JKTS

被災地へ医療スタッフとして行ってきました。

短い間でしたが貴重な体験となりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

南三陸町で出会った友よ。

2011-10-15 18:24:24 | 皆様へ

9月の終わりに健診と病院の夜勤のお手伝いで南三陸町に行きました。

震災直後と今とでは医療従事者の役割もだいぶ変わってきたように思います。

南三陸町にある土手に上って景色を見渡すと

果てしなく続く更地と所々に集められた瓦礫しかありませんでした。

たくさんの職員のかたが犠牲となった役所も通りましたがTVで見ていたよりも

はるかに大きく本当に見上げるほどの建物でした。

 

健診は希望者がとても多かったけれど順調にすすみ、

仮設のほうもまわって診療介助にあたりましたが震災直後に比べれば環境はよくなってるように見えますが

まだまだ赤ちゃんやお年寄りのかたがたが生活していくうえではこれから来る冬対策も兼ねて改善していく面や予防接種の被災地無料化など挙げられる問題点がたくさんありました。

東京に帰ってそれらを政府に届けるためのレポート作成も今やっているところです。

 

今回、私と同じ年であの3・11に一瞬にして旦那さんも子供も両親も

妹夫婦も家も職場も同僚も何もかもを失ってしまった人に出会いました。

「半年たってもいろんな人に励まされても全然良いほうに今でも考えられない。今は仕方なく生きてる、早くあっちの世界に行きたいけど、一周忌、三周忌だ、ってみんなで仕事を残して行っちゃったからそういうのをこないていればいずれあっちで会えるからね。

でもなんで私も死ななかったんだろう。それが悔しい。」

と言っていました。

何の苦労もなく平々凡々に生きている私には想像を絶する絶望です。

携帯を見つめながら「登録してる人、ほとんど死んじゃったんだよ」と泣いている彼女にかける言葉はみつかりませんでした。

ずっとそばで背中をさすっていたときにやっと見つけた言葉が「友達になろうよ!」です。

時が止まったままの彼女の携帯に私の連絡先を登録してもらい、

気が向いたらでいいからいつか遊びに来て!と小さな約束をしました。

彼女も笑顔が見れたとき本当に嬉しかったです、一瞬でも。

 

被災地のみなさんは強いなって思っていたけど、踏ん張っていないとどうしようもない現実に負けちゃいそうだからなんですよね。

でもずっと踏ん張ってると体も心も疲れてしまうから

今は寄り添える「人」や「音楽」や「本」だったり「ペット」だったり「思い出」だったり

そういうのが大事な時期に突入していることを実感しました。

誰かの支えになるということは簡単なことじゃないけど

何気ない一言やしぐさでも伝わることもあると思うし、自分も誰かに支えられて誰かを支えられるような存在でいたいと思いました。

悲しみや絶望の中、そんな中でも前を向く勇気を持っている人たちとの出会いは小さなことで挫けてしまう私に色んなことを教えてもらう気がします。

だからこそ、私に出来る医療支援という形でこれからも出来ることはどんどんやっていこうと思う。一日も早い復興のためでもあるし、自分のためにも。

 

南三陸町の方々が言っていました。

「こんなに悲しい震災を忘れられていくことが一番つらい」

 

これから冬が来ます。もっともっと出来ることがあるはず。

 

★ドリカムのコンサート、楽しかったです!!

オープニングから「何度でも」で、イントロが聞こえた時点で化粧が全部落ちるくらい泣いてました。

歌に励まされて腕まくりをしていたあの頃が鮮明に蘇って

どんなに頑張ってもどうしようもないことがいっぱいあったあの夜や、ダメだと思っても明日は何か変わってるかもしれない、奇跡が起こるかもしれないって言い聞かせていた自分や

寝ないで物資や医療機器を運搬してくれた運転手さんや

全員に国民栄誉賞をあげたいくらい本当に本当に頑張っていた自衛隊のみなさんや

励ましてくれた仲間や家族、そして、ずっと心は繋がっている陸前高田のみなさんを思い出して周りが心配するくらい泣いていました。

たくさんの素敵な歌にいっぱい背中を押してもらって泣いたり笑顔になったり、

そして何よりもコンサートに参加出来ることは当たり前じゃなく幸せなことなんだって感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半年。 | トップ | いつもと違う冬に。 »

