一寸の虫に五寸釘

だから一言余計なんだって・・・

『真田四代と信繁』と大河ドラマ「真田丸」と池波正太郎『真田太平記』

2016-06-11 | 乱読日記
結局『真田騒動』のあと『真田太平記』にとりかかっている(現在9巻まで読了)

そのうちにTLで大河ドラマ「真田丸」の時代考証をしている丸島和洋氏の本が紹介されていたので、早速購入。

『真田太平記』と「真田丸」を並行していると、出来事の順序や人物の描き方、関係がかなり異なっていることに気づく。
気付く、というよりも、異なる史実を描いていると思えるくらい違うところがある。


『真田太平記』では高く評価されている信幸が、「真田丸」ではいつも割を食っている感じに描かれている。
タイトルからも、真田家の物語(『真田太平記』)信繁(幸村)の物語(「真田丸」)との違いもあるのだろうし、ドラマは毎回山場を作る必要があるので、三谷幸喜としては大泉洋のキャスティングと併せていじられ役として上手く使っているのだろう。


本書を読むと「真田丸」では最近の研究成果である「国衆」という概念を反映させていること、「国衆」と「大名」との違いなどがよくわかる。
一方で「真田丸」でもかなり史実を取捨選択したり脚色しており、『真田太平記』だけがフィクションに基づく娯楽小説というわけでもないこともわかる。

『真田太平記』は真田昌幸、信幸、信繁の武将の物語に「草の者」(=忍び)の活躍が縦横に絡んでくる。
一方で、「真田丸」は女性の存在感が大きい。
この辺は、双方のエンターテインメントとしての重きの置き所の違いだろう。

また、TVドラマはわかりやすい決め台詞が毎回の盛り上がりには大事だし時間の節約にもなるので必要なのだろうが、逆にちょっと鼻につくところもある。
その分小説は長さの制約がないので、登場人物の気持ちの揺れなどを細かく描写することが可能だし、背景の解説や余談の余地も大きいが、その分創作度が高くなる。

しかしいずれも、100年以上続いた戦国時代が終局にさしかかっているという時代背景の中でのそれぞれの戦国武将の生き様を描いているという点は共通している。
そして二つの物語の間の補助線(本来は史実をベースにしたこちらの方が中心軸なんですが)として、『真田四代と信繁』はとても興味深く読むことができた。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『仕事に効く教養としての「世界史」』

2016-06-08 | 乱読日記

先般ライフネット生命と一悶着あったので(参照:ライフネット生命様は拙ブログにご不満のようです。)、積読していた会長の出口氏の本を手に取ってみた。

いい歳してなんでこんな自己啓発っぽい書名の本を買ったのかは不明なのだが、出口氏の発言とか博覧強記ぶりは好きなので買ったのではないかと思われる。


結論から言うと、面白い本ではあるが「仕事に効く」かどうかは読む人次第。

この本は世界史を出口氏がどう再構成して理解しているかを語っている。
自分が不勉強なので最新の研究成果などを反映しているのかも知れないが、それ以外にも「現在に引き直せばこれこれ」というたとえ話が非常に多く、それが腹に落ちやすい。

ただ、それが「仕事に効く」かは別問題。

あとがきにはこうある。

歴史を学ぶことが「仕事に効く」のは、仕事をしていくうえでの具体的なノウハウが得られる、といった意味ではありません。負け戦をニヤリと受け止められるような、骨太の知性を身につけてほしいという思いからでした。そのことはまた、多少の成功で舞い上がってしまうような幼さを捨ててほしいということでもありました。

しかし、より大事なことは、見聞した経験を自分なりに再構成するという姿勢を学ぶことであり、本書の「世界史」を鵜呑みにすることではない(今まで知らなかった知識を得られるという部分はプラスではあるが)。

あとがきの末尾近くに、こうも書いてある。

冒頭に述べたように、この本は、僕が半世紀の間に、見たり読んだり聞いたりして、自分で咀嚼して腹落ちしたことをいくつるかとりまとめたものです。この本の準備のために読んだ本は一冊もありません。それが参考文献を特に明示しなかった理由です。

そのとおり、「咀嚼と腹落ち」という過程が一番大事。
そして経験を本当に「仕事に効」かせるには、本が書けるくらいまで顎と胃腸を鍛えないといけないぞ、と大先輩はおっしゃっておられる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『この世にたやすい仕事はない』

2016-06-05 | 乱読日記
仕事に燃え尽きて退職した30代半ばの女性が、ハローワークで紹介されるちょっと妙な仕事を渡り歩くなかで、仕事、働くということを考えるという話。

