一寸の虫に五寸釘

だから一言余計なんだって・・・

『捨てられる銀行』

2016-09-11 | 乱読日記
2015年に森長官が就任して以降(正確には監督局長就任以降)、不良債権処理・資産の健全化一辺倒から企業の成長への寄与を評価する方向に舵を切った、金融庁の改革と地域金融機関の取り組みについてまとめた本。

状況が変われば監督行政の役割も変わる。
金融機関自身の破たんリスクを回避することが最優先だった金融庁の創設時から、一定の資産の健全性を得た現在は、金融機関は地域経済を支えるという本来の役割を果たすべきだ、と森長官は方向転換をした。
しかし一方で、今までの金融検査マニュアルを墨守することに汲々とし、協会保証によって審査能力も衰えてしまった地方金融機関が方向転換についていけずに混乱しているところも多い。
ただ中には、地方金融機関としての「本来の姿」を貫いてきた、または早い時期にモデルチェンジに成功した地域金融機関もあり、本書ではそれらについても取り上げている。


転換の方向性としては正しいのだろうとは思うが、一方で、今まで違う方向でギリギリと絞られてきた金融機関にとってはたまったもんじゃないだろうな、という気もする。
企業としては現状が行き過ぎの場合には急に風向きが変わった場合に備えるというのは必要だが、企業の存続自体が危機に瀕している中で厳格な資産査定で金融庁に飼いならされてしまった身としては、なかなか大変なんだろうとは思う。

不良債権処理・資産の健全化にしても、真っ当に経営してきたところは無事に乗り切れているわけだし、金融庁に言われなくても協会保証だけに頼らず自分の目利きで融資をしようとしてきたのだろう。

結局今回方針転換に右往左往するところは、金融機関としてしかりしていないところで、今回振り子を大きく振ることで、そういうところが結果的に振り落されても仕方ないと考えて入りうのかもしれない。


ところで、筆者はこの方向転換を評価しているのでそういう見方はしないのだろうが、これが純粋に地域金融機関の在り方を考えてのものなのか、政権の地方創生に乗ろうという金融庁としての大人の事情はないのか、というあたりの分析も欲しかった感じがする。

何年かたってみたら、地方創生・事業性評価の名のもとに野放図に融資が拡大し、結局一過性のミニバブルが起きてあとには不良債権が残り、数年後には振り子が元に戻ってました、ということにならなければいいのだが。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『マネー・ショート』

2016-08-11 | キネマ

公開中に見過ごしたのでDVDで。

結果が見えているストーリーなので、そこに至るプロセスをどう描くかが勝負になるわけだが、3人を狂言回しにして、バブルを謳歌しまたバブルと気が付かない投資銀行、格付会社やファンドのアドバイザーそして一般庶民を効果的に登場させることで面白い映画に仕上がっている。

ただ、合間に証券化やサブプライムローンの仕組みなどの解説を挟んでいるせいもあるのだろうが、全体的にストーリーのテンポが速いので、せかされる感じがする。

特に、いろんな種類の商品が出てくるので、住宅ローン債権の暴落に賭けた主人公たちが売りポジションを取るか買いポジションを取るかというのが商品によって違い、けっこう混乱する。
(そういう点ではDVDは途中で止めて家族に説明できるので便利)


バブルというのは、あとから見れば「何でおかしいと思わなかったのだろう?」と不思議に思えるものだが、熱狂の最中は気が付かない、または上昇している相場や成功しているビジネスを疑うのは難しい、ということを改めてわからせてくれる映画としては、見る価値はあると思う。



予告編は英語版の方が面白い、特にラストの部分が、大恐慌時のロックフェラーの逸話とかぶってよかったのに、日本語版ではカットされてしまっているので英語版をつけました。

The Big Short Official Trailer #1 (2015) - Brad Pitt, Christian Bale Drama Movie HD

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『シン・ゴジラ』

2016-08-07 | キネマ

観てきました。

同年代のオッサンには特に面白いと思うので、ぜひ観てください。

ネタバレなしで書くと抽象的な物言いになってしまうのだが、「虚」と「実」が大げさにおりまざった「特撮映画」の醍醐味を現在の技術で表現しているところが見事。

「虚」の部分はゴジラや特撮映画(をはじめとする昔の日本映画)へのオマージュが随所に感じられた。
実写とCGがうまく融合している一方で、あえて模型っぽく撮って特撮映画風にしているところなどもツボを刺激する。
エヴァンゲリオンは世代が違うし、この部分はそれぞれ詳しい人がいろいろ書いているのでそちらを参考されたし。
(総監督の庵野秀明といえば『アオイホノオ』に学生の頃の庵野が描かれているが、『アオイホノオ』の作者島本和彦(shimakazu)のシン・ゴジラ関係のTweetも面白い。)