50 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感謝 (ちか)
2011-10-15 20:28:35
いつも気にしてみてました。
お盆に帰省した際、母親が亡くなり管理されなくなった畑や家の周りの背丈程伸びた雑草を涙を流しながら草刈りしてる時、普通である事がどれ程ありがたい事かを感じました。
津波をかぶっても雑草は強く強く成長しますが人間は雑草みたいに強くありません。弱い気持ちを受け入れながら普通である事に感謝しつつ前向きに生きていけたらいいなと思ってます。
東北人は決して負けないよ
 (ゆり)
2011-10-15 20:50:07

看護師志望の高3です
いつも 読ませて頂いてます。

私の親戚は 福島で被災してしまいました。
大きなショックを受けていた時
このブログに出会いました。

そして、
私の「なりたい看護師の姿」が変わりました。

JKTS の筆者さんのような
看護師になることを目標に
頑張っていこうと思います。

ありがとうございました **

Unknown (そらいろのたね)
2011-10-15 23:04:17
今もまだ陸前高田の事覚えていてくれて
ありがとうございます

実家の陸前高田も瓦礫が片付けられ
何も無いと…

私もドリのコンサート元気をもらいました
そして実家の陸前高田でもドリはミニライブ
してくれました
本当にありがたいです

これからも忘れられないように
私もいろんな形で
発信していこうと
思います

お身体に気をつけて
無理せずに
はじめまして。 (tomarigicom)
2011-10-15 23:22:31
初めてコメントさせて頂きます。
3月に鬼嫁日誌のブログから流れてまいりました。

祖父母と伯父が南三陸町に住んでました。
伯父はバックミラーに映る津波を見ながら車で逃げたそうです。

祖父は震災とは関係なく、先々月に亡くなりました。

福島に友人がいます。

ニュースでは流れてない話、本当に多いんだと思います。

ありがとう (Riaz)
2011-10-16 09:53:39
おらほさきてげでありがとう。
(うちの町に来て下さってありがとうございます)皆様への御恩は終生忘れず、私も故郷に小さなお手伝いを続けて行きます。
こんにちは (りんつー)
2011-10-16 16:19:55
3月のところからずーっと読ませていただいています。

またこのブログがこうして更新されていて嬉しいです!

>背中をさすっていたときにやっと見つけた言葉が「友達になろうよ!」

これ、とても良いことだと思います。
自分の気持ちに寄り添ってくれる人がいる、と思えだけで全然ちがいますもの。

JKTSさんがブログや現場で被災地に寄り添う様子を、こうやって時々読ませていただくと、それだけでも感謝の念と勇気が湧いてきますよ。

これからもブログの更新を楽しみにしております(^^♪
Unknown (muming)
2011-10-16 21:17:22
3月からずっと読んでいます。 

このブログに出会って以来、何かせずにはいられなくなり、自己満足とはわかっていますが、何回か、被災地に津波の被害にあわれた方の家の片づけにいってきました。 

最近のニュースは除染や復興のことがメインになってしまい、どんどん被災地の今、特に被災された方々の気持ちから遠ざかってしまっています。

「想像を絶する絶望」の中にいる方に寄り添うJKTSの姿勢、勇気に頭がさがります。 あまりにも無力ですが、私ができることをこれからも続けていこうとあらためて思いました。 