主人公が、ありそうでなさそうな仕事を渡り歩くなかで、それぞれの仕事の意外な展開を楽しンでいるうちに、気が付いたら気持ちのいい出口にたどり着くことができる。

「キャリア形成」とか「自己実現」とか逆に「ブラック」「非正規」というような大きな声、大きな物語でなく「壁と卵」のように肩に力も入れずに、身近でしかも虚実の境目にあるような柔らかい物語に仕上がっているのが読んでいて楽しい。


個人的には語り口がツボにはまった。
細かい点が気になるがそれは口に出さないでおこう、とかそれはここでは無視して進もうということは日常数多くあるのだが、そういうディテールにいちいちつっこむものの、饒舌にはならずに平熱で淡々と語るところが、面白さを倍加させている。
作者の津村記久子の作品を読むのは初めてなので(芥川賞作家だったことも知らなかった)、これが作者のスタイルなのかはわからないが、別の本も読んでみよう、という気分になる。


ここからは余計なお世話。

初出が日本経済新聞電子版に2014年5月から2015年3月とある。

電子版独自のコンテンツをアピールするなら、「日経○○」という個別分野の雑誌記事の引用やFTの記事ではなくこういうコンテンツをもっとアピールしたほうがいいと思う。
紙面でも、文化面は肩の力が抜けていて意外と面白かったりするんだし。

それに、初出が電子版のメディアだったにもかかわらず、初版後半年経っても電子版が出ないのも間が抜けているように思うのだが、作者の意向なのだろうか?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライフネット生命様はグーグル先生のマッチポンプに乗せられてしまったようです。

2016-05-03 | よしなしごと

前回の続き。

ライフネット生命の本間氏からコメントをいただきました。

re:弊社のwebサイトへのリンクに関して (ライフネット生命 本間)
              
2016-05-02 17:19:43

平素は、弊社をご紹介いただき、誠にありがとうございます。
また、先日は、突然のご連絡にて大変失礼いたしました。

今回のご連絡は貴ブログのみならず、指摘を受けたURLにつきまして
一律お願いのご案内を申し上げた次第です。

指摘されたURLにつきまして一律にご連絡を行ったばかりに、
「匿名のブログの主張よりは一律Googleの指摘を優先する」と誤解を与えてしまったこと、
不快な思いをさせてしまいましたことを、たいへん申し訳なく思っております。

指摘されたURLの中には、貴ブログをはじめ、なんら通常のブログ記事として
自然なものも含まれており、弊社としましても今回の指摘について困惑しているところも正直ございます。
※そういったところにまで配慮が行き届いていなかったことについても反省しております。

もし可能でしたら貴ブログ内の弊社サイトへのリンクにつきまして、
それぞれ、rel=”nofollow”を入れていただくこともご検討頂けますと幸いです。

※なお、指摘内容について、どの程度の影響度があるのか、nofollow対応でどこまでOKとなるのか
弊社でも掴みかねておりますので、今回のご連絡自体ご放念いただいても構いません。
お騒がせして申し訳ございませんでした。お手数をおかけいたしますが、今後ともよろしくお願いします。

書きぶりを見るに、ご本人もかなり混乱されているようですが、最後の「なお」書きがポイントのようです。

・Googleから指摘を受けたけどそれが会社のウェブサイトにどの程度の影響があるのかはわからない。
・改善策(だれが言い出したかは不明)らしきものはあるものの、どこまで有効かは不明。
・なので、このままでもいいです。

結局GoogleのSerch Consoleというのは「何か危険なリンクがあるけど、どの程度危険かは責任持たないよ、改善策も知らないのであとは自分で頑張ってね」ということしか言わないはた迷惑なもののようです。

ライフネット生命なら立派なweb管理者がいるので、こんないい加減なサービスを使わないか、少なくとも真に受けることはしないと思うのですが、そちらは本業の契約関係でいそがしいのでしょうか。


私としては「ご放念いただいても構いません」と言われたので、お言葉に甘えることにします。

re:re:弊社のwebサイトへのリンクに関して (go2c)
          
2016-05-03 17:29:54

ライフネット生命 本間様

ご連絡ありがとうございます。

コメント末文に
>※なお、指摘内容について、どの程度の影響度があるのか、nofollow対応でどこまでOKとなるのか
弊社でも掴みかねておりますので、今回のご連絡自体ご放念いただいても構いません。

とお書きいただいておりますが、影響度や改善策の実効性が不明ということであれば、お言葉に甘えてこのままとさせていただきます。



ちなみに (go2c)
            
2016-05-03 17:34:19

ライフネット生命 本間様

ちなみにリンクはgooブログの編集画面コマンドキーからしておるものですので、技術的な問題であればgooブログの事務局にお問い合わせいただいた方が早いかと思います。


マッチポンプに人を巻き込まないでほしいものですが、放置していたブログの更新ネタを提供してもらったと前向きに考えることにします。


PS

今回、返事がなかったらどうしようかとライフネット生命のウェブサイトを見たのですが、契約関係以外の問い合わせのメールアドレスがのっていませんでした(または見つけられなかった)。

