JKTS

被災地へ医療スタッフとして行ってきました。

短い間でしたが貴重な体験となりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5、消えてく命、生まれてくる命

2011-03-23 16:50:42 | 皆様へ

18日


救急患者を受け入れている病院へ。


とにかくここの病院のドクター、ナース、薬剤師、放射線技師、検査技師、栄養士、看護助手・・・
全て震災後から不眠不休。家族や休みだったスタッフの安否さえ分からないまま、
極限の精神状態で仕事をしていたらしいです。



少しでも交代で休んでもらうようにサポートに入ることに。



地域や物品の場所は全く違っても、医療は共通。
そう思いながらも、続々搬送されてくる救急車と
受診を求めて並んでいる1000人以上の患者さんを目の当たりにして正直途方に暮れましたが
目的の「1人でも多くのかたに医療と看護を」のために気持ちを切り替えました。


救急搬送のほうのグループになり
搬送されてくる患者さんも
心筋梗塞や脳梗塞の薬を飲めていないから
再梗塞を起こしていたり
透析患者さんが透析を出来なくてカリウムの数値が上がっていたり心不全を起こしていたり
医療機材が足りていない中、現状は相当厳しかったです。

地震によるケガは免れ生き抜いたのに、地震後に病気で亡くなってしまう方の無念さと
私達医療スタッフの絶望感は文章にはあらわせないです。


東京の病院では手を伸ばせば点滴台、棚をあければ薬品etc
そして当たり前についている電気


自家発電とはいえ、バッテリーと時間との勝負で
手術が必要な患者さんはヘリで他県へ搬送の繰り返し。


採血をすると真っ黒でどろどろした血液がひけて

「お食事したりお水飲めていますか?」と聞くと

「私だけそんな飲み食い出来ないし、おにぎりと朝夕のお茶だけだよ」と力なく答える患者さん達。


点滴も足りなかった・・・


受診する患者さんをどんどん固い床に寝かせ点滴をして
様子を見て
点滴を抜いて止血して
誰が何の点滴をしてどのペースで終わるか把握するだけでも精一杯



そうこうしてるうちに救急車の受け入れ




そういえば今日もあんまり笑顔を見せてないなって時に
妊婦さんが産気づいたとの連絡。



私と同じ年くらいの初産の妊婦さん。


助産師の免許はないから
点滴の確保とベビーキャッチにまわりました。



点滴を入れていると
「重症のかたがたくさんいるこんな時に本当にすみません」と。



「何をおっしゃいますか!!
高田のみんなや全国のみんなが赤ちゃんを待ってますよ!!」と声をかけました。
赤ちゃんは明日への希望です。




元気な赤ちゃんが生まれたときは、薄暗い分娩室が
本当に明るくなったように思います。

お湯も思うように沸かせないからガスコンロであたためた湯を準備したり
支援物資で届いたアンパンマンのバスタオルに包んで。


涙を流してるお母さんが

「もうちょっと早く生まれてきてくれたらおじいちゃんとおばあちゃんに見せられたのに。
とても楽しみにしていたのに。」と言っていました。


でもこんなにスムーズに
元気な赤ちゃんが誕生したことはきっとそばで見守ってくれていたに違いないと思いました。


眉間にシワを寄せてピリピリしていた救急チームも産声に駆けつけ
一気に笑顔の空間に。



これから大変なことがたくさん待ってるけど、
絶対それ以上に嬉しいこと、幸せなこと、楽しいことだって待っています。


この赤ちゃんが大人になる頃は元の高田市に戻って笑顔が溢れる穏やかな街並みになっていることを
その場にいたみんなが願いました。



ラジオからはひっきりなしに聞こえてくるどんどん増えていく死亡者数。


こうやって生まれてくる新しい命。


どちらも尊いものです。
命の重さもみんな同じ。



改めてそう思いました。



明日も笑顔で今日よりいいことを見つけよう。

ジャンル:
モブログ
コメント (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6、ライフラインと絆 | トップ | 4、小児と高齢者 »