どうか、お元気で。 またブログ更新してくださいね。 
Unknown (muming )
2011-10-16 21:20:12
すみません! 「さん」が落ちていました。 
JKTSさん、体調には留意してがんばってください。 
はじめまして (kaku)
2011-10-17 11:39:56
ツイッターでゴスペラーズの北山さんがRTして(abejun84 安部淳84♂ yohkがリツイート)
いて、きました。
勤務中ですが、涙が出てしまいました。
私は、親一人子一人の家族で、お手伝いに行きたかったけど、親の心配は振り切れず、この場でできることをしようと思っています。
でも、それだけでは、現状を知ることはできず、JKTSさんのブログで知った次第です。
普通に家族を失っただけでも立ち直るのに数年かかったというのに、こういう方たちはどうしたら良いのか・・・・。9・11で家族を失われた方が「時間しか解決できない」とおっしゃってました。確かにそれが一番の解決法なのだろうと思いますが「友達になろう」は本当に素晴らしい言葉だと思いました。一人ではないということを伝えてあげたいですね。
JKTSさん、素晴らしいブログをありがとうございます。大変だとは思いますが、これからもお知らせ下さいませ。
知ることができて感謝しております。
お疲れ様! (T☆)
2011-10-17 14:11:16
こんちは!
仕事をしながら、支援も続けていることに
感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

ありがとう。


沢山の人を支え、
心に寄り添うことは
本当に簡単なことではないよね。




友達になった人と、
被災地のみんなに。


僕らは助け合う星にうまれてきた。

生きてる、それだけで明日が来るんだ、信じて。


2011/10/17



お疲れ様でした。 (かつ)
2011-10-17 20:56:05
南三陸町での医療活動お疲れ様でした。7ヶ月経ったのにまだまだなんですね。もう冬が来ようとしているのに。 南三陸町で出会った友には、涙しました。家族、友達の全て亡くなられて一人ぼっちになってしまわれた方は、かなりいらしゃると思います。ゴンちゃんが出会った彼女の心の支えになってあげてください。彼女が前向きに歩けだせるように。 遠く香川にいたら、何も出来ない自分が不甲斐ないです。
お疲れ様 (くまSてねれ)
2011-10-18 09:33:00
日記を全て読ませていただきました。
私は福祉職としての支援を継続しています。
仮設住宅での孤独死、自殺の防止の為これからも関わっていきます。

沢山の元気を頂きました。
一緒に、末永く復興のお手伝いを。

共に。
お疲れさまでした (にゃむにゃむ)
2011-10-18 13:01:04
家族・友人・同僚と一瞬にして亡くなられた方が、改めて感じました。
離れていると、見えない・感じないものがあると、思い知らされます。
昨日女性誌で読んだ寂聴さんの連載で、たしかこのような感じの言葉がありました。
「受難苦」東北の方々が、苦しみを私達の替わりに受けていると。
だから、遠く離れた私達が、のほほんと生きていられると。
仏教にもキリスト教にもあるそうですが、
ちゃんと受け止めなくてはいけませんね。

ひとりぼっちになったという方、ゴンちゃんがお友達になったから、もうひとりぼっちじゃないですよね。
お疲れ様です(^^) (オニポテコ)
2011-10-19 03:06:51
3月からずっと読んでます。


すごく深くて重みのある「友達になろうよ」ですね。きっと簡単に出た言葉ではなかったでしょう。
彼女に少しずつでも友達や大事な人が増えて行って欲しいと心から思いました。


募金だけは少額ながら継続していますが大した事は何も出来てない自分が不甲斐ないです。
けど震災の事は全然忘れてないです。
東京で暮らしていると地震(余震)の数も減り忘れがちになりますが、ふとした瞬間に幸せを感じて自分は恵まれてるなぁと思います。
それと共に被災した方々や亡くなった方々の気持ちも自然と考えます。

震災のニュースを見ると半年以上経ってもハッキリとした前進が見られず切なくなります。それだけ大きな災害だったという事ですよね。


大した事は出来ませんが地震と津波と原発の事、被災された方々の事は絶対に忘れず、復興を見届けていきたいです。


体には気を付けて無理せず頑張ってください。



元気にしています。 (ひまわり)
2011-10-19 23:19:44
看護婦さんひまわりのこと覚えてるかな?高田から盛岡に転校して元気にしています。でもいまだに地震の夢をみるし最近は地震の前の平和だった高田や高校の夢をみて朝になって泣いていることもあります。
来年は大学進学はあきらめて高田に帰って就職することにしました。看護婦さんみたいになりたかったけど今は無理だから。また高田にもきてね!皆待っています。
Unknown (しま)
2011-10-19 23:21:20
はじめまして
看護師を目指す高校三年生です

