JKTS

被災地へ医療スタッフとして行ってきました。

短い間でしたが貴重な体験となりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5ヶ月

2011-08-12 17:54:42 | 皆様へ
震災から5ヶ月が立ち
寒くてバスタオルに包まって凍えていたあの日から
今の猛暑日が続く毎日を過ごしていると
時間の流れや季節の移り変わりを感じます。


定期的に送ってもらえる被災地の映像や写真はあの日から大きく変わることはなく、
まだ5ヶ月、もう5ヶ月と月日のとらえ方も変わっていきます。



医療支援に行かせていただいた陸前高田の避難所も閉鎖になり
皆が仮設住宅や他に引っ越して行きました。


起きてしまった災害に怒りと悲しみをぶつけようがなくみんなで涙を流した避難所。


そんな中、再会出来て喜びと安堵の涙を流した避難所。


これからのことを皆で話し合い途方に暮れた避難所。

途方に暮れた中でも
小さな希望や幸せを見つけたり探した避難所。


寂しいときも誰かが必ず気が付いてくれて寄り添った避難所。



そんな避難所が閉鎖になるのは寂しい気持ちもあり、
皆が仮設でも住まいを確保出来た嬉しさもあるけど
避難所がなくなったことで「これから」訪れる孤独や不安に対する気持ちの持っていき所やそれに対するケアが行き届くことが出来るのか
問題や課題も山積みで心配です。


私達の役割や存在ももっと見つめ直していかなくては。



お盆の時期できっと犠牲になった方々の御霊が天国から帰ってきているはず。



きっと大切な人のそばで花火を一緒に見ていたと思うし
そっと背中を押してくれていると思います。




5ヶ月もたてば色々と状況は変わり、
私の周りの環境も少しずつ変わって来ました。

その環境に我慢出来ずに
このお仕事を辞めようか迷っていたりしました。


でも、そんなときに
コメントを見ると頑張ろう!!という想いが強くなりました。



また被災地に行く約束も果たせてないので、
それも年内には実行しなくては!!


もっと勉強もしなくては。
ジャンル:
モブログ
コメント (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 被災地からのお手紙 | トップ | 半年。 »

35 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (HM)
2011-08-12 23:10:06
職場の先輩に紹介されて読んで、今までコメントはしませんでしたが、涙を流しつつ、気を引き締めて自分の関わり方で震災復興に、と思っていました。
しばらく記載もなかったようで、自分もたまたま今日、当時自分が仲間にこのブログを紹介するために書いたメールを見つけて、このページを久しぶりに見てみて、ちょうど今日しばらくぶりに書かれたようですね。
仕事をやめようと思われたとの言葉、状況わかりませんが、被災地で経験されたこと、何らかの形で活かしていただきたいと希望します。
このブログを読んで、いろいろと思い、気づかされた人がたくさんいますので。
他人事のように聞こえたらすみません。
Unknown (Unknown)
2011-08-13 00:51:22
先日、被災地へボランティアに行ってきました。
直前になって、自分なんかが現地へ行っても何の役にもたてず邪魔になるだけでは、、、と迷っていた部分もあったのですが、気持ちを入れ直すために、もう一度ここのブログを読み現地へ向かいました。
実際、現地でどの程度のことができたのか自分ではわかりませんが、ボランティアに参加できてよかったと思っています。迷っていた自分にこのブログで背中を押してもらったおかげです。ありがとうございました。
Unknown (タツミ)
2011-08-13 09:10:53
はじめまして。医療支援の記録以来、読ませて頂いてます。折に触れ、震災を忘れず、その時その時の気持ちを書き残されていることが凄いなと思いました。そういう丁寧な気持ちの方がいることが、復興を後押ししていくのだなと思いました。自分も日々、震災で感じたこと思うこと出来ることを続けていきたいと思います。
初めまして (sat)
2011-08-13 09:29:05
貴重な体験談を教えて頂きありがとうございます。
未だ被災地に行くことも叶わぬ状態の自分ですが、片時も忘れることなく、何か役に立てることはないか、常に考えていたいと思います。
あれから5ケ月 (アルママ)
2011-08-13 12:52:37
初めまして。イギリスの方のブログより、JTKSさんのブログを拝見したのが3月でした。
私共はテレビ、新聞でしか知る事のできない状況でしたが、想像以上の現地でのお仕事、自分は何をすればいいのだろう・・・募金はしました、節電も続行しております。人に対する思いやり、JTKSさんを通じて気づかされる事が多すぎて。反省しております。
これからも東北へ行かれる事がおありでしょう。どうぞお体大切になさって下さい。瑠奈ちゃん、再会してお母さんの分まで抱きしめてあげて下さい。
お盆 (おはな)
2011-08-13 17:11:32
ほんとにそうですね。お盆でみんな、帰ってきてくれて、そうして寄り添ってくれていますね。
昨日、第一中学校の非難所が体育館に戻るというニュースが流れました。
子供たちに早くに体育館を返せてよかった、と明るく言われながら掃除をされているご様子に、「これから」への不安を胸にしまってお話してくださってることを見逃してはいけない、と強く強く感じました。