「実」の部分のリアリティも、ツボにはまった。
冒頭のゴジラ登場のときに政府の緊急災害対策本部での議論やその後の各役所の対応などは真に迫っていた。
また、ゴジラが東京を蹂躙する中で、精密に再現された市街地がどのあたりかを確認したり、タワーマンションや高層ビルとの高さの比較は、ああ、こういうサイズなんだと妙に納得したりも面白い。



緊急災害対策要員の知り合いに話をしたら、実際の運用をかなり細かく取材しているのではないかという感想をもらしたので、ぜひ観るようにと勧めたが、常に携帯電話の通じるところにいないといけないので映画館はNGなんだとか。ご苦労様です。



『シン・ゴジラ』予告2

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ブリッジ・オブ・スパイ』

2016-07-23 | キネマ

これはDVDで。

冷戦時代の米ソのスパイ交換に活躍した弁護士を実話に基づく話。

弁護士(トム・ハンクス)とソ連のスパイのやりとりがいい。

困難な状況の中で信念を貫く、筋を通す、ということの難しさと尊さが描かれている。
情報はすぐに共有され、さまざまな言い訳の理屈が立つ現在だとこういう映画は成り立たない、または作り話っぽくなってしまうのかもしれない。

弁護士の交渉のロジックについてもそうで、おそらく最初だから成り立ったが「相場」ができてしまったあとでは難しいように思う。

細かいところは突っ込みどころも多い(*ネタバレも含むので末尾参照)が、登場人物のキャラクターの立ち方(CIA、アメリカの裁判官、東ドイツ側の交渉役など)やせりふ回しも面白い(コーエン兄弟も脚本に参加している)。


映画『ブリッジ・オブ・スパイ』予告編


* ソ連のスパイは「アメリカの民主主義を示すことが大事」といって死刑を回避させて禁固30年の刑になった一方で、ソ連に捕まった米軍飛行士は禁固10年で全然示せてないとことか、高高度を飛行するU2偵察機は絶対落とされないとか言いながらいきなりソ連のミサイルに落とされてしまう(そのへんの兵器開発の急速な進歩を端折ってる)とか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『グランドフィナーレ』

2016-07-21 | キネマ

原題は"YOUTH"。邦題とまったく逆なのだが、終盤に出てくる"Youth"というセリフが味わい深い。

かつて一世を風靡した老作曲家が、アルプスの超高級リゾートホテルで暮らしている。そこは世間から隔絶されていて、宿泊客も裕福な長期滞在者に限られている。

そこでの作曲家と友人の映画監督、役作りのために滞在している若手俳優などとの日常を追う中で、完全に引退したはずの作曲家に予想外のオファーが来る。


現役を引退した主人公への復帰のオファーというと、多くはしがらみ、義理人情、脅迫、金銭などが背景に絡み、復帰した後の活躍が映画の主題になることが多いが、本作は金も名声も手にし、引退の確固たる意志を固めている主人公が何を考えるかが中心になる。

心身ともに完全に引退している作曲家と、心の片隅に篝火の燃えカスがある映画監督のやり取りを軸に、ホテルの住民たちの暮らしを背景に静かにかつ象徴的な描写が進む。
とても静かな一方で、それぞれのシーンの意味を集中してみると疲れる映画でもある。


邦題は結果であり、原題は過程を現している。そして映画のテーマは過程だと思う。

予告編にもその違いが表れている。
日本版だとネタバレ、というかあらすじを追いすぎていて、妙な「感動作」にしたがっているように感じるので、本編を観るのであれば英語版だけをご覧になることをお勧めする。

Youth Official Trailer #1 (2015) - Michael Caine, Harvey Keitel Drama Movie HD

 

パオロ・ソレンティーノ×マイケル・ケイン!映画『グランドフィナーレ』予告編

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『Talvar』

2016-07-18 | キネマ

実際にあった殺人事件を題材にしたインド映画。

医師の自宅で娘が殺され、父親が容疑者とされ地元警察に逮捕されたが決定的な証拠がないなかで、本庁殺人科のベテラン刑事が捜査に取り掛かる、というシリアスな映画で、歌や踊りは一切入っていない。

初動捜査のずさんさ、幹部経由で現場に降りてくるマスコミからのプレッシャー、証拠収集の適法性、警察組織内の出世争い、刑事の仕事とプライベートの両立の難しさなど、刑事ものとしての要素はてんこ盛り。
構成が緻密なうえに、インドの国情や司法制度の特徴(地元警察のレベルの低さとか使用人がたくさんいるところとか)が織り込まれて、引き込まれる。

そして、カタルシスがないところもインド映画としては新鮮。


‘Talvar’ Official Trailer | Irrfan Khan, Konkona Sen Sharma, Neeraj Kabi, Sohum Shah, Atul Kumar

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『地域再生の失敗学』

2016-07-15 | 乱読日記

新書の対談本というのは、旬の人物を2人連れてきて旬のネタについて語らせて一丁上がり、のためか粗製濫造されがちで、豆知識の放談やヨイショし合いに終始するものが多いが、これはけっこうちゃんとしてる方だと思う。