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-03-27 12:03:21
拝読し、涙が溢れるばかりです。
節電とお祈りしか出来ない
無力ですが 一生懸命、出来る事を探して努力したいと思います。
お身体気をつけて下さい。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 14:10:47
貴重な御報告を拝読し、
涙が出てここまでしか読むことができませんでした。
本当にお疲れ様です。
そしてありがとうございます。
もうそれ以外に申し上げる言葉も見つかりません。
お疲れ様です。 (Unknown)
2011-03-27 15:45:07
私もここまでしか読めませんでした。
本当に、本当にお疲れ様です。
今すぐにでも駆けつけたい、でも、できていない自分が情けない気持ちでいっぱいです。東京にいても何かできることを探して、実行しようと思います。被災地の皆様、そして、支援の皆様本当に大変かと思いますがどうぞ頑張っていただきたく存じます。
Unknown (tom)
2011-03-27 23:24:43
これが現実なんですね。
実際これからの供えは、どうすれば?と考えさせられます。
Unknown (yamadan)
2011-03-27 23:56:39
はじめまして。
友人にブログを紹介して頂いて読ませて頂きました。
自分は遠く離れた長野県で消防団やってます。
災害の惨状の中でも光があると言う事実。
命の大切さ教えて頂きました。
これから被災地はまた必ず復興すると思います。
我々もそれを願い活動していきます。
本当にお疲れ様でした。
Unknown (yuki)
2011-03-28 12:46:03
はじめまして。私は医学生ですが、将来医療に携わる者として、この記事を読んでいて本当に胸にくるものがありました。筆者の方を含め、現地で文字通り身を削って活動なさっている医療従事者の方には、本当に頭の下がる思いです。と同時に、自分もその場所にこれから立つのだと、生半可な気持ちでその場所には立てないと、思い切り頭を殴られた感じでした。まだ本当に非力でわずかな協力しか出来ない学生の身分ですが、必死に勉強して筆者の方のように、勇気ある行動ができるような医師になります。心から尊敬します。本当にお疲れ様でした。
5) Disappearing lives, newborn lives (anonymous translator (English))
2011-03-28 13:28:37
DISCLAIMER FROM THE TRANSLATOR: While I do speak English, I know nothing about medicine. These are rough translations made through tears. Please take all medical details with a grain of salt. This translation has not been proofread and may be revised on a later date.

==================================

March 18

I transferred to a hospital where they are accepting emergency patients.

The doctors, nurses, pharmacists, radiation technicians, laboratory technicians, nutritionists, nurse's aides… Everyone at this hospital has been working with no sleep or rest since the earthquake. They still don't know whether their families and colleagues who had that day off are safe or not, and have been working in this extreme state of mind.

I have gone in as support so that they can at least take turns and rest even just a little bit.


Even if the region and the way objects are arranged are different, medicine is universal. While thinking this, I was honestly overwhelmed by the endless stream of ambulances and more than a thousand patients in line, but I pulled myself together to work toward the goal of bringing medical and nursing care to as many people as possible.


I joined the group handling patients brought in by ambulance. There were patients who were suffering from reinfarction because they haven't been able to take their medicine for myocardial and cerebral infarctions. There were patients whose potassium was too high because they can't get the dialysis that they require. There were patients suffering cardiac arrests. Along with the lack of medical equipment, the situation was very grim.

People who had managed to escape uninjured from the earthquake were passing away from illness afterward. The sorrow of these souls and the hopelessness of us medical staff cannot be put into words.


Back at the hospital in Tokyo, intravenous drips were always within reach, medicine cabinets were fully stocked, so on, so forth. And electricity is always a given.


This hospital has a power generator, but we're always working against the battery and time, and patients requiring surgery were constantly being transferred to other prefectures by helicopter.


When I draw blood, it's black and thick. I ask,
"Have you been able to eat food and drink water?"
"I can't eat or drink so much when no one else is. Just rice balls and a cup of tea in the morning and evening," the patients weakly reply.

There really weren't enough intravenous drips after all…

I was having patients lie down on the hard floor, one after another, giving them intravenous drips, watching their conditions, removing the intravenous drip, stopping the bleeding―it was all I could do to keep a handle on who's having an intravenous of what and when it should be stopped.

And then another ambulance comes in.