最近は認知症の講座がよく開かれています。勉強を繰り返して、被災地で今日を生きるご本人やご家族とお話が出来るとき、役立てたいと思います。

カンゴンさん、心配していました。先月の今頃は相当のストレスだったんだろうと想像しています。
お体は大丈夫ですか。何年か経ったとき、あの時やめなかったから今があるなあ、と振り返れる日がくることを信じてほしい。今のまま踏ん張っていてほしいという気持ちでいっぱいです。今はぐっと辛抱して、仕事と勉強の両立は大変ですが、更なる資格取得を経て、そうしてカンゴンさんの真摯な思いを生かせる世界に大きく高く羽ばたいてください。
カンゴンさんは、首都圏の最先端医療と、このたびのような被災地医療の両面を橋渡ししていく、未来に生きていく大切な人です。
心から応援しています。

お食事、とってますか。ストレスでからだを壊さないようおだいじにしてください。
ごめんなさい (おはな)
2011-08-13 17:16:28
変換間違えたまま投稿してしまいました。
慌て者でごめんなさい。
「避難」所です。お詫びして訂正します。
ルナちゃん (あおいつき)
2011-08-13 22:10:39
ブログを偶然見つけ、今日一気に読みました。

真っ先に読んだのは、ルナちゃん。

4歳になるうちのムスメと同じ名前です。

3月11日のこと、ムスメのルナは2歳の弟保育園にいました。

二人とも、その日の出来事を覚えています。

私は、生後1ヶ月の子供を抱き、揺れが続く中保育園に行きたくても、首もすわっていない子供を抱いて外に出てよいのか不安になり、迷っていました。

約1時間後、ルナと2歳のムスコに逢えました。


ルナちゃんの記事を読み、ムスメと同じ名前なので、叔母さんのこと、ルナちゃんのお母様のこと、そして、お母様との思い出の地を離れて、遠くに移ったルナちゃんのこと。
本当に胸が痛みます。

ルナちゃんに、何か出来ないかしら。
難しいけど、メディア宛てに送りルナちゃんに代送してほしいです。
UGG (UGG)
2011-08-15 18:03:08
お盆の時期できっと犠牲になった方々の御霊が天国から帰ってきているはず。

安らかに・・・ (tomo)
2011-08-15 22:11:56
私が行った岩手県山田町はまだ避難所が全て閉鎖になっていません。でもすこしづつ前に進んでいるようです。一緒に活動した医師がお盆に山田町に行って自分の目で復興の進行を確かめてくると行っていました。私の町では現在福島県から20名弱の子供の夏休みの受け入れをボランティアで受け入れています。小さな子供達が「放射能ないの?外で遊んで良いの?」と聞きました。傷ついた子供達、北海道の地で外で元気に走り回っています。子供ってこんなに外で遊ぶのかってくらいに我慢して毎日生活しているのですね・・早く安心して子供が外で走り回れる日が訪れることを願ってやみません。
UGG (ugg)
2011-08-16 02:59:34
ここ数年、絶大な人気を誇るCrocs、そしてUGGブーツ。サンダルとブーツ、全く正反対のふたつではありますが、どちらもかわいらしい見た目と優れた機能性、またオールシーズン履けることからも人気で、毎年爆発的に売れています
更新みつけた (りんつー)
2011-08-16 20:10:40
こんにちは、2回目の書き込みです。

前回6月から更新がとまっていたようなので、気になっていました。今日、更新されているのに気づき、こうしてまたJKTSさんのブログが読めて喜んでいます♪

JKTSさんの環境がどう変わったのか、一読者の私にはわかりませんが……ほんと第三者がこういうのもなんですが……今のお仕事、続けてほしいなぁ。

もしかしたら、瑠奈チャンが「将来はJKTSさんみたいな看護師さんになりたい!」なんて思ってるかもしれませんよ!(^^)!