震災初日からの日記を全て読ませていただきました

ニュースでは分からなかった現実の厳しさ、
そして人の温かさや優しさを
伝えてくださりありがとうございます

涙がとまりませんが、
私も看護師を目指す一人として
もう一度考え直したいと思います
命のしずく (おはな)
2011-10-22 00:27:04
「友達になろうよ」の響きに、目には見えない命のしずくが、ぽとんと落ちたような気がしました。なんと言えばいいのか、心を添えているカンゴンさんだから出た、生きた言葉だとしみじみ思い入りました。

グリーフ(悲嘆)ケアの講座に出ています。
セントクリストファ-ホスピスより、その一節です。

自分をまずは、思い切り、悲しみにひたらせることが重要です。
そして、もうひとつ大切なのは、時々その悲しみからひと休みしましょう。
徐々に悲しみを自分から離すようにしてみましょう。悲しみは離しても、あなたの愛する人の思い出は、一生あなたと一緒です。
お疲れさま (マーク)
2011-10-22 16:07:45
ずっと読ませていただいております。

離れた場所からですが私も
医療にたずさわっております。

同じ日本人として応援しています。

いつもお疲れさまです。
日本も捨てたものじゃない。 (utaukokumata-haha)
2011-10-22 21:47:32
若い人が真剣に人とのつながりを大切に活動している。そのことを教えてもらいました。団塊世代だけが、張り切っているような錯覚にとらわれて、大したこともしていないのに、若者を見下していたような自分を恥じました。ありがとう。日本の未来は枯れてないと勇気をもらいました。

応援させてもらってます (kumiko)
2011-10-22 23:13:18
JKTSさんの「友達になろうよ!」の言葉ジーンときました。新しいお友達、今までたったひとりで一生懸命耐えていらっしゃったんですね。本当に言葉が見つからない気持ちわかります、これからお二人でいい思い出いっぱい作ってくださいね。
心に響きました (hidenosuke)
2011-10-23 00:09:36
はじめまして。25日に炊き出しのお手伝い南三陸町にお伺いいたします。少しだけでも被災者の思いを自分のこととして理解することで、そのことが何かの役に立てばいいなと思ってます。おいし~いの作りますね。。。
感動をありがとう (Chamo)
2011-10-23 11:46:53
> 携帯を見つめながら「登録してる人、ほとんど死んじゃったんだよ」と
> 泣いている彼女にかける言葉はみつかりませんでした。
> ずっとそばで背中をさすっていたときにやっと見つけた言葉が
> 「友達になろうよ!」です。
思わず涙がこぼれました。
あなたの頑張っているお姿は、きっと多くの人に勇気と感動を与えることでしょう。
素敵なお話を本当にありがとう。

かつて被災した神戸で、ハチドリのひとしずくのようにちっぽけですが、自分の出来る範囲で細々といくつかのボランティア活動を続けています。
あなたのブログから元気を頂きました(^^)
はじめまして (ロン)
2011-10-24 01:48:34
以前友人から紹介してもらい、以来読ませていただいています。


「友達になろう!!」という提案は、なかなかと思いつかないんじゃないでしょうか。スゴイですね。
きっと彼女にとって一番嬉しい言葉だったでしょうね。


自分は5月末と、つい21日~から23日にボランティアに行ってきました。
内容としては瓦礫撤去や炊き出しなどを行ないました。

この21~23日に行ってきた際に、現地の方もやはり「忘れられることが一番恐い」とおっしゃっていました。

だから、自分はまた彼らに会いに行ってきます。
そう決めました。
それだけで、充分ボランティアになるなら、「何度でも」行きます。

偶然、バスの車内で「何度でも」が流れた時、この記事のことを思い出し、不覚にも自分もイントロで・・・。
前からこの曲は好きですが、ますます好きになりました。

・・・なんか話が逸れてしまいましたが、今後も体に気をつけて元気で活動続けてください!!
気づきました! (den )
2011-10-24 19:50:28
あなたはすばらしい人ですネ!
「友達になろうよ!」 全てを失くした人にもキット人の温かさを!生きる望みを!教えてくれた「ひとこと」だとおもいます。
これなら私にも出来ますね!
被災地に公私共にお世話になりながら、何も出来ない自分にもどかしさを感じながらも凡々と生活している私にあなたがヒントをくれました。 「友達になろうよ・・・!」いい言葉です!! 
更新ありがとうございます (わび)
2011-10-25 01:39:56
3月から読ませて頂いてます。

