JKTS

被災地へ医療スタッフとして行ってきました。

短い間でしたが貴重な体験となりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6、ライフラインと絆

2011-03-23 16:50:16 | 皆様へ

18日夜



避難所の体育館に時間制限はありますが電気が復旧しました!!



電気がついた瞬間拍手喝采で嬉しくてみんなで泣きました。


全国で節電したから予定より早く復旧したそうで
本当に本当に嬉しかったです。
優しさが伝わりました。



被災地に到着した日は
雪が降り積もっていて現地の人が
「こんなときに雪が降って神も仏もいなくなったな」とつぶやいていたけど

神も仏もいない今、
優しい気持ちの生きてる人間がたくさんいるよ!!とちょっと胸をはれたような気がします。
でも本当に大変なのはこれからです。
これからも全国の優しい気持ちが広がることを願います。



ガスや灯油が届かなくて寒いのは変わらなかったけど、
夜に電気が灯っているだけでなんだかあったかくなった気分でした。




18日午後
震災が起きた時間14:46には手を止めて黙祷をしました。
サイレンが鳴り響いて
現地の人たちの涙を見て
1週間経過した時間に対して早く感じました。


1週間経過したことでメンタル的サポートも必要になってきたようにも思う光景も増えてくる。



相変わらず救急搬送患者や入院が必要な被災者が増えていく一方、
救急車の燃料切れや
受け入れ先病院を探してもどこも満床、少なくなっていく医療物品、
新たな問題も山積みになり何度も立ち尽くしてしまいました。
そういう問題にぶつかるたびに弱気になったけど気持ちは常に強く。



救急患者対応だけでなく
避難所の血圧測定と健康相談、
現地ナースに休んでもらうために入院病棟の患者の処置や巡視、
エレベーターが止まったままなので食事の配膳時には5階建て階段の往復、
時間が少しでもあいたら火をおこしてお湯を沸かす、
1日が24時間では足りないくらいでした。


寝る時間が2時間でも
横になりながらこの時間も何か有効につかえないか考えていました。

こうして記録して現状を報告することしか思いつきませんでした。




電気がついただけなのに
全国で節電をしたみんなのことを思うと絆で結んだ電気に思えてすごく明るくあったかく電球が見えました。


頑張りがこうして形になって見えると俄然自分ももっと頑張らなくてはと背中を押された気持ちになります。

ジャンル:
モブログ
コメント (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7、瑠奈チャン | トップ | 5、消えてく命、生まれてくる命 »

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気持ち、つながる (wani)
2011-03-27 22:48:27
ちょうど同じ時間帯に、北海道で「ヤシマ作戦」のポスター(ネットからおとしたそうです)が貼られているのを見て「みんな、つながってるんだ」と思っていました。

そうやって集めた(節電した)電気が、陸前高田の灯になっている!

みんなの想いが届いたような気持ちになりました。


…俺たちも頑張ろう!!
http://ivt.org/~quake_traffic/
Unknown (ma)
2011-03-28 07:23:59
首都圏を中心に行われている節電は被災地のみなさんのためにやっているわけではありません。
東京電力の管轄である火力発電所や福島原発が機能しなくなり電力供給量が減ってしまったことによる首都圏大規模停電を避けるための節電です。
被災地で電気が復旧したのは節電のおかげではなく東北電力のおかげです。
6) Lifelines and bonds (anonymous translator (English))
2011-03-28 13:29:11
DISCLAIMER FROM THE TRANSLATOR: While I do speak English, I know nothing about medicine. These are rough translations made through tears. Please take all medical details with a grain of salt. This translation has not been proofread and may be revised on a later date.

==================================

March 18, nighttime

There is a time limit, but the gymnasium operating as an evacuation site has electricity once again!!

The moment the lights came on, the whole gymnasium was full of applause and we all cried tears of joy.

Thanks to the conservation of electricity in other parts of the country, it recovered sooner than expected. I was really, really happy to hear this. The kindness of others really came across.