Right around when I was thinking that I probably haven't been smiling much today, either, there is news that a pregnant woman is about to give birth.

A woman about my age, giving birth to her first baby.

I'm not a licensed midwife, so I worked on securing intravenous drips and receiving the baby.

As I started the drip, the woman says to me,
"I'm really sorry about this, when so many people are in critical conditions."

"Don't be silly!! Everyone in Takata and the whole country is waiting for your baby!!" I responded. Babies are our hope for tomorrow.

When a healthy baby was born, it really felt like the dim delivery room was suddenly bright. I couldn't heat water properly, so I warmed up some water on a gas stove. I wrapped the baby in an Anpanman towel that had been sent in with the other supplies.

The crying mother said,
"If you were born just a little earlier, I could have shown you to Granpa and Grandma. They were really looking forward to seeing you."

But given how such a healthy baby was born without a single hitch, I felt sure that the grandparents were watching over them.

The emergency team, who were constantly on the edge with their eyebrows furrowed, heard the baby's first cry and came in. The whole room was filled with smiles.


There are still many hardships ahead of us, but there are definitely happy times waiting for us, too.

Every single person in that room wished that the city of Takata will have restored its quiet landscape full of smiles by the time this baby reaches adulthood.


The death toll constantly being announced on the radio, growing and growing. New lives born into the world like this. Both are equally precious. All lives have the same weight.

This experience proved this to me once again.

I will be smiling tomorrow, and find something even better than today.
命の救護、本当にありがとうございます。 (ぼの子)
2011-03-28 18:42:51
明日も笑顔で今日よりもいいこと見つけよう!

この言葉は一生モノの宝物になりました

現在、血液製剤を供給させて頂く仕事をしていますが
患者さんの人生に関わる仕事なのだと改めて気づかせて頂きました。

本当にお疲れ様です
Unknown (Unknown)
2011-03-28 20:59:08
私も都内の病院に勤務する看護師(助産師)です。ご報告よませていただきました。現地の状況をこんなにリアルに感じれたのは初めてです。都内で地震に怯えている自分が情けなくなりました。今できること、しっかりやろうと思います。産まれてくる命を支えるしかできませんが…精一杯やろうと思います。ありがとうございました。
応援しています〓〓 (法名けいかい)
2011-03-29 08:48:07
私の妻も看護師です。私は医療メーカー勤務です。
拝見し、激烈に過酷な現場で精一杯な姿をお伝え戴き、有難う御座います。
実は、鬱からの回復・リハビリ出勤復職中ですが、地元川口に出来た避難所に出来るだけ足を運んでいます。鬱なんか病んでられない、そういった勇気を、拝見して、受け取るコトが出来ました。重ねて感謝します。

きっと想いは一緒です。ともにファイトでいきましょう

(アメブロ「けいかい日記」作者)
Unknown (とらりん)
2011-03-29 11:38:18
ありがとう
お疲れ様でした (シアワセノシズク)
2011-03-29 13:42:54
母が宮城県東松島市で地震と津波にあいました。
田舎の人は言葉にオブラートがないので無事を知らせる連絡をくれたときに「この辺は泥だらけで、車やら瓦礫やら死体ばっかりなんだぁ」と言っていました。実際、そうなんだと思います。自衛隊や報道のヘリは上空から全体像しか映さないけれど、映さないのではなく映せないんだなと思っていました。

小さな命、とてもステキです。
亡くなった命も生まれた命も同じ尊いもの。

報道されない現実がちゃんと伝わります。ありがとうございました。
新しい命 (Unknown)
2011-03-29 18:51:14
娘がいます。
去年結婚しました。
孫、心待ちにしています・・・・。

無事に赤ちゃんを産んだママ。
どんなにか、ご両親に見てほしかったでしょう。
お気持ち思うと、涙無くして読めませんでした。
そして、ご両親、どんなにか娘の子供に会いたかったでしょう・・・
辛すぎますね。
亡くなった命
新しい命。
神様、どうかこの赤ちゃんに幸せを。