なんて書いていいか 言葉が見つかりません。。。

JKTSさん

あなたのブログのお陰で 被災地の方々を 思い続けて
いる人が 沢山 います。
私も 微力ながら 自分に出来る事を していきます。

ひとつ前の記事。半年。のコメント欄。 (kairindian)
2011-10-26 01:12:25
間違って、ひとつ前の記事にコメントしてしまいました。汗

半年。

という記事です。

お手数おかけいたしますが、お読みいただきたく思っております。

よろしくお願いいたします。
Unknown (Mariko)
2011-10-26 13:18:08
携帯に登録していた知り合いがほとんど亡くなってしまうって、どれだけの絶望なんでしょう・・・。
私は海外にいる身ですが、これからもできることが少しでもあるはずです、、と思い、もう少し自分の頭で何が出来るか考えてみたい、と思います。。。
ついつい平和な自分の日常に甘えてしまっていますが、まだまだですもんね。気合いれなおします。
自衛隊に国民栄誉賞を、っていうのは同感だなぁ。まあ名誉がすべてじゃないけど、すごい活躍だったんだなぁ。。。
Unknown (ゆーと)
2011-10-26 21:44:53
大震災を受けた東北の方々。

めげずに復興を目指している日本を考えると、

今自分が抱えてる不安や悩みなんて、

ちっぽけなもの。

少しずつだけど、日本を元気にしていきたい。
ありがとう (自衛隊員です!)
2011-10-27 19:10:54
いつも読むたびに力をもらっています。自衛隊みんなに国民栄誉賞をあげたいとのお言葉、ただ任務を果たしていたとはいえ、とても嬉しい言葉です。医療関係者だってあのときに力を貸していただいた人たち全員国民栄誉賞です。これからも今以上被災地支援に励みます
感動を有難う (hiroko)
2011-10-27 22:51:55
アメリカはコロラドからです。いつもブログ拝見しています。今回もまた震災直後のときのように止めどもなく流れる涙にとまどいながら、
涙腺がゆるんで額の奥がきーんとするのをこらえながら読ませて頂きました。人の世、誰しも谷あり、山ありなのですが、その方の絶望感を癒してあげようとされたJKTSさんの深い思いやりと言葉に頭が下がります。
支援 (岩井です)
2011-11-01 22:40:44
知人にこのブログを教えてもらい、読ませて貰いました…直接何も出来ず…ごめんなさい!まだまだ日常生活に必要な物資も有ると思います…此からも自分に出来る事実行していきます!!
ありがとう (のりこ)
2011-11-03 09:56:31
震災直後に読ませていただいて以来、時々 訪問させていただいています。

こうしてその後のことを知らせてくださることが、震災を忘れさせないことに大きく貢献してくださっていると思います。

私は海外に住んでおりますので、近くで支援することはできませんが、これからも被災者の方々を思い続けたいです。

あなたのブログには、大きく助けられました。本当に、どうもありがとう。
友こそ宝よ!!! (小町)
2011-11-03 21:53:58
娘も私も医療従事者です

な~んにも手を差し出すことが出来ず歯がゆいです・・・

医療は 手当て なのに・・・

東北育ちの小町は ふるさと を捨てれない、離れたくない気持ちが手に取るようにわかる年齢です

安土桃山時代からの実家を失いましたし
家庭の事情でですが・・・・・
はじめまして (カッパ)
2011-11-05 00:38:48
以前から拝読させて頂いておりました。
被災地に対する特別な思いは、現地へ実際に行かれて、過酷な状況を体験した者にしか理解できない大変な事だと思います。
残念ながら机上の計算でしか物事を考えない役人や政治家は、海外の御機嫌取りはしても、東北被災地の復興には今一積極的ではない様です。