When I arrived in the affected area, there was snow on the ground and people were mumbling,
"Snow at a time like this―there is no god here any more."

I felt confident in thinking that there may be no god, but there are living human beings with kindness in their hearts, plenty of them, too!! But the real difficulty is still ahead of us. I can only wish that this kindness will continue to spread across the entire nation.


There is no gas or kerosene and it is still cold, but I kind of felt warmer just from the sight of the lights being on at night.


March 18, afternoon

At 2:46PM, the hour when the earthquake struck, I paused to spend a moment in silence. A siren rang through the air, and as I saw the tears on the people's faces, I felt that the week had gone by very quickly.

Since one week had passed, there have been more and more scenes where I feel that support in the form of mental care is also necessary.


The number of patients being brought in by ambulance and disaster victims requiring hospitalization is only increasing. At the same time, the ambulances are running out of fuel and hospital beds are full everywhere. Medical supplies are running short, and new problems are abound. I felt overwhelmed so many times. Each time I was faced with these problems, I felt discouraged but my will is standing strong.


Not only did I need to see ambulance patients, I also needed to measure the blood pressure and offer health consultations in the evacuation sites, look after hospitalized patients in order to have the nurses there get some rest, walk up and down the stairs of a five-story building to distribute meals because the elevators are not working, if I have any free time at all I would build a fire and boil some water―twenty-four hours were not enough in each day.


Even when I had two hours to sleep, I would lay there in the dark, thinking about whether there's any way to use this time effectively. The only thing I could think of was to record and report this situation as I am doing now.


All it is is that the electricity is back, but when I think of all the people who conserved electricity, it feels like the electricity was generated by a bond between the people, making each lightbulb look very bright and warm.


When everyone's effort takes shape in a visible form like this, it makes me feel like I've been pushed forward to work harder than ever before.
Unknown (とに)
2011-03-28 21:40:42
お疲れ様でした。
私は、あなたと同じく午後2時46分に岩手県の大槌町で救助活動中に1分間の黙祷を行っていた消防隊員です。
阪神淡路大震災の時と同じ類の強力な無力感におそわれました。
その時、隊員のほとんどは涙していたと思います。
あなたはできることを精一杯やったのです。
くれぐれも、もっとできたはずとかああすればよかったとか思い詰めないでくださいね。
それは、我々が一番感じたことなんですから。
Unknown (はなざかり)
2011-03-29 05:56:40
現地の生々しい現状がよくわかりました。
現場の看護しさんの素晴らしい救護の様子が
伝わりました。
何も出来ない私ですがこのように働いてくださる方々に感謝いたします。
これから清掃パートです。
帰ってきてから続きを読ませていただきます。
これだけは言わせて下さい。 (石巻の住人です。)
2011-03-29 14:22:09
来て下さってありがとうございます。
皆様のような方々に支えられて、今があるのだと思います。

でも、これだけは、訂正して下さい。
お願いします。
首都圏の計画停電は、首都圏の方達のためのものです。
東北の福島の電気は、東北電力です。
福島の方達の惨状は、東京電力を使っている方達のために起きたことです。
計画停電は、首都圏の方達のためなんです。
こちらに電気がついたのは、
東北電力とそれを支えてくれた方々のおかげであることをわかって下さい。伝えて下さい。
お願い致します。
Unknown (シアワセノシズク)
2011-03-29 17:07:29
東京電力エリアの計画停電、節電は被災者の方々のためではありません。
それは関東に住んでいる私も知っています。が!知らない方々が多すぎる!関東の方々はもう少し自分たちの街が、家が、使っている電力の一部が新潟や福島にある原発から送られているということを分かった方がいい。これから先、福島の原発は廃炉でしょう。節電は自分たちのためです。頑張りましょう!