ほんとに本間という人がいるのか、いたずらではないかと思い「ライフネット生命 本間」で検索してみたところ、下のページがヒットしたので、本間さんは実在するようです。

センス不要!クールビズスタイルをかっこ良く見せる3つのルール

元伊勢丹メンズ館のバイヤーで、現在は男性専門のファッションコーディネートサービスを提供する「ライフブランディング」の代表を務める吉田泰則さんに、ビジネスファッションに悩むライフネット生命の本間が、“夏のビジネス着こなし術”を伝授してもらいました。


本間さん、このリンクがまたGoogleのSerch Consoleにひっかかったらごめんなさいね。




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライフネット生命様は拙ブログにご不満のようです。

2016-04-30 | よしなしごと

またしばらく放置してしまっていたのですが、管理画面を開いてみると、めずらしくコメントがありました。

弊社のwebサイトへのリンクに関して (ライフネット生命 本間)
              2016-04-28 19:35:09

ブログ管理者様

お世話になります。
ライフネット生命の本間と申します。

今回、Google のSeach Consoleからメッセージが届き、
貴殿の弊社のwebサイトへのリンクについて、Googleの品質ガイドラインのうち、不自然なリンクに該当しているとの指摘がありました。

このままでは、弊社のwebサイトに悪影響が及ぶ可能性があるため、
大変申し訳ないのですが、弊社のwebサイトへのリンクを外して頂くことは可能でしょうか?

大変お手数をおかけして申し訳ございませんが、 ご確認を頂き、ご対応いただけましたら大変有難く存じます。

何卒、よろしくお願いいたします。

コメントの付いた記事はこれ

ひとりで死ぬ時代の生命保険

どちらかというとライフネット生命に好意的な記事だと思いますし、リンク自体もアフィリエイトなどは関係なく普通にリンクしているので、Google のSeach Consoleに何がひっかかったかよくわかりません。

Googleとそれを真に受けたライフネット生命の言いなりというのも気分が悪いので、(連絡先がなかったのでひょっとするといたずらかもしれないし)以下のコメントをお返ししました。

 re:弊社のwebサイトへのリンクに関して (go2c)
                
2016-04-30 14:23:06

ライフネット生命 本間様

貴殿からのお申し出はGoogle のSeach Consoleの指摘によるもののようですが、実際にごらんになってどこか不自然な点がございましたでしょうか?

私は貴社に何ら迷惑をかける意図はありませんし、上の記事・リンク自体もそのようなものだとは思っておりません。

具体的に不適切な点をご指摘をいただければ幸甚です。

または、貴社のスタンスとして、匿名のブログの主張よりは一律Googleの指摘を優先するというお考えなのでしょうか。

よろしければそのあたりについてもご教示いただければと思います。

以前、しばらく放置しているうちに、第三者からの申し出によりgoo事務局からブログを停止されてしまったことがあるので、

ブログを停止されました(1)
ブログを停止されました(2)
ブログを停止されました(3完)

念のためこれもほとんど使っていないgooのメールを開いてみたのですが、今のところ事務局からは何も言ってきてません。


とりあえず先方の返事待ちという状態なので、ブログは更新しなくても週末くらいは見てみようと思います。


(そのごの展開はこちら

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ガールズ&パンツァー 劇場版」4DX

2016-03-20 | キネマ

予告通り、観に行ってきましたw

かなり面白かった。

もともと戦車の振動や砲弾の着弾・通過など4DXの機能に合っていたので期待していたのだが、脚本も当初から4DXを意識して作られたと思われるほど水しぶきやスモーク、匂い、さらにはシャボン玉(これはアニメ的にはお約束w)など4DXをフルに使っている。

また、アングルが戦車内の時と外から見るときの振動の違いや、機種ごとにも振動を違えているなど相当凝っている。


ストーリーもTVシリーズの総まとめとしての劇場編というすみわけができているし、次への布石も打っているところが心憎い。


どうせ見るならまずはTVシリーズからご覧になることをお勧めします。



「ガールズ&パンツァー 劇場版」劇場特報



完全ネタバレなので、既にご覧になった方か見る予定のない方へ

総統閣下は早速、ガルパン劇場版を観た様です。-ニコニコ動画


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『真田騒動』

2016-03-18 | 乱読日記

池波正太郎の『真田太平記』の前の中編を集めたもの。

久しぶりに大河ドラマを観ていて、なら『真田太平記』を読もうかと思ったが、池波正太郎はなじみがなかったのと、12巻というボリュームに腰が引けて(保管スペースとか)、まずは小手調べ。

