから都心まで直通のバス便があり、バス+地下鉄での会社への通勤が可能です。
時間がかかるので早起きは必要ですが、かなりXP(と、ついでにポケモンを若干)を稼げます。



ただ、モチベーションとのからみで早起きをいつまで続けられるかという点が問題です。
また、万が一の時に(ポケモンのせいで)労災が出ないというのも間抜けなので、10月からは電車通勤に戻すつもりです。

3.ポケモンGOのメリット・デメリット
(1) 歩くのは健康にいい
最初の頃は上に書いた公園めぐりをジョギングがてら最大1日3か所、合計15kmくらい移動しました。
また、地下鉄一駅くらいの距離なら歩くようになったり、こまめに出かける動機づけになるので、そういう細かい積み重ねで運動量は増えます。

もともと6月の人間ドックで尿酸値がひっかかり、7月以降は、休肝日を設ける・水を1日2L飲む・運動量を増やす、ということをしていたのですが、ポケモンGOによる歩行量増加もあり、この3か月で体重が1.5kg減り、尿酸値もなんと1.4落とすことができました(具体的な数値は差し控えますが、それくらい減る余地のある値だったということではあります)。

(2) お店の新規開拓ができる
昼食時に遠出をして店の新規開拓をしたり、自宅からちょっと離れた話題のパン屋に行くなどの副次的効果もありました。

(2) コンビニ事情に詳しくなる
歩いていると給水のためにコンビニに頻繁に立ち寄ることになります。その結果、チェーンによる微妙な違いに気づきます。
ミニストップとデイリーヤマザキはQUOカードが使えない、ローソンだけはプライベートブランドの水がない、セブンイレブンのプライベートブランドでは炭酸水の方が天然水より安い、など、事情を掘り下げるとけっこうおもしろそうです。

(3) 他のことができなくなる
一番のデメリットは、時間を取られることです。特に、今まで通勤電車の中でしていた読書ができなくなるので、読書量は減りました。
もとからさぼり気味だったこのブログも、ほとんど休眠状態でした。

4.その他ポケモンGOに関する小ネタ
(1) バスは強力
移動速度が電車ほど早くないので、走行しながら沿線沿いのポケストップをタップして立ち寄ることができます。これによってXPと道具を効率よく手に入れることができます。
同時に移動距離も稼ぐことができます(厳密にはズルですが)。

移動距離はおそらく立ち寄ったポケストップの間の距離から算出しているようです。
電車やバスに乗ると「移動が早すぎるので制限します」という警告が出ます。この場合おそらくその間の移動は歩行距離としてカウントされないのだと思います。
ただ、バスの場合は沿線のポケストップの数が多いと立ち寄る都度リセットされるのか、一部(渋滞や低速走行のところ)は歩行距離としてカウントされるようです。
路線バスは立ち寄るポケストップの数を一気に増やすことができますが、停留所間が近くて比較的ゆっくり走るコミュニティバス(特にポケストップの多い都心のもの)は時間がかかるけどかなり強力なので時間があればお試しください。

バスに乗っていると、急にポケモンが現れることがあり、その際近づいているポケストップを選ぶか、ポケモンを捕まえる方を選ぶかの判断に迫られます。ポケストップをタップすると50XP、ポケモンを捕まえると100XP(ボーナス除く)なので、ポケモンを1匹捕まえているうちにポケストップを3つ通過してしまうと損をすることになります。なので、出てきたポケモンのレア度や捕獲難易度と、ポケストップへの接近度合、バス停での停車時間や信号待ちなどを勘案しながら選択することになります。この作業、「朝っぱらからなんでこんなことやってるんだ」と思う程度には集中力が必要になります。



(2) ゴルフ場はだめ
ゴルフに行ったときにやってみると、ポケモンはクラブハウス周辺で出るのですがポケストップがありません。試しにスマホをもってラウンドしてみたのですが、距離はまったく増えていませんでした。

(3) スマホのGPSの誤差 
スマホのGPSは日によって東西南北に若干ずれるようで、同じバスに乗っていても反対車線のポケストップに寄れたり寄れなかったりすることがあります。このへんはスマホのGPSの性能によって違うのでしょうが、日によって違うというのが新鮮でした。
また、GPSにも苦手な場所があるようで、たとえば銀座・日比谷間の日比谷線に乗ると、いつも混乱します。電波が錯綜しているのでしょうか?

(4) 電池は使うが通信量は多くない。
MVMOのスマホを使っているのですが、ポケモンGOだけだと月1GB未満で済みます(9月の通信量は0.88GBでした)。家ではwifi環境、外では動画は見ないので、ほぼポケモンGOの使用量といっていいかと思います。
また、低速モード(200Kbps)でもプレイしてみたのですが、若干動きは鈍くなるものの、支障なくできました。

5.今後の課題
今後の課題はモチベーションの維持。
いままで無課金で頑張ってきたので、「ふかそうち」などのアイテムが増やせないなかで、飛躍的に上がるレベルアップのためのXPを稼ぐには限界を感じつつあります。
また、技を厳選・強化してジムバトルというところまでやる気が出なければ、コレクターとして残ったレアポケモンを集めて図鑑のコンプリートを目指すという方向性かなと思ってます。
ただ、そのためにわざわざ遠方のポケモンの巣とか出没情報を求めて遠征する、という感じでもないなぁというところで、ちょっとペースダウンして違う楽しみ方を模索しようと考えてます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加