http://www.youtube.com/watch?v=Z1UOqFfOnBo&sns=em

TPPに関する少し長めの動画ですが、要は話の内容だけですので聞くだけでも聞いてみて下さい。
友達になろう! (non)
2011-11-05 12:43:02
細かな被災地の様子を知ることができて感謝します。
被災地に足を踏み入れた人しかわからないことを丁寧に綴られていて、ありがとう。決して忘れないこと。
そして瑠奈ちゃんが幸せに暮らしていることを心から願っています。
いつでもそばにいる (なる)
2011-11-05 22:14:26
 ふとしたことからこのブログを見つけました。

 震災直後に自分の周りでも我先に「義捐金」と言ってた人たちがいました。みんな今どんな思いなんだろう?はがゆく思います。

 自分は4月からずっと「スコップ団」という団体に物資や活動資金を送るという後方活動をしています。欲しい物を我慢しますが、不自由な思いをしている人たち、また不自由な思いをしている人たちのために震災後自分の子供を奥さんに任せてほとんど毎週、瓦礫に埋まった家の中から「思い出」をすくいだし、家をきれいに洗浄する作業を続けているスコップ団には比べものになりません。

 そんな自分でも周りからは「今でもそんなコトしているの?」「余裕あるのね!」そんな目で見られます。

>「こんなに悲しい震災を忘れられていくことが一番つらい」

「Always on your side」
彼らの信条です。

もしよかったら団長のブログ3月11日から読んでみてください。
http://blog.goo.ne.jp/cheapdust/
泣かずには読めません・・・・・・

事務局ブログも出来ました。
http://blog.goo.ne.jp/schop-dan_2011
心に寄り添う言葉 (よーだい)
2011-11-15 00:34:36
久々にコメントさせていただきます。

「友達になろうよ!」
飾り気がなくて、なんて素敵な言葉でしょう。
きっと僕にはそんな言葉は出てこない…必死に、薄っぺらい慰めのカッコイイ言葉を考えてしまうでしょう。

人の心に寄り添えるカンゴンさんだからこその言葉。
またもや、泣かされてしまいました…。
今日、志津川に行ってきました (海仙人)
2011-11-15 21:26:23
私は陸前高田市民です。久しぶりにこのブログを見て、初めて書き込みします。
海が好きで…この名前ですが、震災後も岩手沿岸部や宮城沿岸部を写真を撮りながら、回って見て歩いてます。
壊滅的なのは、陸前高田市と同じ位、志津川も酷いですね。
私的には、好きな海の写真を以前と同じように撮れないのが悲しいですが、家族が亡くなられた方にかける言葉がなかなか見つかりません。

被災者として確かに言える言葉は、本当に多くの人々の支援です。
その感謝の気持ちは語り切れません。私自身は自分の進むべき道がまだ見つかりませんが、その支援を心の礎にして、少しづつでも前に進みたいと思います。
私にはできるんだろうか。 (こばっち)
2011-11-15 23:04:20
 はじめまして。

 友人のブログに、オススメのブログと紹介されていて、読み始めました。

 涙がでました。

 私が住んでいる地域は、同じ東北でも被害が少ないところでした。

 これまで、2回。岩沼市と石巻市に日帰りボラ活動に参加し、泥片付けなどしてきました。テレビで見る被害状況より、自分の目の前の光景にびっくりしてきました。

 そして、今月。社会福祉士として、支援活動に参加しますが。不安です。

 JKTSさんのような援助ができるんだろうか。焦りがあります。

 ブログ読んで、ちょっと元気をいただきます
*** (ひなた)
2011-11-19 02:44:25
久しぶりにおじゃましました。

以前の日記を読ませていただいてから、『たかが主婦』である自分のできることをと、ある小さなボランティア団体さんに日用品などを送らせていただいてます。
主婦と言っても私は持病で働けない身。
それでもアナタの日記を読んで「できることをしたい」より「できることを考えていこう」と思えるようになりました。