本書は売れっ子経済学者(とか自分でも使ってしまうが定義ってなんだろう。「新進気鋭」というのもそうだよな)の飯田泰行氏が、地域再生にそれぞれ異なるアプローチで取り組むゲスト5人を選び、ゲストの講義+飯田氏との対談、という形式をとっている。
そのため、ゲストの考えの背景が対談の前提として頭に入るのでわかりやすい。

政府や自治体主導の地域再生が失敗に終わった反省を生かし、民間主導の地域再生にどうつなげるか、というのがタイトルを含めた本書の問題意識である。
なかでも複数のゲストが指摘しているのが、地方自治体の税収の構造の歪み。

固定資産税が特別措置による減免が多すぎるために、地価上昇と固定資産税の税収との相関関係が低くなっていて、最大の税収が地方交付税交付金であることが多い。
そのため自治体には独自に地方再生・地域経済活性化をしようとするインセンティブが働かず、中央とのパイプ作りに励むことになる。
その結果、中央官庁の全国一律の活性化策やそのための補助金目当ての事業を実施し予算を消化することが目的となり、税収や雇用を生み出す独自の施策が生まれにくい。

税収の構造を変えるというのは政治的にも相当ハードルが高いので、とりあえずは個別の自治体が民間の力や知恵を取り入れたりしながらこつこつ成功例を作っていくしかないのかなと思う。


ちなみに、飯田氏の研究テーマの一つとして「三大都市圏以外では人口30万人を超えると徐々に周辺から人を吸い上げる力が強くなり、50万人を超えるとこの流れは加速する」という仮説を披露しているが、これは自分の実感とも整合する。

自分の地域経済の活力を見るてっとり早い目安として「平日の日中に外を出歩いている人が多いか」というのがある。この境目がだいたい人口30万人にあたる。
ただしこの30万人は平成の大合併前の純粋な都市部という感じではあるが。
ちなみに県庁所在地でいうと人口50万人は宇都宮、松山(それぞれ51万人)と大分(47面人)、30万人だと秋田(31万人)と盛岡(29万人)が境界線になる(実際は大合併分を除くともう少しハードルが上がるが)。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『HARD THINGS』

2016-07-13 | 乱読日記

経営書というより戦記。

だからこそ面白い。

会社を経営の本当の困難は、簡単な答えや処方箋が存在しない部分にある。本当の困難は論理と感情が矛盾するところにある。本当の困難は、どうしても答えが見つからず、しかも自分の弱みを見せずには助けを求められないところにある。

じゃあそういう場所で著者がいかに企業家・経営者としてどう問題を解決し、または失敗したてきたか、というのが本書。

その中でも、経営者の選定、従業員の解雇または引き止めなどの人事的なことに触れている部分が非常に多い。
そこが一番論理と感情が矛盾するところだし、しかも立場によってそれぞれの論理も違うから一番難しいところなのだろう。

この点、日本だと雇用の流動性が乏しい大企業の人はピンとこないかもしれないが、中小企業やベンチャービジネスに携わる人には共感するところが多いと思う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『海街diary』

2016-07-10 | キネマ

 マンガを原作にした映画はがっかりすることが多いのだが、これは評判がよかったので機内で観たが、確かに面白かった。

4姉妹のキャスティングでほぼ勝負あった感がある。
さらに脚本もよくできている。

尺の制約のある中でエピソードを上手に盛り込みながら登場人物のキャラクターを際立たせるとともに、原作が現在も続いている中で一つの起承転結の作品としてまとまっている。
(しかも、続編を作ろうと思えば作れるような終わり方でもある。)

海街diary予告篇

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ヘイル、シーザー!』

2016-07-08 | キネマ

出張の機内で観た映画をパラパラと。

これは1950年代のハリウッド、「ヘイル・シーザー」という大作を製作中のトラブルをめぐるコメディ。
主役の俳優が撮影中に何者かに誘拐されてしまう事件を中心に、映画会社のよろず事故処理係が狂言回しとなってさまざまなトラブルに巻き込まれていく、という話。

当時のハリウッドの活況の様子や共産主義の浸透を背景に織り交ぜながら、コミカルかつ軽快に見せる。

キャラの濃い登場人物の設定といかにもな演技(ジョージ・クルーニーは安定しているし、スカーレット・ヨハンソンが「美人女優」を好演)がコーエン兄弟の作品らしく楽しめる。

舞台が撮影所なので、さまざまな映画の撮影風景やシーンが当時のハリウッド映画のオマージュのように取り入れられており、当時の映画に詳しい人にとってはより楽しめそうな感じもする。

共産主義については「赤狩り」のような負の部分は描かず、一つの流行としてコミカルに描かれているし、結果、現在のハリウッドの収益の分配についての皮肉にもなっているのかもしれない。

面白かったが、背景知識があればもっと楽しめたと思う。

映画『ヘイル、シーザー!』予告編

コメント
この記事をはてなブックマークに追加