私もJKTSさんのこと、心から応援しています!!
やめないでください。 (わかば)
2011-08-18 12:53:27
こんにちは。2回目の書き込みです。

5か月・・・いや、もうすぐ半年という感じのほうが強く感じます。
目に入るマスコミの情報が嫌になり・・・地デジ化の日に、テレビとさよならしてしまいました。
被災地に行くこともままならず、ネットを通じて色々な情報を得ています。

JKTSさん、お仕事辞めないでください。
どんな風に、JKTSさんの環境が変わられたのか、想像もつかない私が、おこがましいですが・・・やめないでください。

JKTSさんが、被災地で体験された事、感じた心、医療に携わっていらっしゃるJKTSさんだからこそ、
その体験をぜひ生かして欲しいです。

「生かされてる自分」
私も、「復興市場」というブログから、被災地のお店で物資を購入、届けてくれるシステムを利用するようになりました。

お辛いこともたくさんあると思いますが、JKTSさん、やめないで><
Unknown (そら)
2011-08-19 01:12:37
被災地の皆様、県外に避難してらっしゃる方々、まだご家族にお会いできていない方々・・・そしてJKTSさん。
いつも心に留めております。

かつての戦争を語り告ぐべき人々が減り、メディアも夏になったときだけ戦争特集を組むのと同じように、
つい最近の大きな被害でさえこんなに早く人々の日常生活やメディアから薄れてゆくものかと胸を痛めております。
わたしには思いを馳せることしかできませんが、
瑠奈ちゃんのことを忘れないあなたを思い、3.11を思い続けます。

更新ありがとうございます
Unknown (カズ)
2011-08-19 21:25:44
以前にもコメントしましたが、地元岩手でも月日がすぎれば、周りの対応、全てが変わってきます。私の家では自営業で、微々たるものですが、復興支援として今まで3度ほど被災地に、提携してる会社の方々と共に物質を届けてきました。現に私の知り合い、おばさんは、命を落とし、財産全てを無くした人もいます。人には、いろいろな人がいます。
自分のおかれてる状況、生活の中で…冷静に落ち着いて考え、やれる事、できる事を、あせらず考えたら良いのでは。

せっかくの自分の思いを無駄にせず、辞めるとか言わずに、一つ一つやれる時間、環境を見つけながら、がんばりましょ!
家では野菜づくりをしてます。
皆さんに食べて頂けるように…良かったら遊びにきて下さい。ブログ、サイトも立ち上げてます。

無理せず、自分を大切に周りを大切にがんばりましょ。
ドリカム (避難所にいたおぃちゃん)
2011-08-19 23:02:55
看護婦さんこんばんは、今日はドリカムがアコースティックライブに陸前高田にサプライズで来てくれましたよ
看護婦さんも好きだと言っていたドリカム、本当に素晴らしかった。レコード店が再建したらドリカムの歌を買いに行きたいです。そしてコンサートに行ける環境になったら絶対に行ってみたいですね。久しぶりにあんなに声を出しました!!ご報告まで。
今後のこと・・・ (any@ko)
2011-08-20 08:19:03
はじめまして
岩手(内陸部)で地震に遭いました。
あっという間の5カ月でした。

春が来て、桜が咲き。
炎暑の夏・・・
寒さ暑さを感じるゆとりも無かったです。

このブログをみつけコメントさせていただきます。

辞めようという方向ではなく、
考える角度を変えて、
少し気持ちを楽に持ってくださいね!