東北電力の方々もこのBlogを書かれているあなた方のように不眠不休で頑張ったんだと思います。そして女川原発(地元に近いのです)で問題が起きなかったことも…とても救われます。
おつかれさま (やっきー)
2011-03-29 22:03:26
資源を無駄にしないことも支援のひとつかもですね。
「ありがとうって何度でも言うよ」BY愛はタカラモノ
Unknown (イル)
2011-03-31 13:55:26
記事を全て読ませてもらいました。一個人として敬服いたします

電力関係のコメントが見受けられますが、これらの記事はあくまで個人ブログであって電力会社の公式HPでもなければマスメディアのように発信して事実を多人数に報せるものでもありません

事実をコメントするのは良いと思います。ですが訂正を要請することはカンゴンさんの目で見て、耳で聞いた真実が歪曲される可能性があります。

事実は別のところで発信されるほうが良いと思います

出版社のコメントもですが‥やはり利益が絡んでくるとライターが話を上手く膨らませて(事実であっても)真実以外の内容が出てくる恐れも考えられます

これだけの反響があるのは美化も飾りもされていないカンゴンさんが実際に目で見て耳で聞いて、感じたことを率直に文章にされてるからではないでしょうか


私のコメントも含めてですが多数のコメントにカンゴンさんが疲弊されないことを願います
Unknown (アメリカより)
2011-04-01 14:26:26
今回初めてBlog読ませて頂きました。”泣かないという約束””昨日よりは絶対前に進んでいる””赤ちゃんは明日への希望””節電の絆でともった灯り”どれもこれも私の心に深く焼きつきました。世界中の人が日本の為に、被災者の方々の為に何かをしたい!そう思ったところで、現地へ直に足を運んで行動される方々はほんの一握り・・・。その中の1人である貴女に私は心から尊敬の意を表します。そして心より深く感謝致します。ありがとうございます!
ライフライン (さとう)
2011-04-02 08:24:39
首都圏で行われている計画停電は、被災地の方々のためではありません。
計画停電を実施しないと、使える電気量をオーバーしてしまい、大停電が起こってしまうからです。
「被災地の人のために節電します。」
というのは、東北に住む者として恩着せがましいです。
ライフラインが復旧したのは、東北電力・協力会社の方々が電線を直したり、電柱のチェックをしてくれたからですよ!
Unknown (しまなお)
2011-04-02 08:42:44
気仙沼市民です。となりが陸前高田です。あのきれいな海岸線を三陸一丸となって復興させます。さて停電の件。こちらも当日のラジオ第一報は「全国の皆様の節電と電力会社のかたにより電気の復旧の見込みが早くなりました」と流れていました。翌々日くらいに訂正されたのかな? リアルタイムで書かれていた内容なので仕方ないのでは。まだ気仙沼もガスが来ていない地域もあります。ストレスを発散出来る何かを近頃探しています。まだまだ腐らずに復興してみせます!
Unknown (西日本より)
2011-04-03 03:34:32
西日本は地震による被害は受けていない。
ただ、中部電力も関西電力も九州電力もHPを見ると節電と省エネを訴えかけている。理由はエネルギー需要の逼迫が予想されるからというもの。
西日本の電力を東日本に直接送電するには50Hz/60Hzの周波数の違いがあるため、少ない電力しか送れていない。
このこともあって、西日本の節電は無駄だと言う人もよく見かける。
でも、石油類を西日本から大量に関東や東北送っていること(別に余剰でも有り余ってる訳でもない)、食料飲料メーカーを始めとする工場は24時間フル稼働で緊急増産体制に入っていること、その分家庭や企業でも節電して電力需要を減らそう努力としている。
オフィスでは最低限の照明でコンビニに行けば看板も屋根や外壁も真っ暗で外食産業も吉野家なんか暗すぎて休業してるのかと見間違えそうになる現状。

無駄だと唱えるだけで何もしない人ばかりではないのですよとだけ言いたかった。
kandousimasita! (takemoto)
2011-04-04 16:08:31
subarasii
kamisama mo hotokesama mo

mitekureteirunodesuyo!
ありがとう (千葉)
2011-04-05 14:24:59
自分は岩手出身、東京在住です。
実家は大丈夫でしたが、沿岸で何人か、一族が飲まれて亡くなりました。
何も出来ない自分がすごく悔しいです。