風化はさせない。
私の友人知人は無事でしたが、人、町、農業、漁業…これだけの被害が出てなお踏ん張っていらっしゃる方々のことを忘れることはできません。

社会的にはあまりにも小さな私ですが、小さくともできることを探していこう!と改めて思いました

はじめてコメントします (サニー)
2011-11-23 22:11:11
何度か訪問し、ブログを読ませていただいています。

さて、今岩手で「サンタが100人やってきた!」というプロジェクトが進行しているのをご存知でしょうか。
http://tonomagokoro.net/santa100nin#santa

陸前高田をはじめとする被災地にサンタさんを派遣し、子供たちを少しでも笑顔に…という企画だそうです。

 この企画のきっかけは、ある看護士さんのブログだそうですけれども、何度読み返しても「これJKTSさんのに間違いない!」と思い、コメント欄を通じてご連絡させていただきました(すでにご存じでしたらすみません)。

もうサンタさんの募集は締め切っているそうですが、サンタさんが渡すプレゼント(お菓子詰め合わせ)の費用の寄付は受け付けているそうですので、私も近いうちに寄付をして、少しでも力になれればと思っています。
横レスですが、 (りんつー)
2011-11-24 16:37:31
    ↑
今リンク見ましたが、この企画のきっかけ、紛れもなくJKTSさんですね!

そして女の子はルナちゃん!!

読んでて涙目になりました。

このサンタ企画で、たくさんの子どもたちが笑顔になることを切に願っています。
師走 (おはな)
2011-11-26 03:32:06
来週には師走ですね。
カンゴンさん、風邪が流行っていますが、お元気にご活躍ですか。
日常業務の中に、非日常の支援が続き、息抜きは大丈夫かなと、ふと思う日々です。

東北に雪舞う季節となりました。被災された皆様にはせめて暖かい部屋で師走を迎えてくださることを、ただただ祈ります。

カンゴンさん、100人ものサンタクロースが集結するきっかけをありがとうございます。
子供たちには、希望をもって生きていってほしい。
笑顔でいてほしい。今、このときのクリスマスに感謝します。

昨今のTVや新聞のニュースをはじめ、身近な周囲に忍び寄る風化はどうにも止めようがないのかもしれないと、最近は思います。
でも、教訓は語り継いでいかなくてはなりません。
四つ目の季節が巡った今、改めて、強くそう感じています。

話は変わりましてクラシックを聴かれる方へ。
11/26(土)23:30~3:30
BSプレミアム プレミアムシアター
シドニー交響楽団
パリ管弦楽団

NHK音楽祭2011放送予定から、シドニー交響楽団のアンコール曲について、お知らせがあります。
トロンボーン奏者スティーブンさんが被災地を想って、曲を作ってくださったそうです。
11/18の演奏会当日、アンコール曲でトロンボーン奏者5人が胸打つ旋律を奏でてくださいました。
今、世界のトロンボーン奏者がそれこそ世界各地で、日本の被災地を想いながら演奏してくださっているのだそうです。
世界の至るところで日本の被災地を心に留め、音楽の力でエールを送ってくださっていることを、本当に嬉しく思いました。
26日は真夜中の放送で、しかも、アンコール曲が流れるかどうか不確かですが、この場を借りて広くお知らせをと思いました。
トロンボーンによるアンコールが東北の地にも届きますように。
Unknown (はっまー)
2011-11-28 19:03:12
今日は、素敵なブログと巡り会えたことに感謝です。震災後、半年以上経っているのに被災地の方々は絶望を感じ、自殺者も出ている現状は見ていていたたまれません。

自分に何が出来るのか…

被災地の方々が求めている事は何か…

後々まで継続できる支援って何だろう…


人恋しくなる季節もあってか、毎日悶々と考えていたところ、こちらに辿り着き嬉しく思います。

個人レベルで出来ることは小さいけれど、
力が集まれば、きっと大きな事が出来るはず!