陸前高田第一中学校に設置の日本赤十字社の救護所は7月29日に閉鎖されました。
(これが医療環境に大きな課題を残します)

沿岸は多くの医療機関が被災し、
外来診療にも支障をきたしています。

急性期・慢性期医療を診る病院の新設には時間がかかり過ぎるので、現在残っている建物の利用、閉鎖した病院施設の復活などを考慮してほしい。

福島・宮城・岩手、医師、看護師、介護スタッフも
「無理しないで、今出来る事、生き抜くために」を毎日模索しています。

ともに頑張ろうという気持ちでまいりましょう。

Unknown (すずらん)
2011-08-20 20:56:09
はじめて、コメントします。
カンゴンさんのブログ、四月頃、私のブログでもリンクさせていただきました。
私も以前、ナースをしていました。消化器外科・ホスピス・ドクターヘリ・NICU…と。今は別の仕事をしています。
カンゴンさんのDMATでの活動の様子を知り、私も本当にまたナースに戻りたくなりました。
でも、今は環境的に難しいけれど、「今わたしにできること」をちゃんと、ちゃんと、大切に一日一日を過ごしていきたいと思っています。

カンゴンさんのブログに出逢えたことは、私にとって、宝物です。
そして、40歳を過ぎた私の「これからの生き方」に光を与えて下さいました。
いつか私もまたナースに戻りたい。。。

震災に遭われた方々の心の平安を心から祈りつつ・・・。

カンゴンさん、このブログを継続してくださって、ありがとうございます。
これからも、時々、拝見させていただきますね。
何度でも (モー)
2011-08-21 22:19:56
はじめまして。3月より読ませていただいております。
(はじめてコメントさせていただきます。)

3月の様子を何度も何度も読ませていただきました。
そして何度も何度も涙を流してしまいました。
現地の壮絶な様子、人々のあたたかい心、情報を受け取っても何もできない自分、、、といろいろな感情に茫然とする日々でした。

一瞬は即、永遠に変わります。
3月11日の震災は一瞬の出来事でしたが、それにより起こったことは5カ月たった今も1人1人に何らかのかたちで残っているし、消えることなく続いていると思います。

だから日常とのギャップに悩むことがたくさんあります。

私の家族は福島にいます。
震災後、復興のために忙しい毎日を過ごしています。
放射能とか言っている場合ではなく、とにかく復興、前に進む、の気持ちがとても強いです。

テレビではよく、放射能に怒っている福島県民が映りますが、
実際に福島に行くと、もくもくと真面目に静かに日常を過ごしている方が多くて、
そのギャップに驚くぐらいです。

震災にあった方も、苦しんでいる方々を助けて下さった方々も、
ひとりひとりが1日1日を頑張って、やっと5カ月です。

それとは別に、東京のデパートには
夏物がセール品となり、秋物が並び、
人々が楽しそうにショッピングをしています。

こういうギャップに時々なんとも言えぬ感情が湧きますが、
でも、震災とは別の悲しみを持っていたり、復興とは別の何かに頑張っている人も、その中にはたくさんいるんだと思う。

ただ笑顔で歩いているだけなんだと思う。
どれだけ悲しくても、何度でも立ち上がるために、みんな頑張っているんだと思う。

負けそうな気持になる時、カンゴンさんのブログを読み返しています。

いろいろなことに、何度でも立ち向かっていなかいと!って思えます。

カンゴンさんもカンゴンさんのやりかたで頑張ってください!
風化させぬためにも (Unknown)
2011-08-21 22:40:29
ぜひこのブログだけはいつまでもみなの目にとまるように残しておいてください。

自分もいつまでも忘れないようにふとした時に何度も読み返しています。
Unknown (整備屋)
2011-08-24 03:27:05
6月のブログにもコメントさせて頂いた整備屋です。JKTSさんの動向が気になります。今後どうされるのでしょうか…。私には、とても誇り高い仕事をされてるように感じますが、色々あるんでしょうね…。
お盆休みに再び多賀城市に行ってきました。既に県外ボランティアは募集してなく、さらにボラセンもお盆休みとのことでだいぶニーズが減ったんだろうと思ってましたが、実際見た多賀城市の景色は6月とほとんど変わってなく、正直ガッカリでした…2ヶ月も経てば私達が建物から出してまとめた土嚢袋でさえ撤去されてなかったのです。

JKTSさんも早く陸前高田に行きたいですよね、一度活動させてもらった場所には、なんだか愛着が湧きます。
でもあまり無理なさらないように…。
いろいろありますよね (よっちゃん)
2011-08-24 21:43:21
5ヵ月、過ぎましたね。

被災された方、その方の家族、親族、友人、知人…
支援に尽力された方、その方を後方で支えた方、その家族、そして被災地の自治体職員の方…
被災地から離れているけれど我がことのように思う人々…