きっと (いちご)
2011-03-30 09:31:02
その子は、将来、素敵なお子様に育つと思います。
私の息子は、阪神淡路の時、生後5ヶ月でした。
地域こそ違いましたが、今回の出来事は
自分たちの生まれた年は震災の年。
そして、その子供たちは、何か出来ないかと
自分たちなりに出来る事を
進めています。でも、このブログは涙が・・・・
微力ながら、私たちも、時間とともに風化しないで、続けて応援していきたいと思っています。
ありがとうございます、ありがとうございます。 (31008@宮城)
2011-03-30 10:15:25
被災地を助けて下さって、小さな命を救って下さって、ありがとうございます。
看護師さんが救ったのは、陸前高田の人々ですが、間接的に他の被災地住む人々をも救って下さっています。

私は妊娠2カ月の妊婦です。
地震で避難する際に階段から落ちてしまい、避難所に居る間、お腹の子に影響が無かったかどうか、心配で堪りませんでした。
表面上は怪我も無く、まだ週数が浅くて妊娠届も出せていないので、妊婦扱いもされない。
次々に明らかになる惨状に、自分が病院に行けるようになるのは、遥か先になってしまうのだろうと、諦めの様な気持がありました。

ところが、予想に反して、私が通院していた総合病院では、地震から二週間後には救急以外の通常の診療も受けられる様になりました。
もし、地元の医療関係者がみんな被害の酷い場所に行ってしまったら、比較的被害の少ない地域では通常の医療が受けられなくなってしまいます。
看護師さん達は、陸前高田の人々のみならず、被災地の医療全体を救って下さっています。

看護師さんの様に、東京から・全国各地から・世界から、医療に限らずその道のプロの方々が来て、被災地で其々のプロの仕事をしてくださっている。
そのお陰で、生き残った者は命をつないでいます。
今、ご自分のお仕事を全うしてくださっている全ての方々に、「ありがとうございます」という言葉では言い表せないほどの、感謝の気持でいっぱいです。

想像以上にたいへんなお仕事だと思いますが、どうぞ胸を張って・誇りを持って、お仕事を続けて下さり、ご活躍なさる事を願っております。

今、私に出来る事は何もありませんが、このお腹の子を守り・無事出産し、陸前高田で看護師さんが助けた赤ちゃんや、瑠奈チャン達と共に、未来を担っていく子供として、元気に育てられるように、頑張りたいと思います。
ありがとうございました。 (Unknown)
2011-03-30 13:51:36
拝読しました。
一言では言い現せませんが、ありがとうございました。
私は外資系IT企業で働いていますが、自分に何が出来るかと考えている間に時間が過ぎてしまったのが現実です。
そうしていつのまにかそれが日常になり。
しかしながら、私のできる事は日々に感謝し、募金など被災地の為に何かする事かなと思います。
神戸で被災した時を思い出しつつ、心で祈っています。
ありがとうございます (UO)
2011-03-30 23:20:59
そしてごめんなさい。私は医療に携わる人間ではありません。だから、テレビで「全国から医師チームが応援に行っている」というニュースを見ると、私の代わりに頑張ってください、って思ってました。本当にごめんなさい。現地にいなくて、被災された方々に関わっていなくて、すごく辛いのに、それを一生懸命隠して皆さんを助けている貴方のことを知らない私が、簡単に「頑張ってください」なんて思ってて、申し訳ありません。私がただただ言えるのは、上記の謝罪と感謝です。お疲れ様です。ありがとうございます。募金くらいしか出来ない、と言ったらお叱りを受けそうですが、それでも、復興の為に私に出来る事をしていきたいと思います。貴方のブログを拝見出来て良かったです。
ありがとうございました (きいろまる)
2011-03-31 05:28:13
現場を目の当たりにした方の言葉の力にただただ涙しました。私は東京におりますが、実家は宮城なので、家族や友人は被災しています。顔を見にいきたいのですがライフラインも復旧しておらず、家族が食べるものを確保するだけで精一杯の状況なので駆けつけることもできません。いま自分に何ができるか考える日々です。ブログ拝読させて頂き有り難うございました。
応援しています (Coco)
2011-03-31 10:54:50
私の実家は福島県相馬ですが、実家・周辺地域が津波で消滅してしまいました。