本当にありがとうございます。
Unknown (真偽)
2011-04-09 06:05:29
>「こんなときに雪が降って神も仏もいなくなったな」について
この人が信じる神がどんな奴かは知らない。
ただ先祖が神に該当する人々がいる、その人達も復興支援に参加しています。
その他に偽神に該当する連中も参加しているけどな…。
まあ地域や時代によって言われ方は変わるけどね。

それからプログご苦労様です。色々勉強になりました。
書籍について完全に出すなら個人出だすしかないと思う。
ドイツ語圏より (Unknown)
2011-05-23 08:05:35
6. Bedürfnisse des Alltagslebens und „Kizuna“ (Verbundenheit)

18. März, Mittenacht

In der Turnhalle, die als Notlager verwendet wurde, hatte man wieder Strom, aber stundenweise wurde er wieder abgeschaltet.

Als das Licht angemacht wurde, applaudierten wir alle und weinten vor Freude.

Da im ganzen Land Strom gespart wurde, konnte er uns früher als geplant wieder zur Verfügung gestellt werden.
Wir waren wirklich froh darüber.
Das Licht übermittelte uns menschliche Wärme.

Als ich hierher kam, lag in dieser Region noch viel Schnee.
Damals hatten die Bewohner resignierend gesagt: „Es geht uns so schlecht, und jetzt schneit es sogar noch.
Haben uns Gott und Buddha verlassen?“

Mag sein, dass weder Gott noch Buddha bei uns sind, doch es gibt immerhin viele gute Menschen. Dieser Gedanke tröstet mich ein wenig.
Aber wir haben noch schwierige Zeiten vor uns.
Ich hoffe, dass die Menschen im ganzen Land immer mehr daran denken, füreinander da zu sein.

Es war immer noch kalt, weil es keine Gas- und Brennstofflieferungen gab,
aber ich fühlte eine Wärme, als ich das Licht brennen sah.

18. März, Nachmittag
Um 14:46, zur gleichen Zeit wie das Erdbeben, ließen wir die Arbeit ruhen und legten eine Gedenkminute ein.
Es ertönte die Sirene und wir sahen die Tränen der Einheimischen und hatten das Gefühl, dass die Woche seit dem Erdbeben wie im Flug vergangen war.
Eine Woche nach der Katastrophe verstärkte sich immer mehr der Eindruck, dass auch psychologische Betreuung notwendig sei.

Die Zahl jener Betroffenen, die einen Krankentransport benötigen oder in ein Krankenhaus aufgenommen werden müssen steigt weiterhin. Währenddessen tauchen ständig neue Schwierigkeiten, wie mangelnder Treibstoff für Ambulanzwägen, zu wenig Krankenhäuser mit Aufnahmekapazitäten in der Nähe sowie zur Neige gehende medizinische Bedarfsartikel, auf, für die keine Lösung in Sicht ist.

Der Tag müsste mehr als 24 Stunden haben. Innerhalb eines solchen Tages kümmern wir uns nicht nur um die Notfallpatienten, sondern messen auch Blutdruck und beraten die Menschen an den Katastrophensammelplätzen in Gesundheitsfragen, führen Behandlungen und Kontrollbesuche bei den Patienten der Krankenstation durch um die ortsansässigen Krankenschwestern zu entlasten, servieren Essen in den fünf Stockwerken des Krankenhauses, obwohl der Aufzug noch nicht funktioniert, und wenn es sich noch irgendwie einrichten lässt, machen wir Feuer und erwärmen Wasser.


Auch wenn ich jeden Tag nur für zwei Stunden schlief, dachte ich, wenn ich mich hinlegte, darüber nach, wie ich auch diese kurze Zeit effektiv nützen könnte.

Aber das Einzige, was mir einfiel war, alles, was ich hier erlebte, aufzuzeichnen und euch da draußen über die Lage hier zu berichten.