それぞれ一人ひとりが、それぞれの想いで過ごした5ヵ月。


お仕事において、進退を考える段階まで悩まれたようですね。
みんなツライ気持ちを胸の奥にしまいこんで、それぞれの日々を過ごしている。

私もそうですが、一口に5ヵ月と言っても、いろいろあるもんですよね。

日々つまずきながら、モヤモヤしながら、精一杯に悩みながら、
そういう自分をありのままに受け止めて、受け入れていきたい。
そんな風になれたらいいなと思っています。
Unknown (Riaz)
2011-08-26 00:32:55
コメント失礼致します。
とてもインパクトがあり、感動的なブログを拝読させて頂いております。間もなく半年たつんですね。郷里の南三陸町も8月中に避難所が閉鎖されるそうです。前回、4月に帰郷しました。今回は9月帰郷予定です。
高田(あの周辺では陸前を省きます。発音は「たがだ」とがにアクセント入ります。余計な注釈すみません。)もまだまだ大変そうですね。
「カンゴン」さんが「たがだ」に再訪出来る事を南方の島より祈念致します。
ありがとうございます (ユメカン)
2011-08-30 03:39:19
東北人ですが、関東在住です。
自分の微力さに悶々とすることもありました。ちっぽけな自分に嫌気もさしました。だからこそ、今を一生懸命に幸せを見つけることに気が付きました。復旧、復旧をお祈りしながら私も前を向いていきたいと思います。
わたくしのブログでもご紹介させてくださいませ。
ありがとうございました☆
がんばりますっ!! (Pi)
2011-09-03 22:35:12
以前よりブログ覗かせていただいていましたが、コメントは初めてさせていただきます。

私は陸前高田市の気仙町と言うところに住んでいて、家も家族も無事でしたが、大切な人を多く失くし、職場も失い、悲しみの毎日でした。

悲しいけれど2ヶ月の子供と10歳の子供を守ることに必死で、今ようやく振り返ることができるようになりました。

私も看護師の端くれですが、震災当時も、今も何もできずにいます。

病院がなくなって私もやめようかと悩みましたが、今まで何もできなかった分、地域のために何か少しでも役に立ちたいと続けることを決心しました。

JKTSさんのこと、感謝している人が数え切れないほどいます。

ですから、震災の影響でなら看護師をやめないで欲しいと願っています。

たくさんの人の支援で陸前高田は明るさを取り戻しています。

時間が経てば、つらい経験も乗り越えられると信じています。
Unknown (ほねッチ)
2011-09-04 12:36:50
やめるな!カンゴン!




ガンバレ!カンゴン!


ガンバレ!日本!



ガンバレ!東北!
カンゴンファン (pochi)
2011-09-05 18:41:22
このブログを見て、人の役に立ちたい、看護師になりたいって思う人はたくさんいると思う。
壁に当たりながら、カンゴンさんはもっと大きくなっていくと思う。
今目の前のことをやっていくとに精一杯でも、それは必ず将来の宝物になると思う。
だから、絶対に辞めないで!!
そして、また陸前高田の方たちのところにいけるといいね^^
もぅ半年‥ (ぜき)
2011-09-08 03:57:08
なかなか進まない復興への道 自分が住む茨城県水戸市は、だいたいの生活は通常になりましたが、まーもちろんまだまだ道路整備、建物修復解体は常に行われておりますが、東北の方々への素早い対応をしてほしい。 そして看護士さんを辞めないで続いていって下さい。
半年が経ちました・・・ (まちゃお)
2011-09-08 10:16:45
あるミュージシャンのブログで紹介されていて、昨日初めて拝見させていただきました。
毎日被災地のことを想い祈ってきましたが、月日の経過とともに想いの強さが薄まっていたのだと思い知らされ、あらためて事の重大さを考え直すきっかけとなりました。
きれいごとばかり、口ばかりの報道に嫌気がさしていた中、本当の現状を伝えるこういう場所があることが、自分にとって嬉しかったです。
「現実は被災地で都心は非現実社会」という言葉が一番心に刺さりました。
自分が東京にいて、ずっともどかしさを感じていたから、同じ思いをしている人がいることに救われた気がします。
自分は先日、少しでも経済支援をと、仙台・松島へ行ってきました。震災の影響が感じられないほどに復興したのを見て自然と涙が出ました。
人間の力ってすごいな、と単純に思いました。
みんな笑顔で優しくて、でもその笑顔の裏では相当辛い思いを抱えているのだろうな、でも何事もなかったかのように穏やかだ・・・
たくさんの人が言うように、自分のほうがパワーをもらいました。
ちょっとやそっとのことで挫けてはいけない、と。
また近いうちに東北へ行こうと思っています。
たいしたことは出来ないけれど、自分にできることを精一杯やっていこうと思います。
カンゴンさん、いろいろな想いが交錯しているのでしょうか・・・。
カンゴンさんの経験したこと、人の役に立つ仕事が出来ることは、そう簡単に手にはいるものではありません。
その経験と知識を生かしていってほしいです。
もったいないです。
長くなってすみません。。。
もうすぐ6ヶ月 (tomo)
2011-09-08 21:44:48
3.11から早6ヶ月となりますね。私が医療ボタンティアに行った山田町も避難所が完全閉鎖にようやくなりました。一昨日、帰ってからも心の支援を継続していた男性から元気に仕事をやっていると電話がありました。7月の母親を癌で亡くしましたが、家族みんなで送ってあげれたと穏やかに話されました。震災で失っていたかもしれない命最期まで生きることを教えてくれた・・おっ母は楽になったと。少しずつ前に進んで行く彼をこれからも見守っていきたいと思います。遠く離れていても出来る支援あると思います^^ 私もいつか必ず山田町に行きたいと思っています!
初めまして (被災地がんばれ!)
2011-09-13 14:09:47
こんにちは。

