豊橋のもみじ寺 普門寺 掲示板

愛知県豊橋市と静岡県湖西市の県境にある「高野山真言宗 普門寺」です。
行事の詳細・お寺の魅力を発信します!

「普門寺 今川義元公 判物」のご紹介!

2017年01月30日 20時03分44秒 | 文化財 ・寺宝

「普門寺 今川義元公 判物」

◇判物(はんもつ)とは?

室町時代~江戸時代にかけて、守護・戦国大名・将軍・大名・藩主が発給した武家文書の一つで、差出人の花押が書かれているものを指す。


①今川義元 判物 天文18年(1549)12月19日

駿河を本拠地とした今川義元公からの判物。

・宛先:船形寺、桐岡院の学頭坊

当時の普門寺が、西谷(元々堂):船形寺と東谷(元堂):桐岡院の2大拠点から成り立っていたことが分かります。

・内容:桐岡院・船形寺境内と寺領である、雲谷・岩崎の山林一帯は、政治権力の介入を認めない「不入権」と言う特権を古くから持っており、それを引き続き認めること、諸役を免除することなどが書かれています。

※今川氏の軍勢が三河に攻め入ったのは、天文15年(1546)の冬で今橋城(吉田城)を手に入れ、天文17年に田原城も押さえることも成功したとされています。


②今川義元 判物 天文18年(1549)12月19日

①の判物と同日に出されたものです。

・宛先:船形寺、桐岡院の学頭坊

・内容:かつての普門寺の2大拠点だった、船形寺と桐岡院に関わる決め事が3か条にわたって書かれています。

注目するのは、2か条目です。寺領からの寺役は、しっかり納入せよとるが、「余分の収入があれば、それで修理を進めるべきところ、近年は無沙汰にしているようだ。両寺が大破している状況なので、今後は学頭が差配して、修理の費用を活用するように」と書かれています。

この頃、船形寺と桐岡院は、天文2年に兵火のために寺が焼失した記録もあるように、寺が大破して修理事業もまともになされていない状況でした。

その実情を知った義元公は、この状況を戒め、今後は学頭が差配して寺役の余りを修理費に当てるように指示をしています。


③今川義元 判物 天文24年(1555)2月22日

・宛先:船形寺桐岡院

・内容:寺内のことに関する決め事を5か条にわたって書かれており、1条目には「船形山の学頭職については先師の遺言に任せて、覚源が後任となることに決まったので、本字や末寺はこれに違背してはならぬ」とあり、覚源自身が働きかけて義元公に判物下知を願ったことが推測されます。

その他、宛先が「船形寺桐岡院」と書かれていて、船形寺と桐岡院を併記する形になっていないことから、この頃には2大拠点からなる両寺並立の形が崩れて、1つの寺としてまとまるようになっていたことが推測されます。


◇普門寺所蔵の文化財・寺宝については、こちらをご覧ください!

三河・遠江の国境の至宝 重文の仏像や出土品・古文書が大集結! 

普門寺から「みうらじゅん×いとうせいこう 見仏トーク」で紹介された国重文の仏像・ポスターで迫力満点の表情をされている県文化財 不動明王像・市文化財など多数の貴重な仏像、出土品、文献を出展します!


〇みうらじゅん×いとうせいこう 見仏トークライブ@豊橋 普門寺

 

〇愛知県東三河広域観光協議会 作成動画 「普門寺 ~紅葉と文化遺産~」


〇普門寺の永代供養 「樹木葬(普門寺桜墓苑)・納骨堂(光明殿)」 

当寺に残る豊かな歴史と自然環境に魅力を感じ愛知県東三河地域の豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市だけでなく西三河地域の岡崎市、豊田市、西尾市や静岡県浜松市、湖西市などからもお申し込みを頂いています。

高野山真言宗 普門寺の永代供養(樹木葬・納骨堂)のご案内。

http://www.sunalix.co.jp/fumon/eitai-kuyou.html


人が出会い、心安らぐ場を目指してイベント開催中!

「普門寺TIME ~歴史と自然あふれるお寺で、心を休めてみませんか?~」

「住職と一緒に、うでわ念珠づくり体験」のご案内!

普門寺の大杉(豊橋市天然記念物)の部材と、生まれ年(干支)の守り本尊さまを表す梵字(インドの古代文字)の入った念珠玉を用いて、オリジナルのうでわ念珠を作ります。

 

「住職と一緒に、正絹組紐(しょうけんくみひも)念珠づくり体験」のご案内!

普門寺の大杉(豊橋市天然記念物)の部材と、生まれ年(干支)の守り本尊さまのお姿が入った念珠玉、カラフルな正絹(しょうけん)の紐を組み合わせて、自分だけの念珠を作ります。

作製する念珠の形は、宗派問わず使って頂けます。

男性用 (直径15センチ)

女性用 (直径13センチ)

 

「副住職と一緒に、和のフレグランス 塗香(ずこう)づくり & 写仏体験 or 写経体験」のご案内!

粉末にした白檀(びゃくだん)、桂皮(けいひ)などの香木・香料を調合して、オリジナルの香りを作ります!

左側:身と心を清めるお香「塗香」。 この講座は、右側の塗香を持ち歩く「塗香入れ」付きです

  

田中ひろみさん作、普門寺オリジナルの写仏体験。

写仏体験 or 写経体験のみ(塗香作りなし)でも参加可です!

  

 

普門寺境内への入寺・入山時間は、文化財保護のため午前8時~午後5時(10月~3月は午後4時30分)です。

普門寺境内への 入寺・入山時間のお願い。


高野山 真言宗 普門寺

愛知県豊橋市雲谷(うのや)ナベ山下7番地 

 TEL 0532-41-4500

普門寺ホームページ

http://www.sunalix.co.jp/fumon/

文化財・永代供養・樹木葬(桜墓苑)・納骨堂(光明殿)・阿字観・アクセス等は、普門寺ホームページをご覧ください!

facebook

Twitter

Instagram

https://www.instagram.com/humon_ji/

facebookページの「いいね!」、Twitter・ページの「フォロー」お願いします。  

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「普門寺 天文11年 本尊等... | トップ | 「普門寺 今川氏真公 判物・... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。