震災のことを忘れない。
被災地の方々と繋がっていきたい。

いや、なるんだ!と方向性を明確にできました。


ありがとうございます!!!


Unknown (Unknown)
2011-11-28 19:08:24
今日は、素敵なブログと巡り会えたことに感謝です。震災後、半年以上経っているのに被災地の方々は絶望を感じ、自殺者も出ている現状は見ていていたたまれません。

自分に何が出来るのか…

被災地の方々が求めている事は何か…

後々まで継続できる支援って何だろう…


人恋しくなる季節もあってか、年末年始を彼らはどのように過ごすのだろうか…。温かい食事を囲めるのだろうか…。年始に前向きな気持ちになれるのだろうか…。

そんなことを毎日悶々と考えていたところ、
こちらのブログに辿り着くことができました。とても嬉しく思います。

個人レベルで出来ることは小さいけれど、
力が集まれば、きっと大きな事が出来るはず!


震災のことを忘れない。
被災地の方々と繋がっていきたい。

いや、なるんだ!と方向性を明確にできました。


ありがとうございます!!!

UGG ブーツ 店舗 (UGG ブーツ 店舗)
2011-12-12 16:14:19
通りをUGG ブーツ 店舗に完璧な月光を、見つけて、UGG ブーツ 新作私と一緒に移動する。トリーバーチ ブーツ 新作が別れることはない、トリーバーチ 靴 店舗は贅沢を持ってくるのを忘れる。
感謝です (ちいこ)
2011-12-12 18:23:23
私の故郷に行ってくださりありがとうございます。
このブログを見ているみなさんもご支援本当にありがとうございます。

東海地方に住んでいますが、こちらではほとんど震災のニュースは流れなくなりました。
家族も親せきも友達も今もあの何もなくなった町で悲しみを抱えて暮らしています。

お願いです。
忘れないで。
悲しみが癒えるまでどうか見守っていてください。

行方不明者もまだたくさんいて、その人たちの家族の悲しみは想像を絶します。
私をかわいがってくれたおじさんおばさんもまだみつかりません。
せめて二人で一緒のところにいてほしい。


これからもどうか応援お願います。


祈っています (おはな)
2011-12-17 00:59:57
ちいこさん、離れた場所に日常があることも、お辛いですね。可愛がってくださったおじさんとおばさん、天ではきっとご一緒です。早くご家族のもとに帰れますよう、見つかりますようお祈りしています。
そして、ちいこさんの、忘れないで。という気持ちに画面のこちら側で、忘れませんから。と応えています。
友になること (よっちゃん)
2011-12-27 12:32:15
ドリカム・コンサートのレポート、ありがとうございます。
あなたの感動や、あなた胸に去来した様々な想いがこちらに迫るように伝わって来て、パソコンの画面が滲んでぼやけて、どうしようもありませんでしたよ。


“誰かの支えになること”で、私には若い頃の苦い後悔の経験があります。

一番大切なものを失ったしまった方に手渡せるもの。
当時の私には何もありませんでした。
「友達」にもなれませんでした。

今なら、その方の気持ちが少しだけ分かります。
今なら、その方に少しだけ寄り添ってあげられる気がします。
もう遅いんですけど。

「小さな約束」
実現すると良いですね。

Unknown (レオの兄貴)
2012-03-01 21:31:38
あの地震から、もうすぐ一年が経ちますね…

私は17年前に、阪神淡路大震災を経験してます。
大切な友人を、その震災で失いました。

…しかし悲しいことに、"喉元過ぎれば…"ではありませんが、その記憶は少しずつ薄れてきてます。
…いえ、あまりにも辛い出来事だったので、無意識のうちに忘れようとしてるのかもしれません。

でも、これは決して忘れてはいけないことだし、震災より後に生まれた、震災を知らない世代にも、語り継がなければならないと思います。

辛いですが、今回の震災の事は決して忘れてはなりません。

今回の地震の経験を生かして、いつまた起きるか分からない大震災が発生した時に、辛く悲しい思いをする人を少しでもなくせるように、がんばりましょう!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む