ブログを拝見させていただきました。
ひとりひとりの力が必要なとき。私もそう考えて、微力ながら支援をしています。

こんな記事を見つけたので、貼り付けておきますね。被災者が支援に動いているというのを知って心が痛みました。
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-09-10_23247/
わかりやすい (haru)
2011-09-14 03:13:06
ブログ拝見しました。
陸前高田市に救護に行って頂いたという事でとても親近感を覚えました。
私は陸前高田市出身で震災後、実家に帰る機会が増えました。少しでも家族との時間をとりたいと考えるようになったからです。
震災から半年がたち、いろいろ複雑な気持ちがでてきました。進まぬ復興、人口の減少、厳しい雇用状況等問題は山積してます。
被災地(地元)に思い入れが強い程、いろんな不満や葛藤もあり、解決などできません。カンゴンさんの経験した事がブログをとおして感じる事ができ、また文章もわかりやすく気持ちがよく伝わりました。カンゴンさんの思った通りに生きて下さいね。今の仕事以上にステップアップできる環境は必ずあると思いますし、仕事は生きるための手段ですしね。カンゴンさんの幸せが震災をとおして出会った人達の幸せでもあると思いますよ
初コメントです^^ (マケテタマルカ)
2011-09-15 00:50:44
何度も繰り返し読ませていただいております。


震災から半年が過ぎました…
だいぶメディアの扱いも希薄になり、現地での復旧・復興への進捗状況も離れた土地では知る事が困難になってきたのが残念でなりません…。


大変遅くなりましたが、医療救援ご苦労さまでした。
それと同時にお伝えしたい事は、『ありがとう』です^^


日々多忙な毎日をお過ごしでしょうから、更新を求めるつもりはありませんが、くれぐれもお身体を労り一人でも多くの人々の笑顔をいただいて、幸せな毎日を過ごせますよう祈っております。


私もたびたびブログに震災関連の日記を更新しております。

少しでも、世間の関心の風化を防げたら…と思って今後とも頑張ります(^-^)ゞ
UGG ブーツ 店舗 (UGG ブーツ 店舗)
2011-12-12 16:14:32
通りをUGG ブーツ 店舗に完璧な月光を、見つけて、UGG ブーツ 新作私と一緒に移動する。トリーバーチ ブーツ 新作が別れることはない、トリーバーチ 靴 店舗は贅沢を持ってくるのを忘れる。
fsdfsd@hotmail.com (モンクレール ダウン)
2014-10-29 15:50:44
通りをUGG ブーツ 店舗に完璧な月光を、見つけて、UGG ブーツ 新作私と一緒に移動する。トリーバーチ ブーツ 新作が別れることはない、トリーバーチ 靴 店舗は贅沢を持ってくるのを忘れる。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事