時代的には徳川の世になり、真田信幸(幸村の兄)とそのあとの真田藩の話。

「真田丸」だと幸村中心でちょっと融通の利かない真面目な長男坊という描かれ方をしている信幸だが、ここでは真田一族を生き延びるために父弟と分かれて徳川方につき、治世に腕を振るった名君として描かれている。

そして、世が降るにつれ、世継ぎにも出来不出来が現れ、徳川からの賦役や天災で疲弊していく藩の姿が描かれる。
そこが逆に戦国の世と違い、派手ではないが様々なドラマのテーマになるのだろう。

さて、『真田太平記』どうするか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則』

2016-03-16 | 乱読日記

自分が説明しても要領を得ないのでamazonの内容紹介から引用

日立製作所中央研究所で2006年に開発されたウエアラブルセンサ「ビジネス顕微鏡」による人間行動の研究が、 いま、人間・組織・社会の理解を根本から変えようとしている。
著者自身を含め、これまでのべ100万人日以上の行動を計測、その身体活動、位置情報、 センサを付けている人どうしの面会などを記録した「ヒューマンビッグデータ」が、 人間や社会に普遍的に見られる「法則」や「方程式」を次々と明らかにしているのである。
そのデータから明らかになる「法則」とはいかなるものか。 法則の理解は、私たちの生活や社会をどのように変えるのか。
世界を変えつつある新たなサイエンスの登場を、世界の第一人者が自ら綴る!

人間の身体活動をデータにとってみると、意外な法則性が見出される。
そして人間同士の関係、たとえば職場での情報伝達や売り場の店員の動きとの関係などが明らかになる。

興味深かったのが、「幸せ」の計測。

行動を起こした結果、成功したかが重要なのではない。行動を起こすこと自体が、人の幸せなのである。

人との共感や行動の積極性は人の「幸せ」を決めるものである。共感できたり、積極的だったりすると、その先に幸せが得られやすい、というのではない。共感できたり積極的に行動できたりすること自体が、人のハピネスの正体なのだ。

これは、成功(勝利・目標達成・自己実現etc.)しないと幸せになれないというドグマから自由になれるという意味で重要な指摘だと思う。

ビッグデータの解析は、ある状況と結果の因果を示すことはできるが、その機序ははっきりしないことが多いらしい。逆に、機序から類推する仮説検証型分析にはビッグデータ解析は向かないらしい。


ますますなんだかわからない方向に世の中が進んで行っているようだが、もともと未来や他人(や自分自身だって)よくわからないものなわけで、「ありのまま」を受け容れよう(結論に盲従するのではなく)、という姿勢は、かえって自分を楽にするかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『誰が「橋下徹」をつくったか ―大阪都構想とメディアの迷走』

2016-03-14 | 乱読日記

アメリカ大統領予備選でドナルド・トランプが躍進している。

今まで政治に取り残されてきた層の支持を得ていること、イデオロギーの一貫性よりは論点ごとに受けそうな結論を選んでいるところ、ツイッターの多用やメディアへの露出など、橋下徹と似ている--少なくとも類似点と相違点を分析するのは面白いのではないか--と思うのだが、それについて指摘しているマスコミはないように思える(あるのかもしれないが、大手メディアではないようだ)。


本書は、大阪府知事になってからの橋下徹に対してメディアがどういうスタンスをとってきたか、その結果メディアの側が橋下知事/市長を忖度するようになってしまったかを、関係者への取材をもとに検証している。

そこには、「怒鳴り返せば黙る」ようになってしまった「批判されたくない」メディアの姿勢、芸能人などの応援団が多く敵に回せない関西メディア、大阪には「政治部」がなく社会部が担当する体制、とりあえず数字が欲しいために政策でなく個人のキャラクター中心の番組作りになってしまうTVなど、さまざまな要因が重なり合っている。

いわば、橋下自身が視聴者の欲求を映すメディアでありつづけた、この6年間だった。


やはり、トランプの躍進と似ているように思うのだが、それは素人の短絡なのか。
それともメディアの自己規制--改憲をめぐる大阪維新と自民党の接近などの情勢も含めて--でもあるのだろうか?

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上村一夫×美女解体新書展

2016-03-13 | うろうろ歩き
弥生美術館で開催中のわが青春の「同棲時代」 上村一夫×美女解体新書展に行ってきた。

上村作品に登場する女性を中心にした展示。

そのほか、広告代理店時代のイラスト(アメリカンポップなタッチの絵!)や『ヤングコミック』の表紙のシリーズなど、劇画以外の作品や、阿久悠との交流、自作の中やドラマのちょい役で出演していた記録などもあり、充実していた。

今回のテーマと違い美女が主人公ではないが、『関東平野』に1コーナーがさかれていた--本人も一番好きな作品だったらしい--のも嬉しかった。


上村一夫の美女について「目の力」についての解説があったが、実は白目を見せる時の表情が、情念や恍惚や狂気を宿していて、いちばん怖いんだよな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加