Das Licht funktionierte wieder und ich dachte an all die Menschen, die dies ermöglichten, indem sie landesweit Strom sparten, und ich konnte das Band spüren, dass uns verbindet und das Licht erschien mir außergewöhnlich hell und warm.

Und zu sehen, wie sich alle Japaner bemühten, ermutigte mich, mich selbst noch mehr anzustrengen.
UGG (UGG )
2011-08-16 23:52:58
UGG,アグ,UGG ブーツ,UGG 通販激安,正規品保証UGGAYA は UGG,アグ ブーツ,UGG 激安店舗です-人気 UGG,ugg australia classic,UGG 正規品 激安,当方はugg ムートンブーツと ugg ニットブーツを提供しています、主なは レディス ugg ブーツ和キッズ ugg ブーツです、ugg ムートンブーツは履き心地が
頭が下がります (Someone)
2011-08-22 00:29:32
仙台在住の者です。
私の働く業界特性により、震災後の3月12日から昼夜分かたずお客様の復旧に向けた活動を続けておりましたが、カンゴンさんほどの頑張りもしておらず、全く以て頭の下がる思いです。

不本意ながら津波被災地への直接支援は出来ておりません。やっとガソリンが入手できた4月3日に、子供の頃から慣れ親しんだ名取市閖上へ行ってみましたが、あまりの惨状に体が震えてしまい途中で引き返してしまいました・・
今でも足がすくんで海岸線には行けません。
#高田の松原のきれいな砂浜の、今、を想像するのも怖いのです。

私の義理の両親も、命は助かり家は残ったものの、家財の全てと車を流され、震災直後は困っている人同士で分け合ったり、助け合ったりして命を繋いできたそうです。
カンゴンさんはじめ、色々な方々の現場での支援や努力、被災者に寄り添う頑張りが、日本中の希望になったのではないかと思います。

話を変えますが、電力会社さんも私たちのお客様のひとつです。節電に関するコメント、色々あるみたいですが、みんな、事実です。
カンゴンさんが聞いたことも事実、東電が供給地域内での大規模停電回避のために計画停電をしたことも事実、西日本から東日本に燃料を大量供給したことも事実、東電が供給エリア外にしか原発を持っていないことも事実。(東電は通常状態であれば40%弱ほど原子力に依存している、とか、関電も供給エリア外の福井県にしか原発を持っていないとか、関電は原発依存度が50%とか、東北電力も東電の原発が稼働していれば優先的に電力融通を受けられる、とかの事実もあります。)

フクイチ、というものすごく大きな問題は残っていますが、津波で滅茶苦茶になった広野火力を全力で復旧させた東電、震災発生40分後には送電網・配電網復旧に向け、新潟から応援部隊を出発させた東北電力(現場側から、応援に行こう、ということで出発したらしいです。)のゲンバの底力は驚くべきものだと思います。

正にリアルなゲンバで懸命な活動をされたカンゴンさんを日本人として誇らしく思うと共に、カンゴンさんが直面した被災地を支えた別のゲンバが、被災地支援のためにそのゲンバそのものの復旧を全力で成し遂げたり、全力で被災地支援に向けた運営を行うゲンバがあったり、と、日本はまだまだ捨てたもんじゃない、という気持ちになります。

そのような気持ちを起して下さったカンゴンさんの頑張りに敬意を表すると共に、この事実をストレートに伝えて下さったことに、本当に感謝したく感じます。
UGG ブーツ 店舗 (UGG ブーツ 店舗)
2011-12-12 16:11:33
通りをUGG ブーツ 店舗に完璧な月光を、見つけて、UGG ブーツ 新作私と一緒に移動する。トリーバーチ ブーツ 新作が別れることはない、トリーバーチ 靴 店舗は贅沢を持ってくるのを忘れる。
monclerray@gmail.com (モンクレール サイズ)
2014-12-01 01:12:40
モンクレール サイズ <グリコ恐喝>「怪人28号」名で脅迫文 容疑者を逮捕
http://www.moncler-ray.com/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む