私は臨月に入った妊婦で、震災のちょうど1週間後に里帰りする予定でした。
家族や親戚は、帰って来る前で良かったねと言ってくれるけど、被災地で出産された方のニュースを聞くと、目頭が熱くなります。

被災地の妊婦さんの勇姿を見習いつつ、私も頑張って出産しようと思います。

勇気付けられるブログをありがとうございました。
ありがとうございます。 (中京二代目 彫桂津)
2011-04-02 04:18:26
本当にありがとうございます。

自分は 名古屋から
支援物資等を 送る事位しか 出来ませんが

今 自分達に出来る限りの事を しますので

頑張って下さい。

本当に 頭が下がります。
ありがとうございます。
どうぞお元気でがんばってとしか言えない (ねこのーと)
2011-04-02 16:31:21
亡くなったたくさんの方々
それでも、そんな中でもうまれてくる命
それを見届ける悲しみと喜びを
ブログで読ませていただいて
胸がつまりました。
現地でがんばっておられる姿、
どうぞお元気で、と思います。
祈りを (新妻聖子)
2011-04-04 00:03:57
被災地で思いやりの心を忘れず生きて、闘っていらっしゃる皆様の様子、ただただ頭の下がる思いです。義援金以外、私たちにできることは本当に無いのか、自問自答します。我が家にも先日新しい命が誕生しました。命と命で繋がっている私たち日本人同士、すぐ近くの被災地に一刻も早い平和を…。精一杯祈りつつ、できることを探し続けます。こうして被災地の真実を伝えていただき、心から感謝致します。
ドイツ語圏より (Unknown)
2011-05-23 08:02:52
5. Das Leben geht und kommt

18. März
Ich besuchte ein Spital, das jene Patienten aufnahm, die dringend eine Behandlung benötigten.

Ärzte, Krankenpflegerinnen, Pharmazeuten, Radiologen, Labortechniker, Ernährungsberater, Krankenpfleger-Assistenten, usw., einfach alle Leute in diesem Spital hatten seit der Erdbebenkatastrophe weder Pause noch Schlaf. Sie wussten nicht einmal, ob bei ihrer Familie oder ihren Kollegen alles in Ordnung war, und arbeiteten an der äußersten Grenze ihrer seelischen Belastbarkeit.

Wir kamen als Helfer zu ihnen, damit sie abwechselnd Pause machen konnten.

Wir waren zwar nicht in unserer gewohnten Umgebung und die medizinischen Geräte waren vielleicht anders angeordnet, aber die medizinische Versorgung ist im Prinzip überall gleich – doch mir blieb der Mund offen, als ich die ununterbrochen ankommenden Krankenwagen und die mehr als 1000 Patienten sah, die sich anstellten und darauf warteten, behandelt zu werden.
Trotzdem versuche ich, die Lage mit anderen Augen zu betrachten, um unserem Motto, möglichst vielen Patienten medizinische Behandlung und Pflege anzubieten, gerecht zu werden.

Ich wurde der Rettungsdienstgruppe zugewiesen.
Die Symptome der eingelieferten Patienten waren unterschiedlich. Es gab Herzinfarkt- und Schlaganfallpatienten, die einen Rückfall bekommen hatten, weil sie ihre Medikamente nicht regelmäßig hatten einnehmen können. Einige Dialysepatienten litten an Herzinsuffizienz oder Hyperkaliämie, weil sie die Dialyse nicht mehr durchführen konnten.
Es mangelte an medizinischen Geräten, und die Situation war wirklich schwierig.

Es ist nicht möglich, unsere Verzweiflung und Hilflosigkeit in Worte zu fassen. Wir mussten als medizinische Hilfsmannschaft miterleben, dass einige Menschen die Katastrophe zwar ohne Verletzungen überlebt hatten, aber dann an Krankheiten starben.

In meinem Spital in Tokio kann man Infusionsgeräte sofort verwenden, und im Schrank sind genügend Medikamente vorhanden.
Und dass das Licht brennt, ist eine Selbstverständlichkeit.

Hier wird der Strom im Haus erzeugt. Wir müssen Energie und Batterien sparen.
Jene Patienten, die operiert werden mussten, werden mit dem Hubschrauber in ein Spital in einer anderen Region transportiert. Das kommt sehr häufig vor.

ドイツ語圏より (Unknown)
2011-05-23 08:04:38
Ich habe viele Patienten behandelt, deren Blut ganz schwarz und viel zu zähflüssig war.
Als ich sie fragte, ob sie genug aßen und tranken, antworteten sie mir kraftlos:
„Ich bekomme ein schlechtes Gewissen, wenn ich viel esse und trinke, während andere nichts haben. Im Moment esse ich einfach Reisbälle und trinke nur in der Früh und am Abend eine Tasse Tee.“

Infusionen waren auch nicht ausreichend vorhanden...

Bei den Untersuchungen mussten die Patienten auf dem harten Boden liegen, mitunter mit Infusionen.
Wir untersuchten sie, stoppten zum Teil die Infusionen und versuchten, das Blut der Patienten zu stillen.
Wer hat welche Infusion bekommen und wie lang? Allein das festzustellen, war für uns sehr anstrengend.

Es traf wieder ein Krankenwagen ein.

Gerade als ich mir überlegte, dass ich heute zu wenig lächelte, bekam ich die Nachricht, dass eine schwangere Frau mit Wehen eingeliefert wurde.

Sie war gleich alt wie ich und sollte zum ersten Mal ein Kind gebären.

Da ich nicht als Hebamme qualifiziert bin, sollte ich die Infusion kontrollieren und das Baby nach der Geburt entgegennehmen.

Während der Infusionen sagte die Patientin: „Es tut mir leid, dass Sie mich betreuen müssen, obwohl es doch so viele Patienten gibt, die sich in einer wirklich kritischen Lage befinden.“

Wir antworteten darauf: „Was reden Sie da für einen Unsinn! Sie sind unsere wichtige Patientin! Die Bewohner der Stadt Takada, aber auch die ganze Nation, freut sich auf die Ankunft Ihres Babys!!!“

Babys sind unsere Hoffnung.

Als das Baby heil zur Welt kam, hatte ich den Eindruck, als ob die normalerweise eher dunkle Geburtenstation plötzlich heller wurde.

Da wir nicht einmal Wasserkocher hatten, verwendeten wir einen Gasherd, um Wasser zu wärmen, und wickelten das Baby dann mit einem Badetuch mit der Comicfigur „Anpanman“ ein, das sich unter den gelieferten Hilfsgütern befand.

Die frischgebackene Mutter sagte unter Tränen: „Wäre das Baby früher geboren worden, hätte ich es noch meinen Großeltern zeigen können. Sie hatten sich so darauf gefreut, ihr Urenkelkind zu sehen.“

Ich war davon überzeugt, dass ihre Großeltern als Schutzengel bei der Geburt dabei gewesen waren, weil das Baby so hübsch und gesund auf die Welt gekommen war.

Die Mitarbeiter, die vor Anspannung und Stress immer böse schauten, kamen vorbei, als sie die Babyschreie hörten. Jeder lächelte, alle sahen glücklich aus.

Es werden noch viele Schwierigkeiten kommen, aber wir werden bestimmt auch viele nette, glückliche oder lustige Momente erleben.

Wenn dieses Baby erwachsen ist, dann wird die Stadt Takada vielleicht wieder so wie früher sein, eine Stadt mit einer netten Atmosphäre, in der alle Bewohner zufrieden und glücklich sind. Das hoffen alle hier Anwesenden.

Im Radio wird ununterbrochen berichtet, dass die Anzahl der Toten steigt.

Während dessen kommt ein Baby zur Welt.

Leben und Tod, beide sind für uns wichtig.
Jedes Leben ist gleich viel wert.

Darüber wurde ich aufs Neue belehrt.

Ich möchte morgen mehr lächeln zeigen und jeden Tag etwas Positiveres als am vorigen Tag finden.
UGG 激安通販 (UGG 激安通販)
2011-08-16 23:51:37
地域や物品の場所は全く違っても、医療は共通。
そう思いながらも、続々搬送されてくる救急車と
受診を求めて並んでいる1000人以上の患者さんを目の当たりにして正直途方に暮れましたが
目的の「1人でも多くのかたに医療と看護を」のために気持ちを切り替えました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています